街が好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 深大寺だるま市と早春の花

<<   作成日時 : 2018/03/08 00:01   >>

ナイス ブログ気持玉 500 / トラックバック 0 / コメント 100

3月3日、4日に開催される深大寺だるま市。江戸時代から
続く、武蔵野の春を告げる風物詩です。昔は男女の出会い
の場でもあったという盛大な催し。多くの露店が並ぶ境内を、
早春の花見を兼ねて訪ねてみました。

画像

画像
画像

   3日、4日は「厄除元三大師大祭」の行われる日。
   縁起だるま市は、この祭に合わせて開かれます。

画像

画像

   手水舎に何気なく置かれただるまさん。
   よく見ると、眉毛の中に「寿」の字が…。

画像

           露店の数は約300とか。

画像
画像

   店が多くて商売になるのかと思っていると、
   大小のだるまが、次々と売れて行くんです。   

画像

   国際的でびっくり!

画像

画像

           変わり種のだるまを探してみました。
           これはリアルな達磨大師でしょうか?          

画像

   縁起物なら、おいらだって。

画像

   色だって、色々あるさ。   

           さて、ここからは神代植物公園で花巡り。
           年間パスポートがあるので、出入り自由。

画像

画像

   咲き始めた黄色いサンシュユの花。

画像

   《チーム桜》のトップバッターは寒桜

画像

          芝生広場近くのが満開です。

画像

画像

   「薄色縮緬」という小粋な名前の梅でした。

画像

           可憐なユキワリイチゲ

画像

   こちらは雪割草の鉢植え。

画像
画像

   左:セイヨウミザクラ(西洋実桜)。右:フキノトウ
   上の三枚は、植物会館の《趣味の盆栽展》にて。

画像

           再び深大寺。ちょうど鐘撞きタイムでした。

画像

画像

   僧侶によるだるまの目入れ。左目に、梵字の阿字を
   入れるのが深大寺流。1年後、右目に吽(うん)字を
   書き入れてもらい、お寺に納めるんだそうです。

画像

           屋台の店越しに見た鬼太郎茶屋

画像

   何と言っても、花より団子。だるまより団子
   深大寺の門前通りは誘惑の多い所ですね。
   だるま市のレポートは、ここで終わります。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

この記事に貼り付けられるブログ気持玉の上限に達しました。
気持玉数 : 500
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(100件)

内 容 ニックネーム/日時
この、だるま市、スゴイ規模ですね。
しかも、江戸時代から続いてる、春の風物詩ですか!
こちらの春を告げる風物詩は、「奈良のお水取り」ですが、こっちの方が楽しそう。(^^)
しかも…男女の出会いの場!
ナイスです。(^^)

英語のメニューがスゴイ!
"Red Good iuck!"
ボクでも、意味が解ります。
でも…
うーん…
ンクにしよっと。(^^ゞ

えっ?神代植物園って、深大寺の近くなんですか?
深大寺…
「じんだい」という読みが一緒なんや!
知らんかった。(^^ゞ
神代植物園は良く聞くので、関東へ行ったら覗いてみたい所なんです。
こちらの方は、小金井公園や井の頭恩賜公園もあって、素適な所が多いですね。

お団子、美味しそう!(^^)
タレに突っ込んでるという事は、みたらし団子ですね。(^^)
yoppy702
2018/03/08 01:28
 川越の喜多院のだるま市は1月3日なのですが、深大寺では3月3、4日なのですね。300もお店が出るのですか。川越のより規模がずいぶん大きいですね。いろいろなものがあり、見ているだけでも楽しめますね。

 神代植物公園も早咲きのサクラやウメやユキワリイチゲなど咲きだして、これからみて回るのがたのしくなりますね。

 やはり、深大寺界隈ではお団子やらお蕎麦やら素通り出来ないお店も多いですよねえ。
なおさん
2018/03/08 05:27
おはようございます。
だるまも今や国際的なんですね、店先の掲示を数えてみたら色が9種類?ビックリです。
だるまの目入れが梵字とは、真ん丸目玉も良いですが
何だかとてもありがたい感じがしますね、1年後には是非右目に「吽」の文字をいれて納めたいものですね。。。

きょんたん
2018/03/08 05:43
おはようございますm(__)m

深大寺の だるま市 にぎやかですね

転んでも 起き上がる縁起物のだるま

私も見習って転んでも何かを掴んで

立ち上がるようにしていたら

今は屁のような(やったか、やってないか分からない)

仕事を見つけ 異郷の地に辿り着きました

これが意外と高収入 多少体はガタが来てますが

死ぬまで続けて行こうと思ってます

えっ だるまさん? 私が達磨なので

結構ですo(*^▽^*)oあはっ♪
H・R
2018/03/08 06:16
おはようございます。

達磨がたくさん売れるのって、ちょっと不思議。
どこに置くのだろう?って考えてしまいます。

ふきのとう、こちらでも見かけるようになりました。
春ですね。

花より団子。いいですね(^o^)
koji
2018/03/08 07:13
おはようございます。
たくさんのダルマさん、素晴らしいですね。
私はダルマ好きなので、行ってたら何個か
買ったと思います
年間パス便利ですね。
この時期はやはり梅の花、綺麗ですね
でもやはりお団子も気になりますね。
ゴンマック
2018/03/08 07:55
お早うございます
眉毛に寿
目に阿吽ですかー
小さな色変わりのダルマ
良いですね^^
すーちん
2018/03/08 07:59
だるま市の季節なんですね〜
深大寺の様子が手に取るようにわかりました。
寿や梵字の阿、吽が興味深いですね。
だるまさん、見てるだけで癒されます。

山茱萸・寒桜・豊後梅・雪割草・一華・蕗の薹・・
とってもいいですね〜
それぞれの表情が。

みたらし団子、おいしそうです。
最近、羽二重団子、戴きました。
花より、ダルマより、やっぱ!団子
nobara
2018/03/08 08:17
だるまも色いろあるんですねぇ
色によって願いも分かれてるんやぁ(笑)
くまモンみたいなのや、ごまちゃんみたいなのもあるんですね
ちゃんと英語表記もあって外国の人がお土産に買われていくのかな

植物公園には可愛い花たちが咲いてますね

うちの梅の花は満開になる前に先日の雨風で全部じゃないけど散らされてしまって残念です
さくらんぼの花も咲いてるので今日、明日は雨になるので鉢やから屋根のあるところに避難させました(笑)

うふふ。。。花より団子
みたらしも、餡のも美味しそうですね♪
とまる
2018/03/08 10:24
この時季だったんですね!
もう20年ぐらい前に行きました。また行きたいね、と主人と話していたところです。来年こそは、です。
本当に賑やかでした。どこで買おうか?なんて。
寒桜やサンシュユ、それにユキワリソウ、ユキワリイチゲ、なんて可憐で可愛らしい事でしょうね。
盆栽風に仕立てたセイヨウミザクラとフキノトウも味ですね。
あ〜、、お団子の香りがたまりませ〜ん。
keikoさん
2018/03/08 10:56
こんにちは。

ダルマ市、毎年この時期になると記事をアップされいて、読ませていただいているような気がします。
前にも書いたかもしれませんが、うちの近くにも勝尾寺というダルマで有名な大きな寺がありますよ。
トトパパ
2018/03/08 11:44
こんにちは。
ダルマもいろいろあって面白いです。おまけに露店の数の多さにびっくりしました。
子供の頃、縁日に出る沢山の露店が面白くて、特に食べ物のお店には惹かれましたね、でも買ってはいけないと言われていて、誘惑に負けないようにするのが大変でした。私も、花よりダルマより何よりも団子です^^
JK
2018/03/08 12:00
そうだったんですね〜。行けばよかった〜。(笑)
yasuhikoさんの記事に釣られて府中の森に行ってました。
このあたりは何時行っても被写体豊富ですよね。美味しいおそばも食べられるし。
イッシー
2018/03/08 12:37
達磨市はこちらでは聞かないです。
赤だけではなく、色んな色があってそれぞれ
願いごとも異なるのですね。
おいくらくらいなのか、全く想像もつきません。
収めるのなら2年ごとに買うわけですね。
色んな信仰や風習があり、面白いです。

花とお団子・・良いですね。
そちらのはお醤油味?それとも甘だれかな?
みたらし団子は大好きです。
つばさ
2018/03/08 14:16
 毎年恒例の深大寺だるま市やはりここを訪れなければ、春はやって来ないのかもしれませんね。ここで達磨を買って、年末には、目玉が入れる事が出来たかどうかですよね。皆さんそれぞれの思いで買い求めているのでしょうね。
 鉢植えでもフキノトウや雪割草は春を感じさせてくれますね。ユキワリイチゲは路地物ですか…。
 薄色縮緬と言う梅は、見事な咲きっぷりですね。
藍上雄
2018/03/08 14:19
「深大寺だるま市」春の催し物としては、有名ですね。
片目に、丸でなく「阿」を書くのは初めて見ました。
「だるま」と言えば、相模原市でも「だるま市」が有り
巨大なだるまを、飾ります。正式には「神明祭」ですが・・・。ここも賑やかですよ。
yoshi
2018/03/08 15:05
yoppy702さん。
この催し、日本三大だるま市の
一つとかで、毎年10万人ほどの
参詣客を集めるそうです。
何でも、昔は、近在の農家の方たちが、
年頃の息子や娘を連れて参拝し、
手頃な相手を見つけると、その場で
縁談の話を持ちかけたんだとか。
今や国際的にもなって面白いですね。
良縁成就のだるまは、こうした
昔の風習を受け継いでるかも知れません。
深大寺の脇道を上って行くと、
すぐ神代植物公園の裏門に通じます。
門前の蕎麦屋、みたらし団子なども
楽しめますので、ぜひ今度お越し下さい。
yasuhiko
2018/03/08 16:01
なおさんへ。
関東では一番最後、締めくくりの
だるま市と言われるようです。
境内を埋め尽くすような露店の数には
圧倒されますが、どの店もけっこう
よく売れてるのでまたびっくり。
さすが人気の催しだと思います。
「春を呼ぶ」と言われるだけあって、
神代植物公園の早春の花も、
合わせるように咲き出してました。
yasuhiko
2018/03/08 16:10
きょんたんさん。
店先の英語看板には驚きました。
それも分かりやすい英語で…。
幸運のお守りアイテムという考えは、
万国共通で通じやすいのかも
知れませんね。だるまさんの目に
梵字の「阿」が書き入れられると、
確かに、断然格調高くなる気がします。
yasuhiko
2018/03/08 16:16
 お雛祭りにだるま市も楽しいですね。
だるまは赤いので画面から華やかさが
伝わってきます。以前高崎に住んでいて
少林山達磨寺へ出かけました。
毎年買い替えてその都度僧侶に眼を入れて
貰いました。丁寧に経を上げ眼の中心に
筆で一点を入れてだるまの後ろに証明の
開眼札を貼ってくれます。お寺により
いろいろあるのですね。それも面白いです。
 神代植物公園は春が訪れていますね。
サンシュユガ素敵です。
観に行きたくなりました。
この雨が止んだら一気に春がやって来るかも
知れませんね。(^^♪
ミキ
2018/03/08 16:24
H.Rさん。
えっ、H.Rさんの風貌が、
達磨さんに似てるかもという話ですか。
事の真相は全く分りませんが、
でも、そう言われてみると、
見知らぬ方によく声をかけられたり、
人の犬やカラスに好かれたり、
少なからずなるほどと思えて来ました。
だるまと言えば、七転び八起きの
精神ですね。善男善女の皆さん、
その精神にあやかりたいと願うようです。
yasuhiko
2018/03/08 16:30
kojiさん。
だるまのサイズは色々あって、
置き場所に困らない、手頃な大きさの
ものが、一番よく売れてるようです。
でも、中には買ったばかりの
大だるまを両手で抱えてる人もいて…。
お店や事務所に置くのかも知れませんね。
フキノトウなど、春の植物を
楽しんだ後は、やはり団子や饅頭です。
yasuhiko
2018/03/08 16:35
色々なだるまさんお部屋のアクセントに良さそうですね。目玉に阿吽の字を入れるのですか。選挙では黒い目玉を書いていますが。以前川崎大社で小さい達磨を観光してた時にもらいました。
蕗の薹、雪割草、ユキワリイチゲの可憐さに癒されました。大嵐が去った後は花の饗宴が始まりますね。
みなみ
2018/03/08 16:49
ゴンマックさん。
だるまさんがお好きでしたか。
それでしたら、深大寺のだるま市は
喜んで戴けると思います。
色と形、サイズも店によって様々。
私には区別がつきませんが、
高崎だるま、川越だるま、多摩だるまなど、
関東各地からそれぞれの地域の特徴を
持っただるまが、やって来てるようです。
正に「春を呼ぶ」イベント。
早春の花やお団子も気になりますね。
yasuhiko
2018/03/08 16:50
すーちんさん。
さすがは深大寺のだるま市。
色やサイズの大小も様々、
だるまさんの顔の違いを見て歩く
だけでも楽しいですね。眉毛に
「寿」の字のだるまには驚きました。
yasuhiko
2018/03/08 16:58
達磨の色違いについて、英語で説明書きがされていますね、海外の人も達磨を買って、目を塗ってお願い事をするのでしょうかね。
fujisan
2018/03/08 17:01
こんにちは!
深大寺だるま市、露店の数が300とは凄い数のだるまさんですね。だるまの種類も色々あり、英語の説明文まで加わり、国際的ですね。
深大寺公園の「薄色縮緬」の薄いピンクの花がなんとも素敵な花色です。年間パスポート便利でいいですね。
早春のユキワリイチゲや雪割草も可愛いです。
みたらし団子のこうばしい香りが漂って来そうです。
eko
2018/03/08 17:05
nobaraさん。
深大寺のだるま市をブログ記事に
するのは3度目なんですが、
今回は一番天気に恵まれました。
境内を埋め尽くす露店の様子と、
お寺の雰囲気が感じられる
と言って戴けると嬉しい気がします。
梵字の入っただるまさんの目も、
お寺らしいユニークな工夫ですね。
こういう日は、植物公園の
早春の花々も生き生きしていて…。
花を見た後の甘い物も、一段と
美味しく感じられますね。
yasuhiko
2018/03/08 17:18
とまるさん。
そうなんです。色も形も様々、
同じだるまにも、色々あるんですね。
開運、学業成就、恋愛成就などが
こんな風に英訳されるのかと
愉快になりました。外国の方にも、
だるま市が広く知られてるようですね。
植物公園の花巡りと併せて、
春を感じるいい散歩になったと
思います。そう、深大寺詣でには、
門前通りの蕎麦や甘い物も外せませんね。
yasuhiko
2018/03/08 17:42
歴史的なだるま市凄い規模ですね
その深大寺だるま市も国際化ですね
道行く人の中に高齢者が多いなと
感じておりましたが〜
最近は外人さんがホントに多いですね
アジア系のみならず〜
世界中の日本びいきの外人さんが
最近の若者より
日本の事をよく知ってる外人さんから
逆に日本の良さを教わったり〜〜
自国の事をもっと勉強しなければ〜と
思わせられますね〜〜
また冬が舞い戻ってきました
体調にはお気をつけて下さいね!
miki
2018/03/08 17:45
keikoさん。
そうでしたか。それでしたら、
来年ぜひお越しください。
毎年3日、4日で固定されてます。
植物公園と併せて、ちょうどいい
散歩コースじゃないでしょうか。
この日は早春の花がたくさん見られて、
豊かな気持ちになりました。
盆栽仕立てのセイヨウミザクラや
フキノトウなど、春を感じさせてくれる
花はいいですね。そう、お団子も。
yasuhiko
2018/03/08 17:51
トトパパさん。
よく覚えていて下さいましたね。
深大寺のだるま市を記事にするのは
今回で3度目です。前回の記事は、
3年前の2015年の事でした。
春を呼ぶこの催し。植物公園の
早春の花も楽しめるのが魅力です。
yasuhiko
2018/03/08 17:57
盛大で賑やかなだるま市ですね。
ここ深大寺は今、有名ですから海外からも大勢きますね。
歩いて雰囲気を感じるのが好きです。
植物園も花盛りです。山野草がまたいいですね。
すてきなシーンばかりで楽しませていただきました。
はるる
2018/03/08 19:02
こんばんは。
だるまさんもサンシュユの花も桜も、鐘撞のお坊さんもお団子も・・・どれも素敵な写真で、本当にうっとりしました。
だるま市、行ってみたいなぁ〜と思いました。
ぽぽ
2018/03/08 19:05
JKさん。
本当に露店の数には驚きます。
手水舎や鐘楼や、建物のすぐ傍まで、
境内が露店で埋め尽くされてました。
お祭りや縁日には、子供の頃の
思い出が色々ありますが、
こういう所に来ると、どうしても
お団子とか食べ物に目が行きますね。
yasuhiko
2018/03/08 20:25
イッシーさん。
深大寺のだるま市は、他よりも
時期が遅くて、関東地方ではその年の
最後のだるま市と呼ばれてるそうです。
ちょうど植物公園の早春の花が
楽しめる頃で、「春を呼ぶ」催しに
ぴったりですね。おや、そうでしたか。
府中郷土の森の記事が楽しみです。
yasuhiko
2018/03/08 20:34
(✿❛◡❛) ノこんばんは〜❤

いつもの事ながら お花の写真は
もちろんの事!!!
だるま市の様子も 一緒に
ついて行った様に 素敵なお写真で
読み取れます┣心━心━心┫
だるまに こんなに色々な色のが
あるなんて驚きました(゚д゚)!

お団子の味迄 伝わりそう(´∀`*)ウフフ

いつも 素敵なレポートを届けて下さり
ありがとうございました♪.+゚♬✿
♪のこ♪
2018/03/08 20:41
わぁ、だるま市だぁ。。。
息子の大学受験で上京したとき、ここ深大寺のだるま市に行ったのでしたぁ。
賑やかで楽しくって今でもその時のだるまさんが家におります。(本当は返すのがいいのかな)
梅の花が見事に満開ですね。
いよいよ、本格的な春がやって来るようです。ワクワクして待っていましょう!!
あっこちゃん
2018/03/08 20:49
つばささん。
だるま市はどうも東日本に多いようで、
高崎、川越、越谷など、だるまの
産地は、関東が多いみたいですね。
かつて養蚕業のお守りになってた事が
あるそうで、その影響かも知れません。
値札が一切無いので、その点
ちょっと手を出し難い気がしました。
写真のお団子は、醤油だれみたいですね。
みたらし、あんこの草団子と3種類
あるので、一通り頼むとおいしそうです。
yasuhiko
2018/03/08 20:51
藍上雄さん。
深大寺だるま市は、関東では
一番最後のだるま市と呼ばれてる
そうですが、梅の花を始め、早春の花が
咲き揃う頃で、正に「春を呼ぶ」
催しという言葉がぴったりだと思います。
植物公園のユキワリイチゲは露地物で、
春の陽ざしを受けて輝いてました。
「薄色縮緬」という梅、私も初めてで、
植物公園の新たな発見になりました。
yasuhiko
2018/03/08 21:02
こんばんは。
山形ではだるま市がないのでほとんど家に飾る風習もありません。
だからよく売れるものだとつい思ってしまいます。

梅が盛りで早春というより桜を待つばかりの春うららですね。
tami
2018/03/08 21:10
yoshiさん。
この深大寺だるま市は、
日本三大だるま市の一つだそうで、
(他は高崎市と富士市だとか)
境内が露店で埋め尽くされるほどの
賑わいを見せてました。
目に梵字を書き入れるのも、深大寺
ならではで…。相模原市の巨大だるま、
一度見たいものだと思います。
yasuhiko
2018/03/08 21:12
形も色もいろいろあるんですねぇ。
首をかしげて見ると「寿」の眉。
一年越しで「阿」「吽」の目。
みなさん願い事を基準に選んでらっしゃるのでしょうか。
お団子美味しそうですね。私はやはりだるまより団子、花も添えて。。。

すずりん♪
2018/03/08 21:37
ミキさん。
そうでしたか。高崎市の
達磨寺で、だるまの目を入れて
もらった事がおありなんですね。
高崎市のだるま市は、深大寺のそれと
並ぶ「日本三大だるま市」の一つ。
深大寺境内にも、高崎だるまを販売してる
と思われる露店が幾つもありました。
神代植物公園、ようやく春の花の
楽しい季節になって来たようです。
青空にサンシュユの黄色は映えますね。
お天気を見てお出かけ下さい。
yasuhiko
2018/03/08 21:37
こんばんは〜

江戸時代から続く歴史有る「だるま市」凄いとしか言いようがありません。
驚きです 厄除け関係おおいに関係ありなのですね。
早春のお花と共に 素晴らしき「だるま市」感心してしまいました。

yasuhiko様
5日の日 空ちゃんを相方にみて貰い、友と「旧柳下邸」へ行って来ました。
「街が好き」のブログと重なってしまいますが、イータンブログにUPしてもよろしいでしょうか。
つたないブログになってしまうとは思います。
イータン
2018/03/08 21:37
深大寺だるま市
大きいのも小さいのもかわいいですね。
だるま大師や猫のだるまなど色もいろいろ
あって、かわいいですね。(*^-^*)
お団子もおいしそうです。
あこ
2018/03/08 21:43
みなみさん。
カラフルなだるまさん、
可愛いですね。それぞれの色に
願い事の意味が籠ってるようで、
その点も面白いと思いました。
梵字の「阿」字の入っただるまさん、
やっぱりお顔が格調高く見えます。
植物公園ではユキワリイチゲなど、
雪解けとともに咲き出す花が魅力的でした。
本格的な春の訪れももうすぐですね。
yasuhiko
2018/03/08 21:45
fujisanさん。
英語の看板にはびっくりです。
それだけ外国からのお客さんも多いんですね。
実際、外国語も聞こえて来ましたし…。
開運とか、学業成就とかの英訳も、
分かりやすくて愉快でした。
幸運のアイテムは万国共通なんでしょう。
yasuhiko
2018/03/08 21:52
ekoさん。
深大寺の境内が、すっかり
露店で覆い尽くされるほどでした。
いつもは手を洗う人が途切れない
手水舎も、この日はどこから
近付けばいいのか、分らないくらいで…。
英語の看板があるのも、外国からの
お客さんがそれだけ多いからでしょう。
こういう時、植物公園の年間パスが
あると、面倒が無くて助かります。
薄色縮緬という梅の花、私も初めてで、
この季節の発見になりました。
雪解けとともに咲く花も可愛いですね。
yasuhiko
2018/03/08 22:00
mikiさん。
普段静かな深大寺の境内も、
この日は300の露店で埋め尽くされ、
人波が途切れる事無く…という風景に
なってました。中でも、開運とか、
学業成就とか、色ごとに説明した
英語の看板にはびっくりです。
外国から来られるお客さんの中には、
情報通の方も多く、日本の行事や習慣に
詳しいという場合が時々ありますね。
だるま市も、きっと知られているのでしょう。
yasuhiko
2018/03/08 22:12
はるるさん。
有難うございます。
いつもは静かな深大寺境内が、
隙間もないほど露店で埋め尽くされる
風景は、「春を呼ぶ」という言葉通り、
賑やかで活気のあるものでした。
私のブログでは毎度お馴染みですが、
植物公園の早春を彩る山野草も
楽しめて、いい散歩コースですね。
yasuhiko
2018/03/08 22:20
ぽぽさん。
お言葉有難うございます。
「武蔵野の春を呼ぶ」催しという事で、
春らしい活気と賑わいのある風景を
楽しむ事が出来ました。植物公園を含め、
花も団子もだるまも楽しめる
贅沢な散歩コースだったと思います。
yasuhiko
2018/03/08 22:26
♪のこ♪さん。
丁寧に見て戴き、有難うございます。
活気に溢れた深大寺のだるま市は、
見所たくさんの催しでした。
カラフルなだるまさんたち、とても
可愛いですし、それぞれの色に
願い事の意味があるのも面白いですね。
だるま市の後、植物公園で
早春の花を愛で、門前通りに戻って
甘い物が楽しめるというのも、
この深大寺界隈の魅力だと思います。
yasuhiko
2018/03/08 22:41
あっこちゃんへ。
おや、深大寺のだるま市を
ご存知でしたか。「春を呼ぶ」催しは、
受験シーズンとも重なりますね。
幸運のだるま、思い出のだるまは、
手元に置いといてもいいのだと思います。
この間咲き出した感じの梅ですが、
植物公園ではもう満開になってました。
これからどんどん春らしくなるんでしょうね。
yasuhiko
2018/03/08 22:48
tamiさん。
深大寺のだるま市は、時期が遅く、
関東で一番最後のだるま市と言われる
そうですが、そう言えば、
だるま市というのは、高崎や川越、
西多摩地区など、関東に多い気がします。
見てると、目の前で本当に次々
よく売れるので、感心してしまいました。
梅が満開になって、いよいよ花の
楽しい季節になって来たと思います。
yasuhiko
2018/03/08 22:55
すずりん♪さん。
眉毛に「寿」の書いてあるだるまさん、
同じだるまでも、産地により、
表情に個性があるんだと感心しました。
カラフルなだるまも面白いですね。
最後はどうしても甘い物に目が
行ってしまいますが、花も団子もだるまも、
みんな楽しめる点が嬉しい気がします。
yasuhiko
2018/03/08 23:04
イータンさん。
有難うございます。
多摩地区で屈指の古刹とされる
深大寺の境内を埋め尽くすような
露店の数。深大寺だるま市の
賑わいと活気あふれる様子は、
「武蔵野の春を呼ぶ」という言葉が、
ぴったりの催しのように思えました。

そうでしたか。旧柳下家の雛まつりに
間に合ってよかったですね。
それはもう、ぜひブログ記事にして
戴かない事には…。遠慮なさる
ような事ではありません。
私も記事を楽しみにお待ちしてます。
yasuhiko
2018/03/08 23:16
あこさん。
賑やかな深大寺のだるま市。
個性的なだるまに出合えるのも
魅力の一つです。カラフルな
小さいだるまさんは可愛いですね。
国際的な看板にも驚きました。
花もだるまも十分楽しんだ後で、
最後はやっぱり、花より団子でしょうか。
yasuhiko
2018/03/08 23:31
相変わらず大人気のブログですね。
やっと今日は500以内の気持ち玉に間に合いました。
いつもは 見ててもコメントは多いし〜気持ち玉は とっくに500を超えて居るし〜と、いう遅れよう。
今日は 久しぶりにコメント入れさせて頂きます。
だるま市は 岐阜にも有ります。昔〜昔〜小さなだるまさんを買った事が有ります。実家には 大きな目玉をした達磨さんの掛け軸がありました。実家を壊してしまった今 あの掛け軸は何処へ行ったのやら?
そうそう〜〜大切な人からのラブレターも 何処かへ?
ハイジオバサン
2018/03/09 12:37
だるまと言えば赤、目は黒々とした丸だとばかり思っていました。
深大寺のだるま市では目に梵字なんですね。なんだか格式が高くなったような感じがします。
カラフルなだるまにそれぞれ成就を願うモノがあるとは知りませんでした。昔からあったとは思えないのですが(^^ゞ
門前通り、何も買わずに帰った事は無いかも。。。誘惑に弱い私です。


うずら
2018/03/09 13:23
こんにちは。
神代植物公園の梅の花もほぼ満開のようですね。
寒桜も咲いて春らしくなってきましたね。
達磨の目の入れ方が解らず・・・、昨年水色の達磨さんを買ってきましたが困ってます。白目のまま飾っておくのも何だか変、片側を先に入れ成就したら両目に入れると聞きましたが、深大寺では片目を梵字で入れるんですね。いろいろですね。
ロシアンブルー
2018/03/09 14:15
こんにちは♪

今日、息子と買い物に出かけ花屋で雪割草を見たばかりです。可愛い花で春を感じますね。
だるまも色鮮やかに並んでいて綺麗です。
ヌサドゥア
2018/03/09 15:41
ハイジオバサン(ママ)へ。
やっぱり、ハンドルネームを
変更されたんですね。
新しい名前になってから初コメント、
有難うございます。だるま市で
だるまを買われた事があるんですね。
私はもっぱら、写真だけ撮らせて
もらって(嫌な客と言われそうですが…)、
後はだるまより団子です。
yasuhiko
2018/03/09 17:04
うずらさん。
僧侶の目入れは大人気でして、
大行列の最後には、「ここが行列の
最後です」という手作り看板も
登場していました。梵字の目というのは
深大寺以外では見られないものなので、
有難味もひとしおなんでしょう。
カラフルなだるまさんを始め、
色々な種類があって面白いですね。
深大寺門前通りは、この日
押すな押すなの大賑わいでした。
yasuhiko
2018/03/09 17:13
ロシアンブルーさん。
ついこの間咲き始めた印象が
あったんですが、植物公園の梅は、
この日ちょうど見頃を迎えてました。
だるまの目は、願いを籠める時、
左目(向かって右側)を入れ、
願いが成就した時または一年の終りに
右目(向かって左側)を入れるそうです。
梵字の「阿」は物事の初めの意味。
ちゃんと理屈は通ってますね。
yasuhiko
2018/03/09 17:24
ヌサドゥアさん。
雪割草、ご覧になりましたか。
雪解けとともに咲く春を告げる野草。
「武蔵野の春を呼ぶ」深大寺の
だるま市にぴったりの花ですね。
yasuhiko
2018/03/09 17:27
七転び八起きのだるまさん勢揃いですね。縁起物ですが何といっても選挙の必須アイテムを思い浮かべます。それと「だるまさんが転んだ・・・」と数える鬼ごっこですよ^^。露店が300店舗も並ぶなんて凄い賑わいなんですね。

梵字を目に入れるのは初めて知りました。
阿吽と揃ったところでお寺に奉納するのは願いかなったお礼でしょうか。
寒桜んピンクが見事ですね。それに何よりみたらし団子や餡子がたっぷり載ったよもぎだんごに目を奪われますよ。
のろばあさん
2018/03/09 17:36
昔の男女の出会いの場だったのですね・・・ちょっとロマンチックです
達磨さんを見ると、笑顔になってしまうのは何故でしょう〜
「色だって色々あるさ〜」
「あ、うん!そだね〜
早春の神代植物公園を花巡り・・・羨ましい散策コースです。
クリム
2018/03/09 18:14
武蔵野の春を告げるという深大寺だるま市、だるまなんてそんなに売れるのかなと思いますが、結構な売れ行きのようですね。
おまけに招き猫まで、商魂逞しいですね。
それにしても露店の数が約300とはすごいです。
長年の伝統が今に生きているのでしょう。
神代植物公園には春を告げる花が咲き始めていましたね。
梅が満開とは羨ましいです。
今年見た梅は五分咲きがやっとでした。
桜の前にまだ梅の花を楽しみたいのです。
門前通りには誘惑がいっぱいでしたね。
トンキチ
2018/03/09 20:49
のろばあさんへ。
なるほど「だるまさんが転んだ」。
よく遊びましたね。だるまの姿って、
どことなく愛嬌があるので、
子供たちにも親しまれてたんでしょうね。
だるまの目に梵字を入れるのは、
深大寺だけの習慣だと思います。
だるまを抱えて順番待ちする方たちが、
この日ずらっと列をなしてました。
早春の花を愛でた後は、どうしても
甘いものに目が行きますね。
yasuhiko
2018/03/09 21:08
クリムさん。
近在の農家の方たちが、
息子や娘を連れてこの日に参詣し、
適当な相手を見つけると、その場で
縁談の話を持ちかけたそうです。
戦前は、だるま市がきっかけで
結ばれたご夫婦も少なくなかったとか。
それも、だるまさんがにこやかに
見詰めていてくれたからでしょうか。
花巡りに、食目当ての門前巡りも加えて、
「春を呼ぶ」いい散歩が出来ました。
yasuhiko
2018/03/09 21:24
トンキチさん。
普段は静かな深大寺の境内が、
この日ばかりは、露店で
すっかり埋め尽くされ、押すな押すなの
大賑わいとなります。だるまさん、
それがけっこう売れるんですね。
場所にもよると思いますが、
本堂前のいい場所に陣取った店だと、
ひっきりなしと言っていいくらいでした。
「春を呼ぶ」という言葉通りに、
植物公園は早春の花がちょうど見頃。
門前通りのぶらぶら歩きも含めて、
ちょうどいい散歩コースになりました。
yasuhiko
2018/03/09 21:35
だるまの店ばかりそんなにあって、売れるのかと思っていたら、実際売れるものなんですね。
外国人のお客さんも最近は増えているんでしょうか。
リアルな達磨大師はちょっと浮いていますね。
だんごもおいしそうですね。
家ニスタ
2018/03/09 22:02
深大寺にもだるま市があるのですね。たくさんのだるまさん、圧巻ですね。お寺で「梵」の字を目に入れてくれるのですか。なるほどです。早春のお花も咲き始めて気持ちいいですね。
かるきち
2018/03/09 22:30
家ニスタさん。
私は写真撮るだけですが、
カメラ越しに見てると、だるまさん
けっこう次々売れてました。
でなければ、毎年こんなたくさん
露店が集まる訳ないですものね。
外国語も聞こえてましたよ。
植物公園の花見、門前通りのぶらぶら歩き
を含めて、いい散歩コースになりました。
yasuhiko
2018/03/09 22:39
かるきちさん。
この深大寺のだるま市は、
高崎市や富士市のそれと並んで、
日本三大だるま市と呼ばれてます。
境内を埋め尽くす露店の数には
圧倒されますね。みなさん
目に梵字を入れてもらうために、
だるまを抱えて行列を作ってました。
本当に「春を呼ぶ」行事という気がします。
yasuhiko
2018/03/09 22:49
眉毛に寿
変わり種のだるま
深大寺のだるま市
大規模な行事なのに
深大寺も訪れた事ないので
何時かは行きたい場所ですね
ジュン
2018/03/10 11:06
だるまさんが いっぱ〜い
可愛いのやら威厳があるのやら
色もいろいろあるのですね
楽しそうですね
植物公園も春の香りがいっぱい
春爛漫ですね
ルーシーママ
2018/03/10 14:36
こんにちは。
こちらでは三原市でだるま市が毎年開かれていますがローカルニュースで観るだけで行ったことがありません。
カラフルなだるまさんもあって、見ているだけでも楽しそうですね!
三週間遅れの梅の花も綺麗な季節になりました。
お団子は美味しそうで各種類を食べてみたいです🍡
みっちゃん
2018/03/10 15:21
ジュンさん。
眉毛に「寿」の字、面白いと
思いました。300もの露店が
出店するだけに、だるまの顔かたち、
そして色までもが個性的ですね。
植物公園の花巡りと併せて、
いつかぜひ一度お出でください。
yasuhiko
2018/03/10 16:17
ルーシーママさん。
深大寺の境内は、この時期、
300の露店で埋め尽くされます。
カラフルなだるまなど、種類も豊富で、
見ていて飽きないものがありますね。
植物公園は早春の花が見頃で、
正に「春を呼ぶ」行事だと思いました。
yasuhiko
2018/03/10 16:21
みっちゃんへ。
そちらにもだるま市がありますか。
深大寺のだるま市は、日本三大祭りの
一つと言われるだけあって、
境内が300の露店で埋め尽くされる
とても賑やかなイベントです。
植物公園の花巡りも楽しめる上、
最後に門前通りで、お団子などの
甘いものを味わえるのも魅力ですね。
yasuhiko
2018/03/10 16:26
こんにちは

元祖達磨大師のダルマ
考えて見たら
こちらが原点だよね
無門
2018/03/11 18:54
無門さん。
坐禅姿の達磨大師。きっと
こちらの方が本家筋なんでしょうが、
何と言うのか、「だるま」としては
違和感を覚えるのはなぜでしょう。
yasuhiko
2018/03/11 20:40
深大寺,深大寺そばとか、近くには植物園があったような。
かなり以前に出掛けた記憶があります。
機会があったら又出かけてみたいと思っています。


2018/03/11 21:01
こんばんは♪
早春の花見、お天気も良くて
お花見日和ですね〜!
梅の花が満開でこんなに咲いてるんだー!
だるまさんにも色々、色が。楽しいですね。外国から来られた方はもうぜったい買ってきますね(^^)
縁疑物だったらおいらも・・猫ちゃんが可愛いです〜。
深大寺というとお蕎麦が浮かぶけど、団子も売ってるんですね。美味しそう、誘惑が多すぎます(笑)
とわ
2018/03/11 21:06
温さん。
そうですね。深大寺蕎麦の店は、
この日は11時頃からどこも行列で…。
私は、お寺の門前通りは避けて、
植物公園前の最近贔屓の店に入りました。
その植物公園は早春の花が見頃に
なっていて、だるま市の風景と併せて、
春近しを実感させてくれたと思います。
yasuhiko
2018/03/11 23:25
とわさん。
植物公園の早春の花巡り、お天気にも
恵まれ、とても気分よかったです。
こんなに花いっぱいの梅の花は、
私も初めて見たような気がしました。
だるま市も賑やかでいいですね。
それも、国際化の波を受けて、
英語の看板まであるのにはびっくり。
変わり種のだるまさんや、招き猫など、
探しながら歩くのも面白かったです。
門前通りも、活気があって楽しいですよ。
yasuhiko
2018/03/11 23:40
だるまの紹介が英語で書かれているなんて、海外の方にも人気なんですね。だるまって赤だけだと思っていたら、いろんな色があって、それぞれの色の意味があるのを初めて知りました。面白いですね。
Muni
2018/03/12 09:55
Muniさん。
だるま市のような伝統的な日本の行事に、
海外の方がいらしてるんですね。
英語の看板には本当にびっくりしました。
だるまの色ごとに、「開運」や
「学業成就」「恋愛成就」等の願い事が、
分りやすい英語で説明されてるのも
何か愉快で興味深かったです。
yasuhiko
2018/03/12 11:41
こんにちは〜♪
眉毛の中に寿の字をよく見つけましたね。
ぼんやり・うっかりの私では見つける事が
出来ないです(>_<)
だるまさんの表情も描く人によって
違いがあるのですね。
早春の花はどれも愛らしいですね。
フキノトウを見つけたいです(^_-)
パステル
2018/03/12 13:33
パステルさん。
同じだるまでも、産地によって
かなり表情にも違いがあるようでして…。
眉毛に「寿」の字のだるまは、
特徴がはっきりしていて面白いですね。
(どうやら川越だるまのようです。)
「春を呼ぶ」催しにふさわしく、
植物公園ではフキノトウを始め、
早春の花がちょうど見頃を迎えていて、
花巡りのいい散歩が出来ました。
yasuhiko
2018/03/12 15:08
深大寺でだるま市が開催されるとは
知らなかったです。
昔は小さいだるまから毎年一回り大きなだるまへと
ずらっと飾ったものでした。
左目に一年間希望を書き入れ、
最後に右目を黒く塗るという方法をやっていました。

サンシュユやカンザクラ、梅と
春の訪れを告げているようですね。
ロコ
2018/03/13 16:40
ロコさん。
深大寺だるま市は、高崎市、
富士市と並び、日本三大だるま市の
一つとされてます。300もの露店が
並ぶ様子はなかなか壮観で…。
そうでしたか。だるまを段々大きく
して行くというのは面白いですね。
早春の花が見頃を迎えた植物公園と併せ、
いい散歩が出来たと思います。
yasuhiko
2018/03/13 21:25
こんにちは。
深大寺のだるま市は華やかで春を感じますね。ダルマは縁起物で幸運を引き寄せると思います。達磨大師は禅宗の元祖で永い年月を手足が無くなるまで座り続けて、悟りを開きましたね。ダルマ市や寒桜・梅の花々が綺麗に咲いている様子を楽しく拝見しました。
華の熟年
2018/03/14 10:29
華の熟年さん。
「武蔵野の春を呼ぶ」と言われてる
だけあって、深大寺のだるま市は、
幸運や健康を願う善男善女で、
境内が大いに賑わってました。
植物公園の早春の花もちょうど見頃で、
だるま市と併せ、いい散歩になりますね。
yasuhiko
2018/03/14 11:38
こんにちは!
深大寺の「だるま市」にぎやかですね〜!
達磨大師のリアルなだるまさん、
いいなぁ〜と思って眺めています〜☆
yasuhikoさんのお庭、こちらの植物園季節の感じられる素敵な場所ですね〜☆
フキノトウ、家に帰ったらもう花が咲いて少ししか食べられませんでした〜(笑)。
komichi
2018/03/14 15:52
komichiさん。
「春を呼ぶ」と言われるだけあって、
深大寺のだるま市は大盛況でした。
一口にだるまと言っても、
比較的リアルな達磨大師の姿を
思わせるだるまもあって、比べながら
見て歩くと楽しいですね。
植物公園は、本当に庭とも言える
身近な場所です。フキノトウ、雪割草、
ユキワリイチゲなど、咲き出した
野草に春が感じられますね。
yasuhiko
2018/03/14 19:57
yasuhikoさんの地元に春が来た!って感じで 少々冷たいけれど、写真の中をさわやかな風が吹いてるかのよう。
たくさんのだるまさん、意匠も様々で見ているだけでも楽しいです。
しかしながら片目に梵字を入れるのを初めて見たのが衝撃的。
おーちゃん
2018/03/23 07:34
おーちゃんへ。
そうなんです。このだるま市が
終わると、いよいよ春本番という気に
なるから不思議です。だるまの赤が、
冬の間は眠っていた生命力を、
蘇らせると感じるのかも知れません。
深大寺流の梵字の目入れはユニークですね。
yasuhiko
2018/03/23 15:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
深大寺だるま市と早春の花 街が好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる