開港160周年の横浜の街へ

6月2日は横浜の《開港記念日》。その記念日前日に、横浜

の街歩きを楽しみました。今年開港160周年を迎える横浜。

記念日にふさわしく、訪ねたのは横浜開港資料館、横浜税関

など、港町の歴史を物語る建物です。


画像

       まず初め、横浜海岸教会(昭和8/1933)を

       遠目に眺めて。この教会、明治5(1872)年

       設立の日本最初のプロテスタント教会とか。

          

画像

画像

   日本大通りの花壇で、百合の花が咲いてました。

   資料館も税関も、訪ねる所はみなこの近所です。


       【Ⅰ横浜開港資料館(旧館)】


画像

画像
画像

   旧館はその昔の「英国総領事館」(昭和6/1931)。

   設計は英国工務省で、資材も英国から取り寄せた

   「純英国」建築です。手前のライオンの口は…


画像

       横浜水道(明治18~20)創設時に、英国から

       数多く輸入された「獅子頭共同栓」(複製)です。

         *      *      *      

       当時、家庭用水道はまだ普及せず、道路脇の

       共同栓が利用されてたとか。が出てびっくり。


画像

画像
画像

   開国を約した『日米和親条約』が結ばれたのは、このすぐ

   近く。中庭の玉楠(たまくす)の木は、その歴史の証人です。

       *      *      *

   ペリーの随行員が描いた絵画にも登場するこの木。関東

   大震災やその他、二度の大火事に遭うものの、その度に

   根から芽を出し、再生を果たしたというから凄い!


画像

画像

   昔の総領事執務室が、特別公開されてました。

   この英国王室紋章は玄関に飾られていたとか。
   

画像

画像

     幕末維新の日本で大活躍した英国の外交官、及び通訳、

     アーネスト・サトウのトランク。「TOKYO」でなく、

     「YEDO]とあるところなど、時代を感じさせます。


           【Ⅱ横浜三塔の眺め】


画像

        優美なクイーンの塔(横浜税関)。


画像
画像

   左:キングの塔(県庁)。右:ジャックの塔(開港記念会館)。

       *       *       *

   横浜入港の目印となる三つの塔の愛称は、昭和初め頃、

   港を訪れていた外国人船員から始まったと言われます。


   【Ⅲ横浜税関の庁舎公開日】


画像

   2日間公開される税関7階テラスから、奥の大桟橋

   手前の「象の鼻」が見渡せます。「象の鼻」は横浜

   開港後、最初に造られた防波堤(波止場)でした。


画像

   赤レンガ倉庫2号館(明治44/1911)。この倉庫は、

   国により税関の関連施設として建設されたものです。 


画像

       横浜開港と同時に始まる税関の歴史。

       当初の名称は「神奈川運上所」だとか


画像
画像

   昭和9(1934)年完成のこの建物。出入口や

   階段に、昭和モダンの香りを残してるようです。


画像
画像

   県庁はお休みなので、遠目にの姿だけ。


   【Ⅳ横浜開港記念会館のステンドグラス】


画像

画像

   ジャックの塔、横浜開港記念会館(大正6/1917)。

   貴賓室階段のペリー来航を描くステンドグラスは…


画像

       関東大震災で失われた原作に忠実に、

       昭和2(1927)年再現されたもの。


   【Ⅴ喫茶室『ペリーの庭で』】


画像

   再び、開港資料館に戻って来てランチ休憩です。

      *      *      *      

   喫茶室『オー・ジャルダン・ドゥ・ペリー(ペリーの

   庭で)』は、その昔、領事館の守衛室だった建物。

   横浜開港160年の歴史を偲ぶ食事に、ちょうど

   ぴったりでした。その後の話はまた次回に…。



この記事へのコメント

2019年06月06日 00:18
こんばんは。

開港160周年の横浜へ、ようこそ♪
5/3のザ・パレードよこはまは快晴に恵まれ
華やいだようでした。
(昼過ぎから雨になることが多いので/苦笑)

三塔のご紹介どうもありがとうございます。
ハマっ子の私も知らなかった部分を
教えていただきうれしく思います。
2019年06月06日 00:48
こんばんは。
横浜ですね、私もこの辺りを歩きましたが
こんな綺麗なお写真は撮れませんでした。
県庁が素敵でびっくりしました。
160年歴史がありますね。素敵な街ですね
2019年06月06日 02:07
今回は横浜港周辺の街歩きなんですね
赤レンガ倉庫には行ったけど時間的に周辺の散策は出来ませんでした

キングにクイーンにジャックですか
素敵な建物たちですねぇ♪
英国建築は素敵
大英博物館の入口の横にも石のライオンの何かがありました
これ欲しいなぁって思いました(笑)

横浜にもまた行けたらいいなぁ
ペリー来航のステンドグラスも素敵ですね
見てみたいです
2019年06月06日 04:28
 相互乗り入れで川越から横浜は乗り換えなしで行けるようになり、利便性はかなり高まったのですが、まだ電車で川越から行ったことはないのです。
 今年で開港160年ですか。歴史の積み重ねが町並みにも感じられますよね。
 あちこち素晴らしい建物があり、見て歩くのも興味深いことでしょう。
 街あり海あり、森もあり、横浜も1日では見尽くせませんね。
2019年06月06日 05:25
おはようございます。
みなとみらいにお客さんがいたので、かなり通ったところでしゅがぁ~
知らないところが多いでしゅねっ
開発あがどんどん進む横浜・・・
巨大化する中で、良いものがちゃんと残してあるというのは素晴らしいでしゅねっ
なんだか・・・赤レンガが段々小さく見えてきてる・・
開港の街・・・横浜はやはり素晴らしいでしゅねっ
後半期待…ナイス!…☆
2019年06月06日 06:04
横浜いいですよね~。
内部に入れるところもあるんですね。
古くても作りのいいものはいつまでも残してほしいですね。
2019年06月06日 06:14
おはようー"(^o^)"ーございます。
一時の横濱歴史探訪を私も楽しませていただきました。
♪あかいくつ はいてた おんなのこ いーじんさんつーれらて・・・・・♪
そんなメロディが聞こえてきそうです。
2019年06月06日 07:13
おはようございます。
開港160周年。
最初はもう必死だったんだろうなぁ。。
なんて思いました。
歴史って凄いし好きです。
オルガンがとってもいい!
綺麗に残してあるから嬉しいです。
建物もしっかりしていて、今までの保存のご苦労もうかがえる気がします。
で、ランチのお写真は???(^_^;)フフフ

今日も素敵にお過ごしくださいね。
2019年06月06日 07:27
おはようございます!

日本最初のプロテスタント教会ですか?
そしてペリー。
大国大英帝国と新興国米国の両方を見据えながら、外交をしていた当時の日本を想像してしまいました。

キング、クイーンにジャック、そのネーミングからしてかっこいいですね!
2019年06月06日 08:29
YOKOHAMAってお洒落で異国情緒たっぷりの街
そして何より、英国色に溢れてると思ってました。
YEDO?って、なんか~カッコいい~~です。
TOKYOより、いいかも((((^Q^)/
横浜三塔、これだけ見たら、外国ですよね。
縦長のお写真がより魅力的です。
喫茶室『オー・ジャルダン・ドゥ・ペリー(ペリーの庭で)』
こんなところでお茶するのは女子の憧れです。
今回も夢心地で見させて頂きましたァーー
2019年06月06日 09:02
こんにちわ~
開港160周年ですか。
三つの塔は素晴らしいですね
赤レンガ倉庫はTVでよく催し物の
時など映されますね
ステキな喫茶室でお食事は
憧れますね
2019年06月06日 09:45
こんにちは。

開港160周年ですか。
横浜街歩き、いいですね。
横浜はやっぱりオサレな街ですね。
ステンドグラス、めっちゃ綺麗です。
2019年06月06日 10:06
横浜には、随分前になりますが
東京在住の友人と訪ねたことが有ります。
港や中華街そしてショッピングでしたから
今回の建物は多分、見てなかったでしょう。
開港記念館の外観は、何となく大阪の
中央公会堂に似ていると思います。
建物探訪は何となく落ち着くので好きです。
県庁も随分古そうですが モダンです。
2019年06月06日 12:36
 明治元年から151年なので、それよりも前から、外国からの玄関として役割を果たして来ていたわけですね。TOKYIOでなくYEDOと言うのも、今まで重要な港であった証とも言えますね。
 日本のエントランスにふさわしく、立派で見ごたえのある建物多いですね。
2019年06月06日 13:47
全ての街の空気や建物が歴史の生き証人みたいなものですね。
そんな建物をきちんと修復しながらでも美しく生き返らせて、ちゃんと日常として生きている。
なんて素晴らしい事なのでしょう!!
いつ行っても向かい入れてくれる横浜の街。
皆さんが憧れる所以ですね。
2019年06月06日 14:48
貴賓室階段の
ペリー来航を描くステンドグラス
横浜らしくて 素敵ですねぇ~✨
赤レンガ倉庫は 私も6年前に
赤い靴号の マイクロバスだったかな?
行って 中で食事したり
お買い物した思い出があります❢
2019年06月06日 14:56
小枝さん。
私が出かけた日も、何か
イベントをやってたようですが、
それはパスして、私の好きな建物を
幾つか廻ってみました。
こうした近代の歴史的建造物が
港周辺にコンパクトにまとまっていて、
美しい街並みを形成してるのが、
何と言っても、横浜の一番の魅力ですね。
2019年06月06日 15:07
ゴンマックさん。
有難うございます。
大好きな横浜の街並み、そう言って
戴けると、とても励みになります。
県庁の塔は下から見上げた場合、
なかなか絵になり難いんですけど、
今回は税関の7階テラスから
真横に写す事が出来たのがよかった
かも知れません。歴史ある建物が、
港周辺にかたまっていて、景観に
統一性があるのも、横浜の魅力ですね。
2019年06月06日 15:20
とまるさん。
キングにクイーンにジャック。
そう言われてみると、それらしい冠を
被った姿に見えて来るから不思議ですね。
外国人船員のネーミングセンスにも
感心しますが、その愛称が広く
一般にも浸透するのは、さすが国際的な
港町、横浜ならではの事と思いました。
旧英国領事館の建物、素敵でしょう。
イギリスというと、獅子頭の
デザインが多くなるみたいですね。
開港記念会館には、このステンドグラスの
他に、開港当時の日本の渡し船など、
昔の交通事情を物語るステンドグラスも
再現されてます。ぜひ、見学に来て下さい。
2019年06月06日 15:26
なおさんへ。
そう、横浜と川越が一本に
結ばれて、ずい分便利な時代に
なりましたね。私が帰りに乗った
みなとみらい線も、確か西武球場行き
だったような気がします。
横浜は、近代の歴史的建造物が、
港を中心にコンパクトにまとまっていて、
見学しやすいのが特徴です。機会が
あったら、今度ぜひお出かけ下さい。
2019年06月06日 15:37
デミさん。
横浜の街の景観を代表する
キング、クイーン、ジャックの塔。
そうした近代の歴史的な建造物が、
ほとんど港を中心とする地区に
固まっていて、まとめて見学できるのが
横浜の有難いところです。やはり、
港中心に発展して来た街なんだと、
視覚的に教わったような気がしました。
みなとみらい地区の開発…過去も未来も、
横浜は港あっての街なんですね。
2019年06月06日 15:44
イッシーさん。
横浜の近代建築、いつでも
自由に見学できる所が多いんです。
他に期間限定で公開する所もあって…。
今回は普段非公開の横浜税関や、
資料館の総領事執務室が見学できる
と聞いて、出かけてみる気になりました。
古い建物を使い続けてるのは嬉しいですね。
2019年06月06日 16:28
こんにちは。
横浜開港160周年ですか。長い歴史を感じます。
横浜海岸教会の建物とお花がとても素敵な一枚ですね♪
日本大通の一種類に統一されたユリ達が上品です。
英国総領事館も本国から取り寄せた建築資材で建てられたと聞くとその当時は国力が相当違っていたことがうかがえますね。ライオンの水道栓にも時代を感じます。

昔の総領事執務室にある英国王室紋章はさすが豪華ですね。通訳のトランクに書かれた「江戸」は私達がめったの目にすることはないですから貴重ですね。
それに横浜三塔のそれぞれの愛称がユニークで楽しいです。横浜開港記念会館のステンドグラスも精緻で豪華ですね^^。お洒落な場所でのランチさぞ美味しかったのではないかしらと想像逞しくしています。
2019年06月06日 17:13
Tomiyoshiさん。
そうですね。『赤い靴』には、
「横浜の波止場から船に乗って~♪」
という一節がありましたね。
山下公園には、この歌をイメージした
少女像も置かれてたと思います。
今ではそんな時代もあったのかという
感じですが、更に大震災や敗戦の
辛い経験をも乗り越え、発展して来た
訳ですから、感慨深いものがありますね。
2019年06月06日 17:34
wingaさん。
公開中の旧領事執務室に置かれてる
クラシックなオルガンは、「西川オルガン」
だそうです。西川オルガンといえば、
日本で最初に国産オルガンを製造した所。
後に日本楽器に買収され、それが
更に、今のヤマハに繋がって行きます。
楽器一つにも、近代化の先頭を走った
港町横浜の歴史が感じられますね。
具体的な建物や「モノ」を通して知る
歴史というのは、貴重だと思います。
ランチの写真ですか。それは、
いつでもお腹優先ですから。お腹に
余裕が無い時は無理でしょう。
2019年06月06日 17:41
kojiさん。
この辺りを散歩してると、
「〇〇発祥の地」「日本最初の」という
石碑・案内板を、数多く目にします。
やって来る外国船員のために、教会は
どうしても必要だったんでしょう。
港町横浜を通して、外国の文化が
日本に浸透して行く様子が偲ばれます。
塔の呼び方一つとってもハイカラですね。
2019年06月06日 17:57
nobaraさん。
一言で言って、横浜はハイカラ。
外に開かれた国際的な街だと思います。
何せ、開港以前は、人口の少ない
寂しい漁村だった訳ですから、
この160年の歴史は、日本の近代化の
歴史そのもの、驚くべき奇跡の発展を
遂げた街なんですね。旅行トランクに
「YEDO」と書かれてあるのも、
横浜開港の時代の匂いを残すようで、
想像力がかき立てられる気がしました。
横浜三塔など、港町を象徴する
近代建築も魅力がいっぱいです。
ランチの喫茶室、元は英国領事館の
守衛所だったというのが面白いですね。
2019年06月06日 18:03
トトパパさん。
開港以来の歴史を感じさせる
場所を訪ねて、横浜の街をぶらりと
散歩してみました。パパさんは、
確かステンドグラスが御趣味でしたよね。
それでしたら、開港記念会館の
作品は気に入って戴けると思います。
機会があったら、ぜひ見学して下さい。
2019年06月06日 18:14
minaさん。
ごめんなさい。順番が逆になりました。
たかが160年、されど160年です。
港を中心に発展した横浜の街。
横浜三塔を始め、歴史を感じさせる
建物が、港周辺に固まっているので、
訪ね歩き易いのは有難い点です。
旧英国領事館の守衛所が、食事の
出来るカフェになってるのも素敵ですね。
2019年06月06日 18:24
つばささん。
そうなんです。開港記念会館は、
大正期の貴重な公会堂建築として、
大阪の中之島公会堂と並び称される
存在です。「辰野式フリークラシック」
といって、日本近代建築界のドン、
辰野金吾が得意にした、赤レンガに
白い花崗岩をストライプにして交ぜる
スタイルも共通してますね。
横浜160年の歴史を偲びながら、
こうした歴史的建築を訪ね歩くのは、
本当に楽しい事だと思います。
2019年06月06日 18:33
藍上雄さん
ペリーの黒船がやって来て、
日本中が引っくり返るような大騒ぎ。
その結果としての横浜開港ですから、
「YEDO」の文字がある
旅行トランクは、そうした幕末の
混乱の歴史を見て来た事になりますね。
仰るように、税関の建物を始め、
横浜の建物はみんな、国際性という
点を大事にしたものになってると思います。
2019年06月06日 19:43
横浜はいいところが多いです。
ユリも季節できれい、香りが伝わってきそうです。
建物も横浜はすてきです。
そしてステンドグラスのはっと驚くような美しさです。
船の画、いいですね。
2019年06月06日 20:40
あっこちゃんへ。
そうですね。何も手を加えないと、
古い建物は傷んで行くばかり。
貴重な歴史遺産だからこそ、
修理、補修の作業は欠かせませんね。
クイーンの塔の横浜税関は、昨年
一年ほどかけて、大々的な外壁工事を
行ってます。そうして蘇った姿を
見学できるのはとても嬉しい事でした。
横浜三塔を始め、港横浜の発展を支えた
建物が大切にされ、今も街の景観を
彩ってるのは何よりだと思います。
2019年06月06日 20:47
♪のこ♪さん。
赤レンガ倉庫に行かれましたか。
今は商業施設、イベント空間として
利用されてる建物ですが、
何と言っても、日本の貿易を支えた
陰の功労者。港町横浜の繁栄を
象徴するような存在だと思います。
横浜は、港を中心に、こうした
歴史遺産が固まって存在するので、
街歩きの楽しい街ですね。
開港記念会館のステンドグラス、
本当に息をのむほど美しいですよ。
2019年06月06日 20:58
のろばあさんへ。
今回は海岸教会から始めましたが、
横浜には「日本初の…」「…発祥地」
などの枕詞の付く場所が多くて、
西洋文化の窓口だったこの街の
性格を物語ってるように思われました。
旧英国領事館の建物も、日本の中に
ある外国という雰囲気を、今でも
漂わせてるような気がします。
ペリーが見た玉楠の木、旅行トランクに
残された「YEDO」の文字、
幕末の歴史を感じさせる遺物というのは、
探せば残ってるもんなんですね。
旧領事館の守衛所が、今はカフェに
なってるのも、横浜らしいと思いました。
2019年06月06日 21:07
はるるさん。
横浜は、街を花で飾ろうという
取り組みに積極的なので、
日本大通りの花壇も見応えありました。
百合の花が季節を感じさせていいですね。
仰るように、港町の歴史を感じさせる
建物が数多く残っているのも、
横浜の魅力です。開港記念会館の
ステンドグラスは、私も大好きで
本当に素晴らしいなと思います。
2019年06月06日 21:47
こんばんは~
横浜には降りたことがない私
ですが、素敵な街ですね。
玉楠の木のお話、感動です。
塔のネーミングも良いですね。
歴史の事がぎっしり詰まった場所
素晴らしい歩いてみたくなります。
いつもありがとうございます。
2019年06月06日 22:13
つむぎさん。
横浜は、港を中心に、歴史的な
近代建築が固まって、素敵な街並みを
形成しています。昔の面影を
探し求めながら街歩きをするには、
ちょうどいい場所じゃないでしょうか。
ペリーも見たという玉楠の木、
何度も火事に遭いながら再生して、
昔と同じ姿を見せてくれているのは、
素晴らしい事だと思いますね。
2019年06月06日 22:30
キング、クイーン、ジャック・・・、僕も見たことあります。
それぞれ個性的な建物で、面白いですね。
各家庭に水道はなく、共同栓を使っていたんですか・・・。
ライオンの口が、なんとなくポンペイ遺跡で見た水道を思い出させました。
2019年06月06日 23:15
こんばんは!
横浜は東京への通り道でも行ったことがありません。皆さんのブログで紹介して頂いて素敵な所だとは思っています。
開港160周年なんですね。キング、クイーン、ジャックのネーミングが面白くてそれぞれが個性的な建物で素敵です。ジャックの塔のペリー来航を描くステンドグラスも素敵ですね。
横浜の知らない場所のご紹介有難うございます。是非元気なうちに一度行ってみたいと思っています。
2019年06月07日 00:00
家ニスタさん。
こういうレトロな建造物が、
街のランドマークになってるのは
いいですよね。外国船員の付けた愛称が、
そのまま市民の呼び方になって
定着してるというのも、さすが国際的な
横浜らしいところだと思います。
水道事業の黎明期には、工事費が
高額過ぎて、なかなか庶民の家では
手が出せなかったみたいで…。
それまでの共同井戸のような感覚で、
共同栓の利用から始まったんですね。
2019年06月07日 00:03
 横浜と言うと港や山下公園、外人墓地、
あぁ何も知らなくて恥ずかしくなります。
開港160年ですか、凄いですね。
さすがに建てられた時代に生まれて
いませんものね。(笑)
 横浜三塔ですか、県庁が素晴らしいです。
国外へと開かれた港町ですから、新しい
時代への気概があって大切に守ってきた
のでしょうか。歴史を感じます。
ステンドグラスのペリー来航の帆船、
遠くに富士山が見えて素晴らしい迫力です。
              (^^♪
2019年06月07日 00:06
ekoさん。
横浜は僅か160年の歴史ですが、
その発展ぶりが、歴史的建造物という
目に見える形で残されてるのが、
魅力的な点だと思います。
そうした歴史遺産が、港を中心に
まとまっているので、歴史探訪の
街歩きには最適ですね。もし
機会があったら、ぜひ遊びに来て下さい。
2019年06月07日 00:19
ミキさん。
横浜は、関東大震災で多くの
建物を失いますが、その後に出来た
復旧期の建物がよく残ってるんです。
横浜三塔を始め、港付近の
そうした歴史を偲ばせる近代建築を
見て歩くのは楽しいですね。
戦前の風景が蘇るような気分です。
ペリー来航のステンドグラス、
とても素敵でしょう。戦時中は、
黒船の星条旗が軍や警察の関係者に
見つからないよう、布で隠して、
この作品を守ったという話です。
2019年06月07日 00:39
3年前に、赤煉瓦倉庫に用事があった時に、その辺りをウロウロしましたが、横浜三塔は、ちょこっと写真を撮った程度なので、又、ウロウロしに行きたいと思ってます。(^^ゞ

6月2日が、開港160周年やったんですね。
アーネスト・サトウのトランクの「YEDO」が素晴らしいです!

山下公園にも、関東大震災後に作られたインド水塔というのがありましたが、横浜は、その以前から、住民への水の供給を大切にされていたんですね。
今も、水が出ているのに驚きです。
飲料可ですか?(^^ゞ

舞鶴でも赤煉瓦倉庫というのがありますが、横浜のとは規模が、全く違います。
それだけでも、横浜港の重要性が良く解りますね。

開港資料館、横浜開港記念会館…
歴史を感じられる素晴らしい所ですね。
2019年06月07日 08:44
横浜は遠くてなかなか行けませんが、
レンガ造りの建物は好きなので、
とても憧れの地です。開港160年と
歴史ある街に、重厚な建物たちが
マッチしていますね。
2019年06月07日 09:42
歴史的建造物が今も 愛され 利用され
ていて 素晴らしい街並みに感動しました。
それぞれ趣の違う 横浜三塔が 横浜入港
のときに見えると ホッとする気持ちが
湧き出てくるのでしょうね。

2019年06月07日 12:24
yoppy702さん。
横濱開港160周年記念という事で、
今回は「開港」と名の付く施設や、
税関の建物を中心に見て回りましたが、
それ以外の赤レンガ倉庫にしても、
横浜の歴史を感じさせる建造物はどれも、
港と切っても切り離せない関係のようです。
旅行トランクにある「YEDO」の文字、
開港当初の幕末の風景が、眼前に
浮んで来るようで面白いですね。
飲料水になるかどうかは分りませんが、
明治時代の水道事情を物語る
レトロな共同栓(複製)を、今も
実際に使えるようにしてるのは、とても
面白いアイディアだと思いました。
横浜の場合、戦前の面影を宿す建物が、
港を中心に割と狭い範囲に集中するので、
街歩きには向いてる気がします。
2019年06月07日 12:31
ふーうさん。
開港160周年を迎える横浜。
その記念日前後という事で、
普段は公開してない税関の庁舎や、
開港資料館の総領事執務室が見学できて
とてもよかったです。仰るように、
赤レンガ倉庫や横浜開港記念会館の
レンガ壁は、明治・大正の面影を
宿していて、レトロな趣がありますね。
2019年06月07日 12:42
フラバーバさん。
長い航海の果てに、三つの特徴的な塔が
見えると、外国船の船員さんたちは、
ようやく横浜に来たという思いを
新たにしたんでしょう。その船員さんらの
付けた愛称が、今も市民に使われ、
三塔が横浜のシンボルとされているのは、
さすが、港町横浜ならではの事と思います。
歴史的な建造物が集中する街並みは、
横浜の大きな魅力になってますね。
2019年06月07日 13:42
横浜開港160周年ですか。
明治5年設立の協会、すばらしいですね。
横浜開港資料館は純英国建築なのですね。
ライオンの口は英国から輸入されたもの。
中庭のたまくすの木は、関東大震災や
二度の大火事にあっても、根から芽を出し
再生を果たした、すごいですね。
横浜三塔(クィーンの塔、キングの塔、
ジャックの塔)は、すばらしいです。
大桟橋や象の鼻、赤レンガ倉庫や
ステンドグラスも素敵です。
2019年06月07日 13:50
こんにちは。
三つの塔、それぞれの個性で官庁の建物とは思えないほど素晴らしいです!
お花もステンドグラスも綺麗で見所いっぱいですね!
2019年06月07日 15:00
あこさん。
僅か160年、されど160年。
寂しい漁村だった横浜が、
ここまで発展をとげた訳ですから、
激動の160年と言ってもいいでしょう。
そんな横浜には「日本初の…」
というものが数多く残されています。
日本初のプロテスタント教会、
日本初の近代水道。そして、
来航したペリーも目にした玉楠の木。
そうした歴史遺産を訪ねながら、
横浜の街を気ままに散歩するのは、
本当に楽しい事ですね。
2019年06月07日 15:07
みっちゃんへ。
戦前の面影を宿す三つの塔が、
今でも横浜のシンボルというのは、
何だか嬉しい話ですね。
港を中心に発展して来た国際都市、
横浜ならではの事と思います。
花あり、古い建物あり、そして、
奇跡の玉楠の木やステンドグラスも…。
横浜は本当に魅力的な街ですね。
2019年06月07日 16:47
浜っ子が自慢の私
知り尽くして・・・
のつもりが
まだまだの私
素敵なお写真嬉しいです
2019年06月07日 16:56
ジュンさん。
浜っ子のジュンさんに、
そう言って戴くと、ちょっと
誇らしいような気分になりました。
横浜は昔から馴染みの場所ですが、
何度訪ねても楽しい気がします。
2019年06月07日 17:00

こんにちわ~♪
流石横浜。素敵な街。
外国情緒たっぷり。水栓も英国製ですか。
外国の街を散策するようですね。
この雰囲気、歌にも歌われる訳ですね~
喫茶室「ペリーの庭で」でお食事したいです。
2019年06月07日 17:31
駐在時代のお友達が何人か横浜に住まわれて居ます。随分 会って居ませんが訪れた事も有りますから 懐かしく思い出されます。
横浜はイギリスと関係が深い街なのですね。歴史を感じます。160年という時間を短くも感じます。
歴史小説やTVドラマ 映画など、よく取り上げらえる場所なので身近に感じるのでしょうね。オシャレな街なので 皆dさんが住みたい街の上位にいつも入りますね。
2019年06月07日 17:35
ベティーちゃんへ。
横浜は本当にお洒落な街です。
昔の言い方だと、ハイカラなんですね。
獅子頭の共同栓は、てっきり
歴史遺産の展示だろうと思ってたら、
実際に利用できるのでびっくりしました。
旧領事館の守衛所が、お洒落な
カフェになってるのも素敵ですね。
2019年06月07日 17:52
ハイジママさん。
旧イギリス領事館、今は
横浜開港資料館の一部として、
とてもいい状態で保存されてます。
アーネスト・サトウの旅行トランクの他、
歴史を感じさせる遺品が見学できて、
大変興味深いものがありました。
僅か160年、されど160年。
寂しい漁村に過ぎなかった横浜が、
国際都市に発展して行くダイナミックな
歴史の歩みが、残っている建物などから
辿れる点が、横浜の街の魅力ですね。
2019年06月07日 18:10
流石、横浜開港160周年、歴史の重みを感じます。
トランクが「TOKYO」ではなく、「EDO]でもなく、「YEDO]とあるのが粋です。
横浜税関のクイーンの塔、イスラム寺院風のドームが特徴的で、宗教施設みたいです。
神戸税関の船をあしらったデザインとは大違いで、これも横浜ですね。
クイーン、キング、ジャックの愛称もその外観とマッチしていて、フムフムです!
以下、各施設が俯瞰して眺められるようになっているのがGood!
それを知っているyasuhikoさんがNice!
部分的に知っているのもありますが、分かり易く纏められていました!
2019年06月07日 18:49
アルクノさん。
160年の歴史というのは、
短いと言えば短いんでしょうが、
その間に、国際都市として大発展した
歴史を思うと、大変中身の濃い
充実した年月だったように思います。
何せ、横浜開港はまだ幕末の事。
英国人の旅行トランクに、「YEDO」
と書かれてるのを見ると、急に
その時代の風景が蘇るような気がしました。
クイーンの塔はお洒落ですね。
同じお役所でも、「税関」ともなると、
ずい分垢抜けた、国際性豊かな
デザインになるもんんだと感心します。
下からだと撮影し難い県庁の塔が、
今回は、税関の7階テラスから撮影
出来たのが、ちょっとした収穫でした。
2019年06月07日 19:55
横浜の異国情緒溢れる憧れの街、開港160年の重みが積み重なっているのですね。記念会館のステンドグラスの美しさも素晴らしいです。トランクに記されている「YEDO」も時代が物語っていますね。気位高い英国人のお住まいそのものをじっくりお写真から拝見できました。
2019年06月07日 21:06
開港160周年の横浜。とても建物が美しいですね。なかなか普段には入れない場所を見られて良かったですね。ステンドグラスとても美しいです。。英国王室紋章もすばらしいです。
2019年06月07日 21:07
私も秋田に来るまで横浜に住んでいたので、色々と懐かしいです。また歩いて回りたいものです。
2019年06月07日 21:23
6月2日は横浜の開港記念日だったのですね。知らずに立ち寄っていました(^^ゞ 
開港前の鄙びた漁村時代が想像できない発展をしたものですね。
運上所の看板、アーネスト・サトウやYEDOの表記など、160年の時間を感じさせます。
純英国建築も素敵ですが私の好みは昭和モダンの香りがする建築の方が好きかなぁ。でもペリー来航を描いたステンドグラスも素敵だし、やはりみんな素敵な横浜ですね。
2019年06月07日 22:55
こんばんは。
写真を拝見していてふと文明開化の言葉が浮かびました。
西洋化でもあるんですよね。
開港したときどんな風景が広がっていたのでしょうか。
こういったところが散策できる範囲にあったのですね。
2019年06月07日 23:05
みなみさん。
昔の言葉で言えば、横浜は
ハイカラな街。港町ならではの
国際色豊かな街ですね。
横浜税関、開港記念館、資料館内の
旧英国領事館など、歴史を物語る
近代建築がまとまっていて、
魅力的な街並みを形成してるのも、
横浜の優れた点だと思います。
まだ幕末だった横浜開港時の面影を宿す
「YEDO」の文字には目を見張りました。
2019年06月07日 23:10
かるきちさん。
開港記念日の前後という事で、
今回は普段公開されてない
横浜税関の庁舎内や、旧英国領事館の
執務室が見学できてよかったです。
開港記念会館のステンドグラスの
美しさも相変わらずですね。
格調高い英国王室紋章が、掲げられて
いた時代を想像したくなりました。
2019年06月07日 23:14
降魔成道さん。
こちらへもコメント有難うございます。
そうでしたか。こちらで暮らした
経験をお持ちでしたら、横浜の街の
隠れた名所、歴史スポットなど、
色々と御存知なんでしょうね。
2019年06月07日 23:25
うずらさん。
ちょうど開港記念日に、横浜に
いらしてたんですか。私とは
一日違いになりましたね。
その記念日のお蔭で、今回は普段
公開されてない横浜税関の庁舎などが、
見学できてよかったと思います。
開港記念会館のペリー来航の
ステンドグラスは、本当にきれいですね。
この時から、横浜の新しい歴史が
全て始まったのかと思うと、
ちょっと不思議な感じもして来ますが…。
2019年06月07日 23:35
tamiさん。
本当に、横浜といえば「文明開化」。
それまではただの寂しい漁村に
過ぎなかった訳ですから、横浜は
日本の近代化の縮図みたいな街だ
と言えますね。今回訪問した建物はみな、
港を中心にして、ごく狭い範囲に
集中してるので、歴史を偲びながら
散歩するにはちょうどいい気がしました。
2019年06月07日 23:56
若い頃、横浜の街歩きはデートコースでした。
横浜開港記念会館のステンドグラス、とてもロマンチックですね。
異国情緒あふれるお写真にもウットリです。
YOKOHAMA・・・やっぱり、いいですね(*^_^*)
後半も楽しみです♪
2019年06月08日 00:30
異国情緒たっぷりな横浜の景観、改めてお写真で見させてもらい、普段横浜に出かけても遠くから眺めるだけで、中に入ったりしたことが無く知らないことばかりです。
時代を感じるステンドグラス細かい配色で美しいですね。
アーネスト・サトウ、大河ドラマにもよく聞くお名前です。
横浜ってパシフィコ横浜しか最近行ってませんのでたまにはゆっくり散策したいものです。
2019年06月08日 10:43
さすが、旧英国総領事館ですね。山下公園に出掛ける機会があっても、気づかずに素通りしていました。
ご夫婦で、街歩きですか?多くの食にも出会えるから良いですね。
2019年06月08日 11:59
こんにちは!
県庁辺りの風景は今も私の学生時代とそれほど激しい変化はなくて、古い建物も大切にされ、横浜に行く道すがら眺めるのが好きです~☆
この時期の緑と建物のコラボ写真が素敵で、私も散歩をしている気分になりました~♪
2019年06月08日 14:06
クリムさん。
分かります。横浜だったら、
お昼に困る事もないし、街並みが
お洒落だし、絶対間違いが無いという
気がしますね。開港記念会館は
予定に無かったんですが、
ペリー来航に関係があるという事で、
寄り道しました。このステンドグラス、
いつ見ても魅力的な気がします。
2019年06月08日 14:18
ロシアンブルーさん。
今回は開港記念日前という事で、
普段非公開の横浜税関や、
旧英国領事館の執務室が見学できて
よかったです。でも、開港記念会館などは、
いつでも無料で見学できますから、
よかったら、今度立ち寄ってみて下さい。
ステンドグラスは他に、開港当時の
日本の様子を描いた作品もあります。
大河ドラマなどでお馴染みの
人物が使った旅行鞄など見ると、急に
その時代の風景が目に浮ぶ気がしますね。
2019年06月08日 14:26
温さん。
旧英国総領事館の建物は、
横浜開港資料館の敷地内にあります。
資料館は料金が必要で、受付を通り
ますが、旧館(旧総領事館)は無料で、
出入り自由なのは有難いですね。
今回一人だったんですよ。女性の手が
写ってるじゃないかって。実は、見学の
外国人女性が、喜んで協力してくれました。
2019年06月08日 14:43
komichiさん。
そうですね。日本大通りや
開港広場の周辺など、確かにそんなに
風景が変わってない気がしました。
レトロな街並散歩を趣味にしてる
私にとって、大変有難い事だと思います。
今回は横浜税関など、特別公開中の
場所の見学が主な目的でしたが、
戦前の建物を訪ねながら、何となく
歩くだけでも、横浜の街は楽しいですね。
2019年06月08日 21:05
こんばんは
横浜、なかなか行く機会が
無いです
素敵な処が一杯!
ペリーの庭でお食事
素晴らしい^^
2019年06月08日 22:59
すーちんさん。
開港記念日直前という事で、
この時期特別公開になる所を中心に、
横浜の街歩きを楽しんで来ました。
横浜開港の歴史を偲びながら、
喫茶室『ペリーの庭で』食事なんて、
ちょっとばかり乙なもんですね。
2019年06月09日 11:36
おはようございます。
記念日直前---まだそれほど人出が多くない時期で、じっくり見ることができたのではないでしょうかこうして見せていただける---行ってみたくなりますね
2019年06月09日 11:53
行き当たりばったりさん。
前から一度見学したかった
横浜税関の建物の7階テラスから、
県庁のキングの塔や、港を眺望するる事が
出来たのは、今回の収穫でした。
港を中心に発展して来た横浜の歴史が、
残っている建築遺産を通し、視覚的に
把握できるのは嬉しい事ですね。
2019年06月09日 13:44
横浜へいらっしゃいましたか。何度来ても新鮮な発見があるのかと思います。横浜税関の庁舎公開日だったのですね。絵になる風景がそこかしこにありましたね。
日本大通りにはもうユリの花が咲いているとは。早いですね~。
2019年06月09日 14:35
ミクミティさん。
恒例の横浜ぶらり散歩です。
今回は開港160周年を記念して、
開港時の歴史や、港町の発展を
偲ばせる建物などを中心に廻りました。
税関の7階テラスから、県庁の
キングの塔や港の風景が眺められたり、
アーネスト・サトウの旅行トランクに
「YEDO]の文字を発見したり、
色々と収穫があって面白かったです。
日本大通り、花に飾られていていいですね。
2019年06月10日 09:12
異国情緒あふれる建造物群すばらしいですね。
ステンドグラスめっちゃステキ♪
2019年06月10日 12:05
ヤママユガさん。
さすが、港町横浜です。昔の言葉で
表現するなら、ハイカラな街。
国際色豊かな文化が魅力ですね。
ペリー来航の立派なステンドグラスは、
題材も横浜に相応しいと思います。
2019年06月10日 15:29
6月2日が開港160周年を迎えるのですね。
何回も行ってますが、
横浜開港資料館や英国総領事館などは
入ったことがなかったから今度入ってみよう!
ステンドグラスなど素敵ですね♪
2019年06月10日 16:15
ロコさん。
そうなんです。今年で160年。
長い歴史から見れば、僅かの間なのかも
知れませんが、何もない漁村から
発展したという点で、奇跡の160年でも
ある訳ですね。旧英国総領事館は、
開港資料館の一部ですが、新館と別に
無料で開放されてます。開港記念会館
(名前が似ていてややこしい)の
ステンドグラスもぜひ見学なさって下さい。
2019年06月10日 18:27
こんにちは

東京でなく江戸ですか
そうですね
当時は国際都市だったはずだから

2019年06月10日 19:06
こんにちは~
横浜の街並みは何処を訪れても絵になりますね。
ショッピング好きの私は赤レンガ館でのお買い物が思い出深いです。
今では無くなった「氷川丸」の船上ビアガーデンに毎年行っていましたが、無くなりガックリしたことを思いだしました。
横浜海岸教会はなんと明治 日本最初の教会
プロテスタント?知的さに欠ける私
後で調べてみましょう。
ステンドグラス 細やかな細工が素晴らしいですね。
2019年06月10日 19:42
こんばんは!
横浜港には何度か行きました
郵船ホテルを横目に見て山下公園を
歩き、現在の官庁街 横浜税関前の
大道りを歩き、中華街に入りラーメン
を食べた記憶がありますが、
それも昔のこと。
知らなかったとは云え、こんなにも
歴史的な建造物があったとは知らず、
素通りしていたとは残念です。
デートに夢中、知っていたとしても
関心が向かなかったかも?
有難うございました。

2019年06月10日 21:56
無門さん。
旅行トランクに「YEDO」の
文字があるのにはびっくりでした。
でも、確かに横浜の開港は江戸時代。
イギリスからはるばるやって来た
人たちも、まだ将軍の健在な
江戸の町を目指していた訳ですね。
2019年06月10日 22:14
イータンさん。
港を中心に発展した横浜は、
お洒落でモダンな印象があります。
昔の言葉で言えば「ハイカラ」ですね。
その言葉がぴったりの近代建築巡りは、
ワクワクするものがありました。
そうでしたか。氷川丸のビアガーデン、
無くなったんですね。戦前の豪華客船
だった氷川丸の雰囲気を楽しむには、
いい催しなので、少し残念な気がします。
横浜海岸教会、現在の教会堂は
関東大震災後に建てられた昭和初期の
建物ですが、歴史を遡ると、日本で
最初のプロテスタント教会だそうです。
そんな点にも、西洋文化の窓口だった
横浜の魅力が感じられますね。
2019年06月10日 22:24
詩誠さん。
私も横浜の魅力を再認識したのは、
写真を趣味にし始めてからです。
横浜は近代建築の宝庫なので、
絵になる建物が多く、撮影を始めると、
止まらなくなっちゃうんですね。
ブログを始めてからは、開港以来の
歴史にも興味が向くようになりました。
今回も、日本で最初の近代水道の
歴史に触れたり、「YEDO」と
書かれた英国人のトランクに出合ったり、
毎回何か新しい発見があるので、
横浜に来るのがいつでも楽しみです。
yoshi
2019年06月12日 09:44
横浜開港160周年 町歩きも楽しかったでしょう。
歴史のある、建家、内装設備、どれをとっても素晴らしいの一言に着きます。その頃の時代を、彷彿とさせて
くれますね。探訪記事楽しみにしています。
2019年06月12日 15:20
yoshiさん。
開港記念日前後という事で、
横浜税関庁舎や、旧英国総領事館の
執務室など、普段非公開の場所が
この日は見学できてよかったです。
仰る通り、歴史を感じさせる
横浜の近代建築はどこも魅力的ですね。
2019年06月15日 12:53
横浜開港が160年を迎えるんですねえ 盛大なイベントになったんでしょうねえ^^
キング・クイーン・ジャックの三塔は何度見ても秀逸ですねえ。
西洋建築を見ても違和感なく、観れてしまうのは横浜の横浜たる由縁ですねえ@@
2019年06月15日 16:26
つとつとさん。
160年目の開港記念日を前に、
特別公開の横浜税関庁舎など、
港関係の歴史的な場所を散歩しました。
国際的な港町・横浜の場合は、
キング・クイーン・ジャックの三塔の
ある風景が、モダンな愛称とともに、
よく似合うような気がしますね。
2019年07月16日 21:58
開港160年、その間に横浜に合う洋風の建物がたくさん作られ続けたのでしょう。
ステンドグラスはその中でも洋風を感じさせるモノだったのかと思ってもみたり。
それにしてもアーネスト・サトウ、ボクが尊敬する慶喜公に対して好印象を持ったと記していたと聞きます。
それに反し坂本龍馬に関しては佳く思ってなかったと。
そんな歴史の証人たちの面影を感じ、楽しく読ませてもらう事が出来ました。
なかなか寄せてもらえず申し訳ありませんでした。

2019年07月17日 15:13
おーちゃんへ。
コメント頂いて有難うございます。
関東大震災で大きな被害を受けた横浜ですが、
その直後に再建されたよう鵜風建築が、こうして
数多く残っているのは嬉しい事ですね。
アーネスト・サトウ、YEDOと書かれた
トランクを見ると、幕末・維新の時代の歴史が、
急に身近に思えて来るから不思議ですね。

この記事へのトラックバック