街が好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 素心伝心〜失われた刻の再生〜

<<   作成日時 : 2017/10/19 00:01   >>

ナイス ブログ気持玉 500 / トラックバック 0 / コメント 104

行楽の秋を迎え、奈良の法隆寺に行って来ました。…というのは、
真っ赤なです。法隆寺の堂内は撮影禁止。では、どうして金堂
釈迦三尊像が撮影できたのか。実は、この仏像・壁画は、最新の
科学技術で復元されたクローン文化財なのです。

          【東京藝術大学大学美術館】

画像

画像

    ここは上野、芸大美術館。《素心伝心》展の会場です。
    失われたり、非公開の文化財を復元する特許技術を
    開発した東京芸大。その力作が集められてました。

画像

    元の金堂壁画12面は、1949年の火災で損傷。   

画像
画像

画像

    ただのそっくりさんというだけで無く、今は欠落した
    螺髪と白毫を補い、飛鳥時代の姿を再現してます。

    *次は「高句麗古墳群(江西墓)」の壁画*

画像

    四神図より「玄武」。明日香村、高松塚古墳壁画との
    関連も指摘されますが、北朝鮮国内では見学も困難。      

           *次は「敦煌莫高窟第57窟」再現*

画像

画像

    古代シルクロードの要衝、仏教美術の聖地「敦煌」。
    第57窟は現在非公開なので、貴重な再現ですね。   

画像

    壁画の色彩豊かな空間は極楽のよう。

           *ここで本物を4点ほど*

画像

           仏陀説法図(2〜3C、パキスタン)。

画像

    柱頭(2〜3C、パキスタン)。

画像

    仏伝浮彫(2〜3C、パキスタン)。

画像

    仏陀頭部(3〜4C、パキスタン)。

    *バーミヤン東大仏天井壁画の復元*

画像

    ゾロアスター教の太陽神を中に、ギリシャ起源の
    風神等が取り囲むという文化の融合を示す壁画。
          *      *      *
    バーミヤン大仏が、イスラム過激派によって爆破
    された際、爆風で壁画も失われてしまいました。    

           *キジル石窟の壁画復元*

画像

画像

    釈迦の前世及び仏弟子の物語を描いた石窟壁画
    ドイツ探検隊によって剥ぎ取られ、その後、第二次
    大戦中の空襲で、一部が失われてしまいました。

画像

    古代シルクロードの壮大な文明交流の足跡を辿る内、
    もっと本物の文化財が見たくなりました。そこで、上野・
    国立博物館の法隆寺宝物館に立ち寄る事に…。    

           【法隆寺宝物館(撮影可)】

画像

           紅牙撥鏤<ばちる>尺(奈良時代/8C)。
           天平時代に用いられた一尺の物差し

画像

    法隆寺(飛鳥時代/7C)。左上が「法」の字。

画像

    水滴(硯に水を注ぐ)と(奈良or唐時代/8C)。

画像

           竜首水瓶(飛鳥or唐時代/7C)。

画像

    灌頂(飛鳥時代/7C)。透かし彫りが見事。

画像
画像

    菩薩半跏像と観音菩薩立像(飛鳥時代/7C)。

画像

    摩耶夫人及び天人像(飛鳥時代/7C)。
        *      *      *
    これらの宝物は、法隆寺から皇室に献上された
    品々で(今は国立博物館所蔵)、シルクロードの
    終着点、正倉院宝物と双璧をなす文化財です。

    こうして本物が今残っているという事は、奇跡的
    なんだという事を、今回改めて実感しました。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

この記事に貼り付けられるブログ気持玉の上限に達しました。
気持玉数 : 500
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(104件)

内 容 ニックネーム/日時
失われたものを復元出来るなんて凄いですね
復元されたものだと言わなければ本物のようです

火災や戦争などで失われてしまったものは本物を見ることは叶わないけれど技術って素晴らしいですね

本物が今も残って見ることができるのは奇跡なんだという締めくくりの言葉に深く頷いてしまいました

とまる
2017/10/19 03:04
おはようございます。
復元の技術が此処まで素晴らしいとは凄い事ですよね。
これは日本人の繊細さ緻密さの仕事ゆえの復元と言う事なのでしょうか。
法隆寺印・・・読めますね
これらの本物がどんな形で残されて現在に至っているのか‥正に奇跡以外の何物でもないのでしょうね
そしてこの先の人々にもこの奇跡をちゃんと見届けて欲しいものです。。。
きょんたん
2017/10/19 04:06
クローンですか、凄いですね
貴重な遺産が歳月の経過とともに風化したり
事故や災害で消失してしまうのは本当に残念です
今後の世代の為にも素晴らしい技術ですね
はな♪
2017/10/19 07:12
おはようございます。
クローン技術と聞くと、その人間らへの転用方法を間違うと大変なことになるという危惧がありますが、こうした芸術遺産に対しては素晴らしい使い方と思います。門外不出拝観出来ない物を目に出来るのは嬉しいですね。
芸大って素晴らしいですね^^
JK
2017/10/19 07:26
おはようございます。

復元の技術ってすごいですね。

歴史を学ぶと、人は時代の変革期になると古い物を壊したがる性質が出るようですから、このような技術で歴史的な芸術や宗教の流れが後世に残せるといいですね。
koji
2017/10/19 07:32
おはようございます。
美術の世界にもクローンの技術が
驚きました。すごい事ですね。
こういう技術で後世の人達に素晴らしい
物を残せる、いいですね。
ゴンマック
2017/10/19 08:17
おはようございます。
復元の技術を芸大が持ってるって・・・
アナログっぽくていいでしゅねっ
小さいころから大好きだった「菩薩半跏像・弥勒菩薩半跏思惟像」
これだけ大事保存されてるのは、米軍が京都に爆弾を落とすのを避けたからと聞かされていました
いまになって考えるとありがたいものでしゅねっ
芸大のクロ〜ン技術・・・ナイス!…☆
デミ
2017/10/19 08:35
おはようございます。
仏像を見るのが好きなので、雨降りの日に家にいながら、素晴らしい写真を見せていただき嬉しいです。
クローン技術で欠落したものを補い、再生されたものが、また後世に伝わっていくのは素晴らしいですね。
仏陀説法図(パキスタン)、鼻が高くて、やっぱり外人だ!と思ってしまいました(笑)
ぽぽ
2017/10/19 08:37
芸大のクローン展、興味深く見ていました。
凄いなと・・放送の時も思ったものです。
撮影ができるというのも。素晴らしい☆彡
普通は不可能な全方向も嬉しいです。
法隆寺宝物館はアプローチも素敵ですよね。
私も最後の摩耶夫人及び天人像の前では
長いこと魅了されて見ていました。
撮影可能というのもありがたいですね〜
身辺がせわしなく、暫く出かけられません。
お天気が悪いのも難ですね〜
nobara
2017/10/19 08:39
おはようございます♪ 
クローン技術、素晴らしいですね。
どこまで忠実に復元できるのか、色や線などなど、それはそれは調べに調べて・・大変なことですよね。
貴重なお写真を見せて頂きました。
私も仏陀説法図(パキスタン)のお写真が印象に残って鼻が高いな〜なんて思いながら拝見しました(笑)
とわ
2017/10/19 08:56
「最新の科学技術で復元されたクローン文化財」を観賞されましたか。
こうなると、素人目にはわからないですね。
門外不出や遠距離にある芸術品のクローン化が進むかもしれません。
東京芸術大学などの主催とありますが、凄い技術です。
材質は?と思ったら、
法隆寺・釈迦三尊像のクローンは、3次元計測したデータをもとに作った型で鋳造し、その色合いはメッキを施したそうで、気合いが入っています。

本物をと言われても見分けがつきませんが、
シルクロードを伝わって来た芸術品には惹かれます。
摩耶夫人(まやぶにん)像を拝見すると、六甲山系にある摩耶山の由来を説明したくなります。
西暦646年(大化2年)山中にインドの高僧法道仙人が観音霊場を開きました。
この霊場に806年(大同8年)唐から帰った空海が摩耶夫人像を納め寺としたのです。
摩耶夫人を本尊とするこの寺を佛母摩耶山とう利天上寺とし、山を摩耶山と呼ぶようになりました。
ただ、1976年の火災により一帯が全焼したので、本物は残っていません。
場所を移し、全てが新しく造られました。
アルクノ
2017/10/19 09:12
こんにちは。

これクローン文化財なんですか!
凄いですね!
本物と見分けがつきませんね。
てか、本物も詳しくないですが。。。
東京藝術大学大学美術館にあるんですか。
凄いですね。
これは見てみたい。
トトパパ
2017/10/19 10:28
日本の復元技術は 素晴らしいですね。
お寺に行くたび 触れるな!撮影禁止!
の注意書きに うんざりします。
もっと 身近に 楽しめるよう こういう
クローン文化財で 在ってもいいのでは
と いつも思います。
でも 実物は やはり 風格を感じます。
フラバーバ
2017/10/19 10:31
おはようございます〜〜♪
めっきり冬が来た様に寒くなりました。

クローンの技術!ここまで出来るなんて
素晴らしい事ですね(@_@)
ここでは 珍しいお写真を拝見でき
お勉強させて頂きましたΣ( ̄□ ̄|||)
♪のこ♪
2017/10/19 10:37
とまるさん。
芸大の技術は凄いですね。
古墳や石窟の壁画などは、保存の
関係上、どうしても公開できないものが
多いでしょう。それをこうして
再現してくれるのは嬉しいですね。
この展覧会が終了した後、展示物の
一部は、故国に帰還(?)するそうです。
それも大変意味のある事だと思いました。
文化財保存の困難さを思う時、
仰るように、日本に今もシルクロード
美術の流れを汲む宝物が残されてるのは、
とても貴重な事なんですね。
yasuhiko
2017/10/19 11:44
こんにちは。
最初の法隆寺金堂の釈迦三尊像のクローン文化財、テレビでやっているのを見ましたが、すごい苦労があり、本物より本物らしいと思う出来映えです。
たくさんの時間を費やして製作したようでしたが、ものすごい技術力に舌を巻きます。
歴史的価値の高い文化財を後世に伝えていくのは並々ならぬ努力がいりますね。
トンキチ
2017/10/19 11:47
きょんたんさん。
言われなければ、模造と分らない
ような逸品ばかり。本当に、最近の
技術は目を見張るようなものがありますね。
デジタル技術に、人の手技や感性を
取り入れて仕上げるそうです。
その一方で、「法隆寺印」のような
貴重な飛鳥時代の宝物が残されてるのは、
本当に素晴らしい事だと思いました。
yasuhiko
2017/10/19 12:00
 法隆寺から皇室に献上された宝物なんですね。正倉院の宝物はNHKで特集やっていたので、少しはテレビで見た事が有りますが、こういうものは初めてです。クローン技術もさることながら、古い味わいを残しての復元すごいと思いました。復元と言うと、つい金ぴかを連想してしまいますが…。気品と風格ある文化財に成っていますね。
藍上雄
2017/10/19 13:44
はな♪さん。
言われなければわからないような、
本当によく出来た逸品ばかり。
世界でも注目の技術だそうです。
仰るように、シルクロード各地の文化財は、
危機に瀕してる場合が少なくありません。
日本の技術力が、こうした文化財の
姿を留める役に立ってくれれば嬉しいですね。
yasuhiko
2017/10/19 14:30
JKさん。
芸大のやってるプロジェクトは、
本当に素晴らしいものですね。
本物と簡単には見分けのつかない
レベルで、クローン文化財を
生み出す技術力や感性の豊かさには、
ただただ感心してしまいます。
展覧会終了後は、展示物の一部を
故国に帰還(?)させる予定だという
太っ腹なところも気に入りました。
yasuhiko
2017/10/19 14:40
kojiさん。
クローン文化財といっても、
どれも非常にレベルが高いですね。
保存上、公開の難しい文化財を、
こういう形で一般に示してくれるのは、
本当に有難い事だと思います。
まして、失われてしまったものの
場合は尚更でしょう。さすが
天下の芸大、いい仕事をしてますね。
yasuhiko
2017/10/19 14:49
ゴンマックさん。
生物学的なクローンは、倫理的な
問題が絡んで、少々厄介ですが、
文化財のクローンは、間違いなく
世界中の人から喜ばれると思います。
残されたデータから、失われた文化財を
復元する技術は、本当に素晴らしいですね。
yasuhiko
2017/10/19 14:55
デミさん。
法隆寺の釈迦三尊像を始め、
簡単には区別できない程、どれも
よく出来たクローン文化財です。
さすが芸大、いい仕事してますねと
思わず言いたくなる程、あっぱれですね。
「精細な画像データを…三次元計測や
科学分析を行って」「(最後は)人の
手技や感性…仕上げる」という説明では、
なかなか理解しきれないのですが、
とにかく素晴らしい技術だと思います。
yasuhiko
2017/10/19 15:05
こんにちは(*^o^*)
言われなければ本物にしか見えませんね〜
しかも本物よりも補正されてるなんて 凄い技術ですね。
残された本物も よく今まで残っていてくれて 改めて貴重に感じましたね。
お目にかかれないものを見ることができ感動しました。
ありがとうございましたm(_ _)m
にゃーちゃん
2017/10/19 15:09
ぽぽさん。
古い仏像がお好きでしたか。
法隆寺の釈迦三尊像、思わず
手を合わせて拝んでる方もいらした程、
よく出来た気品のある仏様でした。
本物とクローンとを取り混ぜ、
シルクロードの仏教美術を大観できる
のは、幸せな事ですね。確かに、
西に行くほど仏様の鼻が高いような…。
yasuhiko
2017/10/19 15:14
nobaraさん。
本当に嫌な天気が続きますね。
この日も小雨がちで…でも、博物館
巡りなら大丈夫という訳で、
撮影できる所を回って来ました。
芸大はあっぱれ、いい仕事をしてます。
失われていたり、非公開だったり、
写真撮影ができない文化財を、
こうして忠実に復元してくれるのは、
本当に有難い事ですね。法隆寺宝物館、
運慶展に比べると、ガランガランも
いいとこでしたが、展示されてるものは、
どれも素晴らしい逸品ばかりでした。
yasuhiko
2017/10/19 15:26
とわさん。
基本は高精細の画像データだそうです。
それに三次元計測や化学分析を加え、
本物の形状・素材・質感・色などを
忠実に再現して行くんだそうで…。
さすがは天下の芸大、いいお仕事を
されてるんじゃないでしょうか。
西に行くほど、仏様の鼻が高く
なるように見えるのも面白いですね。
yasuhiko
2017/10/19 15:36
アルクノさん。
はい、本当に見た目では分らない
よく出来た逸品ぞろいでした。
法隆寺の釈迦三尊像の前では、
深々とお辞儀をし、何かを祈って
らっしゃる方もいらしたほどで…。
戦争や災害で失われていたり、
実物を鑑賞するのが難しい作品を、
こういう形で再現してくれるのは、
本当に有難い事です。さすがは芸大、
世界中の人から喜ばれるような
いい仕事をしてますね。
六甲山系の「摩耶山」の由来、
興味深く拝読しました。時代も場所も
超越して、釈迦伝説がこうして
地名に残ってる事の不思議さを感じます。
yasuhiko
2017/10/19 16:03
トトパパさん。
クローン文化財といっても、
見分けられない程のレベルでしょう。
芸大の技術は凄いですね。
これなら、すでに失われていたり、
実物を見る事が困難な文化財でも、
その姿を確実に後世に伝えて
行けるからいいですね。
yasuhiko
2017/10/19 16:10
フラバーバさん。
仕方のない面もあるんですが、
旅行先で「撮影禁止」の看板に
出合うと、がっかりしてしまいますね。
その点、クローン文化財なら大丈夫。
東京の上野で、見る事が困難な
シルクロードの仏教美術を、
心ゆくまで鑑賞する事が出来ます。
さらに、本物が残っている事の
素晴らしさも感じさせてくれますね。
yasuhiko
2017/10/19 16:19
♪のこ♪さん。
いやー、本当に寒い。
上野に出かけた時も、小雨がちの
天候でしたが、博物館巡りなら
雨でも大丈夫と思って出かけました。
日本の誇る復元技術は素晴らしいですね。
実際には見る事の難しい文化財を、
こういう形で忠実に再現してくれるのは、
本当に素晴らしい事だと思います。
yasuhiko
2017/10/19 16:26
トンキチさん。
最新の精細なデジタル技術と、
伝統的なアナログ技術を融合した
クローン技術。さすが芸大でなければ
出来ない仕事だと感心しました。
法隆寺の釈迦三尊像、思わず
手を合わせたくなる程の出来ですね。
貴重な文化財を、未来に継承して行く
とても大事な試みだと思います。
yasuhiko
2017/10/19 16:33
藍上雄さん。
正倉院御物は、8C奈良時代の
物が中心ですが、法隆寺献上品は、
7C飛鳥時代のものが中心になります。
この法隆寺宝物館の展示品は、
そのほとんどが国宝か重要文化財。
知られてないけど、実は宝の山なんですね。
それにしても、芸大の開発した技術は
素晴らしいものだと思います。
美しい物に対する敬意を感じました。
yasuhiko
2017/10/19 16:43
にゃーちゃんへ。
ほとんど区別できない程、
よく出来た優れものでしょう。
釈迦三尊像の前で、丁寧に拝んで
らっしゃる方もいらしたほどで…。
文化財の未来を考えた場合、
この技術はますます必要になるかも
知れませんね。一方で、だからこそ、
本物にどれだけの価値があるか、
再認識させてくれるような気がしました。
yasuhiko
2017/10/19 16:49
このクローン仏像建立のTVを見てました。
3Dプリントで型を作って本物に近づけていき
本物の欠けたところまで作ってしまうというなんと素晴らしい技術と芸術ですね。
中東の戦火で破壊されたバーミヤンの石仏なども
今後復元できるように技術を磨くと言っていらっしゃいました。
今後、心無い世界の戦火や愚かな人間たちの行状で
大事な世界の宝物が破壊されませんように・・・
ただただ祈るばかりです。。。
あっこちゃん
2017/10/19 17:16
芸術の世界もクローンとは驚きました。
凄い技術ですね。本物との区別をはっきりしておかないと後世に混乱させてしまいますね。言うまでもない余計なお世話でした。仏陀の頭部美しいですね。屋久島で仏陀杉を見てきました。樹齢3,000年です。自然界も大切に守りたいですね。
みなみ
2017/10/19 17:37
最初の、法隆寺へ・・にドキリでしたよ。
比較的我が家からも近いのです。
念のため・・お二人で来られる時は、きっと
教えてくださいね。
クローンの技術も、この様な分野で発揮
されるのは嬉しいことですね。
欠落した部分が復元されるのが、もっと
多くなれば良いですね。
雨天続きの今、良い所に行かれましたね。
つばさ
2017/10/19 17:48
こんにちは!
クローン文化財TVで放送されていて見ました。3Dプリンターを使って本物以上に本物らしく作られていて復元技術も凄いですね。
タリバンによって破壊された文化財も復元して残すことが出来るのは意義のあることだと思います。
法隆寺宝物館の本物はやはり素晴らしいです。
eko
2017/10/19 18:02
素晴らしい〜!!
クローンの技術ってすごいですね!!
破壊されてしまった貴重な文化財や、訪れることが困難な所の文化財など、幅広く再現してくれてあるのを知り、感動しました。
そして、宝物館の本物にも。。。
ときめきます!
keikoさん
2017/10/19 18:05
こんにちは

本物は素晴らしいですね
でも復元されたものも
それ以上に素晴らしい
無門
2017/10/19 19:59
こんばんは。
クローン文化財があるのは初めて知りました。もっとも重要文化財の仏様を今はやりの3DCD制作して普段は実物では無くこうしたものが飾られて居る事はニュースなどで知って居ます。


ここで紹介されているものはまさに芸術で本物と見間違うほど素晴らしいですね。
玄武とよく似て居る壁画は何かつながりがあるのではないかと想像をしてしまいます。

国立博物館の法隆寺宝物館の品々はさすがに本物の気品が感じられますね。    
天平時代に用いられた一尺の物差しなど興味深いです。比べ物にはならないですが明治生まれの母が使って居た物差しがありますが尺貫法に疎い私には役に立ちませんよ^^。
のろばあさん
2017/10/19 20:18
私も見に行きましたが、その場所ごとに関係する音も流れていましたね。
手で触れてもいいものもたくさんあって、クローンとはわかっていても手触りなどは当時を再現していると思うと不思議な気分がしました。
上野は博物館、美術館がまとまっていていい場所ですよね。
コマダム
2017/10/19 20:53
あっこちゃんへ。
TVで釈迦三尊像のそっくりさん
制作の過程を放送してたんですね。
よくこれだけのものをと思いますが、
長年文化財の調査研究に関わって来た
芸大ならではの仕事だと思います。
もしバーミヤンの大仏が復元されれば、
(どれだけ大きいんだろう!)
故国の人々もきっと喜ぶ事でしょう。
これ以上、人類の宝が傷ついたり、
失われたりしないよう願いたいですね。
yasuhiko
2017/10/19 21:37
みなみさん。
本当に素晴らしい技術ですね。
世界には保存上の理由や、
政情不安定などといった理由で、
実際には目にする事の出来ない
文化財がたくさんあります。
芸大の開発した技術が、そうした
貴重な文化遺産を、目に得る形で残す
力になってくれると嬉しいですね。
yasuhiko
2017/10/19 21:44
つばささん。
初めにつまらない冗談を
言ってしまいました。でも、
それだけよく出来てるという事を、
強調しておきたかったんです。
金堂の壁画、天蓋や光背、仏像の
欠けた部分などを補って、飛鳥時代の
元の姿を再現したいというのが、
制作チームの狙いのようです。
こうした試み、これから世界中で
必要とされるかも知れないですね。
yasuhiko
2017/10/19 21:52
ekoさん。
私は見逃したんですが、
制作過程もTVでご覧になったんですね。
シルクロードの文物は、その多くが
様々な理由で、実物を目にする事が
出来ないという事情を抱えてます。
芸大の技術が、そうした文化財を、
目に見える形にして、未来に継承する
力になってくれたら嬉しいですね。
yasuhiko
2017/10/19 21:57
keikoさん。
さすが芸大、いい仕事を
してると感心してしまいました。
仰るように、世界の文化財の中には、
危機に瀕してるものや、失われた
ものも少なくありません。
こうした文化財を未来に継承して
行くために、芸大の開発した技術は、
これからますます必要になるでしょう。
その一方で、本物の法隆寺宝物が
保存、公開されてるのは有難い事です。
yasuhiko
2017/10/19 22:05
無門さん。
本物の持つ力。法隆寺宝物には、
その凄みを感じます。その一方で、
すでに失われた文化財や、実物を
目にする事が困難な文化財を、
最新技術で再生しようと試みる
方たちの情熱と志にも感動しました。
yasuhiko
2017/10/19 22:10
のろばあさんへ。
天平時代の物差し、素敵でしょう。
正倉院御物の中にも、よく似た
象牙製の物差しがあって、ともに
天平の世の面影を今に伝えてくれます。
その一方で、失われつつある文化財、
実物を見る事が困難な人類の宝を、
最新の技術で蘇らせようとする試みは、
とても意義深いものだと思いました。
仰るように、高句麗古墳の「玄武」の
図は、高松塚古墳壁画のルーツとも
言うべきものです。芸大の優れた技術、
世界中で必要にされるかも知れませんね。
yasuhiko
2017/10/19 22:23
コマダムさん。
コメント有難うございます。
同じ頃に上野に行ってたんですね。
仰るように、釈迦三尊像の前では、
法隆寺の僧侶の読経の声が流され、
お香の香りが漂うなどの演出も
施されてました。飛鳥期の姿を、忠実に
再現したいという熱意の表れでしょう。
博物館の掛け持ちが出来るのは、
上野ならではの贅沢ですね。
yasuhiko
2017/10/19 22:32
 最新の科学技術で復元された
クローン文化財、凄いですね。
TVで詳しく放送されたのを見ました。
たとえクローンであっても失われたり、
非公開の文化財が見られることは素晴らしい
ことですね。
仏陀はこんな端正なお顔をしていたのか、
イメージとのずれが生じました。
どれも素晴らしいですが、匙という言葉
久しぶりに触れました。知っていても
日常的に使わない言葉のあることを
思い出しました。(^^♪
ミキ
2017/10/19 23:15
ミキさん。
釈迦三尊像など、本当に
よく出来てると感心しました。
TV放送は見逃しましたが、
クローン文化財の制作過程には、
多くの工夫が加えられてるんでしょうね。
シルクロードの文物など、残念な
状況下に置かれたものも、たくさん
ある事でしょう。芸大の開発した技術、
ますます必要とされる気がします。
確かに「匙」という言葉は、
今あまり耳にしなくなりました。
でも、何か落ち着きのいい言葉ですね。
yasuhiko
2017/10/19 23:58
お早うございます
欠落した部分を修復しただけでなく
飛鳥時代に復元したものを拝める
とは夢の様ですね
すーちん
2017/10/20 07:31
こんにちは。
法隆寺の仏像を、東京藝術大学にて最新の技術で復元され、一般に公開しているのは素晴らしい事だと思います。文化財は人類の宝として永く子孫に伝えるのは意義があります。最新のデジタル技術で貴重な文化財を保存して守る事は必要でしょうね。仏頭の螺髪や白毫を補修して飛鳥時代の姿を忠実に再現しているのも良いです。敦煌やバーミヤンの仏教遺跡の美術品も拝見し、興味深く楽しく拝見させて頂きました。
華の熟年
2017/10/20 11:19
クローン技術はこんな分野にも生かされているのですね。
東京に居ながらにして、奈良だけでなく、北朝鮮、敦煌の物まで見ることができるとはすごいですね。
長い時を超えて本物が残り続けれるのは本当に難しいことで、奇跡的なんですね。
せめて戦争など人の手で破壊するのは避けたいですね。
すずりん♪
2017/10/20 13:48
貴重な画像の数々を拝見させて戴きました。
クローンのお話 先日NHKの番組の中で知ることとなりましたが 昔から安置されていた貴重な仏像が 雷による度重なる火災で焼失しているので クローンを安置し 皆さんに見て戴いている〜〜とのことで なるほど!とも思いましたが 本物と全く同じであっても クローンを拝受することに少なからず違和感を感じました。でも色んな問題もありますから仕方ないですね。
パキスタンの仏頭のお顔立ち 鼻筋も高く違いますね。
いつも気持ち玉がいっぱいですが 今日は間に合いそうです!(^^)!
気温差が大きく 急に冷え込んでいますので 体調を崩されませんようにお気をつけ下さい。

しおん
2017/10/20 15:30
あぁ〜今日は間に合いました〜ホッ〜
凄いですねぇ〜飛鳥時代の貴重な宝物
〜現代と変わらない〜というより
諸々の交錯する現代よりも、さらに
深い心のままの芸術のような〜
純粋な気高い感じさえしますね〜
遥か彼方の人々の心に
途方もない古えの芸術に触れる
事が出来るのは
平和な今の日本だからこそ〜
芸大の心意気を世界に広め
世界の平和を祈りたいですね!!
miki
2017/10/20 18:24
実際にその場所に行かなくても、こうして復元されて見ることが出来るとは、とても嬉しいですね。そしてすごい技術力に驚きます。それを紹介していただき、いつもながらのすばらしい写真で楽しめるのはありがたいことです。
はるる
2017/10/20 20:09
すーちんさん。
本当にそうだと思います。
芸大の復元チームの狙いとしては、
現在の姿のそっくりさんというより、
古びた雰囲気は残したままで、
当初の姿の再現を目指す事だと思います。
さすが芸大、志が高いですね。
yasuhiko
2017/10/20 20:58
華の熟年さん。
仰るように、文化財というのは
人類の宝だと思いますが、現実には
戦いや災害で失われたり、保存のため
公開できない場合が少なくありません。
それを思うと、芸大の開発した
復元技術は本当に貴重ですね。
法隆寺の釈迦三尊像なんか、拝みたく
なるほどの見事な出来でした。
この技術、今後の展開が楽しみですね。
yasuhiko
2017/10/20 21:09
すずりん♪さん。
貴重なシルクロードの文物を、
こうして鑑賞できるのは、本当に
有難い事です。それも、非公開だったり、
すでに失われたぶつだったりとなれば、
よけいその思いが強くなりますね。
その一方で、法隆寺宝物館の
宝物の持つ存在感には圧倒されます。
yasuhiko
2017/10/20 21:24
しおんさん。
やはり放送を御覧になりましたか。
残念ながら、私は見逃してしまいました。
でも、この釈迦三尊像を目にした時、
これは大変な技術だという事が
すぐに分かりました。様々な理由で
今危機に瀕している文化財を、
この方法で未来に継承していく事は、
本当に意味のある仕事だと思います。
こうしてシルクロードの文物を
比較してみると、仏像の鼻の高さが
地域によってかなり違う事も
分かって面白いですね。
yasuhiko
2017/10/20 21:33
mikiさん。
そうですね。法隆寺宝物館に
残されている飛鳥時代や天平時代の
宝物を眺めていると、その時代に
生きた人々の息遣いが感じられるようです。
しかし、世界には危機に瀕している
貴重な文化財も多い訳で、それを
後世に伝える技術を開発した芸大は、
本当に素晴らしい仕事をしたと思います。
今後どう応用されるのか、楽しみですね。
yasuhiko
2017/10/20 21:43
はるるさん。
有難うございます。
昔から憧れていたシルクロード。
その貴重な文化財が、こういう形で
鑑賞できるのは、とても嬉しい事でした。
芸大はいい仕事してますね。
世界では今危機に瀕してる文化財が
多いので、日本の技術がこれから
ますます必要とされるのかも知れません。
yasuhiko
2017/10/20 21:59
今晩は。
すばらしい技術での復元ですね
本物の作品もさすが、です。
また国立博物館に行きたくなりました
行き当たりばったり
2017/10/20 22:24
復元ですか。
すごいですね。
クローンの技術も素晴らしいです。
それを撮影して、いろいろな人が
見れるのもいいですね。
なかなか見れない素敵なものを
ありがとうございました。
あこ
2017/10/20 22:36
yasuhikoさんの記事に触発され、今日行ってまいりました。
バーミヤンの天井壁画に関しては、以前別の展覧会で公開したときに見ているのですが、そのときはいやあクローン美術の技術はすごいものだなあと思いました。
今回さらに複製した美術品の数が増えていて、さらに迫力が増していますね。
特に失われた法隆寺金堂壁画を目のあたりにすることができるとは、夢のようです。
これからも多くの失われた美術品、失われそうな美術品を、クローン技術で甦らせていってほしいと思います。
家ニスタ
2017/10/20 22:59
行き当たりばったりさん。
さすが芸大、いい仕事してます。
で、関連した展示も見たいと思った時、
上野は博物館巡りが出来るから、
嬉しいですね。国立博物館に行けば、
本当にいつだって間違いありません。
yasuhiko
2017/10/20 23:21
あこさん。
芸大の開発した復元技術は、
本当にすごいです。釈迦三尊像も
失われた壁画と一緒に復元する事で、
飛鳥時代の姿を想像する事が
出来ました。近い将来失われそうな
文化財のためにも、これからますます
日本の技術が役に立つかも知れませんね。
yasuhiko
2017/10/20 23:29
家ニスタさん。
おお、芸大美術館行かれましたか。
私も去年、バーミヤンの天井壁画の
復元作品を見て驚きましたが、
それに留まらない幅広い作品の数々に
今回も感心ました。芸大の学長を務めた
平山郁夫さんの影響もあると思いますが、
シルクロードの文化財を、長年
調査研究してきた芸大ならではの
仕事ぶりだと思いました。この新技術、
世界的な需要が望めそうですね。
yasuhiko
2017/10/20 23:40
火事や台風でで焼失などというニュースを聞いても残念だったのに、昨今は特にテロや戦乱で、何百年何千年という海外の史跡や文化財が、アッという間に失われていくことに胸を痛めていました。破壊された物は返ってきませんが、こうして往時のままに触れることができるのは、藝大に感謝! +想像力で大いに楽しみたいと思います(^^)
pmarin
2017/10/21 07:57
復元品なんですねー!!
ちょっとびっくりしました。
少し前に運慶展に行ってきたんですが当然撮れませんでした(苦笑)
イッシー
2017/10/21 11:35
科学技術で復元された
クローン文化財
初めて拝見して驚きました
ジュン
2017/10/21 16:08
こんにちは。
今の技術では本物そっくりに作ることが出来るのでしょうね。
それでも威厳があり製作にはコストがかかりそうです。

私のように知識がなくても目の当たりにしたら何か感じると思わせます。
tami
2017/10/21 16:40
本物が今も残っている・・・奇跡ですね。
技術の軌跡も感じました。
秋の博物館めぐりも素敵ですね。
クリム
2017/10/21 17:03
こんにちは。
東京芸大美術館で見られる復元と言われても、私にはどれが本物で、どれが偽物かさっぱりわかりませんが、解らないほどの技術に驚かされますね。
上野博物館で展示の3Dで作られ、触ることもできるとテレビで見ましたが、その展示会でしょうか?
飛鳥時代の透かし彫りって凄い、見たいです!
ロシアンブルー
2017/10/21 17:11
こんばんは。
芸大のクローン復元技術には驚きました!
パキスタンの本物四点は日本のとは違いユニークですね。
昔、法隆寺を訪れて事ありますが何も覚えてないのです。
東京には美術館や博物館など沢山あって楽しめますね!
みっちゃん
2017/10/21 19:58
クローンとはいえ、本物そのものと言ってもわからないくらいですね。私などはこういったものに無知なので本物と信じてしまいます。シルクロード、悠久な時の流れを感じます。素晴らしいものを見せていただきました。ありがとうございます。
かるきち
2017/10/21 21:34
pmarinさん。
シルクロードの文化財は、残念ながら
危機に瀕してるものが多いですね。
本物として紹介した4点の文物も、
内戦の混乱下、海外に流出し、
日本で保護されたものだそうです。
それを思うと、芸大のやろうとしてる事は、
文化財を未来に継承するという意味で、
本当に貴重な試みのように思えました。
yasuhiko
2017/10/21 22:14
イッシーさん。
復元品なんです。だから撮影できました。
しかも全方位から撮影できるのは有難いです。
最初に「撮影できないものもある」
と言われて、何だろうと思ったら、
並河万里氏のシルクロードの写真パネル
でした。写真は写真に撮らないですね。
yasuhiko
2017/10/21 22:26
ジュンさん。
本当に区別できないほど、
よく出来てます。芸大の皆さん、
いい仕事をしてますね。
yasuhiko
2017/10/21 22:28
こんばんは!
日本の最先端技術が産業だけでなく、アートの保存にも役立てられていることが素晴らしいですね〜♪
シルクロード美術は度重なる戦火で失われてしまったり、保存状態が悪く色彩などが失われ崩れ始めたものも多いと聞いていますので、クローン技術で丁寧に再現された美術品を本国へ譲ることの意義も大きいですし素晴らしいですね。
芸大美術館からトーハクの法隆寺宝物館へ足を向けられたyasuhikoさんの気持ちもわかるような気がします〜。
komichi
2017/10/21 22:30
tamiさん。
簡単には区別できないほど、
よく出来た逸品ぞろいでした。
それも、火事で失われた法隆寺
金堂壁画を始め、どれもいわくつきの
貴重な文化財ばかり。時と所を
超越した文化財巡りの旅をしたような
贅沢な気持ちになりました。
yasuhiko
2017/10/21 22:36
クリムさん。
文化財保存の新しい可能性を示す
芸大の技術も大したものと思うんですが、
飛鳥・天平時代の文物が、今も
こうして大切に残されている事に、
静かな感動を覚えますね。
本物の持つ力は素晴らしいと思います。
yasuhiko
2017/10/21 22:41
ロシアンブルーさん。
簡単には区別できないほど、
どれもよく出来ているので感心します。
今危機に瀕している文化財を、
こういう形で未来に継承しようとする
芸大の試みには拍手を贈りたいですね。
私は放送を見てないんですが、
皆さんのコメントで、NHKの番組で
紹介されていた事を知りました。
yasuhiko
2017/10/21 22:48
みっちゃんへ。
芸大の新開発した復元技術は、
素晴らしいものがありますね。長年
こうした分野に関わって来ただけに、
火事で失われた金堂壁画を
背景にした釈迦三尊像など、本来の姿は
こんな風だったかと思わせる力が
感じられました。上野は美術館・博物館の
掛け持ちが出来るから嬉しいです。
yasuhiko
2017/10/21 22:57
かるきちさん。
クローン文化財、本当に
よく出来ています。素人目には、
ちょっと区別出来ない程ですね。
取り扱う文化財も、すでに失われたり、
将来が心配されてる文化財が中心で、
世界的に貴重な試みのように思われました。
時空を超えて、昔のシルクロードを
旅した気分が味わえますね。
yasuhiko
2017/10/21 23:12
こんばんは♪
yasuhikoさんも出かけられたのですね!
私も行ってきたのですが、とっても写真が素敵なので改めて見入ってしまいました。
まきちゃん
2017/10/21 23:31
komichiさん。
本当にそうだと思います。
こうした高度な復元技術は、
物質的な富を生み出すのではなく、
文化財の継承という形で、私たちの
精神生活を豊かにしてくれると思いました。
シルクロードの文化財は、残念ながら
危機に瀕してるものも多いので、
この技術は今後さらに必要とされるかも
知れませんね。法隆寺の釈迦三尊像
を拝観した(?)後は、やはり、
同時代の法隆寺宝物が見たくなります。
yasuhiko
2017/10/21 23:33
まきちゃんへ。
はい、私も行って来ました。
土曜日だったんですが、小雨が
ぱらつくような(しかも寒い)天気で、
会場は割と空いていたように思います。
撮影の出来る展覧会は少ないので、
張りきって写真を撮りました。
同じ展覧会に興味を持つ仲間がいて、
何だかとても嬉しい気がします。
yasuhiko
2017/10/21 23:49
人間のクローンは作らないで欲しいですが、こういうクローンは過去の偉大な技術や本来の姿を実際に目に出来てうれしいです。私などはただただ感心感動するだけですが後世にその素晴らしさを伝える方々には必要不可欠なのではないかと思います。
うずら
2017/10/22 01:59
うずらさん。
最初の釈迦三尊像で驚きますね。
芸大の復元技術は本当に素晴らしい。
金堂壁画や天蓋、光背なども含め、
飛鳥時代の空間を再現しようと
しているのも、さすがだと思います。
失われたり、危機に瀕してる
世界の文化財を、こういう形で
未来に継承して行けるなら、それは
とても意味深い仕事のような気がします。
yasuhiko
2017/10/22 11:31
こういう文化財の復元修理補修技術、日本は素晴らしい
技術者がおられますね。
修復された作品、公開されて、見られるのも素晴らしいです。
芸大の美術館で公開されている事、知りませんでした。
長く続けて、継承して貰いたいですね。
台風の進路 関東に向かっているようです。
十分に注意されて下さい。
yoshi
2017/10/22 15:01
芸大の学生さんが復元されたのですか?
クローンの技術って凄いモノがありますね!
室内で撮られたお写真の技術も
素晴らしい!
ロコ
2017/10/22 15:05
yoshiさん。
デジタルとアナログを組み合わせた
芸大の復元技術。本当に
素晴らしいものがあると思います。
基本となるのは高精度の画像データ。
三次元計測や化学分析を行って
原型を造り、最後は手仕事で仕上げる
そうです。すでに失われた文化財、
危機に瀕してる文化財の多くが、
この手法で蘇るかも知れませんね。
yasuhiko
2017/10/22 15:30
ロコさん。
学生も助手として参加してるかと
思いますが、プロジェクトを主導する
のは、芸大教授を中心にした
専門的な制作チームです。
撮影出来る展覧会は少ないですから、
思わず張り切ってしまいました。
yasuhiko
2017/10/22 15:37
芸大美術館のクローンの科学技術によって複元された文化財なのですね!?持ち出し不可能、門外不出や撮影禁止の文化財が、修復されて本物以上の出来で見せていただけるとは有り難い事ですね。バーミヤンのように失われたものも復元されるとは…、すばらしい技術ですね。
本物偽物の区別がつきません…ね。
国立博物館の法隆寺宝物館の品々はよくぞ保存されてきたという思いがして、奇跡の品と言えるのでしょうか!
こちらは本物の良さが伝わってきます。
みっきい
2017/10/22 16:22
みっきいさん。
会場で出合う釈迦三尊像の
見事な出来栄えに驚かされますが、
最新技術で復元制作されたものですね。
でも、思わず拝んでらっしゃる
方もいるほど、本物感に溢れてました。
習礼的にバーミヤンの大仏本体の
復元も視野に入れているそうです。
シルクロードの文化財は、現在
危機に瀕してるものも多いので、
こうした日本の技術が、未来に繋げる
助けになってくれると嬉しいですね。
一方で、昔の法隆寺の宝物が、
今もそのまま大切に残されてる事には、
感謝しないといけないと思います。
yasuhiko
2017/10/22 17:42
先日TVニュースでこの三尊像の復元を見ましたが、改めて画像で観ても吸い込まれるような出来で、本物以上の出来ですねえ。長い年月を経た物を復元・再現できる技術力が今後も生かされていくと嬉しいですねえ。
文化財はなかなか修理修繕もできませんが、後世に姿を残したり、後世に伝えるのも、人類の務めだと思わされますねえ@@
つとつと
2017/10/23 05:16
つとつとさん。
釈迦三尊像、本当に見事な出来です。
背景の壁画、天蓋、大光背など、
失われた部分を補っての制作ですから、
飛鳥時代の姿を偲ぶのにぴったりです。
拝んでらっしゃる方がいたのも、
なるほどとという感じで…。
文化財は人類の宝。こうした新技術が、
失われそうな文化財を、未来に繋げる
助けになってくれれば嬉しいですね。
yasuhiko
2017/10/23 11:53
こんばんは〜

TVでも放送されて魅入ってしまいましたが、 yasuhikoさんの写真でも高度な技術を垣間見ました。
一言に復元されたクローン文化財と言っても 凄い技術の高さですね。
欠落した部分を再現することには驚きを感じます。
イータン
2017/10/24 19:21
イータンさん。
私はNHKの放送を見逃しました。
でも、この釈迦三蔵像を拝見すれば、
これが高度な科学技術の結晶で
(アナログの手仕事も含め)
ある事は、一目で分かりますね。
欠落した部分を補って、飛鳥時代の
姿を再現しようというのも、クローン
文化財ならではの発想だと思います。
yasuhiko
2017/10/24 22:13
録画しておいた"シルクロードの道を行く"でクローン文化財という技術を知りました。
日本ならでは細かい作業で復元されたその国宝群が見たいと想ってました。
yasuhikoさんのところでその写真が見せてもらえた事、ホントにありがたいです。
ただ もっと見たくなりました。
東京はさすがに遠い。
世界には紛争で無くなってしまった文化財が山ほどあるでしょう。
それらがこの技術でクローンであれど、残されていくのは素晴らしいことです。
おーちゃん
2017/11/01 07:23
おーちゃんへ。
そうでしたか。その番組、
私は見逃しましたが、仰る通り、
高精細のデジタル技術に、手仕事の
伝統技を加えた日本の再現技術は、
本当に素晴らしいものがあると思います。
シルクロード沿いには、残念ながら
今も消滅の危機にさらされてる
貴重な文化財がたくさんあるはずなので、
芸大の開発したクローン技術が、
ますます必要とされるかも知れませんね。
yasuhiko
2017/11/01 11:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
素心伝心〜失われた刻の再生〜 街が好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる