枝垂れ桜巡り(六義園&旧古河庭園)

河津桜から始まった今年の「桜巡礼」。今回は、ソメイヨシノより

少しだけ早く咲く枝垂れ桜です。都内で一番有名な枝垂れ桜と

いえば、六義園をおいて他に無いでしょう。という訳で、旧古河

庭園の桜と併せて、お花見して来ました。


画像

画像

   六義園の枝垂れ桜は高さ15m、幅20m。樹齢

   約70年の戦後生まれですが、桜の名木として、

   今やその人気は東京で1、2を争うほどです。


画像
画像

画像

   少し早起きしたものの、やはり混雑していて…。

   どうしても「上を向いて写そう♪」になりますね。


画像

画像
画像

   枝垂れ桜は「エドヒガン(江戸彼岸)」の変種。

   淡い色の花が、まるでの流れのようでした。


画像

画像

   周囲を歩いてると、目の前に人がいない瞬間が

   ふと訪れます。イス取りゲームしてる感じですね。


画像
画像

   続いて園内一周。六義園は、江戸の大名庭園

   代表格。和歌の心を写した池泉回遊式庭園です。

   (左:滝の石組。右:小さな石の蓬莱島。)

   

画像

       園内にはもう一本大きな枝垂れ桜が…。

       こちらも、高さ13mある見事な木でした。


画像
画像

画像

   瑞々しい楓の若葉、はんなり枝垂れ桜。

     *     *     *

   六義園を造営したのは、五代将軍綱吉の側近、

   柳沢吉保です。和歌の教養が深かった吉保は、

   この庭の見所を、和歌の名所に見立てました。


画像

   歌の世界に入ったような渡月橋


画像

      吹上の松。樹齢300年といわれる松の老木で、

      紀州「吹上の浜」の松林に見立てられています。

      (対岸に白く見えるのはコブシの大木。)  


画像

画像

   池を一周し、再び枝垂桜の所に戻って来ました。

   名残りを惜しみつつ、次の目的地に向かいます。


          【旧古河庭園にて】


画像

       六義園から徒歩で15分ほどの所にある

       旧古河庭園。ここも枝垂れ桜満開でした。


画像

画像

   J.コンドル設計のお洒落な洋館(大正6年)と桜。

   昔は古河財閥3代目当主、虎之助の自邸でした。


画像

       和洋二つの庭園が楽しめるこのお邸。

       日本庭園の方は、京都の有名な庭師、

       植治(7代目小川治兵衛)の作です。


画像

画像

   テラス式洋風庭園では、その内バラとサツキが

   見頃を迎える事でしょう。旧古河庭園の場合は、

   桜よりもバラの季節の方が人気がありますね。




この記事へのコメント

2019年04月04日 04:59
 六義園の枝垂桜をご覧になりましたか。名園には名櫻ということで、満開時には.com(どっと混む)人気スポットですよねえ。僕は、いつも園の近くを素通りするばかりで、まだ1度も行ったことがないのです。それでもじっと粘っていると、ひとの途切れる瞬間が来るというのは、ありがたいですし、お天気も良く、櫻の淡い色が映えますね。
 古河庭園にもお出かけされましたか。こちらでも枝垂桜がお出迎えということで2度お花見が出来ましたね。
 バラの最盛期にはやはり此処も混むのでしょうね。
2019年04月04日 06:11
おはようございます。
見事な枝垂桜ですね。
>イス取りゲームしてる感じですね
如何に人を避けて撮るかは頭を悩ませます、しばし待っていると気づいてどいてくれる人が居る時はなんと優しい~と嬉しくなってしまいます。
>桜よりもバラの季節の方が人気がありますね
洋風庭園はやはりバラが似合う?その季節の庭へ訪れるのも楽しみですね。。。
2019年04月04日 07:11
おはようございます。
枝垂桜、綺麗ですね。ここは本当に
有名ですね。桜のない時期に娘に連れて
行ってもらった事があります。今度はこの
時期に行きたいですね
でも一年半くらい前に行ったので庭園とか
まだ記憶に残っていて懐かしかったです。
確かに古河庭園のバラはとても綺麗ですね。
2019年04月04日 07:29
おはようございます!

枝垂れ桜、本当に見事ですねぇ。

ちゃんと支えをつけて、手入れを怠らないからこそ、この風景が今年も見られるのでしょうね。

自然を生かす人の知恵と努力も素晴らしいなと感じました。

新しいものばかりではなく、歴史ある良いものを後世に残すのも大事な仕事。
こうしてご紹介していただくことで、多くの人がその価値を認識できたら、良い方向に向かいそうですね。
2019年04月04日 07:57
六義園の枝垂桜を見にいったことあります。
取材のTVクルーなどもいて大混雑でした。
ヤハリ、ココのは格別ですね。
yasuhikoさんの手になると、さらに魅力が。
満月橋の辺りの佇まいがいいですね~
仄かに、桜花の気配が感じられます。
こんな瞬間があったのですね。素晴らしい♪

旧古川庭園には出かけた事がないですが、
薔薇が咲き乱れるのイメージですが。
ココの枝垂れ桜も雰囲気がいいですね。
機会を作っていきたいと思います。

2019年04月04日 08:28
おはようー"(^o^)"ーございます。
綺麗な枝垂桜に魅了してしまいます。画像からもその美しさが表れているようです。
それにしても、今回の花冷えと言うか寒の戻りにはこまったものでした。外にも出る気持ちがなかったです。最近は歩かないものですから、体の調子も下降気味です。
今日からは少し温かくなるとの予報です。郵便局まで、歩いて行って見たいと思います。
すみません、自分の事ばっかりになってしまいました。
2019年04月04日 08:34

おはようございます~♪
素晴らしい枝垂桜ですこと。
日本庭園にも洋風建築にも
素敵にマッチしますね。
一幅の絵を見るようなお写真に見惚れます。
2019年04月04日 10:00
都内で一番有名な 枝垂れ桜なんですね。
本当に 美しいです。
戦後生まれですから 活力にあふれている
ので この先 多くの人々を楽しませて
くれますね。
吹上の松 のお写真。一幅の掛け軸を
見ているようで 私は 大好きです。
2019年04月04日 11:02
樹齢の長い枝垂れ桜は 風情があり
見ごたえがありますね。
今年も見事に咲いてくれてありがとう、
そう思わずにはおれませんね。
どちらの日本庭園も、もしお花の無い
時期でも十分に楽しめますね。
今年の桜巡礼、まだ続きがありそうです。
楽しみにしています。
2019年04月04日 11:53
こんいちわ。
六義園のシダレザクラは見事ですね。
私も見に行きましたが、薄曇りの日であったため桜の写真
は全然ダメでした。
シダレザクラを撮るのは難しいですね。高さも広がりもあり、一番撮りにくいのは人の多さ、結局上を向いて撮ろう
となりますよね。
旧古河庭園も近いので両方行かれますね。
2019年04月04日 12:31
 枝垂れ桜は見事ですね。色も濃くなく白くなくで上品です。六義園、小さな滝が有ったり石の橋が架けられていたリで、造られた野趣には、共感を覚えます。良い景色に成っていますね。
 洋館と桜は、戦前のロマンみたいなものを感じます。
2019年04月04日 13:45
こんにちは。

見事な枝垂れ桜ですね。
綺麗ですね。
大阪もソメイヨシノが満開に近くなってきました。
この週末が見頃になりそうです。
2019年04月04日 16:09
六義園の枝垂れ桜へは撮影会で行きましたが、
夜はライトアップして綺麗ですね!
物凄い混雑ですが、
朝早くだとそんなに混雑もなく
良かったですね。
渡月橋を渡る人々、映り込みを上手く撮れてますね。
旧古川庭園はバラの時期に良く行きましたが、
この時期も又良いですね~
2019年04月04日 16:17
六義園の枝垂れ桜きれいですねぇ。
名声はこちら関西のテレビでも耳にしました。
映像はなかったので残念に思っていたところ、yasuhikoさんのブログで拝見でき、嬉しかったです。
六義園にはうん十年前に行ったことがありますが、時期が外れていたので、桜のことは記憶にありません。渡月橋あたりのイメージが残っています。
もっともそのころの枝垂桜は若かったので、今の様に立派ではなかったのでしょうね。
旧古河庭園のサツキやバラが楽しみですね。
2019年04月04日 16:37
こんにちは!
六義園に枝垂れ桜はほんとに見事で綺麗ですね。混雑するのも当然ですね。椅子取りゲームのよう、まさにその通りで、人がいなくなった瞬間に撮る、よ~く分かります。
旧古川庭園の枝垂れ桜も素敵ですね。お洒落な洋館にもよく似合います。バラやサツキの季節も楽しみですね。
2019年04月04日 17:03
こんにちは。
東京で一番人気の枝垂れ桜は六義園なのですね。
その1番人気をこうして しっかりと拝見させていただきとっても感動しております。
人がいなくなる瞬間を撮るの大変でしたね。
旧古河庭園にもしだれ桜があるのですね。
洋館と桜 貴重な写真ですね。
2019年04月04日 17:06
さすが東京 次から次へと 名所が現れますね。
見事な庭園ですね。
私は こぶしの花が好き。
広いお庭に 植えられて居るのが 素敵です。
2019年04月04日 17:41

こんにちは!
立派な枝垂れ桜ですね。
こちら近辺では、これほど大きな枝垂れ桜は見ることが出来ません
見応えがあり、いや~~素晴らしいです。
六義園には行ったことがないので、早速ネットチェックしてみました
枝垂れ桜も素晴らしいですが、古品種のツツジが約30種1,000株も植えられているそうですね
一度は是非行ってみたい公園です。
いつも有難うございます。
2019年04月04日 18:28
絵になる枝垂桜で、文句のつけようがないです。
それを絵になるように撮影されています。
最後に洋館と和風庭園も取り入れて、
お見事!
アングルと構図をしっかり考えているので、ここを訪れる方が撮影するときの手本になると思います。
yasuhikoさんが得意とする分野ですね。
2019年04月04日 19:36
普通の桜でも華やかなのに、しだれていると、なお豪華ですね。どうしても上に花がありますから、上向きになります。庭園もどこを見ても美しいですね。松の木ごしにコブシの花は、いい風景ですね。
2019年04月04日 20:08
ああ、本当に素晴らしい景色ですね。
日本庭園にも洋館にも、桜があると美しさが増しますね。桜は自分も相手も引き立てるなと思いました。
それにしても、本当に美しいですね。
春のこの始まりの季節、日本にいることで味わえる幸せですね。
2019年04月04日 20:48
こんばんは。
六義園の枝垂れ桜は樹齢何百年かしらと思えるほど堂々とした佇まいですね。枝があちらこちらに伸びているので支え棒が沢山ありますね。ソメイヨシノより少し濃いピンク色が美しいです。古河庭園の日本庭園はやはり京都の有名なお庭を彷彿とさせますね。居ながらにしてお花見楽しめました^^。
2019年04月04日 20:50
六義園へは行ったことあります。
桜の時期ではなかったのですが。
枝垂れ桜の豪華さに見とれました。
庭園が一層華やかになりますね。
旧古河庭園はバラの季節に行きました。
同じ桜でも雰囲気で表情が変わるんですね。
アングルが素晴らしいです。
2019年04月04日 21:41
なおさんへ。
混雑を恐れて、これまで
桜の季節に六義園を訪ねた事は
なかったんですが、開園後すぐなら
何とかなるんじゃないかと思って、
頑張って少し早出してみました。
帰る頃は入口に行列が出来てましたから、
良い判断だったんじゃないかと思います。
それにしても見事な枝垂れ桜。
いい桜に出合った幸福感を感じますね。
旧古河庭園の方は空いてましたが、
洋館と枝垂れ桜という、異色の
組合わせが楽しめたのでよかったです。
2019年04月04日 21:42
六義園の枝垂れ桜🌸
本当に見事ですねぇ~~!!
庭園や 建物も素晴らしいですね~❢
いつもの事ながら・・・
yasuhikoさんの📷の腕前が
素晴らしいから 一層ですね✨
2019年04月04日 21:50
きょんたんさん。
とにかく人が多くて、桜の木の
全体像を写すのはまず無理なんですが、
それでも粘っていると、たまに
ある程度隙間の見つかる瞬間があるので、
そんな時間帯を見逃さないように、
シャッターを押すようにしました。
旧古河庭園は、いつもはバラの季節に
訪れてたんですが、桜の季節は
空いてるので、けっこう穴場だと思います。
2019年04月04日 21:52
見事な枝垂れ桜の数々。
繊細な枝に咲く桜なのにどれもとても迫力を感じます。
柳沢吉保・・・初めて歴史的この人物に出会ったのは
大河ドラマで石坂浩二が柳沢吉保を演じた時でした。
(因みにずっと石坂浩二のファンでしたので)
六義園がたぶんそのころ、行ったと思いますがしばらくはご無沙汰の名園です。
2019年04月04日 21:58
ゴンマックさん。
六義園を訪れるのは40年振り
くらいの事でした。お花見時の混雑を
噂に聞いていたので、なかなか
足が向かなかったんです。
でも、今回は平日の朝早い時間帯を
狙ったので、どうにか撮影も出来て
ほっとしています。やっぱり、ここの
枝垂れ桜にはそれだけの魅力がありますね。
旧古河庭園の方は、拍子抜けするくらい
訪問客が少なくて、洋館と桜という
ちょっと珍しい組合わせを楽しめました。
2019年04月04日 22:04
kojiさん。
六義園の枝垂れ桜、樹齢70年
とは思えない古木の風格がありますね。
日頃手入れされる方の苦労は
並大抵ではないと思われますが、
江戸の大名庭園の趣をよく残す
由緒あるこの庭園に、新しい魅力を
加えてくれる貴重な存在だと思います。
これからもこの庭園のよさをアピールする
シンボルであってほしいと思いました。
2019年04月04日 22:14
nobaraさん。
観に行かれてましたか。
混雑の噂を耳にして、私はこれまで
避けて来たんですが、今回ばかりは
覚悟を決めて、早い時間帯に
行って来ました。さすが人を集める
だけの魅力が、この桜にはありますね。
少し無理して出かけてよかったと思います。
広い庭園なので、絵になるスポットが
数多く、渡月橋あたりの風景には
心惹かれるものがありました。
紅葉の季節はもっといいかも知れません。
旧古河庭園の桜は、ちょっとした穴場ですね。
2019年04月04日 22:22
Tomiyoshiさん。
ここ数日の朝晩の冷え込みは、
身体に堪えますね。どうぞ、お身体
お大事になさって下さい。
その分、桜の開花期間が延びて、長く
お花見が楽しめるのは有難いんですが…。
噂に聞く六義園の枝垂れ桜、
さすがとしか言いようのない見事な
ものでした。今回頑張って早めに
家を出たのは正解だったみたいです。
2019年04月04日 22:27
ベティーちゃんへ。
有難うございます。仰るように、
日本庭園にも洋風庭園にも似合うのが、
桜の花の良さだと思います。特に
枝垂れ桜の優しく上品な風情は、
観る人の心を捉えて離さないような
大きな魅力に溢れていますね。
2019年04月04日 22:34
フラバーバさん。
樹齢70年という事は、今が一番
桜としてもいい頃なんじゃないでしょうか。
さすが人気の高い六義園の枝垂れ桜、
見事な咲きっぷりに目を奪われるようでした。
吹上の松、お褒め戴き有難うございます。
向こう岸のコブシをどうしても入れたくて、
松の枝の隙間を利用してみました。
2019年04月04日 22:40
つばささん。
のびやかに枝を伸ばした桜の木は、
魅力がいっぱいですが、それが
枝垂れ桜だったりすると、また特別に
上品な味わいが生まれるように思えます。
六義園の枝垂れ桜、本当に見事で、
すっかり心を奪われてしまいました。
今年の桜巡礼、ソメイヨシノと
山桜がまだですね。そこは
やっぱり外せないような気もしますね。
2019年04月04日 22:46
ロシアンブルーさん。
そうでしたか。私は平日の
割と早い時間帯を狙ったんですが、
それでも引いた写真はほとんど
無理というくらい、人は多かったです。
お天気には恵まれたので、基本的に
上を向いて写そう…という写真
ばかりになってしまいました。
その点、歩いて行ける旧古河庭園は
人が少なくて助かります。ここは
ちょっとした桜の穴場かも知れません。
2019年04月04日 22:53
藍上雄さん。
六義園の枝垂れ桜、評判通り
見事なものでした。仰るように、
色彩が上品で、淡い桜色の滝の流れを
観ているような気分になります。
和歌の心を写す庭園の景色も、
心惹かれるスポットがいっぱいですね。
枝垂れ桜は洋館にも似合います。
旧古河庭園では、「桜の園」という言葉が
自然に心の中に浮んで来ました。
2019年04月04日 22:57
トトパパさん。
今まで人混みが恐ろしくて、
避けていたんですが、さすが評判の
六義園の枝垂れ桜、今回覚悟して
出かけただけの甲斐がありました。
これだけ見事な桜を目の前にすると、
ただ無言で見惚れてしまいますね。
2019年04月04日 23:04
ロコさん。
この日も大勢のカメラマンが
詰めかけてました。でも、
平日の早い時間帯を狙ったのは
良かったと思います。夜桜のライト
アップに心惹かれるものがありますが、
混雑を避けるのにどうすればいいのか…。
その他も六義園は魅力がいっぱい。
渡月橋の辺りも趣があっていいですね。
旧古河庭園は、この時期人が少なくて、
ちょっとした穴場かと思いました。
2019年04月04日 23:13
すずりん♪さん。
関西のTVで取り上げられるほど、
六義園の枝垂れ桜は全国区なんですね。
やはり、それだけの魅力を秘めた
見事な桜だと思いました。今回
少し頑張って早起きしてよかったです。
渡月橋の辺り、覚えてらっしゃいましたか。
大名庭園の面影をよく残す六義園、
桜以外にも見所はたくさんありますね。
バラ以外の季節に旧古河庭園を
訪ねるのは初めてでしたが、人の少ない
枝垂れ桜の季節もなかなかだと思います。
2019年04月04日 23:20
ekoさん。
混雑情報が耳に入ってたので、
これまではずっと避けて来たんですが、
今回は覚悟を決めて出かけました。
さすが評判の高い六義園の枝垂れ桜、
その魅力は圧倒的なものがありますね。
おまけ程度の気持ちで出かけた旧古河庭園、
こちらの枝垂れ桜もなかなかのものです。
桜というのは不思議なもので、
古い洋館ともうまくマッチするから、
その魅力は計り知れません。
2019年04月04日 23:55
 都内で一番の有名な枝垂れ桜を見せていた
だき感激です。花が満開でいい時でしたね。
>目の前に人がいない瞬間がふと訪れます。
むかし仮免で走っている時に、指導員から
「車の途切れる時が必ずあるので待つように」
と教わったことを思い出しました。
六義園はツバキの頃一度訪れました。
 憧れの旧古賀庭園、まだ出かけたことがない
のですがこの建物はバラの花と一緒に写真で
よく見ますのですぐわかりました。
是非バラの季節にと思いますが、枝垂桜が
咲いて、お庭も素晴らしいですね。(^^♪
2019年04月05日 00:18
高さ15m、幅20mの枝垂れ桜ですか!
スゴイ枝垂れ桜があるんですね!

少し早起きしても混雑…
そりゃー、これだけの名木やったら、人が集まりますね。
インスタ映えするし。(^^ゞ
で、「上を向いて写そう」
とっても、納得です。(^^)
でも、この枝垂れの下から見上げたら、桜の花弁が天から降り注いでくるって感じでしょうね。
高さもにも圧倒されますが、幅20mに渡っての枝垂れ桜なんて、今まで、見た事が無いです。

旧古河庭園のお洒落な洋館、イイですね。
洋館でありながら落ち着いた趣があって…
ここにバラ庭園があるんですか。
この洋館にバラ園はお似合いやなぁ。(^^)
2019年04月05日 01:29
睡魔に襲われたら寝ないといけません
眠いときを通り越すと寝れなくなりますから

桜巡り素敵ですね
見事な枝垂れ桜にうっとりします

桜って不思議です
ウキウキと嬉しくなったり、哀愁を感じたり。。。
様々な思い出が甦ってきたりしますね

私も寝ようと思います(笑)

2019年04月05日 07:14
おはようございます。
滝のような、枝垂れ桜の表現がピッタリでしゅねっ
圧倒されましゅ
東京の桜はやっぱぁ~すご~ぃでしゅ
オイラッチの田舎にはこんな枝垂れ桜はありません
目の保養をさせていただきましたぁ~
ナイス!…☆
2019年04月05日 07:32
見事なサクラですよね。
そんなに混雑してなさそうでいいですね。
以前ライトアップに行ったことがあったのですが。入る前から長蛇の列でした。旧古河庭園にもサクラのいいのが有ったんですね。バラの時期しか行ったことはないのですが、日本庭園と洋館は違う世界で面白かった記憶があります。
2019年04月05日 11:04
にゃーちゃんへ。
平日の早い時間帯を狙ったんですが、
それでもかなり混みあってました。
帰りがけには入口に行列が出来てたので、
いい時間に行けたとは思いますが…。
この枝垂れ桜には、やはり、それだけの
魔力というか、人を惹きつける
魅力がありますね。一方で、旧古河庭園は
空いていて、のんびりお花見するには
いいと思います。洋館と枝垂れ桜の
組合せ、なかなか面白いものがありますね。
2019年04月05日 11:11
ハイジママさん。
六義園は空襲にもほとんど合わず、
江戸期の大名庭園の面影を今に伝える
貴重な存在です。枝垂れ桜は
六義園シンボルとして、庭園の魅力を
広くアピールしてるようでした。
そう、ここはコブシも素晴らしいんですよ。
日本庭園にコブシは似合いますね。

2019年04月05日 11:28
詩誠さん。
本当に立派な枝垂れ桜ですね。
日当りもよく、環境に恵まれて、
思い切り枝を伸ばしてる気がしました。
平日の早い時間帯に出かけたので、
噂ほどの混雑では無くてよかったです。
そう、六義園はツツジの庭園としても
大変有名ですね。江戸の大名庭園の面影を
よく残してる貴重な庭園ですので、
機会があったら、ぜひお訪ねてみて下さい。
2019年04月05日 11:34
アルクノさん。
有難うございます。
六義園の枝垂れ桜は、今まで
気になりながらも、混雑情報に怯えて
避けて来ました。でも、今回覚悟を
決めて出かけたのは、本当に
良かったと思います。さすが、評判に
なるだけあって、淡い桜色の花が
滝のように見える姿は素晴らしいですね。
旧古河庭園の洋館とコラボした
枝垂れ桜も、いい味を出してると思いました。
2019年04月05日 11:42
はるるさん。
本当に立派な枝垂れ桜。
一本だけでも、桜並木のような
ボリューム感が感じられました。
早い時間帯だったので、それほどの
混雑はまだ見られませんでしたが、
人を入れずに写すのは難しいですね。
六義園は、この季節コブシの花もきれいで、
老松との組み合わせが魅力的です。
2019年04月05日 11:50
Muniさん。
枝垂れ桜というのは、本当に
日本庭園にも洋風庭園にも、
場所を選ばず、調和した姿を
見せてくれるから不思議ですね。
洋館ともよく釣り合う気がしました。
枝垂れ桜巡りをして、この日は、
心が優しく穏やかになった気がします。
2019年04月05日 11:56
のろばあさんへ。
六義園の枝垂れ桜は、日当たりにも
恵まれ、これ以上無いくらいの
いい環境で大切にされたため、
本当にのびのびと枝を張ってます。
淡い桜色の滝が流れ落ちるような眺めは、
この庭園ならではのものでしょう。
旧古河庭園は、洋風庭園と日本庭園と、
全く異なる二つの立派な庭園を
持っているところが魅力的ですね。
2019年04月05日 12:02
みなみさん。
六義園にいらしてたんですね。
花の時期で無くても、この枝垂れ桜は
立派な姿に見えるだろうと思います。
今回は桜の花の一番いい時期に
巡り合えて、幸せな気持ちになりました。
旧古河庭園の方は、この時期、
人が少ないんですね。そのお蔭で、
洋館と枝垂れ桜というちょっと珍しい
組合わせを楽しむ事が出来ました。
2019年04月05日 12:09
♪のこ♪さん。
これだけ立派な枝垂れ桜、
その一番いい時期に巡り合う事は
なかなか無い事なので、今回は
ちょっと幸せな気持ちに包まれました。
日本庭園だけでなく、旧古河庭園の
洋館にもよく似合って、素敵な景色を
見せてくれるのが、枝垂桜の持つ
不思議な魅力というものですね。
2019年04月05日 12:19
あっこちゃんへ。
枝垂れ桜のはんなりした色彩、
滝の流れのように見える枝ぶり、
どれも魅力尽きないものがありますね。
そうでしたか。石坂ファンという事は、
柳沢吉保ファン。という事なら、
吉保が心を籠めて造営した六義園は、
見逃せない場所になりますね。
そのシンボル的存在の枝垂れ桜、
今回初めて目に出来て大満足でした。
2019年04月05日 14:24
ミキさん。
六義園を訪ねたのは、40年ほど
前の事です。桜の季節の混雑を避けて、
長らくご無沙汰してしまいました。
今回は覚悟して早出しただけに、
満開の枝垂れ桜に対面出来て、今は
幸せな気持ちでいっぱいです。
大勢の人が詰めかけているのに、
ふと人波が途切れる時もあるんですね。
旧古河庭園の枝垂れ桜は、比べると
華やかさに欠けますが、洋館との
組合わせがいい味を出してました。
ここはバラの季節がメインになりますね。
2019年04月05日 14:36
yoppy702さん。
六義園の枝垂れ桜は、周りに
何も無く、日当たり抜群、環境は最高で、
大切にされて来たんだと思います。
枝ぶりはのびやかそのもの、
淡い桜色の花が、滝の流れのように
咲き誇る姿を見せてくれました。
人が多くて撮影し難いものの、
花の優しさに包み込まれるような
幸福感も感じさせてくれますね。
旧古河庭園の枝垂れ桜は、比べると
地味な印象ですが、洋館との
取り合わせに妙味が感じられました。
ここは何と言ってもバラでしょう。
人出も多くなりますが、洋館前の
バラ園の景色は見事なものですよ。
2019年04月05日 14:50
とまるさん。
「さまざまのこと思ひ出だす桜かな」
…かの芭蕉翁も句に詠んだように、
美しい桜を目の前にすると、
遠い過去の記憶がふと蘇るようで、
懐かしい気分にさせられますね。
六義園の枝垂れ桜は、評判通りの
見事な姿で、淡い桜色に包み込まれる
幸せを感じさせてくれました。
2019年04月05日 14:57
デミさん。
東京でも、これだけの枝垂れ桜は
なかなかお目にかかれません。
人混みが苦手な私も、今回ばかりは
覚悟を決めて出かけました。
朝から見学客は多かったものの、
淡い桜色が滝の流れのように見える
景色は、何ものにも代えがたいですね。
2019年04月05日 15:05
イッシーさん。
平日の開園して間もない頃を
狙いました。人は多かったものの、
ちょうど満開の時期に、このくらいの
人数で済んだのは、有難かったかも
知れません。帰りがけに見ると、
入口にかなりの行列が出来てましたから、
偶の早起きもいいもんだと思いました。
旧古河庭園の枝垂れ桜も、なかなか
いいんですが、日当たりの条件が
悪くて、見映えしないのが難点ですね。
2019年04月05日 15:51
いつもここに行ってみたいといいながら
今年も行けませんでした。
六義園の枝垂れ桜は素敵ですね。
淡い色の花がまるで滝の流れ・・・
素敵な表現ですね。
今年も行けなかったけど、こちらで
見させていただいて嬉しいです。
広いですね。
みごたえがあります。
どちらの庭園も、素晴らしいですね。
2019年04月05日 19:10
こんにちは

ここへ行けば
短歌が読めるかもしれないね
もし機会があれば
いつか行ってみたいです
2019年04月05日 21:03
あこさん。
六義園の枝垂れ桜は、私も毎年
気にしていながら、混雑するという
情報に怯えて、何となく避けてました。
今年は覚悟を決めて出かけましたが、
平日の割と早い時間帯を狙ったのは
良かったと思います。それでも、
お花見客は多いですが、のびのびと
枝を伸ばした枝垂れ桜の優雅な姿が
楽しめたのは何よりでした。
機会があったら、一度ぜひお出かけ下さい。
2019年04月05日 21:26
無門さん。
本当にそうですね。六義園は
戦災にも合わず、江戸の大名庭園の
面影を今に伝える貴重な庭園です。
この場所に身を置くと、なぜか詩心を
刺激されるような気がしますね。
よかったら、ぜひ一度訪ねてみて下さい。
2019年04月05日 22:06
六義園の枝垂れ桜、やはり見事ですね。紅葉の季節もそうですが、桜の季節も相当混雑しますね。旧古河庭園も日本庭園の方に桜があるのですね。バラの季節にしか行ったことなくて。桜もいいですね。
2019年04月05日 22:39
上を向いて写そう♪・・・いいですね。
淡い色の枝垂れ桜、綺麗です。下から見上げれば、ピンク色の雨がはらはらと落ちてくる感じでしょうか
どちらの庭園もいつか必ず・・・訪ねてみたいです。
2019年04月05日 23:07
こちらは人気な場所ですから、朝から大勢の写真家(趣味の?)がきていますよね。あまり画像に人を写さないように気を使います。あまり映り込んでいないようですが、腕?
朝一番?良く撮れていますね。
2019年04月05日 23:23
かるきちさん。
六義園の枝垂れ桜、今まで
混雑を恐れて避けて来ましたが、
実際に訪ねると、やっぱり
立派な姿に感心してしまいます。
旧古河庭園は、私もバラの季節以外
訪ねた事が無かったんですが、
枝垂れ桜の木の下に潜り込んで、
洋館を撮影するのも面白いと思いました。
2019年04月05日 23:32
クリムさん。
人が多いのは仕方ない事なので、
後はもうこちらの工夫次第。
「見上げてごらん、枝垂れ桜を。」
の精神で、写真を撮りまくりました。
ピンク色の雨…確かにそんな感じですね。
どちらもとても魅力的な庭園です。
折を見て、ぜひ訪ねてみて下さい。
2019年04月05日 23:41
温さん。
平日の割と早い時間帯を狙いました。
それでも、かなりの人出でしたが、
ちょうど満開だった事を思えば、
恵まれた方だったかと思います。
後はもう粘りかな。まだもう少しと
粘っていると、急に人が人が少なく
なる瞬間も訪れるようです。
2019年04月06日 10:59
今回は気持ち玉が間に合いました~

以前にも見せて頂いたとは思うのですが、場所を忘れてどこにあるのかな、と調べたら、文京区なのですね。
住んでいた所からからは少し離れていたので、行ったことがありませんでした。
こんな美しいなら見たかった、と思いました。
次の旧古川庭園も同じ駒込駅なのですね。
洋館がとても素敵ですね。
ジュン
2019年04月06日 11:21
見事な枝垂桜
美しいお写真を拝見して
混雑は避けられないと。
1度は訪れたい場所場所です
2019年04月06日 12:17
まいこさん。
六義園と旧古河庭園とは、
JR駒込駅を挟んで、ちょうど反対側、
徒歩15分くらいの距離にあります。
今回はどちらも枝垂れ桜が見頃
という事で、両方をはしごで観て来ました。
この季節、桜が本当にきれいですね。
旧古河庭園はバラの季節も素敵です。
もし機会があったら、ぜひお出かけ下さい。
2019年04月06日 12:20
ジュンさん。
ちょうど満開の頃でした。
これだけきれいだと、どうしても
人が集まりますね。早い時間帯で、
割と恵まれた方だと思います。
よかったら、ぜひ一度お出かけ下さい。
2019年04月06日 14:42
こんにちは♩

見事な枝垂れ桜ですね。
枝ぶりからも手入れが行き届いているのではと思わせます。
松越しの白いコブシも綺麗で、いっぱい春を感じました。
2019年04月06日 15:55
こんにちは。
綺麗なピンク色で枝垂れ桜風景、風情がいいですね!
東京各地の綺麗な満開風景をテレビニュースで観ました。
我が団地の公園傍にもコブシの木があり、遠くから見ても目立ちますね!
2019年04月06日 17:39
ヌサドゥアさん。
六義園の枝垂れ桜は、日当たり
抜群の環境に恵まれ、のびのびと
四方に枝を伸ばしています。
シンボル的存在として大切に育てられた
特別な木という事が分かるようでした。
園内はコブシの花も見頃で、松越しに
観る白い花も風情がありますね。
2019年04月06日 17:52
みっちゃんへ。
東京でも特別人気の高い枝垂れ桜
という事が、よく分かる立派な姿ですね。
この日はちょうど満開、桜色の雨が
降り注ぐような迫力がありました。
コブシの花は街角でも目立ちますが、
六義園の場合は、池を一周する間に、
どこからでも見えましたよ。
2019年04月06日 20:02
こんばんは。
見事な桜ですね。
タイミングも丁度のようで混雑もわかります。

確か六義園と旧古河庭園は近かったですね。
記憶があるので桜はどの辺かなと想像していました。

山形はもう少し先のようです。
2019年04月06日 21:05
シダレサクラも年代物で、見応え十分ですね。
吹き上げの松、これも素敵なスタイルです。
樹齢300年ですか・・・。連綿と続いていて、これからも、長く続いてほしいもですね。
2019年04月06日 22:30
tamiさん。
六義園の枝垂れ桜、ちょうど見頃でした。
早い時間帯から混んでましたが、
この時期、これぐらいの混雑で済めば、
まあ、恵まれた方かも知れません。
旧古河公園は、JR駒場駅を挟んで、
15分くらいの所です。こちらも
意外な枝垂れ桜の穴場でした。
2019年04月06日 22:37
yoshiさん。
樹齢は70年程ですが、
堂々たる貫禄で、滝が流れ落ちる
ような姿に圧倒される思いでした。
吹上の松も絵になりますね。
遠くに見えるコブシの木と併せて、
いいモデルになってくれました。
2019年04月06日 22:44
六義園と旧古河庭園、やはりセットで訪れたくなりますね。両方ともJR駒込駅から近いですからね。この辺りはソメイヨシノの故郷ですね。
私も何度か訪れましたが、六義園の枝垂れ桜のちょうど満開時に行けると本当に嬉しく感じました。夜もいいですよ。
旧古河公園の枝垂れ桜もいい感じですね。
2019年04月06日 23:00
こんばんは
見事な枝垂桜ですねー
ソメイよりも少し早く咲き
始めるんですね
人を入れない様に撮るの大変ですね
目黒川も撮影で少し止まると動いて
と言われるそうです^^
2019年04月06日 23:17
ミクミティさん。
歩いて15分くらいですね。
どちらも枝垂れ桜満開という情報が
あったので、せっかくならと
掛け持ちしてみる事にしました。
私は初めてでしたが、ちょうど見頃の
時期に行けたので、大いに満足しました。
桜の花は、日本庭園ばかりでなく、
洋館ともマッチするから不思議ですね。
2019年04月06日 23:21
すーちんさん。
さすが東京で1、2の人気
というだけあって、実に立派な
枝垂れ桜でした。ソメイヨシノよりも
数日早く見頃を迎えるようです。
覚悟はしてましたが、人が多いと
撮影には気を遣いますね。
2019年04月07日 00:32
こんばんは!
六義園の枝垂れ桜、一度は行ってみたいと思っていますが…人出が多そうで、なかなか行けずにいます。
こうしてyasuhikoさんの写真で眺められて幸せです~☆
2019年04月07日 08:14
おはようございます。
庭園には桜が似合いますね。
まさに、この時期でなければ撮れないナイスショット
お天気も、ぴったり。
2019年04月07日 10:56
こんにちは。
六義園の枝垂れ桜は綺麗に見事に咲いていますね。満開の桜の季節で大勢のお花見客で賑わっていると思います。庭園内にある池と石の蓬莱島・渡月橋などは日本庭園の素晴らしい景色ですね。
2019年04月07日 11:01
六義園の枝垂桜は樹齢70年なんですか、そのようなことは感じさせない堂々とした姿ですねえ^^
時代劇では悪役の代表のように語られる人物ですが、実際には教養豊かだったのでしょう。古今和歌集の和歌の六体に準えた主題にした庭園美を造り上げるのは、幕政のかじ取りと並行する力量は並の人物ではありませんねえ。。
特に渡月橋と湖は引き込まれる情感です。
今書いている中で兼六園に触れているんですが、志の強さの差を感じてしまいます。。逃避からの探求と絶頂の差でもあるんでしょうか
洋館のバラが待ち遠しいですねえ^^といっても、すぐに季節が来そうですが。。
2019年04月07日 11:42
komichiさん。
人混みは苦手な方なので、
これまでずっと避けて来たんですが、
今回は覚悟して出かけました。
平日の早い時間帯だったので、その点、
何とかなったように思います。
立派な枝垂れ桜に見惚れてしまいますね。
2019年04月07日 11:48
行き当たりばったりさん。。
日本庭園にも、洋風庭園にも
似合うのが、桜のいいところですね。
お花見にはちょうどぴったりの
うららかな気候に恵まれて、
この日は、枝垂れ桜も気分よく
微笑んでいるように見えました。
2019年04月07日 11:57
華の熟年さん。
評判の枝垂れ桜、ちょうど
一番咲き誇ってる時期にお花見出来て、
何か幸せな気持ちになりました。
人出は多いのですが、まだそれほどでも
無い内でよかったと思います。
六義園は、和歌の心を写すというだけ
あって、趣のある見所が沢山ありますね。
2019年04月07日 12:09
つとつとさん。
六義園の枝垂れ桜は、戦後生まれと
思えない、古木のような貫禄を
感じさせてくれますね。
淡い桜色の滝のように見える姿は、
なかなかの迫力だと思います。
生類憐みの令の不人気もあって、
将軍綱吉の評判があまり良くない上に、
その綱吉に寵愛された柳沢吉保は、
時代劇ではいい役にはなりませんね。
でも、この六義園を散歩していると、
彼が教養に溢れた人物だった事が
よく分かります。歴史というものは、
一面的に評価できるものじゃありません。
渡月橋の辺りは風情がありますね。
2019年04月07日 16:30
見事な枝垂れ桜
うっとりしちゃいます
桜の名所はどこも人が多いですね
仕方のないことですけど
洋館 素敵ですね
バラの季節にはまた混雑しそうですね
2019年04月07日 16:59
ルーシーママさん。
本当に見事な枝垂れ桜。さすが
人気が高いだけの事はありますね。
ちょうど一番の見頃の時期に、
お花見ができて幸せでした。
旧古河庭園の洋館もいい雰囲気でしょう。
バラで華やぐ季節が楽しみです。
2019年04月07日 22:06
「花の命は短いもの」ですね。
この前見たら、もう葉ザクラになってました。
でも、咲いている期間が短いゆえに、日本人の心をとらえるのでしょうか。
カメラ好きとしては、泣かされる花ですね。
通常の露出で撮ると暗くなるので、ハイキーで撮るのですが、こんどはピンクの色味が出ず、白っぽくなってしまいます。
yasuhikoさんはきれいに写されてますね。
ぜひ極意をうかがいたいものです。
2019年04月08日 14:24
こんにちは!
今年は桜の花持ちがよくゆっくりと楽しむことができて
嬉しいですよね♪
我々(失礼)私の生活リズムに合わせてくれたようです!
昨晩あたりから花吹雪も舞い始めましたね!
2019年04月08日 17:33
家ニスタさん。
今日の雨が、花散らしの雨に
なりましたね。でも、今年は桜の
花持ちが良く、ずい分長く楽しめました。
六義園の枝垂れ桜も、満開情報を
目にしてから出かけたんですが、
見頃の状態をキープしてくれてたようです。
特に難しい事は考えずに写してますが、
露出の±補正は、モニターで確かめながら
小まめに変えるようにしています。
2019年04月08日 17:47
sasapandaさん。
本当に、今年は長く桜が楽しめて
よかったですね。今朝は雨でしたが、
お昼に出かけた時も、まだ名残りの花が
見られてよかったです。六義園の
枝垂れ桜も、満開情報を目にしてから
出かけた訳ですけど、見頃の状態が
続いていて、きれいな姿を楽しめました。
2019年04月09日 16:40
六義園の枝垂れ桜、今年こそはと計画していたのに「明日ヒマ?」なんてメールが息子から届き今年も見られませんでした(>_<)
とても美しいお写真を拝見して来年こそ自分の目で見るぞ!と思いを新たにしました。
古河庭園のバラも素敵ですが、バラの花メインだと神代植物公園に行ってしまいます。
2019年04月09日 21:37
うずらさん。
六義園でお花見という予定が
おありだったんですね。実現しない
ままで終ったのは残念でしたが、
その分、ぜひ来年お出かけ下さい。
平日の早い時間帯だったら、並ばずに
園内に入れます。夜桜見物は、
どうしても行列になるみたいですね。
旧古河庭園のバラが人気なのは、
建物の魅力も含めての事でしょう。
2019年04月09日 22:24
以前、やはり桜の時期でしたか六義園と旧古河庭園に行ってきました。良いところだったと記憶に残ってます。
2019年04月09日 23:38
にかさん。
同じコースを歩かれたんですか。
六義園と旧古河庭園は、歩いて
15分くらいの距離。桜の季節に
せっかくここまで来たら、
どちらも見学したくなりますね。

この記事へのトラックバック