藤の花と大学キャンパス巡り

ご近所の小さい児童公園で、藤の花が咲いてると聞き、
朝早く出かけました。人気のない公園で撮影した後は、
帰り道で目につくものをパチリ。半径150m以内の
季節アルバムです。後半は、昔の写真による仮想大学
巡り(一橋&東大編)を企画しました。


DSC00834.JPG

DSC00838.JPG
 花房の下の方がまだなので、見頃は
 これからでしょう。でも、早いですね。


DSC00842.JPG

DSC00846.JPG
 公園の外はクスノキの並木道です。手前は
 ドウダンツツジの植込み。緑鮮やかでした。


DSC00813.JPG
 花壇のハナズオウを見上げて…。


DSC00806.JPG
 住宅に戻って、シャクナゲ発見。


DSC00852.JPG

DSC00798.JPG
 そして、お馴染みのハナミズキ


 【(仮想)大学キャンパス巡り】
 続いて、昔の写真による大学構内ツアーです。
 案内役は私。春から初夏にかけてのツアーを
 イメージしています。他の季節の写真も少し
 交ざってるんですが、そこはご容赦を…。

 【1】一橋大学(国立市)

DSC02265.JPG
 私:一橋大学のシンボルは、この兼松講堂
   ロマネスク様式の美しい建物でしょう。


DSC04535.JPG
       A:確か、前身の東京商科大学が、神田
         一ツ橋から移転した時の建物ですね。
       私:お詳しいですね。昭和2年の話です。


DSC00438.JPG

DSC04568.JPG
 B(Aの妻):本館の窓のアーチもきれい。
 私:この半円アーチが、ロマネスク建築の
   大きな特徴なんですよ。


DSC04632.JPG
DSC04647.JPG
 私:設計した伊東忠太さんは大の妖怪好き。中世
   ヨーロッパの精霊信仰に由来する怪獣たちを、
   講堂の装飾に100匹も使ったんですって。


DSC04621.JPG
 B:あら、可愛い精霊さんが逃げたみたい。


 【2】東大(文京区本郷)

DSC00868.JPG
DSC06133.JPG
 私:東大は建物がゴシック様式で統一されてます。
   戦前の大学に多い様式で、特徴は尖頭アーチ。  
 A:この尖り方、上昇志向の表われかな?


DSC00887.JPG
 私:「帝大・下水」と書かれたマンホールの蓋。
   旧帝大時代の遺物が、足下にあるんですね。


DSC06159.JPG
 私:三四郎池です。英文科の講師だった夏目
   漱石も、講義の後でよく散歩したとか。
 B:漱石の『三四郎』で、主人公がヒロイン
   美禰子に出合ったの、ここでしたっけ。


DSC06127.JPG
       私:イチョウ並木の奥に、赤門が見えた
         ところで、本日のツアーは終了です
       A:三四郎池と赤門は、加賀前田家の 
         上屋敷だった江戸期の名残ですね。    
       B:東大に入るのがこんなに簡単だった
         なんて、もうびっくり。犬の散歩で
         来てる方もいらっしゃるんだから。

    引き籠もり生活が長くなると、空想力(妄想力)が
    豊かになるみたいです。まあ、少しは遊ばないとね。


ブログ気持玉

この記事に貼り付けられるブログ気持玉の上限に達しました。

気持玉数 : 500

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2020年04月23日 00:57
ノダフジですか?
って、フジといえば、これしか知らないんですけどね。(^^ゞ
こちらでも、そろそろ咲きだしてるようです。
今年も、ノダフジの発祥地、野田の散策に行けたら行ってみたいですが…
【(仮想)大学キャンパス巡り】…イイじゃないですか!(^^)
東京の大学は由緒のある所が多いから、建物だけでも素敵ですね。
それに花や…逃げた精霊さん。(^^)
「三四郎池」ってあるんですか。
池の名前は、漱石の小説にあやかったんかなぁ?
という事は、それまでは別名があったんですね。(^^ゞ
2020年04月23日 01:25
仕事場の近くの公園で桜が舞い始める頃に、あれ?藤が咲いてるって思ったんですが。。。行きも帰りも急いでるので見損ねて(笑)
実家の近くのお家に小さい藤を去年見たなって思い出して、母と散歩の時に見たら少し遅かったかなって感じでした(写真は撮ってますよ)

こちらで綺麗な藤を見れて、とっても嬉しいです♪

キャンパス巡りもいいですねぇ~
行った気分になって楽しめます
素敵な建物ですね
東大は敷地に入るのは簡単なんですね(笑)
2020年04月23日 05:04
 民家の庭先で藤色や白のフジが咲いているのを見かけます。そばに寄ると甘い香りも楽しめますね。ひとのいない時間帯を見計らって公園に出かけるというのも、気晴らしになりますね。
 クスノキも新緑が萌え出てくると輝きが美しいですね。

 昔の画像を引っ張り出して、行ったつもりであれこれ楽しむのも、このご時世では良い企画ですねえ。
 東大入学はそうカンタンではないでしょうが、門を入るだけならカンタンなのですね。でも、今はいろいろ規制があるのでしょうかねえ。
2020年04月23日 07:03
おはようございます。
春の花たち、みんな元気に咲いていて素敵ですね。
花たちを見るとお散歩が楽しいですね。
娘が文京区に職場があって、住んでいるので数年前
東大へ行きました。すれ違う学生さん達がとても賢そう
でした。広くて素敵なキャンパス、いいですね。
2020年04月23日 07:21
今年はつつじも藤も早いですよね~。
あんまり早いとGWには何も見ものが無くなります。
とはいってもごくご近所しかですけどね~。
東大へ入ってみたいな~(笑)
ナイス企画ですね。
2020年04月23日 07:39
近所にも目を向けるのも楽しいですね。
藤の花やシャクナゲが綺麗です。
大学のキャンパスを巡り、伝統を感じるのも
いいですね!
2020年04月23日 08:38
おはようございます。もう藤がさいているのですね。私も自粛ででかけられないので外の様子はよくわかりませんが、早いような・・でも入所ではさいていますよね。毎年ゴールデンウィークにはさいていますものね。

大学のご案内ありがとうございます。古式ゆかしい建物は風格があり凛としてうつくしいです。こういう建物は頑丈に精密に作られていますよね。

私は今までの作品(詩や小説、童話など)を整理していますので退屈はなく
忙しい毎日です。できればもっと暇が欲しいです。

世の中が停滞している間に自分ですべきことをみいだしています。
2020年04月23日 08:41
こんにちは

藤の花、咲いてますか。
もうそんな季節ですね。
関西は丹波篠山に有名な藤のお寺があるんですが、今年は境内に入ることも中止になりました。
しょうがないですね。
キャンパスめぐり、いいですね。
2020年04月23日 08:42
もう藤が咲いていますね。
近所で見かけましたが、雨上がりのせいか痛んでいました。
仮想大学キャンパス巡りいいですね!
私もyasuhikoさんの遊び心を見習わなくては。
次回の企画を楽しみにしています。
2020年04月23日 08:51
おはようございます。
藤の花、もう咲いているのですね。
そしてハナミズキの後ろ姿が素敵です。
講堂の装飾に100匹も使った怪獣たち、どんな怪獣がいるのか探してみたいなと思いました。
逃げた?精霊さん可愛いですね。
漱石の「三四郎」に出てくる三四郎池、へ~こんな感じだったの、と見せて頂いて良かったです。
どうも、美禰子というヒロインが好きになれず、途中で挫折したのを思い出しました。
2020年04月23日 09:11

藤の花が咲いてきましたね。
ムラサキの蝶型のお花は可愛らしいですね
青葉若葉が清々しくて、歩いてると癒されます
ツツジも直に咲いてくれる事でしょう。
ハナミズキの空を見上げてる姿が愛らしい・・
三四郎池、なんと素晴らしい☆彡
若いお二人、いいですね~(そんな昔もあったァ~)
ン? 親子さんかな(― ―*)。。oO
yasuhikoさん、素敵な企画ですね
2020年04月23日 09:27
一橋ってこんなに優雅なのですか?自慢してる友人がいませんでしたが
これだけの彫刻を見せられると実際見に行きたくなりますわ~~~
そうなんです。yasuhikoさんのページを拝見すると「ヨシ!」と出不精な
ワタシも行きたくなりまする。東京駅は用事で参りましたが。
実際に見られるのを楽しみにご紹介の写真を見入らせていただきますわ。
それにしてもありがたいマンホールですわね....
2020年04月23日 10:20
何となく季節感に疎くなっているこの頃ですが、
情報を頂くと嬉しいです。
近隣の藤棚に思いを巡らしていると、ありました。
また様子を見に出かけてみようと思います。

大学巡りのツアー。
周辺は京都、神戸そして大阪に行く方が多いので、
東京方面は名前が先行しています。
大学の建物探訪も、比較してみたら面白いでしょうね。

ガイドさんも、なかなかお上手でしたよ(^^♪
もこ
2020年04月23日 10:28
今年は何もかも咲くのが早いようですね
こちらでも18日に里山で藤を見ました 
鶴山公園の藤も綺麗に咲いているだろうな~って思いながら見ました
入園禁止の今は想像するだけです

仮想の大学キャンパス巡り楽しませていただきました それぞれの大学に特徴があり見どころもあり楽しめますね
第2弾 第3弾もありますかあ?楽しみにしていますね

yoppy702さんへ。
2020年04月23日 11:21
公園の藤ですから、多分ノダフジだろうと
思います。名前の由来となった野田のフジを
訪ねる個人ツアーは楽しそうですね。
東京は、再開発で多くの戦前の建物が
失われましたが、大学はその例外的的存在です。
だから、建物ファンとしては見逃すことの
出来ない貴重な宝箱のような存在でして…。
三四郎池の正式名称は「育徳園心字池」です。
池を中心とした加賀藩の大名庭園(育徳園)は、
江戸で評判の名園だったとか。仰るとおりで、
小説『三四郎』の人気が高かったせいで、
いつの間にか三四郎池と呼ばれるようになりました。
とまるさんへ。
2020年04月23日 11:39
本当に今年は藤が早いですね。
例年だと連休の頃か、その少し前だと
思うんですが、あんまり早くてびっくりしました。
近所の公園で満足しないと行けないのが、
ちょっと残念なところなんですが…。
大学は割とオープンなところが多いので、
建物ファンにとっては有り難い気がします。
東大のキャンパスは、赤門や三四郎池、
イチョウ並木など、名所になってる所もあるので、
誰でもウェルカムな感じですよ。
なおさんへ。
2020年04月23日 11:47
児童公園の藤の花。今まではあまり
被写体という意識で見てこなかったんですが、
この御時世ではそうも言ってられません。
近くで藤の花見が出来てよかったです。
クスの木は、私の暮らす「市の木」にも
なっていて、この季節は新緑が美しいですね。
大学巡りは昔よくやってたんですが、
最近は行ってないし、記事にもしてなかったなぁ
ということを思い出して、再編集してみました。
こういう作業、けっこう面白くて楽しめますね。
ゴンマックさんへ。
2020年04月23日 11:57
近所の児童公園の藤は、今まで
ブログ記事に取り上げようなどとは
全く思ってなかったんですが、必要に
迫られて改めて見直すと、なかなか風情が
あるんですね。最近になって、身近な花のよさに、
やっと気がつくようになってきました。
そうでしたか。東大のキャンパス散歩を
経験されてたんですね。戦前からの大学は
建物も魅力がありますし、散歩が楽しいんですよね。
イッシーさんへ。
2020年04月23日 12:04
本当に、いつもだったらGW中に
見頃を迎えるはずの花が、今ちょうど
いい感じで咲いてますね。この調子だと、
そろそろバラも咲き始めるんでしょうか。
東大に入るのは簡単ですよ。守衛さんが
とてもフレンドリーで、向こうから話しかけて
くれたりしますから。ワンチャンの散歩に
利用してる方も少なくないですね。
ポジティブオーラさんへ。
2020年04月23日 12:11
今まであまり顧みてこなかった
ご近所の花のよさに、最近ようやく
気がつくようになってきました。
藤の花やシャクナゲ、季節が感じられて
いいですね。昔よくやってた大学巡り。
最近は全然行ってないし、記事にもしてない
事を思い出して、再編集してみました。
昔の写真を探すのも楽しいものですね。
秋月夕香さんへ。
2020年04月23日 12:22
藤の花、いつもだったらGW中か、
その少し前に見頃を迎えるのに、
今年は本当に花の咲くのが早いですね。
うっかりしてると、季節が通り過ぎてしまうので、
ご近所の花を見逃さないように注意したいと
思ってます。引き籠もり状態が続くと、
ブログ記事の内容には困りますが、
色んな工夫をして続けることも大切ですね。
歴史ある大学は、古い建物がよく残ってる事が
多いので、見学場所としても魅力的です。
古い写真を探すのは、とても楽しい作業でした。
2020年04月23日 13:58
 藤の花が咲き始めていますね。見頃にはもう少しと言ったところでしょうか、兼松講堂のレリーフのデザイン、一見するとオカルト的な気もしますが、堅苦しさが無くとても良いです。
 ハナミズキ春の日差しを受けて、綺麗ですね。
 僕は巣篭りでは無く、人の居ない場所に出掛けています。やはり外に出て歩くと気持ちが晴れますね。
トトパパさんへ。
2020年04月23日 15:31
そうなんですよ。もう藤の花が見頃です。
人の世の騒ぎと関係なしに、季節はどんどん
過ぎて行きますね。今年の予定はほぼ
諦めて、その分来年は色んな所に行くぞと、
空想を楽しんでるような毎日です。
コスモスさんへ。
2020年04月23日 15:36
今年は、本当に花が早いですね。
公園で藤の花が咲いてると聴いたときは、
私も驚きました。この調子だと、
バラの花が見頃を迎えるのも早そうです。
昔は大学巡りのレポートを、ブログに
UPしてたんですが、最近それを
やってないと気づいて、今回に企画を
思いつきました。昔の写真も楽しいものですね。
ぽぽさんへ。
2020年04月23日 15:46
藤の花、今年は早いですね。季節が
どんどん過ぎていくので、焦りを覚えます。
一橋大学のキャンパスには、講堂以外にも
色んな場所に怪獣が棲みついてます。
気候のいい時期に、怪獣巡りツアーなど
試みるのも、面白そうな気がしますね。
『三四郎』をお読みでしたか。ハンカチを
落とすという古典的な手法が、二人の出合いの
きっかけだったように思うんですが、
小説の一場面を想像しながら、池の周りを
散歩するのも楽しそうだと思いました。
2020年04月23日 15:52
こんにちは!
もうフジの花が咲いているんですね。近所の公園のフジも咲きだしていました。まだ満開はもう少し先になりそうです。ハナズオウ、シャクナゲ、ハナミズキなど木の花が綺麗ですね。
大学巡り、良い企画ですね。一橋大学には怪獣たちが100匹もいるんですね。面白いです。東大は赤門の前までは行ったことがあります。時間が無くて中へは入れませんでした。機会があれば三四郎池も見てみたいです。
2020年04月23日 17:03
こんにちは。
もう藤の花が咲いてきましたか!
寒暖差が激しくて 人間はついていくのに必死だけど 植物は強く逞しく
もう次の季節に進んでいってるんですね。
大学キャンパス巡りは 本当に今 された風に見えましたよ。
ガイドさんの案内で会話されてるのが楽しかったです。
今は大学キャンパスも 大きなビルになってる学校もある中 伝統ある建物は貴重な存在になりましたね。
yosuhikoさん!空想バッチリ! 
またガイドよろしくお願いしますね。
楽しかったで~す!
2020年04月23日 17:19
ありがとうございます。
懐かしいキャンパスを見られました。

小さな声で言いますが、長男の通った大学です。初めは、三四郎池の水が浸みて来て居るか?と、思われるようなジメジメした崖の下にあるアパートを借りました。すぐ近くに『 八百屋お七』のお墓がある所です。あの辺り 全体にジメジメして居ます。しかし、文豪が沢山 住まわれた歴史が在りました。散策したのが懐かしいです。坂が多くて疲れてしまいました。

お昼はもちろん安田講堂の地下食堂。安くててんこ盛りでした。私たちの時代には 安田講堂での立て籠もりが有名?でしたね。大きな壁画を見上げましたよ。

水道橋?のプールでは 小谷美可子さんたちと泳いだそうです。アルバイトは 近所の小学校のプール教室でした。

駒場の大学寮も懐かしいです。留学生が多くてビックリ。お化け屋敷のようでした。草がボウボウ生えていて 「 ノビル 」を摘みに ご近所の方が自由に出入りして居ました。
だからかな? とても物騒で息子は大切な物 (財布や書類)を盗まれた事も有ります。

田舎者でボ==として居たのでしょうね。私は一回だけ、駒場には行きましたが 生協で買い物をした事を思い出します。誰でも 「 東大グッズ 」を購入できます。
nobaraさんへ。
2020年04月23日 17:32
藤の花、今年は早いですね。
教えてもらわなかったら、気づかないうちに
散ってしまったかも知れません。
季節の移り変わりの早さに驚いてます。
白いハナミズキは、3回連続で登場してるので、
今回は控えめに後ろ姿にしてもらいました。
大学キャンパス巡り、空想の中でしか
実現できないのが残念ですが、昔の写真を
扱うのも、何だか楽しいものですね。
三四郎池の二人は、実は仲のいい親子でした。
asakunさんへ。
2020年04月23日 17:43
一橋大学の校舎は優美でしょう。
ここのキャンパス、私は大好きなんです。
ロマネスク様式というのは、11~12Cの
ヨーロッパで、主に教会や修道院の建物に見られる
建築様式なんですが、日本では珍しいので、
外国の歴史ある街に迷い込んだような魅力が
感じられますね。春もいいんですが、
紅葉の時期も素晴らしくて、お勧めできます。
つばささんへ。
2020年04月23日 17:53
私もほぼ引き籠もり状態なので、
藤の花が咲いてるという情報が無ければ、
花の季節を逃がしてしまったかも知れません。
今はブログUPも難しい状況ですが、
みなさんとの情報交換の場として、
これからもブログを大切に出来たらいいですね。
仮想大学キャンパス巡り、昔の写真を
見ていたら、何だか懐かしい思いでいっぱいに
なりました。いつかまた、自由にあちこち
カメラ散歩が出来るといいなと思います。
もこさんへ。
2020年04月23日 18:10
そちらも事情は一緒だと思いますが、
花の名所と言えるような所は、
すべて閉園になりました。本当に、
もう来年に期待するしかありませんね。
近所の公園で藤の花が見られてよかったです。
仮想キャンパスツアー、楽しんで戴けましたか。
古い写真を引っ張り出してきて、私も
何だかワクワクするものを感じました。
またその内、この続きを考えてみましょう。
藍上雄さんへ。
2020年04月23日 18:18
藤の花がもう咲き出したなんて、
言われなければ気がつかないところでした。
今は外出をなるべく控えてるので、
季節の移ろいに鈍くなってたかも知れません。
ハナミズキの花と若葉、日に透けるときれいですね。
そう、北海道だったら、人と会わずに
移動できる場所が色々あると思いますが、
東京ではなかなかそれが難しいです。しばらく
昔の写真にお世話になるしか無いでしょう。
はるる
2020年04月23日 18:23
フジの季節になったんですね。
フジは見栄えもします。
そしていろいろ花が咲いています。
大学キャンパスめぐりですか。
とてもおもしろく読ませていただきました。
ekoさんへ。
2020年04月23日 18:30
今年は本当に藤の花が早いですね。
今はどこにも行けませんが、近所の公園で
楽しむことが出来てよかったです。
シャクナゲの花も発見出来ましたし、
日の光に透けるハナミズキの花もきれいでした。
昔はよくブログにUPしていた
大学のキャンパスレポート。最近は全然
やってないなと気がついて、こんな風に
再編集してみました。今は無理せず、
空想の世界に遊ぶのが一番かも知れませんね。
2020年04月23日 20:11
素敵なご近所の早朝散歩でしたね。
藤の花がきれいです。
青空と新緑に包まれた春の花々がいいですねぇ。
仮想大学キャンパス巡りも楽しくて。
三四郎池や赤門も健在なんでしょうね。
はるわか
2020年04月23日 21:04
今晩は。
 私の友達に「美彌子」さんと言う方がいます。
お父様が漱石好きで 「三四郎」から
付けてくれたと聞いた事があります。
今はもうおばあちゃんですけど。

空想の世界に遊ぶのも嫌な事を忘れて
いいですね。 
にゃーちゃんへ。
2020年04月23日 21:16
そうですね。植物は春夏秋冬を忘れません。
引き籠もり生活が長くなると、そうした季節の
変化を見逃しがちになるんですが、
何とか普段の感覚で生活したいものです。
近所の藤の花に気づいてよかったと思いました。
仮想大学キャンパス巡り、楽しんで戴けましたか。
実は、秋や冬の写真も交ざってるんですが、
せっかくなので、なるべく今の季節感が味わえる
ように編集してみました。できることなら、
今すぐにでも取材に行きたいんですが…。
まあ、しばらくは空想の世界に遊ぶしか無いですね。
2020年04月23日 21:20
こんばんは。

フジの花が咲き始めていますね。
こちらでは、亀戸天神が藤で有名なところです。
今年は、外出自粛ですから乗り物に乗って行くことはできません。
季節の花に今年は会えず残念です。
空想は頭の血のめぐりを良くするのに良い方法ですね。まさに今滞っていますからね。
2020年04月23日 21:25
こんばんは☆
藤の花の開花今年は早いですよね。
庭のアジサイが1本だけ数個の蕾を付けていました。
植物は季節を先行しています。
空想の世界を広げるのもいいですね。
blogも工夫次第で楽しくなります。
お勉強になりました。
ハイジママさんへ。
2020年04月23日 21:39
そうでしたか。小さな声でも、
しっかり耳に届きましたよ。八百屋お七の
お墓を訪ねたことは無いんですが、
白山駅から小石川植物公園を訪ねたことは
あるので、あの辺りの坂の多い町並みは
想像がつきます。樋口一葉や宮沢賢治など、
文学者の足跡を訪ねたこともあって、
本郷辺りは文学散歩にもぴったりですね。
樋口一葉も、大学のキャンパスを抜けて、
上野の図書館に通ってたそうですから、
昔から一般人にもオープンだったみたいで…。
駒場東大前駅も、民芸博物館や旧前田侯爵邸を
訪れる時によく利用するお馴染みの駅です。
そちらのキャンパスにもお邪魔したことがあります。
はるるさんへ。
2020年04月23日 21:45
今年は藤の花も早いですね。
引き籠もり状態の身の上では、そうした
季節の移り変わりに対し、敏感に
反応しにくいんですが、近所の公園で
楽しむことが出来たのは有り難い気がしました。
仮想ですけれど、なるたけ今の季節感に
相応しいように編集しました。早く実際の
キャンパス巡りが出来るようになるといいですね。
トンキチさんへ。
2020年04月23日 21:53
「150mの季節カレンダー」と
書きましたが、本当に我が住宅から
100m程の児童公園と、その行き帰りの
道で撮影した写真だけなんです。
これまで見過ごしていた身近な花にも、
しっかり季節感が感じられる事が分かりました。
仮想大学キャンパス巡り、楽しんで戴けましたか。
赤門、三四郎池は、もちろん健在ですよ。
はるわかさんへ。
2020年04月23日 22:02
コメント戴いて、有り難うございます。
そうですか。小説『三四郎』のヒロインの
名前をもらったケースがあるんですね。
ご両親のどちらかが、熱心な漱石ファンで
いらっしゃったんでしょうか。
池の名前にも残ってるくらいですから、
文学の持つ社会的影響力の大きさを感じます。
空想でも、キャンパス巡りは楽しいですね。
ロシアンブルーさんへ。
2020年04月23日 22:16
藤の花といえば亀戸天神。その他にも、
色んな名所が思い浮かびますが、
今年はご近所の花で満足するしかありませんね。
近くの公園に藤棚があってよかったです。
昨日今日と、私は家から一歩も外に
出ていません。こんな生活が続くと、本当に
頭の働きが鈍くなりそうなので、空想力を
存分に発揮して、心を自由に遊ばせたいですね。
かぼすさんへ。
2020年04月23日 22:26
本当に今年は花が早いですね。
うっかりしてると、藤の花が咲き始めてる
ことにも、気づかずにいるところでした。
今はご近所の藤棚も有り難い存在です。
大学キャンパス巡りは、昔から大好きで、
よくやってました。こういう機会に、
昔の写真を眺めてみるのも楽しいものですね。
2020年04月23日 23:42
藤の花が咲き始めたようですね。
青空に若葉と藤の花が映えて美しいです。
淡い紫色の花、甘い香りが漂っていたことでしょう。
ハナズオウ、シャクナゲ、白いハナミズキも咲き競ってるようです。
今年は花の開花が早いようですね。

旧加賀屋敷御守殿門は、東大を象徴する赤門ですね。
徳川家11代将軍家斉の姫君『溶姫』がお輿入れする際に建てられた婚礼用の門だそうですね。
夏目漱石の『三四郎』ゆかりの三四郎池。
大学キャンパスレポート、楽しく拝見いたしました(^^♪
心さんへ。
2020年04月23日 23:57
身近なところで、藤の花に出合えました。
こんなご時世ですから有り難い話です。
必要に迫られて身の回りを見渡すと、
藤やシャクナゲ、ハナミズキなど、
季節を感じさせるいい花があるんですね。
仮想キャンパスツアー、楽しんで戴けましたか。
東大本郷キャンパスには、赤門、三四郎池の
ように、江戸の名残を伝えるものが残ってます。
そうした歴史に思いをはせながら、
キャンパスを散歩するのも楽しいものですね。
2020年04月24日 10:50
藤の花 青空に映えて 美しいですね。
私も 今朝 散歩途中に 見つけましたよ。 白で
華やかさに少し欠けますが 見つけた!と 嬉しくなりました。
一橋大学の講堂の装飾に使われた 100匹の怪獣たち
もっと ゆっくり見てみたかったです。面白そうですね。 
2020年04月24日 11:04
藤の花の綺麗な季節になりましたね。
私も見に行きたいがなかなか出かけられない・・・
こちらで見せて頂き、清々しい気分になりました♪
ハナズオウやシャクナゲ、
逆光で撮られたハナミズキなど素敵です。
一橋大や東大などキャンパス巡りも楽しいものですね。

何故か気持玉にリンクが付きません?
フラバーバさんへ。
2020年04月24日 13:42
藤の花咲始めましたね。この花が咲くと、
初夏の香りが漂い始めたような気がします。
外出の機会が減り、気づかないことも多いですが、
できるだけ季節の変化に敏感でいたいものです。
一橋大学の怪獣さん、気に入って下さいましたか。
実は、講堂以外にも、このキャンパスには
たくさんの怪獣が潜んでいるんです。
今の騒ぎが完全に治まったら、また出かけて
みたいと思いました。昔々一度記事にはしてますが…。
ロコさんへ。
2020年04月24日 13:49
季節はどんどん過ぎて行きますが、
花を見に出かけられないのが残念ですね。
ご近所の公園で藤の花が見られてよかったです。
住宅のハナミズキは、ここ2回連続で
登場してもらってますから、今回は
光に透ける後ろ姿でモデルをしてもらいました。
空想の大学キャンパス巡り、昔の写真を眺めながら、
私も懐かしい気持ちでいっぱいになりました。
のろばあさん
2020年04月24日 14:26
こんにちは。
お花達は季節が来ればちゃんとお花をつけて私達の目を楽しませてくれますのに今年は例年と全く違ってこのウイルスが台無しにしていますね。気持ちがほっこりする写真を眺めながらしばし憧れのキャンパスを散策した気分です♪
夏目漱石は若かりし頃の愛読書ですが最近はと言えば朝夕の新聞を読むのが精いっぱいです。加齢ですね^^。
2020年04月24日 16:49
 藤の花がきれいですね、こんな風に撮れなくて・・・。
ハナズオウもなかなか見られなくて、いい色の花。
遠出をしなくてもこれだけ楽しませてもらえれば嬉しいです。
そうなんです、東大に入るのは簡単ですね。
以前赤門から三四郎池とめぐり仲間たちと吟行しました。
半円アーチに尖頭アーチどちらも魅力的ですね。
三四郎池ってこんなにきれいだったっけ?
いいポーズの人がいて若葉も美しいです。(^^♪
2020年04月24日 17:52
ハナミズキから藤の花へと
yasuhikoさんの旬のblogは流石ですね!!

一橋大学へは、親友のお孫さんが現役入学を果したとか~
羨ましい限りです~~

私は、コロナが終息したら~
東大へでも入りますかね~笑笑

いつも我が家へお越し頂き、感謝感激です!!

呉々も街歩きにはお気をつけて下さいね!!
のろばあさんへ。
2020年04月24日 17:55
本当に、花は季節を忘れませんね。
公園で藤の花が咲いてるということを
聞かなければ、うっかり見過ごしてしまう
ところでした。こんな時こそ、心を慰めて
くれる花の姿に、季節の趣を感じたいものです。
三四郎池は、夏目漱石が日常的によく
散歩していた場所。小説の内容を思い出しながら
空想で散歩するのも味わい深いものですね。
2020年04月24日 18:08
藤の花がもう咲いてるんですね。
今年は特別どこにも行けませんが、近所の
児童公園にちょっとした藤棚があって、
よかったと思いました。狭い範囲を歩くだけでも、
ハナズオウやシャクナゲに出合えて、
今は花いっぱいの持期なんだなと実感できます。
東大で吟行なんて、それはまた風流ですね。
三四郎池、他の季節も見学してますが、
ちょっと寂しい印象あって…。写真を見比べても、
この新緑の時期が断然いいみたいですね。
mikiさんへ。
2020年04月24日 18:19
今はすっかり行動範囲が狭くなったので、
ご近所で見かける花が頼みの綱です。
藤の花やハナミズキ、改めてよく眺めてみると、
ご近所の花もけっこう魅力がありますね。
一橋大のキャンパスはきれいですよ。
ここで勉強できる学生さんは幸せだと思います。
そうですか。では、ぜひ東大にご入学を。
守衛さんが親切で(人が変ったかも知れませんが)、
向こうから声をかけてくれます。学校のイメージと
違って、敷居が低いという点が面白いですね。
2020年04月24日 19:29
こんばんは。
皆さんがコメントされてるように、早、藤の花が咲いてるんですね。
紫色がとても綺麗です♪
ドウダンツツジ、これからもっと鮮やかな緑になるでしょうね。
ハナズオウもシャクナゲも可愛い色合いですね。
白いハナミズキも清楚で素敵です♪
yasuhikoさん、Aさん、Bさんの掛け合い、楽しいです(笑)
発想が素晴らしいですね♪
懐かしい書「三四郎」まで登場し。。
わが長男が娘に「東大なんて、簡単に入れるよ~!」と言っていたのを思い出しました(笑)
空想力、楽しませていただきました♪
2020年04月24日 19:43
こんばんは。

福島は曇り晴れでしたが寒い日でした。
都会は暖かかったようだけど。

藤の花が咲き始めたんですか綺麗。
ハナミズキも綺麗に咲いてるんだ。
こちらも少しづつ咲き始めてます。

仮想の大学巡り最高の発想。
設計された方が妖怪好き面白い。
東大を見れるだけで満足(笑)
今大学生もバイトが無くなり
苦境とかこちらはJAがお米を贈呈した。
まずは食べる事が一番大事。
コロナウィルスが一日も早く消えて欲しい。
元の世界に戻れるのはいつなのかな。
ハーモニーさんへ。
2020年04月24日 21:47
今年はどの花もみんな早いです。
外出の範囲は限られますが、半径150mの
範囲内で、藤の花、ハナズオウ、シャクナゲなど、
いい花に出合えてよかったと思いました。
咲き始めの藤の花の色もいいですね。
有り難うございます。都内の歴史ある大学の
キャンパス巡りは、昔よく記事にしていたので、
今回は違いを出すため、会話仕立てにしました。
久しぶりに昔懐かしい写真を眺めていると、
心の中で自然に会話が生まれる感じで、
編集作業中とても楽しかったです。
boku55さんへ。
2020年04月24日 21:59
そちらは、春が一度に押し寄せるような
感じなんでしょうね。東京もけっこう寒い日も
ありましたが、花の世界は春から初夏に
移りつつあるみたいです。藤の花も、
ぼんやりしてたら見逃すところでした。
大学のキャンパス巡りは昔よくやっていて、
ブログの題材にもしてたんですが、
最近は全く記事にしてないことに気がついて、
今回の企画を思いつきました。いつ再開できるか、
学生のいないキャンパスは寂しいだろうと思います。
2020年04月24日 22:10
こんばんは~
藤の花が綺麗に咲いて、
独特の花の姿がいいですね。
白のハナミズキも裏側からの
撮り方もいいですね。

大学キャンパス巡り・・
東大、懐かしい、ただし入学した
のではありません。((+_+))
修学旅行で東大見物があったのです。
赤門で事務所に手続きをして、
ガイドさんに連れられてゾロゾロ
銀杏並木の学内をめぐりました。
もう何十年も前の出来事です。
学生時代の思い出がよみがえりました。
いつもありがとうございます。
つむぎさんへ。
2020年04月24日 22:27
公園で藤の花が咲いてると聞き、驚いて
出かけてみました。見逃さなくてよかったです。
今年はどの花も咲き出すのが早いですね。
ハナミズキは、連続でブログに登場してますから、
今回は変化をつけ、後ろ姿にしてみようかと…。
そうですか。東大見学をされてたんですね。
東京の街は10年経つと、もう違って見える
と言われてますが、その点、大学のキャンパスは、
変化の少ない貴重な存在じゃ無いでしょうか。
仮想キャンパスツアー、楽しんで戴けたら何よりです。
2020年04月24日 22:51
藤の花。青空とお似合いですね~。
(仮想)大学キャンパス巡り、とても楽しかったです。第2弾もぜひ~。
可愛い精霊さんたち。手をしっかりとつないで仲良しさんですね。
女の子の服はシャクナゲのようなピンク色。男の子は新緑のようなグリーンの服。あ、本当に・・・精霊さんの仮装です(^^♪
クリムさんへ。
2020年04月24日 23:27
最近は外出の範囲が限られますが、
その分、身近な花のよさを再発見する
チャンスが増えたような気がします。
お陰で、公園の藤の花を見逃さずに済みました。
仮想大学キャンパス巡り、楽しんで戴けましたか。
キャンパスが魅力的だと、ご近所の方が
お子さん連れで、よく遊びに来るんですね。
彼らの世界から逃げ出したような精霊さんたち、
あんまり可愛いので見とれてしまいました。
2020年04月25日 04:25
お早うございましゅ。
東大の赤門が出て来ましたねっ
懐かしいでしゅ・・・
東大との合同研究で、サラリーマン時代によく通ったので・・・
東大っていとも簡単に出入りができるんでしゅよねっ
ご自宅のシャクナゲ・・・ナイス!・・・☆
winga
2020年04月25日 06:13
おはようございます。
藤のお花は「今年は人がいない。。。。」なんて言ってるかも。
どの花も一生懸命咲いているのに。
自粛で人間は制御され中。残念の春。
天使が二名。可愛い♡
そのマンホール。とびっきり魅力的ですね。
国立の大学や病院には素敵な蓋がありますね。
下ばっかり見ながら歩いていた頃を思い出します。
下見ていた割には小銭と出会うことはありませんでした(-_-;)
2020年04月25日 07:59
おはようございます
そうなんですよね校内に
カンタンに入れちゃうんですよねー^^
講堂に100匹もの怪獣が、見たかったです
見学に立ち寄った次の日、博士とハチ公の像の
除幕式だったんですー
2020年04月25日 08:53
今年はこの時期でも、まだ北の冬将軍の勢力が強いから、
冷えますね。
日毎や朝晩日中の寒暖差が、あり過ぎます。体調管理が何かと大変で、
油断出来ません。うっかり、風邪症状にでもなったら、この時期
本人もつらく大変、周りからの目も怖くなります。
藤の花が今、咲きだして満開はまだ先ですかね。
徒歩や自転車圏内に、藤の花が咲いている場所が有ると良いのですが、
皆無。電車でGOで、亀戸天神にでも行きたいんですがね。新宿御苑にも
行きたいんですがね~。残念です。


2020年04月25日 08:53
おはようございます!
こちらの森の緑も日々葉が膨らんで
森全体が少しずつ大きくなっています~☆
藤の花は咲き始めましたね~♪
わが家にもヤマザクラにからんだ自生する藤があって
もう少ししたら花が咲きそうです~☆
私もGWはご近所散歩をしようと思っています~☆
2020年04月25日 10:09
こんにちわ
青空をバックにした花と緑の写真は見ているだけで気分が明るくなりますね。藤の紫や植え込みの緑など、光を受けてとても爽やかです。
昔の写真をテーマに沿ってまとめるのはナイスアイデアですね。昔の写真なのに新鮮さが感じられて面白いです。どんなテーマを設定するかがミソ、でしょうか。
2020年04月25日 10:47
おはようございます。

もうフジが咲きましたか!
近所での散策でも、たくさんの発見。

後半の「大学巡り」は、ナイスアイデアです!!
こういう工夫も、楽しいですよね。
面白く拝見いたしました(笑)
デミさんへ。
2020年04月25日 11:46
そうでしたか。お仕事で東大に。
あそこはどこからでも出入りが出来て、
上野方面への通り抜けにも使えるんですよね。
明治の頃、樋口一葉も本郷の自宅から、
このキャンパスを抜けて、上野の図書館に
通ってたみたいです。シャクナゲの花、
身近なところで見られると嬉しいですね。
2020年04月25日 11:50
自由の身になったら
一度行ってみたい場所です。
東大のマンホールと三四郎池
ツボです
いつも素敵な写真ありがとうございます
wingaさんへ。
2020年04月25日 12:00
本当に藤の花も寂しそう。都内の
児童公園は、最近では遊具にテープが貼られ、
子供が遊べなくなってます。可愛そうで
なりません。子供は遊ぶのが仕事でしょう!
大人だって可愛そうだけど、こうやって
昔の写真で遊べるのは、年の功というものです。
大学って、マンホールが面白いんですよね。
特に、東大はお宝ものがゴロゴロです。
立派な文化財と言ってもいいと思うんですが、
さり気なくそこにあるのが、また難いところですね。
すーちんさんへ。
2020年04月25日 12:07
博士とハチ公の像、私も見てきました。
その除幕式の日に行かれたんでしたっけ。
東大のキャンパスは、広くて見所がいっぱい。
生協のお土産、東大グッズも楽しいですね。
入りやすい点では一橋大学も同様です。
兼松講堂の怪獣を探しに、折を見てぜひ
お出かけ下さい。紅葉の時期もきれいです。
温さんへ。
2020年04月25日 12:16
いや、本当に今は病気一つ出来ません。
交通事故で大けがしても、病院をたらい回しに
されちゃうんですから…。病気にもなれない、
けがも出来ない、とにかく、健康第一に
過ごす事が一番ですね。もったいないくらい、
今日なんかいい気候でも、藤の花を始め、
季節の花を楽しめないのが残念です。
komichiさんへ。
2020年04月25日 14:01
「森全体が大きくなる」という感じ、
何となく想像できます。新芽が萌え出て、
緑まぶしい季節。気持ちのいい風景でしょうね。
最近は外出の範囲が狭く、藤の花が
咲き出したことにも気づかずにいました。
ちょっと散歩するだけでも、こんなに
花に出合えるんですけどね。せめて、
身近な花のよさを見直そうと思ってます。
ハルさんへ。
2020年04月25日 14:07
明るい陽射し、吹き抜ける風。
今は本当に気持ちのいい季節です。
藤やハナミズキも、街路樹や植込みの緑も、
みんな光に輝いて見えますね。外出が
制限されるのは残念ですが、こんな時こそ、
身近な花のよさに目を向けようと思いました。
仮想大学キャンパス巡り、喜んで戴けて何よりです。
季節感にずれが生じないよう、なるべく
違和感の無い写真を集めてみました。
行き当たりばったりさんへ。
2020年04月25日 14:20
そうなんですよ。今年は花が早いから、
びっくりさせられることばかりです。
藤の花やシャクナゲが咲き始め、街は
すっかり初夏の雰囲気になってきました。
引き籠もり中でも、ぼやぼやしてられないですね。
大学のキャンパス巡り、昔は大好きで
よくやってたので、古い写真を眺めてる内に、
何だか懐かしい気持ちでいっぱいになりました。
きこさんへ。
2020年04月25日 14:30
いいですね。世の中が落ち着いたら、
ぜひ大学キャンパス巡りにお出かけ下さい。
東大のキャンパスは広くて、見所が
たくさんあります。本郷方面に向かえば、
文学者が多く暮らした古い町並みが
残ってますし、上野不忍池方面に抜けることも
出来ます。ちょっとした散歩にぴったりですね。
2020年04月25日 15:45
綺麗な紫のお花がもう咲いているのですね
季節がどんどん過ぎていきます
穏やかな陽気に誘われキャンバス巡り
素敵なアイデア楽しませていただきました
ジュンさんへ。
2020年04月25日 16:52
本当に、今年は花が早いですね。
公園で咲いてるという話を聞かなければ、
私もうっかり藤の花を見過ごしてしまう
ところでした。昔大好きだった
大学のキャンパス巡り。もし、見学できたら、
今こんな感じだろうなぁと思いながら、
ヴァーチャルツアーを楽しんでみました。
2020年04月25日 17:24
家の近所にある藤の花もこの位咲き始めました。以前は、通勤で毎日通った道ですが、今はお花が咲いたのを確認するのはスーパーへのちょっとした道のりくらいですね。お天気いいから、洗濯ばかりしていますよ。
こういう素敵な写真見るとお外にでた気分になっていいですね。
2020年04月25日 19:57
藤の花、素敵ですね。
優しい色ですね。
いろいろなお花がありますね。
一橋大学の兼松講堂
ロマネスク様式の美しい建物が素敵です。
窓のアーチもいいですね。(*^-^*)
三四郎池も見たいです。

自粛が長くておわりが見えない。
昔の曲を聴きながら、家事をやってます。
家の中でできること、いろいろやってます。
後回しにしていた、細かい整理
今、少しずつやってます。(*^-^*)
2020年04月25日 20:00
こんにちは

東大へ行った折
三四郎池を一回りして
きました
途中で蛇にも出会って
驚きましたよ
Muniさんへ。
2020年04月25日 21:14
最近は行動範囲が狭いので、何の花が
咲いてるか、気がつかない事も多いですね。
近所の公園で藤の花が咲いてることを
教えてもらってよかったと思いました。
外出自粛中とはいえ、あんまり引きこもって
ばかりいると、気持ちも腐るし、日常の散歩の
範囲内で、身近な花を楽しもうと思ってます。
2020年04月25日 21:14
あっという間に季節は初夏ですね。ハナミズキ、藤の花が青空に美しい彩りを見せてくれますね。
キャンパス巡り、楽しいですね。美しい建物をまたリアルに見に行きたいですね。それまで頑張りましょう^^
あこさんへ。
2020年04月25日 21:27
藤の花がもう咲いていたので、
びっくりしました。風も爽やかだし、
何だか初夏のような空気になってきましたね。
藤の花の優しい紫色は、この季節に
ぴったりだと思います。できることなら、
あちこち自由に散歩したいんですが…。
一橋大学のキャンパスは素敵でしょう。
ここは紅葉の時期もいいので、以前から
お気に入りの場所の一つです。東大の
三四郎池も若葉が印象的ですね。
今は自由がきかない分、空想力を働かせて、
思い出の場所に遊んでみようと思ってます。
無門さんへ。
2020年04月25日 21:33
三四郎池を一周されましたか。
都心にありながら、あそこは自然が
よく残されてるんですよね。
昆虫が専門の東大の某先生は、東大の
キャンパス内だけをフィールドに、
都会の生物相の変化を追い続けてるそうです。
かるきちさんへ。
2020年04月25日 21:41
藤の花、もう咲いてるんですね。
一歩も外に出なかったなんて日も
少なくない中で、こうした季節の変化を
知らせてくれる花は、いい心の慰めになります。
大学のキャンパス巡りは、昔好きだったので、
写真を見ながら空想を楽しんでました。
早くまた構内散歩できるようになるといいですね。
2020年04月25日 22:00
半径150m以内にも、季節の移り変わりを感じさせてくれる花は色々と咲いていますね。綺麗に咲くフジは4月の終わりを告げているようです。
ドウダンツツジの緑の新芽も鮮やかで嬉しいですね。これから、可愛い花を咲かせることでしょう。
大学のキャンパス訪問。私もかつてそんな記事を書きました。まだまだ、行ってみたいところがあります。そんなことを思い起こさせてくれました。
私も過去の写真でブログを書こうと思っています。
あっこちゃん
2020年04月25日 22:12
藤の咲き方って山の木々に絡みついた自然の形で咲いているのと
基地っと藤棚に形作られた咲き方。。。
ここのフジは自然の形?
昔からの歴史のある大学の構内はとても重厚で素敵な建物が多いですね。
あの頃はもっとその建物の中に身を置いてもっとしっかりとお勉強すればよかった・・・といつも後悔!(苦笑)
ミクミティさんへ。
2020年04月25日 22:34
あんまり身近過ぎる場所は、今まで
ブログに取り上げてこなかったんですが、
この御時世ではそんなこと言ってられません。
これからは半径150mの小さな世界が、
当ブログの大事な題材になるでしょう。
藤の花、ドウダンツツジの新芽など、
よく探せば、身近な場所にも季節を感じさせて
くれるものは、たくさんあるものですね。
今はTV番組を見ても、以前放送した内容を
つないで、再編集するスタイルが目立ってます。
ミクミティさんだったら、いくらでも
その手法が使えると思いますよ。
あっこちゃんへ。
2020年04月25日 22:49
これは藤棚の花です。1枚目、3枚目の
写真に棚の一部が写ってますけど、
何せ、小さな児童公園の藤棚ですから、
鉄の柱や棚が大分さび付いていて、
全体像を写そうという気になれませんでした。
大学のキャンパスは、街の再開発などとは
無縁なため、古い建物がよく残ってるんですね。
現役の学生さんは、その有り難みがあまり
よく分かってないのかも知れませんが、
建物マニアとしては見逃せない魅力的な場所です。
2020年04月26日 15:21
yasuhikoさん。こんにちは。
G・Wはスティホーム一週間と言われても、家に籠もるのは
いささかストレスも、溜まります。庭の花たちに水など散布してますが、車で移動でもしたい心境になりますね。
藤の花は、これからが見頃でしょうかね?
一橋大学の兼松講堂(ロマネスク様式)や東大の(ゴシック様式)マンホールの蓋など、現代まで連綿と続いている事。素晴らしいことですね。
銀杏並木の正面が、東大の赤門とは、今まで気づかなかったです。
yoshiさん(?)へ。
2020年04月26日 16:02
私も最近ほとんど外出してないので、
藤の花が咲き出してる事にも気づきませんでした。
何とか近所の公園で見られてよかったです。
引き籠もり生活もなかなか大変ですね。
東京の街は凄い早さで変化していきますが、
大学のキャンパスは変化が少ないので、
建物ファンにとっては見逃せないポイントです。
また自由にキャンパス巡りの出来る日が来ることを
楽しみに、今はもう少し我慢しましょうか。
2020年04月26日 17:17
こんにちは!
街中に住んでいると自然が遠く感じられるでしょうが探せば
色々と小さな自然が待っています。
私のような田舎に住んでいると逆に自然の有り難さが分からなくて
何が自然なのかと思ってしまいます。
散歩道の草花の色にも変化があり毎日新しい発見が有るのでしょうが
マンネリ化しています。
今こそ再発見の良いチャンスと捉え頑張りましょう。
信徳さんへ。
2020年04月26日 17:59
街の魅力を紹介するブログで、街歩きが
出来ないのは、正直かなりきついです。
でも、グチを言っててもしょうがないので、
仰るとおり、こんな時だからこそ、
身近な所にある花のよさを見直してみようと
ご近所巡りを始めました。そのお陰か、
藤の花見も出来て何よりだったかも知れません。
2020年04月26日 19:24
藤の花の季節ですねぇ。
引きこもりの毎日ですが、ブログを拝見して近所の藤の花が咲いているか確かめてこようと思いました。
一橋大学には行ったことがあり、兼松講堂の中にも入りました。20年以上前のことです。
でも妖怪のことも知らず、ロマネスク様式をゆっくり味わうこともなく、
今思うと残念です。
ガイドさんの案内と言うのがいいですね。
すずりん♪さんへ。
2020年04月26日 20:28
本当に、教えてもらわなければ、
藤の花が咲き出したことにも気づかないまま
終るところでした。不自由な中でも、
ご近所で藤が見られたのはよかったと思います。
そうでしたか。兼松講堂の中に…。
それは羨ましい。私は開いてる扉の隙間から、
ちょっと覗き見ただけです。一橋大学の
キャンパスには、庭の日時計や、図書館の庇など、
あらゆる所に不思議な怪獣が潜んでるんですよ。
2020年04月26日 20:55
yasuhikoさま
こんばんは!
我が家の藤はそろそろ終わりに近づいています。
これから散り始めると暫くは掃除が大変でが・・・
きょうは天気も良く庭の花達の笑い声や
ひそひそ話が気持ち良さそうに聞こえてきました。

午後は久しぶりに川辺を散歩してきました。
足を止めて野草の小さな花を眺めたり、会話したり
数種類、持ち帰って、小コップに生けて楽しんいます。
今、気付いたのですが総て花びらを折りたたんでいます
夜になると野草も眠たくなるのですね。
可愛いもんですよ。有難うございました。

2020年04月26日 21:03
藤の花が綺麗ですね
蕾があるのでこれからも楽しみですね
ハナミズキも今が見頃ですね
キャンパスめぐり いいですね
建物がステキです

詩誠さんへ。
2020年04月26日 21:34
藤の花、もうフィナーレにさしかかってますか。
外出する機会がうんと少なくなっただけに、
ぼんやりしてると、見逃してしまう
花が多くなりそうです。ご近所の公園で、
藤の花が見られてよかったと思いました。
そうですか。いいですね、川辺を散歩し、
野の花を摘んで、リラックスするというのは。
私もまた、折を見て野川沿いの遊歩道を
散歩してみようかなと思いました。
ルーシーママさんへ。
2020年04月26日 21:43
藤の花、うっかり見過ごすところでした。
今年は花がみんな早いから、注意しないと
いけないですね。半径150mの
範囲内でも、季節の花を楽しむことは
十分出来るみたいです。東京の街の変化は
激しくても、大学のキャンパスはあまり
影響を受けません。早くまた自由に
建物ウォッチングが出来るといいなと思いました。
2020年04月26日 22:02
藤の花は、例年ゴールデンWの頃と記憶していましたが
今年は早いのでしょうか?
新緑が気持ちよさそうですよね~
田舎に住んでいれば、山など散策するのにな~
山なら三密もないし、空気も美味しくて
山菜取りでもすれば気分最高なのにな~
なんて妄想してます(^^)
ふてもさんへ。
2020年04月26日 22:30
そうなんですよ。今年は花がみんな早い。
藤の花も、例年より10日ほど早い気がします。
ぼんやりしてたら見過ごすところでした。
東京の街中でブログの題材を探すのは
なかなか難しいんですが、こうなったら
もう意地ですね。『街が好き』の名にかけて、
街の様子をテーマに頑張るつもりです。
tami
2020年04月26日 23:24
こんばんは。
藤の花が咲き始めましたか。
季節はどんどん移り変わり日差しも強さを増していきますね。
近代建築巡りしていたときの幸せを改めて感じていませんか。
tamiさんへ。
2020年04月27日 10:50
例年より10日ほど早く、藤の花が咲き始めました。
危うく見逃すところでしたが、教わって、
ご近所の公園に出かけてみてよかったです。
しばらくは、こうした昔の写真を利用した
編集記事が多くなるのは仕方ないとして、
早く自由に街歩きが出来るようになるといいですね。
2020年04月27日 19:16
もう藤が咲いているのですね。ご近所の小さな児童公園とのことですが、なかなか素敵な公園ではありませんか。なかなか外出がままなりませんが、このような散策も良いものですね。
yoshi
2020年04月27日 19:27
yasuhikoさん。こんばんは。
イキシアの花や紫蘭が咲き始め、画像追加しました。
お暇な折にでも、どうぞ!!
降魔成道さんへ。
2020年04月27日 21:12
そうなんですよ。例年だと、GW期間中に
見頃を迎える藤の花が、もう咲き出してました。
今年は色んな花がみんな早いですね。
外出の自由が無い中でも、近所の公園で
藤の花見が出来て何よりだったと思います。
これからは、近所の花のよさを見直さないと…。
yoshiさんへ。
2020年04月27日 21:17
そうですか。今の季節は、もう次から
次へと花が咲き出す感じですもんね。
必ずまた訪問したいと思います。
2020年04月28日 09:33
こんにちわ
もう藤の花、咲いているんですね
今年は桜も早かったけれど~
>引き籠もり生活が長くなると
コロナ早く収束して欲しいですね
minaさんへ。
2020年04月28日 11:30
藤の花、例年より10日程早く咲いたんじゃ
ないでしょうか。今年は花がみんな早いですね。
近所の公園で見られてよかったです。
しばらくは、世のため人のため自分のため、
空想の世界に遊ぶより仕方ないかも知れません。
2020年04月28日 13:29
半径150m以内でも色々な花が美しく咲いていますね。
うちの近所でも立派な藤の花や豪華なしゃくなげが咲いていました。
今まではさほど気にせず歩いていた道やよそ様のお庭にも
人々を楽しませてくれる花々がたくさんあるんだなと気づかされています。
東大生の他大学を見下すような上から目線、あれがイヤよねぇ。
私も同じ穴のムジナだと思われたくないし
講堂も街の雰囲気も国立の方が良いから
1ランク落として一橋にしたわ。。。
な~んて妄想をしてみました(笑)
でも東大生の上から目線は本当に感じてました。
うずらさんへ。
2020年04月28日 16:26
分かります。私も身近な場所は、これまで
なるべく取り上げないようにしてたんですが、
気をつけてよく眺めてみると、ご近所にも
けっこういい花があるもんですね。
公園の藤の花が楽しめてよかったです。
しかし、一橋大のキャンパスは本当に素敵ですね。
国立の街も魅力的だし、ここは以前から
お気に入りの場所の一つでした。
東大出身者といっても、色んな方がいるし…。
トップを目指して、ガツガツしてる
方たちばかりじゃ無いと信じたいですね。
2020年05月03日 15:10
仮想大学キャンパスめぐり、これはいい企画ですね!
それぞれの大学で、個性的な意匠を発見できますね。
本当に東大のキャンパスは入りやすいですよね。
僕も以前勉強のための資料を探していたときに東大の図書館に行き、こんなに簡単に入れるものかと驚きました。
家ニスタさんへ。
2020年05月03日 16:20
昔は好きで、大学のキャンパス巡りを
よくやってました。ここ数年、ブログでは
取り上げてないので、久しぶりに
面白いんじゃ無いかと思って…。それに、
このテーマなら、第二弾、第三弾の記事が
書けそうです。歴史ある大学って、
割合大らかなところが多いんですよね。
2020年05月17日 08:43
フジ棚のある公園も人が少なく、見に行くには実は佳いような気がするんですけれど マスク不足でなんとなく行きにくいです。
あまり神経質になっててもしょうが無いと想うのですが…。
一橋大学と東大巡り、前見せてもらったのの復習みたいで楽しいです。
最近建てられる学校舎はどォも味気ない。
明治期から昭和初期の方が文化度が高いような気がします。
制服で行きたい女子高生ではないですけど、校舎で行きたい学生も異端じゃないか…ッとちょっと妄想してみたり。
おーちゃんへ。
2020年05月17日 13:24
今年は、チューリップ畑や藤棚の花が、
人が集まらないよう早めに摘み取られるなど、
悲しい話が日本各地でありましたね。
本格的な花見は来年に期待しましょうか。
大学の校舎は、仰るように、戦前のものが
断然いいですね。一橋大学など、中庭を巡るように
校舎が配列され、キャンパス全体の環境作りにも
配慮が行き届いてるように思いました。
古いものを大事にしない東京の街ですが、大学の
場合はそうでも無いので、有り難いなと思ってます。