街が好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 花と新緑の用水沿いを歩く

<<   作成日時 : 2017/04/27 00:01   >>

ナイス ブログ気持玉 500 / トラックバック 0 / コメント 116

田一面に咲くレンゲが見たい。でも、東京にそんなレンゲ田が
今もあるのか? 多くの方がそうお思いでしょう。…あるんです。
稲城で「れんげまつり」が催される事を聞き、その何日か前に、
稲城と国立の用水沿いを歩いてみました。

   【大丸(おおまる)用水編】

画像

画像

   JR南武線の稲城長沼駅から10分程の
   用水沿いで、探していたレンゲ田を発見。

画像
画像

   住宅地に僅かながら田圃が残ってました。

画像
   
画像

   昔は肥料でも、今はイベントの主役です。
   まつりの日は、一部花摘みも出来るとか。

画像

           水路脇にはクローバーの花も。

画像

画像
画像

   カルガモのペアが、仲よくレンゲのお花見中。

画像

           用水沿いの親水公園では…

画像

   菜の花がこの春最後の彩りを添えてました。
        *      *      *
   大丸用水は江戸初期に開削された農業用水で、
   多摩川の水を引きこみ、稲城、川崎を流れます。

   【府中用水編】

画像

   再び南武線に乗り、谷保駅(国立市)へ。

画像
画像

   関東最古の天神さん、谷保天満宮。湧き水が豊富で、
   シャガの奥「常盤の清水」は、府中用水に合流します。

画像

画像

   天満宮から、府中用水沿いに城山公園へ。
   この公園は4月中、ニリンソウの花で一杯。   

画像
画像

画像

   夏はキツネノカミソリの朱赤で埋まるはず。

画像

画像

   移築された古民家が、農村風景を偲ばせます。
   つるべ井戸の奥は水田の菜の花。この付近は、
   水路が網目状に走る豊かな田園地帯でした。

画像

画像
画像

   湧水の流れに沿う「ハケ下の散策路」。

画像

   最後は、田圃の菜の花越しに城山公園を見て。
   城山は土塁・空堀の残る室町初期の城跡です。

画像

   この田圃は、田植えから稲刈りまで、小学生の
   体験授業に利用されるそうで、子供らの元気な
   声が響き渡るのも、間も無くの事でしょう。
         *      *      *
   府中用水は、多摩川の水に湧水を加え、国立、
   府中を流れる農業用水。開削は江戸初期。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

この記事に貼り付けられるブログ気持玉の上限に達しました。
気持玉数 : 500
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(116件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
東京でもレンゲ田が見られるんですね。
稲城は娘の嫁ぎ先の実家なので何度か
行きました。息子の住んでいる川崎にも
近かったです。レンゲもシャガもニリンソウも
綺麗ですね。見ていてなぜかほっこりします。
田園地帯のどかな感じがしていいなあ
ゴンマック
2017/04/27 01:48
東京なの?
こんなところもあるんですね

蓮華を摘んで冠を作ってた記憶が甦ってきそうです
かもさんはお花見してるんですね♪

ニリンソウも沢山咲いていてすごいですね
こんな風景に出合ったことは無いです
見落としているのかあなぁ〜
とまる
2017/04/27 04:08
おはようございます。
東京と言う言葉の響きとイメージからは想像つかないような、のどかさが残っているんですね。
江戸時代、これらの農業用水を使った田んぼが一面に広がっていたのでしょうね。
空にぽっかり浮かぶ白い雲が、地面のお花と共にとても素敵です。
JK
2017/04/27 05:58
おはようございます。
東京でもこんな風景が広がっているところあまだあるのですね。
レンゲに菜の花、シロツメグサ以前なら何処でも見かけた花ですね
今では「れんげまつり」を開催して楽しむそんな光景ものんびりとして楽しそうですね。
小学生の体験授業に田圃が使われる‥農作の楽しさや大変さ良い体験が出来そうですね。。。

きょんたん
2017/04/27 06:50
東京にもこんなところがあったんですね〜
田舎(中途半端な)だと収穫とか利便性の方が先にたって
かえって、こういった場所は少なくなってしまったのかも知れません
レンゲの花、以前はあちこちで見られたのに・・・
レンゲの蜂蜜は格別、おいしいですよね♪
ニリンソウも可憐で可愛いです!
はな♪
2017/04/27 07:39
おはようございます。

レンゲ、ニリンソウ、菜の花、シャガにカルガモ。みんなかわいいですね。
広い青空を見ると、ここが本当に東京かと思うくらい。

いつまでも残しておきたい景色ですね。
koji
2017/04/27 07:44

おはようございます〜♪
レンゲソウって幼いころを思い出します。
郷愁をそそる可愛い花。
カルガモちゃんが遊んでる風景も長閑ですね〜
クローバーも最近は珍しくなりましたね。
シャガも神社の陰に沢山咲いていましたが
見かけなくなりましたね。
癒される静かな風景を見せて頂きました。

ベティーちゃん
2017/04/27 08:04
自分の描いている東京とは違う面もあると
最近は分かってきましたが、この辺は
牧歌的で良いですね。
いつも素適に撮られているので、居ながらに
して楽しく想像させていただいています。
小花の群生はまた格別で大好きです。
つばさ
2017/04/27 08:25
おはようございます。
南武線沿線でこんな田園風景が見られるのですね。
南武線は、府中本町があり、なんとなくギャンブル電車とも呼ばれ、ガラが悪い〜と言われてました(笑)
でも、レンゲソウもニリンソウの大好きなお花で、その群生する景色は、格別ですね。
朝から、美しい写真で心が洗われた思いです。
南武線のイメージ、変わりました(笑)
ぽぽ
2017/04/27 08:31
お早うございます
レンゲ、肥料からイベントの主役にね〜
複雑ですね〜
こんな素敵な処が有るんですね〜
すーちん
2017/04/27 08:48
れんげそう畑、
田舎に住んでいても一面に広がるれんげ畑を見ることはすくなくなりました!
幼き時、れんげそう畑のなかで無心に花摘して首飾りを作った記憶が
年々『遠くなりにけり』です。
れんげの根には根粒があって
鋤き込むと 肥料になると
理科で習いました!
真面目に勉強してちゃんと知識になってるんだなと
幼き日の自分を誉めちゃおうかな
(^_−)≡★
あっこちゃん
2017/04/27 09:09
近くにこんないい所があるなんて、、。
(毎回言ってます?私)
レンゲは、うちに来る子供たちみんな知らないと言うんです。この辺は畑はあれども田んぼが無いので。
子供の頃、いっぱい摘んで、蜜を吸っていました。ひたすら摘んで遊びました。
谷保天満宮のあたりも湧水もあっていい所なんですね。
また行きたいところが増えました。
keikoさん
2017/04/27 10:09
こんにちは。

レンゲソウ畑、綺麗ですね〜。
いいですね〜。
自然がいっぱいで素敵なところですね。
ここは東京なんですか。
トトパパ
2017/04/27 10:17
そちらの用水路、知りませんでした。
素晴らしい、どこか懐かしい光景です。
昭和公園・こもれびの里でも見られるでしょうか?
玉川上水には慣れ親しんでいますが
多摩川由来の用水路もあるのですね@@
ハケの下の辺りの風景?
私は国分寺崖線したの野川を散策してきました。
多摩地方にはなぜか?ニリンソウの群生が多いですね。
意外と街場近くに強いのでしょうか。
シャガとチャボ、なんか面白いです((((^Q^)/
nobara
2017/04/27 11:29
こんにちは〜♪

レンゲ 懐かしい お花です

年少の頃は玩具も無く女の子に交じって

レンゲを摘み首飾りなどを編んで遊んでいました

今は滅多に見られない花です

おさないころを思い出して郷愁を感じています

カルガモ 可愛い〜♪
H.R
2017/04/27 12:11
 レンゲ畑ですが、北海道に有るかもしれないと探してみたのですが、見つかりませんでした。レンゲ畑良いですね。
 最近天候に恵まれず、曇りや雨に当たります。青空が羨ましい限りです。ニリンソウなど咲く春の野原の散歩は気持よいでしょうね。
藍上雄
2017/04/27 12:55
こんにちは(o^∀^o)
稲城『れんげまつり』というのが あるのですか(◎o◎)
可愛いれんげが主役になるのはめったにないことですね。
主役♪主役♪
カルガモさんまで参加して ちゃんとイベントを知ってたのですかね〜(≧∇≦)
にゃーちゃん
2017/04/27 14:55
東京にもレンゲ畑があるんですねぇ〜
レンゲ畑のある田園風景には郷愁を感じます!
レンゲで首飾りをつくったり、堆肥となった畑を鼻をつまんで走り去ったことなど…懐かしいです。
江戸初期から「大丸用水」「府中用水」と水を供給し続けてきたのですね!田園を守り、米を作り、今では子供たちの体験学習場にもなっているのですね。
用水沿いにはレンゲやクローバー、ニリンソー、シャガ…といろんな花が見られますね。
戦後にできた「愛知用水」が知多半島まで流れていて、農業・工業用水として大いに活用されています。私の近くは暗渠となってその地上が公園化されて、有難く楽んでいます。

みっきい
2017/04/27 14:57
こんにちは。
こちらの田舎でもレンゲ畑は見かけなくなりましたが、そちら東京にもあるのですね。
美しいですね♪
そんな中にカルガモ夫婦、気持ちがほっこりします。
用水の菜の花、いかにも春らしいですね。
ニリンソウも清楚な姿を見せています。こちらはもう少し先でしょうか。
私の住む所はこういう風景ばかりですが、都会にもこんな長閑な田園風景が望めるのですね。ちょっとホッとしました。
素敵なお写真、ありがとうございました。
ハーモニー
2017/04/27 15:28
 こんにちは(*'-'*)ノ*:..。o*

今日は 昨日の┆┆┆┆☂┆┆┆┆雨と
打って変わっていいお天気でした!
東京に こんな長閑な田園風景が
あるんですd(´ー`*)ね!
素敵な光景のお写真を沢山見せて頂き 
ありがとうございました♪.+゚♬✿
今日は偶然!σ(・・*)私も
カルガモのペアを見かけました!!
♪のこ♪
2017/04/27 16:51
ゴンマックさん。
レンゲの花咲く田圃の風景を、前から
探してたんですが、割と近くに
あったので、ちょっと驚きました。
宅地化が進んでいても、用水路のある
風景は、心和むものがあります。
水路沿いに咲く花はいいものですね。
yasuhiko
2017/04/27 17:25
こんにちは!
東京にもこんな長閑な田園風景があるとは驚きました。
一面のレンゲソウ畑、こちらではほとんど見なくなってしまいました。レンゲ畑の中にカルガモのペアが気持ち良さそうにお散歩している姿が可愛らしいですね。
水辺の菜の花も素敵ですね。
城山公園のニリンソウの群生も見事ですね。
東京とは思えないような素敵な光景、認識を新たにしました。
eko
2017/04/27 17:32
とまるさん。
はい、間違いなく東京ですよ。
こうした用水沿いは、江戸時代以来、
豊かな水田地帯として知られてたようです。
その名残りで、僅かながらも
レンゲ田が残ってるのは嬉しいですね。
今はイベントの時でもないと、
レンゲを摘んで遊ぶ事は無いだろうと
思いますが、子供たちにとって、
そうした草遊びの機会が持てるのは、
とても貴重な事だと思います。
yasuhiko
2017/04/27 17:39
JKさん。
仰るように、用水のある地帯は、
米どころとして知られていたようです。
江戸時代は、こうした郊外から
江戸市中に米が運ばれたんでしょうね。
今は宅地化が進んでますが、
一面レンゲの花咲く田圃の風景や、
田圃の上に浮かぶ白い雲を眺めていると、
心が癒されるような気がしました。
yasuhiko
2017/04/27 17:42
きょんたんさん。
昔は豊かな穀倉地帯だったようで、
宅地化が進んだ今でも、
こうした田園風景が見られるんですね。
レンゲやクローバーなど、この辺の
子供たちは草遊びが出来そうで、
羨ましいような気がしました。実際の
広い田圃を使って、稲作体験のできる
小学生も幸せですね。
yasuhiko
2017/04/27 17:48
はな♪さん。
もし「東京」という文字を伏せたら、
誰もこれが東京の風景だとは
思わないかも知れませんね。
宅地化が進んで、田圃は減る一方ですが、
まだこんな風景が着られるのは、
素敵な事だと思います。ニリンソウが
一面に咲く雑木林も魅力的ですね。
yasuhiko
2017/04/27 17:53
こんばんは♪
お久しぶりで〜す。
東京にこんな広いレンゲ畑が
あるのですか〜知りませんでした。
可愛いレンゲがいっぱい咲いて
いい雰囲気を醸し出していますね!
用水沿いをのんびりといろいろな
ものを見ながら歩くのもよいですね。
ぷりめいら
2017/04/27 17:57
こんにちは

以前はレンゲ畑に囲まれた
我が家でしたが
田んぼもなくなり
レンゲはどこにもみっれません
無門
2017/04/27 18:22
kojiさん。
本当にのどかな風景ですね。
昔は豊かな田園地帯だっただけに、
名残りが今も見られるのは嬉しい事です。
レンゲ、菜の花、ニリンソウなどの
花も、環境がいいと見映えしますね。
yasuhiko
2017/04/27 18:40
ベティーちゃんへ。
レンゲやクローバーを摘んで、
冠や首飾りにしたり…。
そんな子供の頃を思い出させる
のどかな風景ですね。カルガモさんも、
レンゲ田の中は散歩しやすいようで…。
東京にこんな所がまだ残ってるのは、
とても貴重な事だと思います。
yasuhiko
2017/04/27 18:43
こんばんは。
レンゲソウはある年代以上で懐かしい存在ですね。
私も車を走らせている時に見つけ停めて撮影することがあります。
そろそろ東北が見ごろになるでしょう。
連休は観光地じゃないほっとする場所へ行こうかな。
tami
2017/04/27 18:51
れんげまつり、あるんですね。
田一面に咲いてるって、乙女チック〜!白いレンゲの花、小学校の帰り、みちくさして花を摘んで編んだりしましたね〜。最近はほんとに見かけなくなりましたが、少しでも咲いてると途端に童心に返ってしまいます(笑)
長閑な風景ですね。
国立ですか、なんだか懐かしく記事を読ませて頂きました。小学校の時のお友達やら近くに住んでいます。
とわ
2017/04/27 19:51
つばささん。
住宅化が進んでる地域でも、
こうして田圃がまだ残ってました。
本当に、その昔の水田地帯の風景を
偲ばせる牧歌的な雰囲気ですね。
レンゲの花、ニリンソウの花、
一つ一つは小さな花でも、たくさん
咲き揃うと見事なものだと思います。
yasuhiko
2017/04/27 20:13
ぽぽさん。
国立、府中、稲城、川崎は、
南武線の通り道。その沿線地域に、
用水路が張り巡らされてるんですね。
今はすっかり住宅化されてますが、
一方でのどかな田園風景が見られるのは、
本当に貴重な事だと思います。
レンゲやニリンソウが咲き揃う景色に、
心が和むような気がしました。
yasuhiko
2017/04/27 20:22
こんばんは。
蓮華畑が東京で見られるなんて驚きです。以前はこちらでは普通に見られましたが・・・やはり最近は少なくなって居ると感じます。お米を作る農家さんが少なくなっているからでしょうか。子供のころは首飾りにしたり冠のように頭にのせたりして遊びました。そして蓮華の蜜を吸ったりした記憶も〜♪ 清楚なニリンソウの後はキツネのカミソリで埋められるのですね。移築された古民家の内部は懐かしいです。板の間や作りつけの水屋など今は空き家になっている主人の実家にあります。小学生の体験授業用に利用される田園はこれから田植えや稲刈りにと出番を待って居る様ですね。
のろばあさん
2017/04/27 20:27
長沼駅、以前行ったことあるような。レンゲは最近見かけなくなりました。見たいと思ってはいるのですが。とってもきれいですね。
谷保、ニリンソウとはいいですね。キツネノカミソリもこのあたりよくありますから。城山公園も歩いたことあります。懐かしいです。
はるる
2017/04/27 20:28
すーちんさん。
今は稲城市の援助もあって、
レンゲ田にしているのかと思いますが、
レンゲ摘みを経験できる地元の
子供たちは幸せですし、何とか
こういう風景を残してほしいものですね。
本当に牧歌的でいいなと思います。
yasuhiko
2017/04/27 20:28
あっこちゃんへ。
レンゲ咲く田圃の景色は、
日本の原風景みたいなものですが、
全国的にも少なくなってますね。
東京でこうしたレンゲ田が見られると、
もうそれだけで感激してしまいます。
今東京で、レンゲ摘みの体験が
出来る子供たちは幸せ者でしょう。
昔の肥料も、今は心の宝物ですね。
yasuhiko
2017/04/27 20:36
keikoさん。
確かに、今の子供はレンゲを
知らないかも知れませんね。東京で
田圃を見る事は滅多に無いですから…。
同じ多摩地域でも、中央線寄りの台地は、
昔から畑作中心だったようですが、
多摩川に近い低地部は、江戸初期以来、
豊かな水田地帯だったようです。
その名残りが見られるのは嬉しいですね。
谷保天神から城山公園方面に歩く道は、
散歩コースとしてもお勧めです。
yasuhiko
2017/04/27 20:52
トトパパさん。
「ここは東京なんですか」って、
誰しも心に思う事ですよね。
はい、東京なんです。東京にも
また色々な顔があるという事ですね。
それにしても、遠出をしないでも、
レンゲ田が見られて嬉しくなりました。
yasuhiko
2017/04/27 20:57
nobaraさん。
前からレンゲ田を探してたんですが、
お隣の稲城市で、「れんげまつり」を
行っていたとは知りませんでした。
東京で、こんな田園風景が見られるのは
本当に貴重な事のように思います。
国立南部や府中、稲城辺りは、
もとは豊かな水田地帯だったんですね。
「ハケ」と呼ばれる段丘崖の上と下で、
見える風景も違ったようです。
チャボのいる谷保天神から、
ニリンソウの咲く城山公園までは、
なかなか素敵な散歩コースでした。
yasuhiko
2017/04/27 21:13
HRさん。
女の子とレンゲの首飾りを…。
それはなかなかいい思い出ですね。
私は、クローバーで遊んだ覚えは
あるんですが、レンゲ摘みした記憶が
無いんです。それだけに、東京で
レンゲ田を発見できて嬉しくなりました。
カルガモさんも、レンゲの花咲く
田圃の散歩は、気持ちがいいんでしょうね。
yasuhiko
2017/04/27 21:21
藍上雄さん。
天気が悪いと、外出する
タイミングが難しいですもんね。
北海道の本格的行楽シーズンは、
後もう少しの辛抱という段階でしょうか。
用水沿いのコース、今回はお天気に
恵まれ、いい散歩が出来ました。
東京でレンゲの花咲く田圃の風景が
見られるのは、何といっても貴重です。
yasuhiko
2017/04/27 21:26
にゃーちゃんへ。
正確には「大丸用水れんげまつり」
といいます。当日は模擬店や
体験学習のコーナー、ステージの演技が
予定されてるそうですが、レンゲの
摘み取り体験もあると聞いて、
その前に花の写真を撮って来ました。
東京でレンゲ田は貴重です。
カルガモさんも気分がいいみたいですね。
yasuhiko
2017/04/27 21:33
みっきいさん。
宅地化がどんどん進む中で、
江戸初期以来、地域で守って来た用水を
今も大切に管理してるんですね。
水さえあれば、稲の収穫が出来るし、
子供たちの体験学習用の田圃として、
コメ作りを続ける事も出来る。
水と人との深い関わりを知るのに、
とてもよい散歩コースだったと思います。
田圃や林の花たちもきれいですね。
yasuhiko
2017/04/27 21:42
ハーモニーさん。
東京でレンゲの咲く田圃が
見られる。となると、もうそれだけで
嬉しくなってしまいますが、
宅地化の波が押し寄せる中、こうして
昔の田園風景を偲ぶ事が出来るのは、
奇跡のようなものかも知れません。
これも、昔から用水の水を大切にして
来たからでしょう。カルガモの
お散歩風景には、心が癒されました。
レンゲ、菜の花、ニリンソウなど、
田圃や水辺、林の花たちが魅力的ですね。
yasuhiko
2017/04/27 21:52
♪のこ♪さん。
カルガモも恋の季節なんでしょうね。
レンゲ田をのんびりお散歩する
カップル(今風に言うとペア)も、
何だか気分がよさそうでした。
東京とも思えぬ牧歌的な風景、
人間にとってもいい散歩コースですね。
yasuhiko
2017/04/27 21:57
ekoさん。
これが東京…というのが、
皆さんの率直な感想だろうと思います。
私だって、自分の写真で無かったら、
そう思いますもん。でも、東京なんですね。
カルガモさんも、こういうレンゲ田を
散歩するのは気分がいいでしょう。
田圃のレンゲ、水辺の菜の花、
雑木林のニリンソウなど、
花がたくさんあるのも魅力的ですね。
yasuhiko
2017/04/27 22:02
ぷりめいらさん。
コメント嬉しいです。
東京でレンゲの咲く田圃が見られると、
それだけで嬉しくなってしまいますね。
長閑な風景の中で、花も楽しめたし、
カルガモさんにも出合えたし、
水路沿いのいい散歩コースでした。
yasuhiko
2017/04/27 22:12
無門さん。
そうですね。全国的傾向として、
レンゲの咲く田圃の風景は、
もう見られなくなって来てますね。
でも、東京の宅地に囲まれた地域で、
まだ頑張ってる田圃があるのは、
とても嬉しい事のように思いました。
yasuhiko
2017/04/27 22:17
tamiさん。
レンゲ田は郷愁を誘いますね。
そのレンゲ花咲く田圃が、
東京で見られるとは思いませんでした。
観光地とはおよそ縁のない
用水路沿いを、花を探しながら
のんびり歩くのも、気持ちのいいものです。
yasuhiko
2017/04/27 22:37
とわさん。
日本の原風景ともいうべき
レンゲの花咲く田圃を発見すると、
それだけで嬉しくなります。
しかも、ここは東京なんですから…。
何だか本当にのどかですね。
国立市は、北部は文教地区なんですが、
南部は水路が網目のように走っていて、
水田地帯の名残りが見られます。
yasuhiko
2017/04/27 22:45
のろばあさんへ。
本当にのどかな牧歌的風景ですね。
私も、自分の写真で無かったら、
これが東京?という感想を、
きっと持つだろうと思います。
田圃や水路、林の花もきれいでした。
宅地化が進んでる事は確かですが、
大丸用水も府中用水も、水路が
大切に守られてる点は大きいと思います。
地域のイベントや、小学生らの
体験学習に利用されてるのも、
都会らしいあり方かも知れませんね。
yasuhiko
2017/04/27 22:58
こんばんは〜
ご無沙汰しておりました(^^ゞ可愛いピンクのれんげの花は乙女心をくすぐりますね🎵 懐かしいホッとする景色ばかりで癒されます。ここが東京とはびっくりポンです(^^)
にりんそうの白い花も可愛らしいです。春本番でこれから新緑の緑も楽しませてくれますからこの時期ウキウキでお出掛けしたくなりますね🎵
ひまわり
2017/04/27 23:02
はるるさん。
大丸用水は、南武線に沿うように
流れているので、私も、
稲城長沼駅で下りて、用水沿いに
南多摩駅まで歩きました。レンゲ田は、
その中間地点辺りに散在します。
東京のレンゲ田、いい風景ですね。
谷保の城山公園は、ちょうどニリンソウの
見頃で、林の中が白い花で一杯でした。
yasuhiko
2017/04/27 23:04
ひまわりさん。
コメント有難うございます。
おめでたい事があってよかったですね。
東京で、レンゲ花咲く田圃の風景が
見られるとは、本当に驚きでした。
レンゲの花はオジサン心もくすぐります。
雑木林を埋め尽くすように咲く
白いニリンソウの風景も魅力的ですね。
yasuhiko
2017/04/27 23:11
 美しいレンゲ畑、郷愁を覚えます。
あるんですね、レンゲ畑が。「昔は肥料でも
今はイベントの主役」とはそのとおりですね。
 城山公園のニリンソウも素晴らしいです。
見事と言うしかないですね。
レンゲもニリンソウも春の花、楽しく見せて
貰いました。(^^♪
ミキ
2017/04/28 00:08
ミキさん。
あるんです。東京でも探せば…。
前から探してたんですが、
お隣の稲城市で「、れんげまつり」を
やってるとは思いませんでした。
今では貴重なレンゲ田ですから、
このイベントの立派な主役ですね。
城山公園、前回の訪問はニリンソウには
少し遅くて、がっかりしましたが、
今回はちょうど見頃に間に合ったようです。
yasuhiko
2017/04/28 00:17
こんにちは。
最近、レンゲ畑はあまり見かけなくなりましたね。
シャガは団地の山沿いに咲いていますがニリンソウやカルガモなど可愛いくて癒されます!
先日、昔の風景を再現した公園に行って来ましたがここものんびり出来ていいですね!
みっちゃん
2017/04/28 11:57
東京にもこんなのどかな雰囲気の
ところがあるのですね。
小学生の授業にも取り入れて、楽しく
学べますね。

南武線は尻手しかしりませんが、奥の方に
行くとこんなにきれいな風景やお花が
見れるのですね。
いつもyasuhikoさんには、東京の
すてきなところをたくさん教えて
いただいています。
ど真ん中のにぎやかなところにいるので
たまにはこんな静かな素敵な東京も
見たいです。(*^-^*)
あこ
2017/04/28 12:08
こんにちは。
レンゲ田・・・稲城長沼駅から10分程なのですね。
行ってみたいです(*^_^*)
素敵なお写真のお蔭で、レンゲを摘んで遊んでいた子供の頃に気持ちがタイムスリップしました♪
いま、遠い目をしています。レンゲの首飾り、不器用な私は上手に編めかったなあ〜と(笑)
クリム
2017/04/28 12:38
昔は青梅でも有ったんですよレンゲソウ祭り。
用水路ですか、とてもいい雰囲気ですねー。
カモさんたちもいい感じですね。
イッシー
2017/04/28 12:40
みっちゃんへ。
全国的にも少なくなってる
レンゲ田ですが、東京でこうした
風景が見られるのは嬉しいですね。
カルガモさんたちも、きっと
喜んでるんだろうと思います。
用水沿いの道は面白いと思いました。
yasuhiko
2017/04/28 14:14
あこさん。
レンゲの咲く田圃が、東京にも
残っていないか、探してたんですが、
近くの稲城市で、「れんげまつり」を
やってたのには驚きました。
「灯台下暗し」という感じです。
大丸用水や府中用水は、今でも
水路を大切に守ってるので、こうした
田園風景が残ってるんでしょうね。
心の故郷とでもいうのか、懐かしい景色に
巡り合って、心癒される気がしました。
yasuhiko
2017/04/28 14:22
イッシーさん。
青梅も「れんげまつり」があったんですね。
協力する農家が無いと、成り立たない
イベントなので、続けるのは
なかなか大変なんだろうと思います。
用水沿いは緑も多く、なかなか
面白い散歩コースだと思いました。
yasuhiko
2017/04/28 14:26
クリムさん。
順番が逆になりました。ゴメンなさい。
大丸用水は、南武線に沿うような形で
流れています。稲城長沼駅から
南多摩駅まで、用水に沿って歩く途中に、
このレンゲ田がありました。中間辺りで、
どちらの駅からも10分程度の所です。
用水沿いの散歩は気持ちがよくて…。
昔を思い出すと言って戴くと、
とても嬉しい気がします。東京で今
こんな風景が見られるのは貴重ですね。
yasuhiko
2017/04/28 14:37
こんにちは☀
幼き頃の風景に出逢えたような…
懐かしい情景です〜♪
まだ小さかった妹と多摩川の土手で
遊んだ記憶も蘇って来ました。
yasuhikoさんの詩情あふれる写真に
安らぎを感じています〜☆
komichi
2017/04/28 15:20
東京でもレンゲが一面に咲いている田圃が
あるのですね。
昔学校帰りにレンゲの田圃に入って、
首輪を作った思い出があり、
とても懐かしいお花です。
移築された古民家やつるべ井戸など
農村風景を偲ばせ、
未だ東京にもこんな場所があるのですね。
ロコ
2017/04/28 15:22
こんにちは。
レンゲが可愛いですね。田んぼを鋤いて肥料にしていましたが、観賞用にも、耐えますね。
シャガ が咲いてますか?早いですね〜〜
当家のもの、まだ先のようです。
ベンガル・ヤハズカズラの花が、最初で小さいですが、
咲き始めました。無事越冬したようです。
アメリカシャガも咲いてくれるでしょう。
yoshi
2017/04/28 15:42
大都会の東京にもこのような長閑な田園風景が見られるとホッとしますね。レンゲ畑で昔遊んだことを思い出します。
こちらにもこのような風景は見られるので気がつかなかったのですがyasuhikoさんのお写真で改めて懐かしく見直しました。農地が住宅地に変わるのは寂しいですね。
みなみ
2017/04/28 15:54
komichiさん。
有難うございます。
子供時代の遊びの記憶って、
いつまでも心に残るもんですね。
レンゲの花咲く田圃や、ニリンソウが
地面を覆う雑木林が、こうして
東京にも残っているのは、
とても嬉しい事のように思いました。
yasuhiko
2017/04/28 22:03
レンゲソウ、今では本当に見かけないですね。子供の頃は田舎の田んぼに蓮華田がたくさんありましたが、最近は田舎でも蓮華田がなくなってしまいました。ニリンソウもたくさん咲いてかわいいですね。古民家の中もいい雰囲気です。ホッと落ち着く空間ですね。
かるきち
2017/04/28 22:15
こんばんは。
レンゲ田があるんですね〜、レンゲの花も見かけなくなりました。
レンゲの花摘みをして、腕輪にして遊んだ記憶、懐かしいです
そして、のどかな里山風景、歩きたくなりました。
ロシアンブルー
2017/04/28 22:21
ロコさん。
東京のレンゲ田には驚きました。
南武線沿線のこの辺りは、
昔から豊かな田園地帯だったんですね。
宅地化が進んだ今でも、その名残りが
見られるのは面白い気がします。
江戸初期以来の用水路が、今も大切に
されていたり、イベントや体験学習を通じ、
昔の記憶を残そうとしていたり、
地域の方の地味な努力が感じられました。
yasuhiko
2017/04/28 22:22
yoshiさん。
昔は田圃の肥やしだったレンゲも、
今は立派なイベントの主役です。
宅地化の進む東京で、こうした
レンゲ田を見て楽しめるのは、
けっこう贅沢な事なのかも知れませんね。
こちらでは、もうシャガが咲いてます。
お庭のシャガが早く咲くといいですね。
yasuhiko
2017/04/28 22:33
都内に田一面に咲くレンゲなんてあるんですね。
写真を見ただけでは、ぜったいに都内とはわからないですね。
室町初期の城山!
興味ぶかいです。
一度行ってみなきゃなりませんね。
家ニスタ
2017/04/28 22:44
みなみさん。
レンゲ咲く田圃の風景、
全国的に少なくなって来ましたね。
それが東京でも見られたので、
何だか嬉しくなってしまいました。
昔は田圃の肥料だったレンゲも、
今は郷愁を誘う魅力的な花という事で、
絶好の被写体になるような気がします。
yasuhiko
2017/04/28 22:45
かるきちさん。
レンゲ田の減少は、全国的な
傾向なんでしょうね。そういう点で、
東京のレンゲ田は貴重だと思います。
移築された農家の佇まい、
ニリンソウの咲く雑木林など、
宅地化の進む中でも、用水沿いには、
昔を偲ばせる風景がまだ残ってるんですね。
yasuhiko
2017/04/28 22:54
ロシアンブルーさん。
東京とは思えないのどかさですね。
豊かな田園地帯だった名残りでしょうか、
用水沿いには、昔を偲ばせる風景が、
まだたくさん残っていました。
レンゲ花咲く田圃は、草遊びをした
子供の頃の事を思い出させて、
郷愁を誘うものがありますね。
yasuhiko
2017/04/28 23:01
家ニスタさん。
レンゲ咲く田圃は、前から探して
たんですが、なかなか見つからなくて…。
近くの稲城市で、こんな牧歌的な
風景が見られるとは思いませんでした。
「城山」の情報は、家ニスタさんを
意識して、後から一行付け加えてます。
機会があったら、ぜひお出かけ下さい。
yasuhiko
2017/04/28 23:07
レンゲ畑ですか。いいですね。うちのマンションでも去年、種を蒔いたのですが、ささやかにしか開花せず、やはり一面のレンゲ畑がいいですね。郷愁を誘う花ですね。稲城ですか、近ければいいのに。
ののはな
2017/04/28 23:11
ののはなさん。
我が家でも、実はベランダで
今レンゲが咲いてます。鉢を占領し、
毎年こぼれ種で咲くようになりました。
でも、レンゲの花は、やっぱり
田一面に咲く姿でないと…。
東京にも無いかと、前から探していた
風景に、やっと出合えて嬉しくなりました。
yasuhiko
2017/04/28 23:44
こんにちは〜♪
懐かしい風景ですね。
レンゲもクローバーも長いこと見た事がありません。
れんげまつりもあるのですね。
一面のレンゲ畑も見たくなります。
菜の花はこちらでもそろそろ終わりに近いです。
ニリンソウ可憐な花ですね(*^。^*)
パステル
2017/04/29 17:52
パステルさん。
本当に郷愁を誘う風景ですね。
これが東京とは思えない気がします。
レンゲやクローバーといえば、
首飾りなど草遊びのイメージですが、
れんげまつりの体験コーナーなどで、
子供たちに教える事が出来ればいいですね。
ニリンソウ、本当に可憐な感じでした。
yasuhiko
2017/04/29 21:17
こんばんは。
初孫を授かってからのち、
公用でばたばたとしてしまい。
あげくは、自身の入院(単なる抜歯ですが)と。
そのような中で今は皆さまをお訪ねしては
春や新緑の息吹を感得し癒されています。

ニリンソウ、とても愛らしいですね。
田園の菜の花畑と青い空が
何とも言えず清々しく素敵でした。
小枝
2017/04/29 22:25
穏やかな田園の中で咲くレンゲに菜の花 シャガなどの柔らかい色目を見ていると、春の光だからこそ 優しい色になったんじゃ無いか。
古民家の燻された壁も、家族総出で一生懸命拭き 輝きのある黒になったんじゃ無いかとか(おそらく初めから木材を強化するために塗られてたとは想うけれど)、趣きある井戸のある風景。
都会ッ子のボクが持っていない田舎のおばあちゃんが待っているイメージ湧く光景です。
近かったら行ってみたいな…ッといつも想ってしまう美しい写真です。
おーちゃん
2017/04/30 07:48
レンゲ畑、可憐でのどかでいいですね(^^) 横浜でも時々レンゲ畑の田んぼ見かけます。そのまま田植え前に耕して肥料になるみたいですね! 田植えが始まると、いよいよカモの出番でしょうか?
pmarin
2017/04/30 11:09
レンゲ田を発見!
見つけたこの景色
気持ちが弾みます
可愛い綺麗な姿ですね
ジュン
2017/04/30 11:30
小枝さん。
ご無沙汰してましたが、
コメント有難うございます。
可憐なニリンソウの花が、雑木林の
地面を覆い尽して咲く様子に、
幻想的な雰囲気さえ感じられました。
これが東京とは思えないような
のどかな風景には、心が和みますね。
yasuhiko
2017/04/30 13:33
おーちゃんへ。
うららかな春の光に包まれて、
のどかな用水路散歩が出来ました。
カルガモさんたちも、この陽気に
誘われるように、レンゲ田の
散歩を楽しんでたみたいですね。
古民家の壁、本当にきれいに光ってます。
今でも毎日、囲炉裏に火を熾してる
そうなので、長い年月煙に燻されて、
このような黒い輝きが生れたんでしょうか。
目の前の田圃の風景と相俟って、
農村の暮らしが想像される気がしました。
yasuhiko
2017/04/30 13:48
pmarinさん。
前から探していたレンゲ田。
近くの稲城市で見つける事が出来て、
ちょっと嬉しくなりました。
間もなく田圃にも水が引かれるでしょう。
その頃は、カルガモさんの子育て風景が、
見られるかも知れませんね。
yasuhiko
2017/04/30 13:55
ジュンさん。
東京のレンゲ田は、前から
探してたので、本当に「発見!」
という気分になりました。
最近は、全国的にも少なくなってる
風景なので、懐かしさを覚えますね。
yasuhiko
2017/04/30 14:00
「れんげまつり」なんてあるのですか。知りませんでした。
それにしても天気が良くてのどかですね〜。レンゲの群生を見ているとウキウキしてきますね。陽気も過ごしやすくなりました。
府中用水沿いの城山公園のンリンソウも見事です。写真でも気持ちよさが伝わってきます。
ミクミティ
2017/04/30 16:45
ミクミティさん。
そうした催しを通じて、レンゲ田の
懐かしい風景を残そうとしてるんでしょう。
今や東京では滅多に見られない
のどかな風景に、心和むものを感じました。
雑木林の地面を覆うニリンソウの
可愛らしい姿も印象的ですね。
東京で、こうした田園地帯の名残りが
見られるのは貴重だと思いました。
yasuhiko
2017/04/30 22:26
しばらくご無沙汰している間に、季節が進みました
「稲城市大丸」、懐かしい響きです。以前、この辺りの多摩川でよく遊びました。多摩川の土手より、校庭が低くてよく水浸しでしたよ。レンゲソウ、牧歌的な景色がまだ東京に残っているとは…ビックリナシの花も咲いてるかな?
ミックン
2017/04/30 23:33
ミックンさん。
おや、そうですか。この近くの
多摩川で水遊びをされてたんですか。
それでは、よけい懐かしさを
感じていらっしゃるのでは…。
私の場合、大丸用水は初めての訪問
でしたが、レンゲの花の咲く田圃の
風景に、郷愁を誘われるような
気がしました。この辺りは
梨畑の多い所ですよね。子供の頃、
もっと下流の方の梨園に、梨もぎの
遠足に来た事を思い出しました。
yasuhiko
2017/04/30 23:54
こんばんは!
南武線途中下車の旅ですね(^^)
なかなかそちらへは行く機会が無く、
のどかな里山風景に見入ってしまいました♪
ニリンソウの群生には驚きです!
東京にも懐かしい場所がまだあってホッとしますね♪
sasapanda
2017/05/01 21:57
暖かくなると 蓮華が一面に 咲くのを
心待ちにします。なぜか 郷愁を感じます。
我が家の周りは こんな風景ばかりですが
ニワトリの写真を見て そういえば 昔
飼っていたな〜と 懐かしくなりました。
フラバーバ
2017/05/01 23:27
sasapandaさん。
はい、「ぶらり」途中下車の旅を
楽しんで来ました。用水路を守り続け、
豊かな田園地帯だった頃の面影を
偲ばせる地域が、今も東京に残ってる
というのは、何だかとても嬉しい事ですね。
ニリンソウの咲く風景も魅力的でした。
yasuhiko
2017/05/01 23:36
フラバーバさん。
お帰りなさい。お出かけの記事が
アップされるのを、楽しみにしてます。
東京に住んでると、郷愁を誘う
こうしたレンゲ田の風景は珍しいので、
いいものに巡り合えた気がしました。
谷保天神のチャボ、名物になってるんです。
yasuhiko
2017/05/01 23:52
レンゲのお花に
カモのつがいかな
のどかですねぇ
世の中がざわついていても
気にしてもどうしようもないこと
ですから。
人として今を楽しめればそれが
一番ですわよね。
花や鳥に見習いましょうか...
asakun
2017/05/02 11:49
こんばんは
レンゲ田、私はまだ見たことないんです。
大阪にもいまだに残っているところはあって私の知り合いがFacebookにアップしていました。でも私が育った大阪市内にはそもそも田んぼも畑もなくて…憧れますね〜。
レンゲ以外にもニリンソウの群落も!大好きなんです、この花。可愛いです♪いつかこの時期に行ってみたいです!(^^)!
gumi
2017/05/02 20:08
asakunさん。
こういうのどかな用水路沿いの道を
歩いてると、本当に心穏やかになります。
東京でレンゲ田ですからね。
江戸時代から続く農村地帯の生活の
名残りが、今も垣間見られて、
それがとても貴重なものに思えました。
yasuhiko
2017/05/02 22:18
gumiさん。
私の場合も、周りが町工場ばかりの
東京の街で育ちましたから、
レンゲ田には縁がありませんでした。
それだけに、田圃一面に咲き誇る
レンゲの花に、憧れてしまうみたいです。
用水路沿いの道は、その憧れを
満たしてくれる魅力に溢れてました。
雑木林の下を明るく照らす
ニリンソウの群落も、見事なものですね。
yasuhiko
2017/05/02 22:28
こんにちは〜
稲城長沼でレンゲ畑を見られるとは驚きです。
昔 稲田堤に住んでいたことがありますが、田舎でした 今ではそんな面影などないと思っていましたが
心洗われる思いでお写真見ましたよ。
あ〜 行ってみたいです。

ちなみに千葉でも大多喜でレンゲ祭りがあります。
今でもやっているかどうか解りませんが、レンゲ畑での結婚式をやっていたことがあります。
事前に申し込んでのことでしょうが・・・。
イータン
2017/05/03 17:05
イータンさん。
こちらにお住まいでしたか。
それでは、レンゲ田の風景によけい
懐かしさが感じられるかも知れませんね。
稲城市も圧倒的に宅地化が進んで、
今ではレンゲ田の周辺も住宅ばかりです。
それでも、辛うじてこうした昔ながらの
風景を残してるのは、有難い事ですね。
yasuhiko
2017/05/03 22:46
素晴らしいですね。
レンゲソウは岐阜県の県花なのですよ。
私は岐阜っ子で、子供時には レンゲソウの田んぼの中に寝転んで過ごした子。
とても懐かしく見せていただきました。
その岐阜でさえレンゲソウ、少なくなりましたよ。
ハイジママ
2017/05/04 18:41
ハイジママさん。
そうでしたか。私には、そういう風に
レンゲ田で遊んだ記憶が無いので、
よけい憧れてしまうみたいで…。
全国的にも少なくなってるレンゲ田が、
近くの稲城市で見られてよかったです。
yasuhiko
2017/05/04 21:51
こういった田園府警はなかなか見られなくなりました。どこかにコンクリートがあったりで、なかなかこういう風景はこちらの田園地帯でもなかなか見られなくなりました。
云われてみれば、田圃に蓮華や筑紫といった風景なかなか観なくなったような。。
つとつと
2017/05/07 01:27
つとつとさん。
東京にもまだ辛うじて、
こんな長閑な田園風景が残ってました。
地域のイベントに利用したり、
小学生の体験学習の場に利用したり、
意識的に残そうと工夫する、地元の方の
取り組みの賜物かと思います。
レンゲや菜の花の咲く田圃を見ると、
何だか心が和みますね。
yasuhiko
2017/05/07 16:40
こんにちは。
レンゲソウ祭り いいですね。
カルガモなんかいて、のんびりしたたたずまいですね。
yoshi
2017/05/09 14:46
yoshiさん。
カルガモさんも、レンゲの
お花見を楽しんでるようでした。
「おーい、こっちの花がきれいだよ」
なんて声が聞こえそうな雰囲気で…。
yasuhiko
2017/05/09 22:43
ステキな光景ですね。
小さい頃、稲城市に近い川崎市内に住んでいたのですが、レンゲやシロツメクサが沢山ありました。
小学校の時、授業の一環で、小さな田んぼで田植えの話を聴いたりしてました。
なんだか、とっても懐かしい気持ちになりました
emi
2017/05/10 03:08
こんにちは〜♪
レンゲ祭りをするくらいですから、結構な広さのれんげ畑なんでしょうね。
昔は、あちこちで見られたのに、最近は減りました。
谷保天満宮、行って見たいんです。
ニリンソウ咲く頃、いいですね。
笑みりん
2017/05/10 13:28
emiさん。
そうでしたか。川崎は、稲城市の
すぐお隣ですし、同じように
梨の栽培が盛んな地域ですね。
多摩川の水を引いた水田耕作という点でも、
互いに共通するものがあるんでしょう。
宅地化が進む中、こうしたレンゲ田に
出合えて、ホッとする思いでした。
yasuhiko
2017/05/10 14:04
笑みりんさん。
民家の間に囲まれるようにして
残っている田圃ですが、
まだ3〜4カ所残っていて、そこが
れんげ祭りに利用されるようです。
谷保天満宮の辺りは、本当にのどかで
水路沿いの散歩が楽しいですよ。
ニリンソウの咲く雑木林は、8月には
キツネノカミソリが咲き乱れるはずです。
yasuhiko
2017/05/10 14:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
花と新緑の用水沿いを歩く 街が好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる