山手西洋館のハロウィン【庭と建物編】

前日(木)からの続きです。ハロウィンの飾りつけが素敵な

横浜山手西洋館。その庭と建物は、横浜市によってきちんと

整備されています。にも拘らず、見学料が無料で撮影も自由。

募金箱があったのに気付かなくて…。


画像

    フランス瓦が美しいブラフ18番館


画像

画像

    大正末の建物ですが、関東大震災で焼け残った

    部材を使い、震災前と同じ姿に再建したそうです。

    震災の教訓で、板壁がモルタル壁になったとか。      


画像

         鎧戸のストッパーはバイオリン風?


画像

画像

    庭の片隅で、バラが見頃を迎えてました。


画像

画像

    いかにも山手の外国人住宅らしい室内。

    家具は当時の横浜家具を復元したもの。


画像

          百年前の米国製時計とありました。


画像

    これも百年前のピアノ(松本楽器製)。蝋燭立てがレトロ。


画像

画像

    お隣の外交官の家。イタリア式庭園から見た

    八角形の塔屋が絵になる明治期の洋館です。


画像

画像

    この建物。もとは東京・渋谷の南平台にあった

    明治の外交官、内田定槌の住居。海外暮しの

    長い彼は、純粋な西洋式生活を望んだとか。


画像

          玄関扉には内田家の家紋

          「丸に剣三つ柏」がお洒落。


画像

    内扉のアールヌーボー風ステンドグラス


画像

          ドアノブにも風情あり。


画像

画像

    塔屋2階は、夫人お気に入りの場所だったとか。


画像

    猫足のバスタブ。トイレと一緒の完全洋式です。


画像

          使い込んだ書斎の机


画像

画像
画像

    この洋館では、御夫妻とその長男が暮らしていて、

    娘さんは付属の和館で暮したとか。差別ではなく、

    結婚後を心配し、和の生活に慣れさせたそうです。


画像

    季節に相応しいハロウィン室内飾りも

    楽しめて、いい洋館散歩になりました。

ブログ気持玉

この記事に貼り付けられるブログ気持玉の上限に達しました。

気持玉数 : 500

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

HT
2015年10月23日 06:11
おはようございます。
昨日の室内の明るい感じの飾りつけも見入ってしまいましたが、今日のこの建物も綺麗で素敵ですね。この色合いがなんだかとてもいいですよね。此方にも古い建物でよく似たような色合いのものがあります。大正時代の建物とは思えないような美しさです。ご説明を読みながらへぇ~って云う感じで感心してしまいました。ありがとうございました。
2015年10月23日 08:43
ハロウィン、ひろピーにはなかなか馴染めませんが・・・。
横浜山手西洋館は素敵ですね。
ステンドグラス、 猫足のバスタブ、広い庭園、
当時の生活を想像しながら楽しませていただきました。
2015年10月23日 11:23
こんにちは~

こんな古い建物が大好きです。
実家も140年の建物でした。
今は建て替えましたが、和風の方の家の外観は残しました。

母が65才まで自宅で仕事をしていた時、大正時代の洋館を移築した別の建物で仕事していました。
この外観の雰囲気が山手西洋館に似ていて、とても懐かしいです。
実家の洋館は、今は建て替えてありません。

明治村に行くと、似たような建物があり、実家に帰って来たような気持にさせてくれます。
2015年10月23日 12:28
 ちょっと、南欧風の建物で、出窓風に突き出た広間に日差しが入り込んで、心地よい雰囲気を出していますね。ガラスに家紋やアールヌーボー風に装飾され柔らかな印象を受けます。お隣の外交官の家の8角形の塔が立派ですね。
 ハロウィンの飾りも、おどろおどろしく無く、何処か上品な、飾り付けで、素敵でした。(今年ハロウィンをブログで特集組んでみようかと思ったのですが、なかなか適当なイベントが見つからず断念する事にしました。)
2015年10月23日 13:54
こんにちは。
可愛くもある佇まいと明るい感じのお庭で素敵です!
ステンドグラスもそれぞれシンプルですがお部屋にマッチして雰囲気がいいですね!
2015年10月23日 15:39
こんにちは。
まるで洋画に出てくるような建物と室内の様子に魅せられました。素敵ですね~♪  調度品の重厚で格調高いこと!  私も以前神戸の異人館を見学したことがありますが・・・中でも「風見鶏の館」や「うろこの家」など印象深かった記憶があります。
100年前の米国製の時計やバスタブやロッキングチェアーから当時の裕福な暮らしぶりが想像できますね。
2015年10月23日 15:39
ここは四季折々楽しめ
いつ訪ねても素敵です
何度も行っているのに・・・
気が付かない事を教えて頂き
今度はしっかり見て散策します
yoshi
2015年10月23日 15:40
こんにちは。
山手西洋館。この近辺は、昔になりますが、見学したことがあります。相模原にいる頃ですが・・・・
懐かしいたたずまいなど、思い出させて頂き、感謝です。
2015年10月23日 17:06
こんにちは。

めっちゃいい感じなところですね~。
いいですね~。
神戸の異人館みたい。
ハロウィン、もうすぐですね~。
2015年10月23日 17:10
 ハロウィンは我が小さな街まで
すっかり定着しましたが、ただケバケバで
おしゃれな雰囲気は望めません。
室内飾りも屋外も素敵ですね。
先ず建物が違うんだよなぁ。
それに付随してハロウィンの楽しみ方が
全然違うと感じました。
それにしても素晴らしい洋館です。
和の生活様式に馴れさせたという
親心も素晴らしいですね。(^^♪
2015年10月23日 17:24
山手西洋館は横浜市の管理ですか?すばらしいですね!
ブラフ18番館&外交官の家の外観と言い、建物内も素晴らしいですね。西洋館を見に行きたいです!!
yasuhikoさんの目の付け所がステキです!
ハロウィン2015の装飾が西洋館に似合っていますね。ケルト文化の妖精から、ハロウインが感謝祭として始まったのですか?それがアメリカにわたって、日本にきてから20年ですか?現在はおどおどしい賑やかなお祭りになって、年寄りにはあまり馴染めない日本のハロウインです。
二日にわたり、山手西洋館のハロウインのご紹介をありがとうございました。
2015年10月23日 18:14
こんにちは

センスの光る
こうした洋風建築に
当時の人の
心意気を感じますね
2015年10月23日 18:32
大正と云うと、そんなに古くはないでしょうが、
お伽話の世界に出てくるようなお家ですね!
この椅子に座って奥様は何をしていらっしゃった
のでしょう?
久し振りに、南平台聞きました!
その先に社宅があったので、渋谷に行く時
よく歩きました。
2015年10月23日 19:16
ココ、行った事あります。
お庭のバラも綺麗でした。
たしか?11月だったからおおかたは終わっていましたが。 ここの西洋館、すてきですよね~
それをyasuhikoさん視点で見せて戴くと・・
ますます、素晴らしい~~~
思い出しながら見させて戴きました。
惜しげもなく見させて戴けるなんて~
有難い事ですね♪
2015年10月23日 19:21
横浜の山手という素敵な雰囲気と洋館という雰囲気が
まさにハロウィンにぴったりですね。
デコレーションもセンスが良くって
拝見しながらうっとりしています。
やはり洋館には薔薇がぴったりですね。
2015年10月23日 19:39
こんなに素敵なお宅がフリーで入れるなんて、
良いですね。
ハローウィンの飾り付も、こんなに細やかなのは
初めてで、その過程も拝見したいくらいです。
その当時の暮らしをそのまま綺麗に維持されている
ことにもちろん感謝ですが、それらを素敵に
紹介してくださるyasuhikoさんに更に感謝です。
2015年10月23日 19:50
こんばんは。
一度でいいからぁ~ こんな西洋文化の中で生活して見たぁ~ぃ・・・
オイラは襖と障子の家しか知りません
西洋建築でゆったりと暮らしてみたいなぁ~(夢・・
お庭も良いですねぇ~ ・・・ナイス!…☆
2015年10月23日 20:30
山手西洋館の室内のハロウィンかざり、日本それのようにあまりけばけばしくなくていいですね。室内の調度品も外観もとても素敵ですねyasuhikoさんのカメラアイでまた数段アップしていますね。
2015年10月23日 22:06
こんばんは!
山手西洋館のハロウィンの飾りが上品でとても素敵です。
横浜市の管理で無料で中も見学できるなんて良いですね。
ブラフ18番館、外交官の家と外観も室内装飾、調度品も素敵です。こんな家で生活してみたいですね。
2015年10月23日 22:19
HTさん。
山手にある西洋館の中でも、
ブラフ18番館と外交官の家は、
それぞれ庭が広くて、環境に
恵まれている気がします。
いかにも居心地が良さそうで、
こんな家に住みたいと思わせるものが
ありますね。ハロウィンの
飾り付けも、趣のある洋館だからこそ
見映えがするのかも知れません。
2015年10月23日 22:21
yasuhikoさんが細部にわたるまで綺麗に写真に撮ってくださっているので、私もその場にいるような錯覚に陥りそうです。あんまり素敵で見とれてしまいます(*^_^*)
2015年10月23日 22:29
ひろピーさん。
山手の西洋館、室内外とも
本当にきれいに整備されていて、
これで無料は申し訳ない気がします。
庭の花も見応えありますし、
ハロウィンの他、クリスマスや
お月見など、時期に合わせた室内飾りが
楽しめるのも嬉しい点ですね。
2015年10月23日 22:40
まいこさん。
このような洋館がご実家に…。
それはもう「びっくりポン」ですね。
それでしたら、横浜の西洋館の
住人がどのように暮らしていたのか、
イメージが湧くと思います。
時計や家具、バスタブなど、
時代を感じさせるものを前にすると、
明治、大正期のイメージが膨らみますね。
2015年10月23日 22:49
藍上雄さん。
どちらも住む人の事を
よく考えたいい建物だと思います。
特に、緑の鎧戸が印象的な
ブラフ18番館は、このままでいいから、
今すぐ住んでみたいという気に
させてくれる家でした。
(もっとも、実際住んでみると、畳が
恋しくなるのかも知れませんが…。)
ハロウィン飾りも、建物に相応しく、
センスがよくて楽しめますね。
2015年10月23日 22:58
みっちゃんさん。
山手の洋館は、庭も室内も
手入れが行き届き、いつ訪ねても
見応えがあります。室内が
これだけきれいだと、
ハロウィンの飾りも見栄えしますね。
ステンドグラスが、洋館らしい
雰囲気を見事に演出してると思いました。
2015年10月23日 23:06
のろばあさん。
本当に外国の俳優さんが
ふと現れそうな雰囲気がありますね。
家具・調度類は、オリジナルのもの、
横浜の旧家から寄贈されたもの、
当時のデザインで製作されたものなど、
色々交ざっているようですが、
当時の暮らしぶりがよく分るように、
工夫されていると思います。
明治、大正時代に、こんな生活を
していた方もいたかと思うと、
何だか不思議な気もしますね。
2015年10月23日 23:11
ジュンさん。
山手の西洋館は、季節により
室内装飾やテーブルコーディネートを
変化させて、四季折々楽しめる
ように、工夫してるのがいいですね。
度々行けるといいんですが…。
地元の方が羨ましいです。
2015年10月23日 23:22
yoshiさん。
そう言って戴けると嬉しいです。
山手の西洋館は、庭も室内も
手入れがよく行き届いて、
いつ訪ねてもきれいな印象があります。
それでいて、季節ごとに
室内飾りが工夫されてるのは嬉しいですね。
2015年10月23日 23:27
トトパパさん。
横浜山手は、外国人住宅が
建ち並ぶ高級住宅街でしたから、
神戸の異人館とは、印象が近い
ものがあるかも知れません。
きれいに手入れされた洋館には、
ハロウィンの飾り付けが似合いますね。
2015年10月23日 23:36
ミキさん。
同じハロウィンの飾り付けでも、
山手の洋館の室内だと、
圧倒的に見映えがいいですね。
こうした家なら、子供たちがお菓子を
ねだりに来ても、それがとても
よく似合うような気がします。
昔の日本では、滅多にないような
暮しぶりだったでしょうから、
娘さんの将来を考えるというのも、
分かるような気がしますね。
2015年10月23日 23:39
ハロウィンもすっかり日本の年中行事になっちゃいましたね。
それもここ数年だと考えると、世の中の変化って早いですね。
白い壁と緑の対比が美しいですね。
こいうところで写真を撮ると、楽しいでしょうね。
2015年10月23日 23:47
みっきいさん。
山手の西洋館は、いつ訪ねても
家も庭もきれいに整備されていて、
感心する事ばかりです。
これで無料とは、横浜市は何て太っ腹な!
少しばかり募金しようと思っていて、
忘れてしまったのが残念です。
ブラフ18番館、外交官の家、ともに
大変美しい建物で、一度は
こんな家に住んでみたくなりますね。
ハロウィンの飾りも、家がいいと
見映えするなあという印象でした。
2015年10月23日 23:52
無門さん。
横浜市は、寄贈された昔の家具や、
当時のデザインで新たに
製作された家具を室内に置いて、
人々の暮らしが分かるように工夫して
います。住んでいた人の気配が
感じられると、家の魅力が増しますね。
2015年10月23日 23:59
ハッピーさん。
明治、大正期に、こうした家を
目にした日本人は、本当に
びっくりした事でしょう。
外交官の家は、石川町駅のホームから
見えるんですが、目にした瞬間、
思わず声を挙げそうになります。
庭を眺めながら、ロッキングチェアーで
編み物や読書なんていいでしょうね。
2015年10月24日 00:07
nobaraさん。
行かれた事がありましたか。
横浜市が管理している
山手西洋館は、全部で7館ありますが、
その中でも、ブラフ17番館と
外交官の家は、庭も広くて、
特別きれいだという印象があります。
見学は無料ですし、撮影禁止の
部屋も無いし、横浜市は本当に
太っ腹だなあと思います。
募金を忘れちゃったのが残念でした。
2015年10月24日 00:12
あっこちゃん。
山手の洋館は、クリスマスの時期の
デコレーションも見事で…。
それぞれの季節に、室内飾りが
楽しめるのは、本当に嬉しい気がします。
庭でバラが咲くと、洋館らしい
雰囲気がいよいよ増して来ますね。
2015年10月24日 00:24
つばささん。
入場無料で、自由に撮影できるのが、
何より嬉しいですね。
この日も、ハロウィン目当ての
カメラマンが、大勢訪れてました。
建物自体に魅力があると、
室内の飾りも見栄えがします。
山手西洋館は、クリスマス時期の
飾りつけも素晴らしくて、
いつも楽しめるのが嬉しい点です。
2015年10月24日 00:27
デミさん。
本当に今すぐでも、住めそうな
感じですよ。どちらも
住み心地のよさそうな家ですが、
特にブラフ18番館なんか、
明日にでも引越ししたい気がしました。
でも、実際住んでみると、
畳が恋しくなるかも知れませんね。
2015年10月24日 00:31
ポン太さん。
山手西洋館は、庭も室内も、
きれいに手入れが行き届いてます。
室内装飾を手がける方も、
こんなきれいな洋館だと、イメージが
色々湧いて来るんでしょう。
ハロウィンの飾り付けも、センスがよくて、
本当に見応えがありますね。
2015年10月24日 00:36
ekoさん。
どちらも住み心地のよさそうな建物
ですが、特にブラフ18番館は、
今すぐにも引越ししたい
という誘惑に駆られそうな家でした。
家も庭もきれいに手入れされていて、
その当時の暮らしぶりが、
頭に浮んで来るような雰囲気があります。
2015年10月24日 00:40
gumiさん。
有難うございます。
そう言って戴けると、横浜でも
どこでも、又行こうという気になります。
本当に魅力的な建物ですし、
庭も手入れがよくて、こういう所に
来ると、写真の意欲が湧いて来ますね。
2015年10月24日 00:46
家ニスタさん。
ハロウィンが、こんなに
流行するとは思わなかったですね。
私くらいの世代だと、けっこう
抵抗を感じる方も多いようです。
でも、横浜山手の洋館にはこうした
飾りがよく似合って、写真の
被写体としては、とても面白いですね。
2015年10月24日 08:05
山手西洋館はいつ行ってもステキに飾られていますが、秋からXmasにかけてが一番雰囲気がありますね(^^)でも今回のようにご紹介いただかないと、気に留めない箇所もたくさんあるんだと思いました!
和の暮らしは落ち着きますけど、もう正座は何年もしてないし、西洋のスタイルの方がなにかと暮すには楽ですね(^^)v
2015年10月24日 08:06
落ち着いた洋館で行われていた本来のハロウィンはこんな感じだったのでしょう。
いつの間にか日本でハロウィンが始まってましたけれど、本質よりもおまけの方を抽出して広めた企業の凄さに驚いてます。
おそらくクリスマスもそんな感じだったのかとも思うのですが。
厳かに行われるハロウィンの方が佳いと、写真を見ながら思ったのでした。
2015年10月24日 08:08
おはようございます。
またまた素敵な洋館ですね。
外交官の庭園から見上げた風景が、旧古河庭園にも似ているようで興味深く拝見しました。
横浜山手のモダンな暮らしを想像しています。
ハロウィンは流行っているのですか?
お店のディスプレーで見かける程度で、何故か実感がありません。
黄昏龍
2015年10月24日 15:21
こんにちは~
洋館にはハロウインがよく似合う?
やはり欧米で開催されるのがふさわしいですね!
日本では暴力団山口組が毎年ハロウインを
開催しているようですが、今年は抗争のあおり
で中止なのだそうですが、来年は必ず実施する
と高らかに表明なんだとか!

組でキャンディを貰う事を楽しみにしている
子供のためなんだとか??
どんな子供達なんでしょうかね??
日本のハロウインも色々なようで・・・
平和なハロウインの開催であってほしいものです。
2015年10月24日 17:52
pmarinさん。
山手西洋館のクリスマス飾りも
いいですね。夕暮れから
夜にかけて雰囲気があるんですが、
なかなか夜まではいられなくて…。
そこで暮した人の面影を
偲びながら、家の中を見て回るのは
本当に面白いものだと思います。
ハロウィンの飾り付けも素敵でした。
2015年10月24日 18:01
おーちゃんさん。
山手の西洋館を訪ねると、
子供たちがお菓子をねだりに来る
という風景が、何の違和感もなく
自然にイメージできますね。
建物に魅力があるので、室内装飾を
担当された方も、腕のふるい甲斐が
あったんじゃないでしょうか。
洋館にはこうした装飾が似合いますね。
2015年10月24日 18:12
うふふさん。
外交官の家は、イタリア式庭園と
調和して、その絵画的風景が、
建物の魅力を増してるような気がします。
石川町駅のホームからも、
少し見えるんですが、ちらと見ただけでも、
期待感でワクワクして来ますね。
今やハロウィン関係の売り上げは、
ヴァレンタインデーを凌ぐほどだとか。
ちょっと驚いてしまいます。
2015年10月24日 18:22
テーマをギュギュっと絞って
撮られるとyasuhikoさんの独壇場という
感が彷彿としておりますね。
前ページの冒頭のマスカレードを思わせる
仮面(ただならぬ雰囲気ですが)
かと思えばかわいいカップの中の妖精たち

人の気配がそのままに感じられる
(時計の秒針が動き出しそうですが)
洋館のしつらえ
ネコ足バスタブや磨き上げた床に映りこむ光...
本当にお見事ですわ。

2015年10月24日 18:34
黄昏龍さん。
はい、大丈夫ですよ!
横浜山手の西洋館に集う
善男善女たちは、この私も含めて、
平和なハロウィンを愛してますから。
クリスマス行事に関しても、
最初は色々言われたんでしょうね。
でも、西洋文化を吸収して、
天ぷらやカステラ、アンパンにトンカツを
生み出すのは、日本人の創造性であり、
日本文化の大変優れた特徴です。
港町横浜は外国文化の窓口。
やっぱり西洋館にハロウィンは似合いますね。
2015年10月24日 18:48
asakunさん。
有難うございます。
ちょっと照れますが、人の暮らしの
温もりが残っている建物は大好きで、
つい夢中になってしまいました。
山手の西洋館は、撮影に制限が無いので、
色々な角度から写せるのが、
有難いなと思います。ハロウィンの飾りや
家具調度類を撮影していて、
ワクワクするものを感じました。
2015年10月24日 18:51
ハロウィンの飾りつけをしているんですね。
一度行ったことがあっても、
この飾りつけを見に、再訪したくなります。
今ここで暮らすとなるといろいろ不都合なこともあるのかもしれませんが、やっぱり憧れます。こんな家に住みたい!(^^)!
いつも素敵な写真をありがとうございます。
2015年10月24日 19:24
これだけお洒落な西洋館、見学も自由なのですか?
調度品もセンスがあり、見どころいっぱいですね!
それに、ハロウィンにぴったり☆
ロッキングチェアに揺られて、うとうとお昼寝してみたいです~。

さすが、横浜ですね!♪
はるる
2015年10月24日 20:12
一緒に洋館散歩させていただきました。
今月はハロウィンなんですね。
忘れて過ぎてしまいそうでした。
楽しいかぼちゃたち、そして建物、いつもながらすばらしい観察力に驚いています。
バラの花も見ごろですね。
2015年10月24日 22:03
sironさん。
山手西洋館は、クリスマスの
室内装飾がまた素敵なんです。
庭の花や装飾で、季節感を演出して
くれるので、いつ行っても楽しめますね。
素敵過ぎて尻込みしますが、
一生に一度は、こんな家で
暮してみるのもいいかも知れません。
2015年10月24日 22:11
ハーモニーさん。
これだけ手をかけてるのに、
見学が無料なんです。
横浜市、ずい分頑張ってますね。
このロッキングチェアに腰かけて、
外の景色を眺めたら、さぞかし
気分がいい事でしょう。でも、さすがに、
それだけは認めてくれません。
こういう洋館だと、ハロウィンの飾りが
本当によく似合いますね。
2015年10月24日 22:19
はるるさん。
山手西洋館は、クリスマスの時期の
飾り付けが素晴らしいんですが、
ハロウィンの装飾も十分楽しめました。
ブラフ18番館と外交官の家を
訪ねるのは4年ぶりですが、
以前は気付かなかった事もあり、
毎回何かの発見があります。
ただ、4年前と同じ構図の写真があって、
自分でもちょっとびっくりしました。
2015年10月25日 11:16
こんにちは。
山手西洋館、ブラフ18番館共に外観や室内も素晴らしいですね。外国人住宅を拝見することはなかなか機会がありません。横浜市も凄いですね無料とは。
玄関の扉に内田家の家紋を入れることも普通では考えられませんね。
明治村ではこうした建物が見られますがじっくり見ていません。yasuhikoさんのアングルを参考に目線を変えたいと思いました。
2015年10月25日 11:27
今日は
何年か前に、絵具担いで
描いて来ました~
中部素敵なんですね~、
入れば良かったです
2015年10月25日 14:07
こんにちは。
「山手西洋館のハロウィン」前記事と併せて拝見させて頂きました。内部の装飾もその由来、謂れが分かる解説で興味を持って拝見しました。古代キルト人の習慣が遠い東洋の島国まで伝わり広まっている事の面白さ、不思議さを感じますね。そして秋バラと洋館が青空に映え、何とも爽やかな印象を感じました。やはりバラと洋館は相性が良い様です。明治と言う時代に純粋な西洋生活をされた方がいた事にも驚きです。今回も大変参考となる記事をありがとうございました。
2015年10月25日 14:47
こんにちは
山手西洋館、外観の佇まいが廻りの
木々や花達との調和も見事で素晴らしい
ですね。
そして、内部は時代を反映した見事な
造りでステンドグラスなど素晴らしい
ですね。これ等の室内に飾られた
ハロウインは楽しそうです。
2015年10月25日 14:49
こんにちは!
横浜山手西洋館、
手入れが行き届き素敵な場所ですね~♪
テーブルに飾られたハロウィンも家に相応しい感覚で好きです~☆
かなり前に一度行ったきりでしたから、こうしてyasuhikoさんの写真で眺められて、嬉しいです~♪
2015年10月25日 16:06
みなみさん。
本当に横浜市頑張ってると思います。
あちらの建物だと、入口付近に
紋章をデザインする事がありますが、
その代わりの家紋でしょうか。
明治の洋館らしい工夫だと思いました。
明治村は40年前くらいに一度
行ったきり、出かけた事がありません。
その内再訪したいと思ってます。
2015年10月25日 16:12
すーちんさん。
ここで絵を描かれましたか。
そう言えば、この外交官の家の
庭で絵を描いてらっしゃる方を、
よく見かける気がします。
洋館の中も趣があるので、今度はぜひ。
2015年10月25日 16:24
毎日日曜人さん。
ハロウィンの前記事も読んで戴いて、
有難うございます。
今はすっかりイベント化されてますが、
もとは日本のお盆やお月見とも
共通点のある民俗行事だった訳で、
そう思うと、俄然興味が湧いて来ます。
確かに、洋館にバラは似合いますね。
庭の手入れがいいので、
建物外観も含めた環境を丸ごと
楽しめるのが、ここのいい点だと思います。
2015年10月25日 16:45
gokiさん。
庭がいいと、建物は見栄えが
しますね。横浜市は庭だけでなく、
室内もきれいに手入れしてるので、
気分よく見学できます。
木の温もりが感じられる室内。
住み心地もよかったんじゃないでしょうか。
いい時期に行けたと思いました。
2015年10月25日 16:53
komichiさん。
全部で7館ある山手西洋館ですが、
イタリア山にあるこの二棟が、
一番絵になるような気がして、
とても気に入ってます。
庭がいいと、建物も引き立ちますね。
ハロウィンの飾り付けをした方も、
こんなきれいな洋館内だと、イメージが
膨らんだんじゃないでしょうか。
2015年10月25日 17:23
全てが美しく調和がとれていますねー!
ステンドグラスやドアノブ、バスタブの猫足!
ここまで美しいと絵になりますね。
2015年10月25日 17:43
今晩は。
素敵な西洋館ですね! ハロウインの飾りつけが似合いますね。
中に入ってロッキングチェアーに座って見たくなりました。
玄関扉の家紋、こんな風に取り入れてあるのに驚きました。
2015年10月25日 17:59
お洒落な洋館にはお洒落な空間が備わるものなんですね。住まわれた人の愛情が伝わってくる美の館であり美の空間ですね。年月を経て維持費もかかるのに無料で撮影も自由とは頭が下がりますね。
にゃーちゃん
2015年10月25日 19:36
こんばんは(*^o^*)
先の記事ではハロウィン用にテーブルの上も可愛くセットされてるんですね(≧∇≦)テーブルクロスもオレンジ色♪
建物だけでなく 中の家具まで当時のものを再現したのですね。
細かい細工は本当にオシャレですね。
将来を考えて娘さんは和室で生活。
よく考えてますね。
激励コメントありがとうございましたm(_ _)m
これからも すぐにバタバタすると思いますが また聞いて下さいませ。宜しくお願いいたします。
2015年10月25日 19:45
山手西洋館はハロウィンの時にもおしゃれな飾りつけがなされるのですね。私は何度かクリスマスシーズンに訪れたことがあります。
それにしても、バラと西洋館を合わせて眺めるのは魅力的です。今もいい季節だと思います。
yasuhikoさんらしい、建築や内装のエピソードも大変興味深いです。
2015年10月25日 20:57
イッシーさん。
イタリア山の西洋館は、
洋館という言葉から連想する
全ての要素を、完璧に
備えてるんじゃないかと思います。
カメラマンの皆さん、ハロウィン飾りに
集中してたので、それ以外の部屋は
割と空いてて助かりました。
2015年10月25日 21:04
ロシアンブルーさん。
ロッキングチェア、座れると
いいんですけどね。撮るのは
自由でも、触れるのはNGなんです。
家紋を洋風デザインにする
工夫が面白いですね。
どこを見ても美しい洋館で、
こういう所で暮すと、どんな気持ちに
なるのか、試してみたい気がしました。
2015年10月25日 21:14
龍さん。
明治や大正の昔に、こうした
洋館を見た日本人は、西洋の文化に
強い憧れを抱いたでしょうね。
明治時代に、純西洋式の生活を営んだ
日本人がいた事にも驚かされます。
こうした建物を、無料で公開して
くれる横浜市は太っ腹だと思いました。
2015年10月25日 21:30
にゃーちゃんさん。
昔の西洋館では、横浜元町で
製作された、地元の横浜家具が、
使われていたそうですが、
大半は失われてしまったので、
横浜に今も辛うじて残っていた家具や、
新しく復元制作した横浜家具で
補っているようです。
こうした格調高いテーブルの上だと、
ハロウィンの飾り付けも、
一段と見栄えする気がしますね。
また、いつでも伺わせてもらいますよ。
2015年10月25日 21:44
ミクミティさん。
山手西洋館のクリスマス飾りも
素敵ですね。どの季節でも
楽しめるのは、本当に有難いと思います。
バラの株数は少なかったんですが、
美しい洋館との組み合わせで、
とても魅力的に見えますね。
3回目の訪問でも、けっこう
見落とした点があるなあと感じました。
2015年10月25日 21:57
山手の西洋館ではクリスマス・コーディネイトを良く見に出かけますが、ハロウィーンの飾りつけも良いものですね。
各館でいろんな催し物をされていますので、いつ行っても楽しめて良いですね。
2015年10月25日 22:02
すてきですね~~。ハロウィン飾りを西洋館でやっているのですか!6月に初めて行って素敵なところだなと思っていました。クリスマスころ行きたいなぁと思っていましたが、今の時期はハロウィンで楽しめるのですね。いいですね~~。行ってみたいですね。
2015年10月25日 22:45
やまびこさん。
クリスマスの頃の山手西洋館は、
本当に素敵なんですが、
ハロウィン飾りもなかなかのもの。
これだけきれいな洋館だと、
飾り付けを担当される方も、
アイディアが豊富に湧き出て来て、
楽しいんじゃないかと思います。
いつでも楽しめるところがいいですね。
2015年10月25日 22:54
かるきちさん。
6月の記事、よく覚えてますよ。
山手西洋館は、クリスマスの時期の
飾り付けが素敵なんですが、
ハロウィンの頃も負けていません。
センスのいい室内装飾を、
横浜の古い西洋館で楽しめると、
何だか幸せな気分になって来ます。
2015年10月26日 09:23
こんにちは。
ハロウィンのお祭りは日本でも定着して色々なイベントが各地で行われる様になりましたね。面白い異文化でも受け入れるのは日本の懐の深さだと思います。

前日にご紹介されていた、グラスに入った小さい白い妖精や棚に飾られているとんがり帽子の魔女たちは、可愛くてユーモラスですね。

古代ケルト人の祭りがルーツと書かれてあり、日本の面白い妖怪たちを思い浮かべます。
2015年10月26日 11:18
こんにちは。
目に入るもの全てが素晴らしすぎてため息がでそうです。
純粋な西洋生活を望みながらも玄関扉に内田家の家紋を施してあるところに内田定槌の日本人としてのアイデンティティのようなものを感じますし、また、「洋」のデザインの中に違和感なく家紋を配したその取り入れ方も素晴らしいです。
猫足のバスタブからあがられたご夫人はどんな香水を纏われたのかしらと妄想がどんどん一人歩きしてしまいました(笑)
娘さんを和館で生活させられた親としての配慮も素晴らしいですね。

ハロウィンの発祥地はアメリカだとばかり思っていました。
ケルト文化といえば妖精であることも初めて知りました。
2つ賢くなれました(笑)
ありがとうございました。
2015年10月26日 15:35
華の熟年さん。
今は仮装大会のように思われてる
ハロウィンですが、調べてみると、
キリスト教伝来以前の
ケルト人のお祭りに起源があるそうで、
日本のお盆やお月見の風習とも
共通点を持つ民俗的な行事のようです。
仰るように、海の向こうの文化を、
アレンジしながら受け入れるのは、
日本の得意技と言えますね。
小さな妖精たちが主役の室内装飾。
とてもお洒落だし、それでいて、
ケルト文化との繋がりも感じさせて、
気が利いてると思いました。
2015年10月26日 15:47
テンプルさん。
家というのは、使われなくなると、
すぐ荒廃するものですが、
山手西洋館は、大変手入れがよく、
明治、大正の昔に、この家で
実際に暮した方たちの生活の様子を
思い起こさせるよう配慮されてます。
内田家の家紋。言われなければ
全く気付かないほど、洋館にうまく
溶け込んでますね。住んでる方、
設計した方のセンスを感じさせます。
今すぐ引越してでも住みたいと
思わせるほどの魅力的な洋館でした。
日本のハロウィンは、いよいよ
仮装大会のようになって来ましたが、
その起源を知ると、親しみが湧きますね。
2015年10月26日 16:38
こんにちは~♪
洋館に薔薇ってモダンで良い雰囲気を
出していますね。
大分前に行っていますが、yasuhikoさんの
写真が余りにも美しい映像でうっとりします。
しかし、細かい所(ストッパー・ドアノブ・
ロウソク立て・猫足のバスタブ)
どれにも気づかなくて(;O;)
素晴らしいの一言です(*^_^*)
2015年10月26日 23:09
美しい建物ですね。
家紋をあしらった玄関扉、ステンドグラス、そしてストッパーやドアノブのデザインまで、本当にうっとりです。建物の魅力、yasuhikoさんにきちんと表現してもらえて、建物も喜んでいると思います♪
洋館を訪れると、いつもyasuhikoさんならどう切り取られるのだろうと思いながら見てしまいます。
それにしても、横浜市の管理は素晴らしいですネ。おまけに無料で入れて写真もOK、
ゴージャスです~♪
2015年10月26日 23:43
パステルさん。
有難うございます。
私もここを訪ねるのは3回目で、
これまで見落としていた
細部の面白さに色々気が付きました。
「洋館の楽しみは細部にあり」
などと言われますが、それもこれも、
建物自体に魅力があればこそですね。
庭の手入れも大変よくて、
バラの花がこうした洋館の魅力を、
一段と引き立ててるように見えました。
2015年10月26日 23:55
WESTさん。
山手西洋館は7館あるんですが、
この2館は特に細部が面白くて、
意欲をかき立てられます。
3回目の訪問なので、
これまでと違う何かを見つけたいと、
前回は見逃していた場所を
中心に探してみました。
それにしても、これだけの建物を
無料で公開し、ハロウィンの飾り付けで
楽しませてくれるなんて、
横浜市には本当に感謝したいと思います。
2015年10月27日 21:50
ご無沙汰しております。
世の中ハロウィンハロウィン、ちょっと下品なデコレーションを多く見かける中、変わらずオシャレなお写真の数々に癒されました^^☆
猫脚家具っていいですよね。うちの母もやたらこだわって揃えていたっけ。なんだか懐かしい気持ちにもなりました。
2015年10月28日 00:20
じゅんころさん。
お久しぶりです。嬉しいです。
同じハロウィン飾りでも、
山手の西洋館を舞台にすると、ずい分
お洒落なものになる気がしました。
猫足のバスタブ、明治時代なのに、
ちょっと驚いてしまいますね。
こういうのも凝って集め出したら、
きっと面白いんだろうなあと思います。
おっちょこタカナ
2015年10月28日 22:36
今晩は、一連の横浜の洋館を見ていると、神戸の北野異人館を歩いている気持ちになります。いずれも坂が有り、近代日本の歩みを象徴する町並みですね。私もずいぶん前、山下公園辺りを歩きました。中華街も。懐かしいです。
2015年10月28日 23:37
おっちょこタカナさん。
同じ港町同士。港を中心に
街が発達して来た事、坂の上に
外国人住宅がある点など、
横浜と神戸には共通点が多く見られます。
そう言えば、大きな港町特有の
中華街がある点でも同じですね。

この記事へのトラックバック