街が好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 清澄庭園の柘榴、紫陽花、花菖蒲

<<   作成日時 : 2018/06/07 00:01   >>

ナイス ブログ気持玉 500 / トラックバック 0 / コメント 100

明治期を代表する回遊式林泉庭園、清澄(きよすみ)庭園
訪ねました。明治11年、三菱財閥の創始者、岩崎彌太郎が、
社員の慰安や、貴賓を招待するために造園。関東大震災後、
岩崎家から東京市に寄付された庭園です。

画像

画像

   滴る園内で、柘榴の花が色鮮やか。

画像

   漢詩の「万緑叢中一点」というイメージです。
         *      *      *      
   実は、もとの漢詩の「紅一点」は、柘榴の花を
   意味していて、女性とは全く関係ないんだとか。

画像

画像

   飛石の「磯渡り」を、伝って歩くのも乙なもの。
         *      *      *
   園ではこの他、岩崎家が自社の汽船を用い、
   全国から集めた名石の数々が楽しめました。   

画像
画像
 
画像

   橋を渡れば、クチナシサツキの咲く中の島。

画像
画像

   昔はこの池に隅田川の水を引いてたそうです。
   右は枯滝。紀州青石で滝の流れを表したもの。

画像

画像

   墨田の花火でしょうか?(隅田川が近いし…)
   紅いヤマアジサイと一緒に咲き誇ってました。

画像

画像

   花菖蒲田、今年は花数が少ないそうです。

画像

画像

   この花の撮影には、天気が良過ぎ(?)ましたね。

画像

画像

   水に映る白い花菖蒲が涼し気でした。   

画像

          遠く夢見るようなのカップル(?)。
             *     *     *               
   以上が有料ゾーン。さて、この庭園の西側は、無料
   公園(清澄公園)ですが、ここも戦後に寄付されるまで、
   岩崎家の敷地でした。帰りがけに寄ってみると…

画像

   こちらは八重咲きの柘榴が見頃。

画像

           散った後、タコさんウィンナーに変身です。
               *     *     *     
   最後は建物拝見。庭園外周沿いに250m続くのは…

画像

   関東大震災後、庭園部分と一緒に寄付された土地に
   建てられたコンクリート造りの共同住宅、旧東京市営
   店舗向住宅です。ここは「昭和の匂い」がしますね。   

画像
画像

   今も残るライト風、アールデコ調の意匠。

画像

   清澄庭園は、関東大震災に際して、近隣住民の
   避難場所となり、2万人もの命を救ったと言われ
   てます。庭園等が寄付され、耐火性建築が建設
   されたのも、その時の教訓からでしょう。 
         *      *      *     
   戦争末期の東京大空襲で、通りの反対側(私の
   立ってる側)が焼け野原になった時、この建物は
   火勢に耐え、今に残りました。改装、増築されて
   いますが、貴重な昭和の生き証人です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

この記事に貼り付けられるブログ気持玉の上限に達しました。
気持玉数 : 500
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(100件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
柘榴の花からの紅一点‥鮮やかな色が周りから引き立っている、女性がそのように言われるのはちょっと嬉しく思います。
散った柘榴の花がタコさんウインナーに、ホント見えますね。
貴重な昭和の生き証人もまた新しい年にその記録と記憶を残してくれるのですね。。。

きょんたん
2018/06/07 04:21
おはようございます。
鮮やかなオレンジ色の柘榴の花が、新緑に
映えて美しいですね
完成度の高い庭園、都民の憩いの場所
でしょうか。
広々とした敷地、ゆっくり散策できますね。
八重の柘榴の花も、とても綺麗。タコさん
ウインナーも可愛いです。
心も身体もリフレッシュできそうな気がします。
ゴンマック
2018/06/07 05:15
緑の中の 紅一点 とても
美しく 目立ちますね。
女性のことでなかったなんて 残念です。
静かな 心穏やかに過ごせる 素晴らしい
庭園で 橋の上の 日傘の女性、、、
和服姿で いてほしい〜、、、です。
フラバーバ
2018/06/07 05:52
憧れの清澄庭園、季節ごとの美しさがあるものですね。
八重のザクロはあまり見たことが無かったです。
タコさん、、本当だ(笑)
戦火に耐え抜き、現存する建物にも感動。
現役なんですね!
庭園も建物も歴史と共にあるのですね。
keikoさん
2018/06/07 06:17
 日本庭園はどの時期もなかなか趣があり、季節ごとにおとずれるのも楽しいでしょうね。
 カレンダーなどで撮影する日本庭園では晴れの日は敬遠し、曇りや小雨などのしっとりとした雰囲気を重視することもありますね。ハナショウブやアジサイも晴れの日では湿度感が出ませんね。

 朱夏にふさわしいザクロの花も艶やかですね。フリフリの八重のも面白いですし、タコさんウインナーに変じた落花も面白いです。
なおさん
2018/06/07 06:25
おはようございます。

岩崎与太郎をはじめ岩崎家って、やっぱりすごいお方々だったのですねぇ。

関東大震災で二万人もの人を助けた庭園に、関東大空襲でも生き残った建物のきっかけを作った人たち。

本物のお金持ちは、国や人々のために働いているのですね。

爪の垢、どこかにないかなあ(笑)
koji
2018/06/07 07:16
おはようございます。
まず、タコさんウインナーに注目してしまいました〜(笑)スミマセン!
ザクロのオレンジの花が、今の季節にふさわしくて、とっても美しいですね。
墨田の花火も山あじさい紅も、我が家のはまだ咲いていませんが、同じものがあるのが嬉しくなりました。
遠くを夢見るような亀のカップルの背中、哀愁が漂っているような気がしました(笑)
ぽぽ
2018/06/07 07:18
まぁ〜〜〜〜〜〜
なんて!すてきな景色なんでしょう〜〜
岩崎さんはいたるところを東京市に寄付して下さっていますね。分限者はこうでなくちゃ〜ですね。
紅一点がザクロの朱の花だったとは4@@
白覆輪の八重ハナザクロ、五彩柘榴というそうですね。
我が家近くの小公園入口に、それのキメラ?(朱・白・白覆輪)の咲く木が7あります。気になる木です。
庭園の素晴らしさが伝わってきました。
カメのカップル?
同じ方向を見てて、ものがたりを感じます。
スミダノハナビであって欲しいです(^o^)丿
ヤマアジサイもよか〜ですね。
花しょうぶもいい感じですね(*^-゚)⌒☆
旧東京市営店舗向住宅。同潤会なら知ってますが
昭和レトロな佇まい、郷愁です。

nobara
2018/06/07 08:32
こんにちは。

清澄庭園ですか。
知りませんでした。
岩崎弥太郎が作ったんですか。
それは興味ありますね。
綺麗な庭園ですね。
花もいっぱいですね。
トトパパ
2018/06/07 09:47
王安石「詠柘榴」にある、「万緑叢中 (そうちゅう) 紅一点」からですか。
一面の緑の中、一輪の紅色の花を、上手く引用しましたね。
一つ異彩を放つものが転じて、目立つ女性一人の表現になりましたね。
女性にしても花にたとえられて、
嬉しい事この上なし。

三菱財閥創始者の岩崎彌太郎さん、これを東京にプレゼントとは粋な事をなさいましたね。
紫陽花も今はもうピークでしょうか。
昨日、近畿から関東まで梅雨入りして、紫陽花もホッと一息だと思います。
亀の後、タコが出てきて驚きました^^)
アルクノ
2018/06/07 09:48
紅一点が石榴のことだったたは。
石榴のオレンジ色が何とも言えず柔らかくて
私は大好きです。八重も良いですね。
磯渡り・・風流です。
やはり水辺の風景はこの季節、涼を感じて
良いものです。
段々お散歩し難いい時候になってきましたが
めげずにトライしたい気持ちになりました。
つばさ
2018/06/07 10:11
きょんたんさん。
緑一色の中で、鮮やかな色彩が
目を惹く一輪の柘榴の花。
正に「紅一点」というイメージです。
はっと目の覚めるような感じがしました。
東京は、大震災や戦災、戦後の開発で、
多くの建物を失ってるんですが、
震災直後に建てられたコンクリ住宅群が、
250mも残っているなんて貴重ですね。
yasuhiko
2018/06/07 14:10
ゴンマックさん。
この季節の柘榴の花。
緑の中で、オレンジ色の花が、
本当に色鮮やかですね。正に
「紅一点」の景色だと思いました。
八重咲き柘榴、そして、散った後の
タコさんウィンナ―も、季節の
風物詩という気がします。
今頃の少し蒸し暑い日でも、水辺の
庭園を散歩するのは、実に
気持ちのいいものだと思いました。
歴史を知ると、更に興味が湧きますね。
yasuhiko
2018/06/07 14:18
フラバーバさん。
緑一色の中、色鮮やかなオレンジ色。
柘榴の花は見事なものがありますね。
それを女性に置き換えて、
慣用句にした昔の人の教養や、
センスのよさも、さすがだと思います。
確かに和服の女性だったら、
もっといい絵になったかも。誰か
モデルさんを募集しないと…。
yasuhiko
2018/06/07 14:25
keikoさん。
清澄庭園、以前訪れた時は
そんなに広く感じなかったんですが、
今回は池の大きさに驚きました。
柘榴、紫陽花、花菖蒲、クチナシなど、
今見頃の花が、風景に変化を与えて
くれたからかもしれません。
水辺の風景は涼しげでいいですね。
タコさんウィンナ―も面白いでしょう。
コンクリート住宅が普及する先駆けと
なった建物群が、こうして今も
現役で活躍してるのは嬉しい事ですね。
yasuhiko
2018/06/07 14:32
なおさんへ。
大名庭園の伝統を踏まえる
明治期の代表的名園、清澄庭園。
池の周りを巡りながら、
変化に富んだ風景が楽しめるので、
リラックスした時を過ごす事が出来ました。
本当は花菖蒲を期待してたんですが、
花が少ない上に、光を反射してしまって…。
その代わり、木漏れ日の中の柘榴が、
鮮やかな花の色で目を楽しませてくれました。
タコさんウィンナ―は、季節の風物詩ですね。
yasuhiko
2018/06/07 14:41
 ザクロの花は、こちら(北海道)では見かける事が有りません、珍しいですね。
 これからの時期水の有る景色は、涼しげで良いですね。
 墨田の花火とヤマアジサイ綺麗です。
 清澄長屋といわれている。コンクリート製の建物、アールデコ調の装飾が施されて他に類を見ない景観となっていますね。これはこれで、昭和レトロを感じる事の出来る景色だと思います。
藍上雄
2018/06/07 14:42
こんにちは
亀さんカップルには
丁度良い日でしたが
花菖蒲にはちょとでしたか^^
紅一点柘榴の花でしたか
すーちん
2018/06/07 14:50
kojiさん。
この辺り、他に避難所は無かったそうです。
清澄庭園の緑豊かな木々と、池の水が、
避難した人の命を守ったんですね。
一方で、本所の陸軍被服廠跡に避難した
人たちは、3万人くらいだったかな、
多くの犠牲者を出す事になって…。
その教訓もあって、当時の東京市長が、
岩崎家に強く働きかけたそうです。
その結果、東京大空襲の際も、
避難所として多くの人の命を守ったとか。
確かに爪の垢の必要な人がいそうですね。
yasuhiko
2018/06/07 15:00
ぽぽさん。
柘榴の花が散った後の
タコさんウィンナ―は季節の風物詩。
前から探していて、今回やっと
タコらしいタコさんに巡り合えました。
それにしても、清澄庭園の
柘榴の花は色鮮やかで見事ですね。
墨田の花火も見応えがあるし、
散歩し甲斐のある庭園だと思います。
亀のカップル、後ろ姿が可愛くて、
思わずレンズを向けてしまいました。
yasuhiko
2018/06/07 15:28
アジサイ、花菖蒲などの花、お天気に左右されますが、雨の中で見る花菖蒲なども良いものですね。柘榴のオレンジ色も映えています。花柘榴可愛い花ですね。
花咲か爺
2018/06/07 15:34
nobaraさん。
そう言って下さると嬉しい気がします。
少し蒸し暑さを感じるこの季節は、
水辺の景色が恋しいですね、
柘榴、紫陽花、花菖蒲、クチナシなど、
ちょうど見頃の花を楽しみながら、
広い池の周りを巡り歩くのは、
なかなか気分のいいものだと思いました。
さすが明治期を代表する庭園です。
「紅一点」の本来のイメージに
ぴったりの柘榴の花に出合えたのも、
何だか嬉しい気がしました。
この日は、珍しく鳥の姿が全く無くて…。
その代わり、仲のいい亀の姿が見られて
よかったです。同潤会アパートが
みんな壊されてしまった今、庭園沿いの
震災復興のコンクリート住宅は、
ますます貴重な存在になりそうですね。
yasuhiko
2018/06/07 15:51
トトパパさん。
明治初めに岩崎弥太郎が造園し、
その後、弥之助、久弥と三代に亘って
継承された庭園です。さすが
岩崎家の庭園だけに、見事な風景美を
見せてくれますね。この季節は、
花も多くて、散歩のし甲斐がありました。
yasuhiko
2018/06/07 15:59
こんにちは!
三菱財閥創始者の岩崎彌太郎さんが東京へ寄付された清澄庭園は流石に素晴らしいですね。
緑の中に石榴の紅が引き立っていますね。
落ちた花がタコさんウィンナーとは面白〜い(笑)
この時期はアジサイ、ハナショウブが綺麗ですね。
東京大空襲に耐えた旧東京市営店舗向住宅は昭和のレトロな雰囲気を今に伝えて貴重な存在になっていますね。
見事な風景美を見せて頂き有難うございます。
eko
2018/06/07 16:23
ヾ(*'-'*)ノ こんにちは.:゚+。 ☆

素敵な庭園である事は・・・・・
いうまでも無いのですが
yasuhikoさんの カメラの腕前にも
いつもの事ながら 惚れ惚れと
拝見させて頂きまして
ありがとうございました♪.+゚♬✿

「紅一点」の 柘榴の花が
何とも言えない 可愛い色を
してます✿(◡‿◡*)❤ねぇ
昔 実家にもあったのですが 実は
なった事無かったです(><)
八重咲きの柘榴 は初めてでした( ゚Д゚)
♪のこ♪
2018/06/07 16:29
こんにちは。
清澄庭園を案内して下さって楽しませていただきました。素晴らしい回遊式林泉庭園なのが分かりました。巨大な石を自船で運搬してこんな庭園を作った当時の三菱財閥の莫大な財力がうかがえますね。
飛び石を渡るのは興味ありますが・・・ちょっと遠慮したほうがいいようです^^。紀州青石の枯滝は水が流れ落ちて居るように見えるから不思議ですよ。
それから旧東京市営店舗向住宅はどこか懐かし気に見える建物ですね。八重咲き柘榴のお花は珍しいです。
のろばあさん
2018/06/07 17:16
こんにちは

歴史を作って来て
歴史を守ってきたのですね
無門
2018/06/07 17:24
アルクノさん。
緑一色の中に、オレンジ色の
柘榴の花が、とても印象的ですね。
中国の詩人もこんな景色を見ていたのか
と思うと、「紅一点」の本来の
意味合いがよく理解できる気がしました。
さすが明治を代表する日本庭園。
関東大震災の際は、避難場所として
多くの人の命を救ったという事もあり、
時の東京市長が、岩崎家に強く
働きかけたという事情もあったようです。
いずれにしても、これだけの庭園が
一般に開放されて、誰でも楽しめるように
なっているのは有難い事ですね。
yasuhiko
2018/06/07 17:30
つばささん。
柘榴の花、私も好きなんですが、
正に「紅一点」、オレンジ色の花が、
緑に美しく映える景色が楽しめました。
磯渡り、ちょっと怖いようですが、
一つ一つの石が大きいので、
何の不安もありません。面白いので、
私は何度も行ったり来たりしました。
池を巡って散歩するのは気持ちが
いいので、何か気分も軽くなりますね。
yasuhiko
2018/06/07 17:38
藍上雄さん。
そうですか。柘榴はあまり
北では栽培されないんでしょうか。
紫陽花等と比べると地味な印象ですが、
オレンジ色の色鮮やかな花は、
季節を代表する花の一つと思います。
墨田の花火は、空色の花が
いかにも涼しげな印象でいいですね。
コンクリート造りの長屋住宅、
今も現役で活躍し、カフェなどの
新しい店も見られるのは嬉しい気がしました。
yasuhiko
2018/06/07 17:52
すーちんさん。
亀さんカップルは、仲よく
日向ぼっこ。のどかな風景でしたが、
花菖蒲の撮影には、日差しが
強過ぎましたね。でも、柘榴の花は
木漏れ日の中で輝いてました。
タコさんウィンナ―も見られて満足です。
yasuhiko
2018/06/07 18:00
花咲か爺さんへ。
コメント有難うございます。
この日は日差しが強過ぎて、花菖蒲の
しっとりした情緒を味わうには
無理があったようですが、柘榴の花の
輝きは目を惹くものがありました。
隣の公園で、八重咲きの「花柘榴」
にも出合えて嬉しかったです。
yasuhiko
2018/06/07 18:05
ekoさん。
さすが岩崎家。庭にかける情熱も
大したものだと思いました。
都立の庭園になって、今は誰でも
楽しめるのが嬉しいですね。
タコさんウィンナ―に見えるでしょう。
柘榴はそのオレンジ色の花で
楽しませてくれて、実は食べられるし、
散った花で笑わせてくれる優れものですね。
震災復興期のコンクリートの建物は、
非常に丈夫に作られてるので、
戦後の建物より長持ちする事が多いんです。
そういう意味でも、教訓になる
貴重な建造物なんじゃないかと思います。
yasuhiko
2018/06/07 18:14
緑の中の紅いザクロ、紫陽花に、菖蒲、素敵なお庭ですね。
池の橋や飛石を歩いてみたいです。
タコさんウインナーも見事な着地で10点満点!
旧東京市営店舗向住宅、何だか異国のような感じがします。
庭も建物もいろんな物語があるんですね。
大切にしたいですね。
我が家の庭でも墨田の花火が咲き始めました。
すずりん♪
2018/06/07 18:21
♪のこ♪さん。
有難うございます。
でも、それは褒め過ぎというもの。
素敵な被写体に出合うと、
やる気を引き出されるからだと思います。
その点、ここのの柘榴の花は見事でした。
緑の中に輝くようなオレンジの花。
「紅一点」という言葉の本来の
イメージにぴったりですね。
八重咲きの柘榴を撮影出来たのは、
私も今回が初めてです。
yasuhiko
2018/06/07 18:22
のろばあさんへ。
2度目の訪問なんですが、
前回訪れた時はこんなに広いという
感じがしませんでした。今回、
こんな見所の多い素敵な庭園だったかと、
改めて驚いたような次第で…。
大きな庭石の数々、確かに船を
利用しないと運べないので、その点、
さすが三菱の財力ならではと思います。
石を滝に見立てるなんてのも面白いですね。
飛石は一つ一つが大きいので
大丈夫ですよ。何度も実験しましたから…。
八重咲きの柘榴、タコさんウィンナ―、
どちらもやっと撮影できました。
yasuhiko
2018/06/07 18:30
無門さん。
清澄庭園の豊かな緑と水が、
関東大震災の時も、大空襲の時も、
避難場所として多くの人の命を救いました。
今は静かで美しい庭園にも、
そんな歴史が秘められてるんですね。
yasuhiko
2018/06/07 18:34
すずりん♪さん。
墨田の花火、涼しげなブルーが
印象的でした。お庭で見られるのは
いいですね。清澄庭園は、この時期
花に恵まれて見応えがあります。
飛石は面白いので、私は何度も
行ったり来たりしてしまいました。
タコさんウィンナ―、10点満点じゃ
無いやつも幾つかあったんですが、
一つだけいい子に恵まれました。
震災後のコンクリート建築、
今でもなかなかモダンでしょう。
庭園にも建物にも、歴史があるんですね。
yasuhiko
2018/06/07 18:42
ここもいい庭園ですね。
柘榴が緑の中でひときわ目立ち印象的です。
池の中の石の配置がおもしろく、より池を楽しく感じます。
また時期の花々が美しいですね。
はるる
2018/06/07 19:01
はるるさん。
本当は花菖蒲が目的だったんですが、
あまりに日差しが強過ぎて…。
その分、木漏れ日の中、色鮮やかな
柘榴の花がとても印象的でした。
磯渡りは面白いので、何度も
行ったり来たりして…。変化に富んだ
水辺の景色を、歩きながら
楽しめるのは、この庭園の魅力ですね。
yasuhiko
2018/06/07 19:21
清澄庭園は落ち着いた雰囲気で素敵ですね♪
柘榴の花って最近まで知りませんでした
鮮やかな赤い花で綺麗ですね
私は実の方が好きですけど(笑)

橋も好きですが飛石もいいですね
涼しげな感じがします
花を眺めながら庭園の散策は和みます
亀も仲良く日向ぼっこですね♡

最後にアールデコ調の建物もいい感じですね
今日も楽しませていただきました♪

今夜はママが出張なので孫が初お泊まりです
私が実家に泊まりに行く日なので。。。孫を連れてWお泊まりですね(笑)
とまる
2018/06/07 20:04
とまるさん。
お孫さん、可愛いでしょう。
でも、初お泊りはちょっと緊張するかな。
蒸し暑い日が多くなって来ると、
水辺が恋しくなって来て…。池を中心に
風景の変化が楽しめる清澄庭園は、
この時期の散策にぴったりでした。
飛石を伝って歩くのも楽しいですよ。
柘榴は花も実も楽しめるからいいですね。
コンクリート造りの復興建築、
90年以上前の建物なのに、モダンな
雰囲気もあって魅力的でした。
yasuhiko
2018/06/07 20:19
柘榴の鮮やかなオレンジ色が目にまぶしい緑の中で
ひときわ目を引きますね。
素敵なお天気の日の一日でしたね。
清澄白河・・・田園都市線の終点近くだったかしら?
いつも駅名は目にするのですが
そこまで乗って行ったことがないです。
一度は伺ってみたいところです。
岩崎財閥はさすがですね。
あっこちゃん
2018/06/07 20:40
こんばんは。
漢詩の紅一点の件は、そうなんですか、となるほどと思いました。ザクロの花の色って本当に朱色は鮮やかですものね。確かにたこウインナーと同じ色^^
昔の大財閥って半端なく大金持ちですね。
でもそのおかげで後世の人たちも楽しめる物を残してくれたのですから、、。
JK
2018/06/07 20:53
清澄庭園へは10年ほど前に行っていますが都心にこんなにも広くて美しい庭園があるものだと驚いたことを覚えています。紅一点とは柘榴を現すのですか。コンクリートの建物、高層ビル群のなかで健在とは凄いことですね。良き古いものは残して欲しいですね。
橋の上の日傘の女性ステキです。
みなみ
2018/06/07 21:00
あっこちゃんへ。
素敵なお天気過ぎちゃって、花菖蒲の
撮影には、ちょっと苦労しました。
でも、その代わりに、木漏れ日の中、
輝くように色鮮やかな柘榴の花を
見る事が出来たのは嬉しかったです。
清澄白河は、大江戸線の駅で、
両国と門前仲町の間にあります。
下町のこの辺は、避難出来る広い場所が
他に無いので、震災や戦災の時、清澄庭園は
人々の命を守る役を果たしたそうです。
立派な庭園があってよかったですね。
yasuhiko
2018/06/07 22:34
JKさん。
柘榴の花、前から好きなんですが、
この庭は周囲の緑との調和が最高です。
正に「紅一点」。漢詩のイメージに
ぴったりの景色で感心しました。
花が散った後のタコさんウィンナ―も
面白いですね。岩崎家の財力が無いと、
こういう庭園は造れないはずで、
今自由に散策できるのは有難い話ですね。
yasuhiko
2018/06/07 22:45
みなみさん。
清澄庭園、御存知でしたか。
蒸し暑い日が多くなって来ると、
こういう水辺の景色が恋しくなりますね。
柘榴、紫陽花、花菖蒲などの
花を楽しみながら、広い池を巡って
歩くのは、とても気分のいいものでした。
大震災直後のコンクリート建築は、
今のものより丈夫で長持ちするんです。
現役のお店兼住居として、今も
働いてる姿を見て、少し嬉しくなりました。
yasuhiko
2018/06/07 22:53
こんばんは♪
柘榴の実も食べたことがなく、花も初めて見ましたよ。何とも言えないシックなオレンジ色で緑と合いますね、きれい〜!新緑が眩しくてキラキラしていますね。「紅一点」とは、なるほどです。
たこさんウィンナー、ほんとに似てる(笑)
清澄庭園、緑が多くてカメさんもいるし^^、
訪ねてみたい庭園です。
とわ
2018/06/07 22:59
こんばんは。
清澄庭園は、私のお庭的存在の場所です。
とても親しみやすく、近くにお墓があるのでほぼ2か月に一度は訪れるところです、
深川に以前住んでいたので慣れ親しんだ街です。
最近では土日に若い人たちが寺町を歩く姿が目につきます。
ロシアンブルー
2018/06/07 23:30
「紅一点」女性とは無関係だったんですね。まさか柘榴の花から来ていたとは… 柘榴の実は赤いツブツブだらけなのに(笑)
庶民はカメ一匹が住むための池もなかなか作れないのに、さすが三菱財閥のドンですねぇ。とても癒される庭園ですね。
旧東京市営舗向住宅、耐震などの問題もあるかと思いますが、この先もずっとこういう建物を残していってもらいたいものです。
うずら
2018/06/08 01:52
ザクロの赤い花。私もこの時期気になる花ですが、なかなか撮る機会が無くてねー。紅一点!そうだったんですか〜。震災時に多くの命を救ったんですね。ありがたいことです。
イッシー
2018/06/08 05:25
私も一昨年、清澄庭園を6月に訪れて記事にしたので、記憶が鮮明によみがえって来るようでした。私は6月後半でした。
いい天気ですね〜。日差しが強くて。確か、ビルを写さないようにするのが一苦労で。同じ思いではなかったですか。
八重咲きの柘榴は実に優雅ですね。
ミクミティ
2018/06/08 10:53
色鮮やかな柘榴、素敵ですね。
飛び石を伝って歩く・・・涼しげでいいですね。
タコさんウィンナーの表現、お見事です〜。美味い(ウマイ)
カメさんのカップル(?)にホノボノとしました。
好・100点(*^_^*)
クリム
2018/06/08 12:25
わあ〜〜新緑のグリーンの中に
オレンジが〜〜〜きれいですね。
紅一点は柘榴ですか。
素敵なところですね。
歩いてみたいです。
ヤマアジサイ、花菖蒲も素敵ですね。
亀さんたち、デートかな?
何を話してるのかしら。(*^-^*)

清澄公園の八重咲きの柘榴
いいですね。
戦争末期の東京大空襲でも燃えなかった
貴重な建物・・・すばらしいです。
あこ
2018/06/08 14:30
こんにちは〜♪

清澄庭園 素敵ですね

ザクロの花も素敵ですが

終戦の直後食べるものも無くて

酸っぱいザクロの実で空腹を凌いだ思い出が・・

戦火に耐えた建物も昔を語る生き証人残してほしいものです

戦火と言えば 辺り一面火の海の中

焼夷弾の降り注ぐ中を 私をおんぶして

右へ左へと逃げ惑い私を助けてくれた姉が

昨日93歳で老衰の為永眠しました

この建物のように何時までも残って欲しかった姉

複雑な気持ちで見入ってしまいました



H.R
2018/06/08 15:32
こんにちは。
「紅一点」の本当の意味を初めて知りました。
ザクロの花でしたか。
緑の中にオレンジは目立って綺麗ですからね。
いつもの洋風とは違いまさにTHE 日本庭園!という感じですね。
飛び石はあると渡りたくなりますね。
この橋も渡りたくなります。
大震災に大空襲にとまともに受けてきても なお残ってる貴重な証はいつまでもこのままで残っていて欲しいですね。

にゃーちゃん
2018/06/08 15:52
 ザクロの花をじっくり見たことがないですね。
紅一点とはよく使われるのですが、比喩として
という事なのですね。何も知らなくてのんきに
使っていたことを恥じています。
 鮮やかな緑の中のザクロの花、まさに
紅一点ですね。なぜかザクロの花と言うと
雨と重なります。
滴るみどりと赤いザクロの花、じっと眺め
ても一句も詠めない記憶と重なります。
こういう立派な庭園で詠むのは難しいのです。
亀のカップルに出会えてよかったですね。
              (^^♪
 
 
ミキ
2018/06/08 16:45
紅一点=柘榴だったんですね!
ぜんぜん知りませんでした。
最近うかつに女性のことを「紅一点」などというと、セクハラになってしまいかねないので、軽々しく使えない世の中になりましたね。
わが家の紫陽花やっと5分咲きくらいになりました。
今日王子の飛鳥山に行ったら、ほとんど満開に近くなっていたので、写真を撮ってきました。
そのうちBLOGに載せますね。
家ニスタ
2018/06/08 18:53
こんばんは。
柘榴、実家にあったのですが花まで覚えていませんでした。
なかなか可愛いですね。
周りのビルが遠くに見えますね。
贅をつくすことが建物や庭園、文化にも貢献しているのかと思ってしまいます。

こんなに寄付しちゃって岩崎家の末裔はどこで何をしているのか気になってしまいました。
tami
2018/06/08 21:16
とわさん。
そうなんです。木漏れ日が
小さな光の粒になって、柘榴の花の
美しさを惹きたててくれました。
正に紅一点。イメージ通りの風景ですね。
池が広いと、花を見ながら周りを
散歩するのもいい気分です。
タコさんウィンナ―、探していて
それらしい姿に今回やっと出合えました。
yasuhiko
2018/06/08 21:42
ロシアンブルーさん。
そうですか。今回はそのお庭に
お邪魔しちゃいました。
この時期の清澄庭園は、柘榴、
紫陽花、花菖蒲、クチナシなど、
多くの花に恵まれてますね。
広い池を中心とした水辺の景色は、
和の情緒にあふれて、魅力一杯です。
また、記事をまとめるに当って、
大震災の被害の実態など学ぶ事が出来て、
とてもためになったと思います。
yasuhiko
2018/06/08 21:52
うずらさん。
そうなんです。「紅一点」が
柘榴の花の景色だったなんて意外ですね。
でも、今回この公園の柘榴の花を
観ていて、なるほこれが紅一点の
イメージかと納得できる気がしました。
震災復興期のコンクリート建築って、
実はとても丈夫なものが多いんですね。
泰明小学校を始めとする当時の
学校建築は、そのままで今の耐震基準を
満たしているらしいですよ。
関東大震災の教訓を、当時の人がどれだけ
真剣に受け止めたか、物語るようですね。
yasuhiko
2018/06/08 22:03
イッシーさん。
そうですね。庭木の柘榴は、
よく見かけますが、これはという
大きな樹に今まで出会えませんでした。
「紅一点」のイメージに合う柘榴は、
清澄公園が初めてかも知れません。
同じ避難所でも、火を防げず、多くの
犠牲者を出した所もあります。
豊富な木々と、池の水とに恵まれた
この公園だから守れた命だったんですね。
yasuhiko
2018/06/08 22:11
ミクミティさん。
よく覚えてますよ。確かめては
いないんですが、確かミクミティさんは、
この地が、紀伊国屋文左衛門の屋敷跡
だった事から始めて、庭園の
歴史を説明されていたように思います。
それもあったので、私は今回
江戸時代の歴史はカットしちゃいました。
緑と水に恵まれた庭園、普段は
人々の心のオアシスとして、非常時には
具体的な避難場所として、これまで
大きな役割を果たして来たんですね。
yasuhiko
2018/06/08 22:21
クリムさん。
飛石伝って歩くの好きなんですよ。
京都の鴨川でも、楽しくて…。
こんな遊び心のある庭園はいいですね。
タコさんウィンナ―は、ブロ友さんから
教えて戴きました。これまでも
探してたんですが、今回やっと初めて
イメージ通り、それらしい姿の
タコさんウィンナ―に出合うえました。
yasuhiko
2018/06/08 22:27
あこさん。
そうなんです。「紅一点」の
イメージ通りの柘榴の花に出合えて、
とても嬉しい気がしました。
木漏れ日が小さな光の粒になって、
色鮮やかな柘榴の花を惹きたてますね。
暑くなって来ると、水辺が恋しく
なって来ますし、紫陽花、花菖蒲など、
季節の花に恵まれた清澄公園は、
6月の散歩にぴったりだと思いました。
歴史の生き証人となる建物は、
本当に大切にしなければと思います。
yasuhiko
2018/06/08 22:39
H.Rさん。
そうか。柘榴にそんな思い出を
お持ちでしたか。私の亡くなった母も、
戦中、戦後の食糧難の話をよく
してました。花に罪は無いんですけど…。
下町には広い避難場所が、他に
無いんで、この庭園は大震災の時も、
大空襲の時も、避難場所として
多くの人の命を守ったそうです。
戦火に耐えたコンクリート住宅とともに、
そうした歴史の事実は、長く
語り伝えて行きたいものですね。
yasuhiko
2018/06/08 22:50
にゃーちゃんへ。
そうなんです。「紅一点」は
「柘榴を詠む」という漢詩に出て来る
柘榴の花の形容だったんです。
清澄公園の柘榴の花は、そのイメージに
ぴったりなので、嬉しくなりました。
花を楽しみながら、池を巡るこの公園の、
和の情緒も悪くないでしょう。
飛石は面白いので、行ったり来たりして…。
歴史的な建物が、改装されながらも、
現役で活躍してるのは嬉しい事ですね。
yasuhiko
2018/06/08 23:03
ミキさん。
女性が一人加わると、一座の
空気が変りますからね。その印象を、
後世の人が喩えとして使ったために、
「紅一点」という詩句の意味が
変化したようです。もとの漢詩は、
単純に柘榴の花を読んだだけのようで…。
前から気になる花でしたが、
やっとイメージ通りの花に出合えました。
微笑ましい亀さんたちの姿、
何だかユーモラスで癒されますね。
yasuhiko
2018/06/08 23:18
家ニスタさん。
「紅一点」と口にしても、幾ら何でも
セクハラにはならないでしょう。
もし仮に議論になったとしても、
「色鮮やかで美しい柘榴の花」に喩えた
と言えば、むしろ歓迎されるのでは…。
この公園の柘榴は、もとの漢詩の
イメージにぴったりでした。
飛鳥山の紫陽花、それはいい時期に、
いい所に行かれましたね。
yasuhiko
2018/06/08 23:29
tamiさん。
そうなんです。柘榴の花は、
緑の中で咲き誇る時も、散った後、
タコさんウィンナ―になっても、
何だか可愛い姿なんです。
この庭園は、浜離宮庭園とは違って、
すぐ近くに高層ビルが無いので、
その点で助かりました。
こうして寄付してくれたお蔭で、
我々も自由に庭園散歩を楽しめる訳で…。
その点は、素直に感謝したいですね。
yasuhiko
2018/06/08 23:46
ものスゴイ庭園ですね!
さすが、三菱財閥や。(^^)
「昔は、隅田川の水を引いていた」というので思い出しましたが、庭園造りには水が必須。
京都の奥東山に名庭園があるのですが(らしいです。(^^ゞ)、昔は、水に縁の無い地域やったそうです。
ところが、琵琶湖疏水のお蔭で、庭園に必要な水が確保できたとか。
ブラタモリで言ってました。(^^ゞ
なので、このアジサイは、きっと、隅田の花火ですね。(^^)

この飛石が素晴らしいです。
ここ渡ると、池の中を歩いてる気分になりそう。
しかも、この石が、全国から集めたものですか!
さすが、三菱財閥や。(^^)
って、又、言っちゃった。(^^ゞ

「紅一点」の本来の意味が、そういう事やとは知りませんでした。
まさに、ここは漢詩の世界そのままなんですね。

庭園外周沿いの建物、これも、又、素晴らしいですね。
建物自体も、ノスタルジックでレトロで、とても素適ですが、東京大空襲に耐えて、今に残っているというのが素晴らしい。
きっと、当時としては、画期的な、群を抜いた建物やったんでしょうね。
素晴らしい庭園+レトロな建物…
これは見る価値有りですね。(^^)
yoppy702
2018/06/08 23:57
清澄庭園は、関東大震災に際して、近隣住民の避難場所となり、2万人もの命を救ったとか、東京大空襲でも人命を守った、素晴らしい不思議な建物ですね。
おっちょこタカナ
2018/06/09 01:43

こんにちわ〜♪
ザクロの花、可愛いですね。
花も実も楽しめるのが良いです。
裏返せば蛸さんウィンナーって
本当、似てますね。(笑)
ベティーちゃん
2018/06/09 12:15
財閥に対して色んな問題点があったとは思いますが、創業者の想いは思っている以上に純粋だったように感じます。
それが後裔にも伝わってるところが残り、伝わっていないところが滅び。
そんな気がします。
この公園もたくさんの人の憩いとなり命を救い またその街に委譲されたこと自体素晴らしいです。
この公園がある事によって街なかに薫風が通り抜けるのでしょう。
おーちゃん
2018/06/09 12:32
こんにちは。
柘榴の花は最近見かけないので懐かしく感じます。
柘榴の実も食べることもなく、不思議な味だったかなと売っていたら買って食べてみたい気がしました。
八重咲きは見たことなく可愛いですね!
他の花たちも風景に花を添えて風情があるお庭で、カメさんが首を上げて何を思うか面白いです🐢 🐢
みっちゃん
2018/06/09 14:59
yoppy702さん。
本当に、三菱財閥の財力を
感じさせますね。造園したのは
岩崎弥太郎ですが、二代目・弥之助も
熱心で、さらに名石を集めて、
この庭の内容を充実させたそうです。
京都・東山には、琵琶湖疏水を
利用した山縣有朋の無鄰菴など、、
政財界の大物たちの別荘庭園が
数多く残ってますが、こうした立派な
庭園を持つ事は、明治の人々にとっては、
一つのステータスだったんでしょう。
花を愛でながら、池の周りを巡るのは、
確かに気分のいいものですね。
仰るように、飛石は景色に変化を生むし、
その遊び心が楽しい気がしました。
関東大震災後に建てられた
コンクリート建築は、念入りに
造られたものが多いんです。同潤会
アパートのように、次々壊された
例が多いだけに、40軒程がまとまって、
現役で今も活躍してるケースは珍しいし、
とても貴重な気がしました。
yasuhiko
2018/06/09 16:16
おっちょこタカナさん。
下町のこの辺りは、避難場所となる
広い場所が他にないんです。
大震災や大空襲で、大きな被害を
出した地区だけに、多くの人の命を救った
清澄庭園は、レトロなコンクリ建築と
ともに、地区の宝と言ってもいいでしょう。
yasuhiko
2018/06/09 16:23
ベティーちゃんへ。
眩しいほどの緑を背景に、
色鮮やかな柘榴の花が印象的ですね。
タコさんウィンナ―、ブロ友さんに
教わって、前から探してたんですがが、
ようやく今回イメージ通りの
タコさんに出合う事ができました。
yasuhiko
2018/06/09 16:27
おーちゃんへ。
清澄庭園、今では都民にとっての
緑のオアシス。地域の宝ですね。
下町のこの辺りは、避難場所となる
広い場所が他に無く、関東大震災や、
東京大空襲の際、逃げ惑う人々の
頼みの綱となったようです。
同じ避難所でも、更地だったために、
多くの犠牲者を出した所(被服廠跡)も
あった訳ですから、緑と水の豊富な
贅を凝らした庭園造りが、ちゃんと
公共的な役割も果たした事になりますね。
yasuhiko
2018/06/09 16:39
みっちゃんへ。
ザクロエキスって、健康食品としても
人気が高いようですね。
粒々の果実の印象が強い柘榴ですが、
色鮮やかな花も見逃せない気がします。
八重咲きの柘榴は、観賞用として
日本でも古くからあるようなんですが、
私も初めて観たように思います。
カメさんもたくさんいて、水辺の景色が
楽しめるのが、この庭園の魅力ですね。
yasuhiko
2018/06/09 16:47
今晩は♪

柘榴の実がなる木は見たことがありますが、花は初めて見ました。
しかも八重咲きもあるとはビックリです。
タコウインナーの散り花には笑ってしまいました。
ヌサドゥア
2018/06/09 19:07
ザクロの花は、昔小さな木が実家にあって、覚えていますが、、もう長く観ていなかったように思います。
たしかにたこちゃんウインナーですねえ^M^

紅一点は詠柘榴詩から来ているんですか 全く知りませんでした 引用した人もよく見つけましたねえ
王安石 北宋の政治家だったような。。かすかな記憶が、どんな詩なんだろう 後でググってみます。
つとつと
2018/06/09 19:49
ヌサドゥアさん。
八重咲きの柘榴は、実の生らない
鑑賞用の園芸品種で、日本でも
古くから愛好されて来たらしいのですが、
私も初めて実物を見た気がします。
それにしても、緑を背景にした
柘榴の花は色鮮やかできれいですね。
愉快なタコさんウィンナ―の名前、
ブロ友さんに教わりました。
yasuhiko
2018/06/09 21:00
つとつとさん。
タコさんウィンナ―の名前は、
ブロ友さんに教わりました。以前から
探してたんですが、やっといい
モデルのタコさんに巡り合えて…。
「紅一点」のイメージ通りの柘榴の花を
見る事が出来たのも、嬉しい気がします。
一面の緑の中で、一際色鮮やかな
柘榴の花は、確かに、詩にしたいような
素敵な景色を見せてくれますね。
yasuhiko
2018/06/09 21:19
清澄庭園ってあまりお花のイメージがなかったのですが、結構ありますね。ザクロが緑によく映えます。タコさんウィンナー!本当にそうなんですよね。私もザクロの花を見るといつもそう思っていました^^戦火に残った建物と戦火から住民の命を守った庭園。素晴らしいですね。
かるきち
2018/06/09 21:56
こんばんは!
清澄庭園は今改修工事中の東京都コンテンポラリーアート美術館へ行くときに、いつも覗いていますけど、たいてい慌ただしく、今回こうしてyasuhikoさんの写真で花たちの姿が美しく感じられて幸せです〜☆
この辺りは昔と変わって、今ブームになるほどの散歩したい街になっていますね〜♪
komichi
2018/06/09 22:32
かるきちさん。
確かに、ここは名石の庭園として
知られてますね。でも、訪れた季節が
よかったのか、柘榴、紫陽花、花菖蒲など、
多くの花に恵まれて、水辺の景色が
一層豊かなものになってました。
タコさんらしいタコさんウィンナ―にも
出合えてよかったです。人々の命を
救った庭園に敬意を払いたいと思います。
yasuhiko
2018/06/09 23:47
komichiさん。
私も以前、ついでに立ち寄った時は、
こんなに見所が多いという事に
気付かなくて…。今回カメラ片手に、
ゆっくり回ったのが正解だったようです。
この地区は、昭和初期のレトロな建築が
残る一方、新しい文化を発信する
お店やギャラリーが増えてるらしいですね。
古いものと新しいものが融合する
街というのは、断然魅力的だと思います。
yasuhiko
2018/06/09 23:58
緑の中に映える柘榴のお花
可愛いですね
アジサイ 花菖蒲も綺麗です
カップル亀さん 何を想うのでしょう
古き良き昔?それとも夢ある未来?
建物も趣きがあってステキですね
平和に感謝です
ルーシーママ
2018/06/10 16:02
清澄庭園へは一度行ったことがありますが、
柘榴、紫陽花、花菖蒲など咲いて
良い季節に行かれましたね。
飛び石をポンポンと軽やかに渡るのが
目に見えるようです。
亀さんのカップルも微笑ましい光景ですね。
ロコ
2018/06/10 16:40
ルーシーママさん。
眩しいほどの緑の中で、
柘榴の花が一段と色鮮やかでした。
この季節の清澄庭園は、紫陽花、
花菖蒲も楽しめるので、気ままな
散策にはぴったりだと思います。
のんびりした姿のカメさんカップル、
見ていると心が和みますね。
庭園にも建物にも歴史が感じられました。
yasuhiko
2018/06/10 18:02
ロコさん。
この季節、清澄庭園は花が豊富で、
池を巡る散歩が楽しかったです。
飛石を見ると、どうしても
渡ってみたくなりますね。軽やかに
という訳には行かないんですが、
何度も行ったり来たりしてしまいました。
カメさんの姿にも心が和みます。
yasuhiko
2018/06/10 18:07
四季折々楽しめる清澄庭園
八重の柘榴が綺麗!!
命を救った清澄庭園
レトロな建築
拝読させて頂き
知ることが出来ました



ジュン
2018/06/11 06:46
ジュンさん。
八重の柘榴は、古くから日本で
栽培されてるみたいなんですが、
今回初めて見た気がします。
普通の柘榴とは違った華やかさが
ありますね。この季節の清澄庭園は
魅力がいっぱい、レトロな建築とともに
カメラ散歩を楽しむ事が出来ました。
yasuhiko
2018/06/11 11:09
こんにちは〜♪
いつも出遅れてしまいゴメンナサイ<m(__)m>
ざくろの花を初めて見ました。
一重はハイビスカスのように見えますが
八重は雰囲気が全然違いますね。
ざくろの実の絵は描いた事がありますが
花も魅力的ですね\(^o^)/
橋に佇んでいる傘をさした女性
絵になりますね!(^^)!
パステル
2018/06/11 12:55
清澄庭園 素敵な雰囲気ですね。広くて落ち着いた
雰囲気。ゆっくり散策してみたいです。
亀のカップル、切り取り最高。テクニック憶えなくちゃ〜。
昭和の時代、振り返るといいものが沢山残ってますね。
平成も何か残ってくれるかなぁ・・・・?
橋の上のご婦人 いいタイミングでしたね。
yoshi
2018/06/11 13:13
パステルさん。
柘榴は花も楽しめるんです。
夏の訪れを先取りするような、
鮮やかな朱色の色彩が印象的ですね。
八重咲き柘榴は、実が生らないため、
花柘榴とも呼ばれてるそうです。
たまたま日傘の女性が、いいモデルに
なって下さって…。池と木橋と
日傘を差した女性と、全てがちょうど
いい組み合わせになりました。
yasuhiko
2018/06/11 14:57
yoshiさん。
さすが明治期を代表する庭園。
風景の変化を楽しみながら、
広い池の周りをのんびり巡るのは、
とても気分のいいものでした。
カメさんたちにとっても、居心地が
いいんでしょう。池を眺めて
話し込むように見えるから不思議ですね。
日傘の女性には感謝です。いよいよ
昭和も遠くなりにけり…なのかな。
yasuhiko
2018/06/11 15:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
清澄庭園の柘榴、紫陽花、花菖蒲 街が好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる