三日月ガーデンとデ・ラランデ邸

今回は少しだけ遠出を。といっても、娘たちが通ってた
中学のすぐ隣ですから、大した事はありません。ここに、
三日月ガーデン」という名の休憩スペースがある事を
思い出し、訪ねてみました。後半は、今年正月に訪ねた
「江戸東京たてもの園」の未公開写真です。


 三日月ガーデンの花々】

DSC00966.JPG

DSC00968.JPG
 白にピンクの花が交ざってました。咲き始
 め頃のハコネウツギでは?と思いましたが、
 プレートが無いので、自信はありません。


DSC00975 (2).JPG
       君はどう思う?


DSC00969.JPG
 わしゃ、シラン…なんて。


DSC00971.JPG
 知識より愛が一番…とささやいたのは、
 ホットリップス嬢(チェリーセージ)。


DSC00984.JPG

DSC00977.JPG
 ノイバラの花は優しく微笑むだけ。


DSC01000.JPG
 酔って無いよね、ヘビイチゴたち。


DSC01004.JPG
       仲間なら、彼の名前が分るだろう。
       ところで、君らタニウツギだよね?

DSC00961.JPG
 お遊びはこのくらいで…。帰ってから、
 ベランダで撮影したオマケの一枚です。
 赤いプロペラ、楓の種が見えますか?


 【たてもの園のデ・ラランデ邸

DSC08074.JPG
 たてもの園までの道の途中に、立派な藤棚
 あります。初夏はこんな景色が見られるのに
 と思って、7年前の写真を探してみました。


DSC08089.JPG
DSC08094.JPG

DSC07780.JPG
 藤の花見を楽しんだ後は、たてもの園内の
 デ・ラランデ邸へ。今年正月の写真ですが、
 今の季節に訪れた気分でご覧下さいませ。


DSC08881.JPG
       明治43年(1910)頃の話ですが…


DSC08885.JPG
 デ・ラランデはドイツ人の建築家。神戸の洋館、
 風見鶏の家(トーマス邸)の設計者です。その
 彼が、信濃町にあった平屋の洋館を増改築して、
 家族7人で暮らし始めたのがこの家でした。 


DSC08874.JPG
DSC08876.JPG

DSC08875.JPG
 大正初期の姿に復元したという室内装飾。戦後、
 この邸はカルピスの生みの親、三島海雲の住居
 となり、最後は三島食品会社の事務所でした。


DSC06051.JPG
       1階の部屋とテラスでは、現在カフェ
       営業中。大正ロマンの空気の中で、喫茶、
       食事が楽しめます。正月の訪問時、私は
       ジャーマンライスという昼食メニューを
       注文して、優雅な一時を過しました。

       

ブログ気持玉

この記事に貼り付けられるブログ気持玉の上限に達しました。

気持玉数 : 500

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

ハイジママ
2020年05月14日 05:41
こちらもナンジャモンジャの花 盛りになりました。三日月ガーデン 日本古来の木花が多いようですね。

今日のお写真も すべて完璧!

はやく東京も落ち着きますように。

しかしながら『 油断大敵 』ですね。
2020年05月14日 06:48
おはようございます。
お花たちの会話、楽しいですね。本当にそう
話しているようです。
お写真もとても綺麗です。花の名前は
難しいですね。
2020年05月14日 07:01
おはようございます。多分箱根ウツギでしょうね。こちらではまだお花は
さいていません。ノイバラも以前の家の近くに群生していてとてもいい香りがするほど沢山でした。

紫蘭には思い出があります。私の運転にケチをつける主人に、ちょうど横に紫蘭は咲いていたので思い切り「シラン!」とさけんでしまいました。
自分は運転しないのに、おりてよ、といいたかったこといまだに思いだします(笑)

藤、綺麗ですね~♫
2020年05月14日 07:34
小さな花が可愛いですね、特に色合いが
おとなしくて可憐な感じがします。
デ・ラランデ邸の印象はスイス風に見えましたが、
神戸の風見鶏の家を設計した人なのですね。
フロインドリーブという神戸のドイツパンのお店を
思い出しました!
2020年05月14日 09:08
ハコネウツギ、タニウツギ・・・
良いですね、この時期ならではの花ですね。
故郷、魚沼の谷間に咲くタニウツギを思い出しました。
素適な写真に感謝!感謝!です。
2020年05月14日 09:50
花たちの おしゃべり 面白いです!!。
花の名前は 余程 特徴がないと 難しいですね。
名札があれば スッキリするのですが いつまでも
悩む時があります。
真っ赤な ヘビイチゴ 昼間から酔っていないですよ。
美味しそうに見えますが 味はどうなんでしょうね。
2020年05月14日 10:04
こんにちは

三日月ガーデンですか。
素敵な名前ですね。
三日月の形になってるんですかね。
花がいっぱいですね。
綺麗ですね。
藤もいいですね。
季節ですね〜。
2020年05月14日 10:14
ハコネウツギ、ふんわり綺麗ですね
ホットリップスも愛嬌がありますね。
タニウツギはひょっとして?
ツクバネウツギかも知れません(― ―*)。。oO
カエデの翼果は夢が広がる気がします。
どっかに飛んでいきたいな~~~

たてもの園、恋しいで~~~~す。
閉鎖されて、長くなってしまいました。
今月、いっぱいまでは無理ですかね。
庭園というより施設中心ですから。
パスポートも履行できないまま過ぎていきます。
デラランデ邸の武蔵野茶房の
お芋のパフェが食べたいです
2020年05月14日 10:42
おはようございます。
わしゃ、シラン・・に思わず吹いてしまいましたぁ~。
ホットリップス嬢の愛が一番とささやいたのには、ふふ~んとなりました(笑)
楓の種、赤いプロペラも可愛いですね。
デ・ラランデ邸の天井の天使たちも、癒されます。
最初のお花はタニウツギだったんですね~。
2020年05月14日 11:07
こんにちは!
色々なウツギの花が見られる季節になりました。白から紅色に変わるハコネウツギは可愛いですね。よく似ている花が多いので名前のプレートが欲しいですね。
お花たちの会話に微笑んでしまいました。
シランといえば子供の頃こんな会話をしていました。紫蘭を指して「この花の名前知ってる?」「知らん!」「よく知っているね、その通り」(笑)
フジの花がとてもきれいです。
カエデの赤いプロペラも良いですね。いっしょに何処かへ飛んでいきたい気分です(笑)
江戸東京たてもの園は休園中でしょうね。早くコロナがおさまることを願っています。
2020年05月14日 12:27
ウツギの花綺麗に撮りましたね~。フジも素敵です。
たてもの園はお正月の無料公開の時でしょうか。
私はケチだからここのカフェとか入ったことがないんです。
たいていはコンビニのパンかじってます(爆)
2020年05月14日 13:19
 北海道のウツギ類は、まだですが、関東はもう満開ですね。ここ数日夏日だったようで一気に花開いたのでしょうね。yasuhiko節も炸裂しています。(笑)
 藤は、もう見ごろで、この季節にはぴったり、風情のある植物だと思います。
 デ・ラランデ邸の照明の天井の漆喰?の飾り、凄い立体感有りますね。本当の彫刻の様なデザインです。
 
 
2020年05月14日 13:36
素敵なお花の季節ですね。
なるほど、セリフがついてると
そういうふうに見えてきました(笑)
たてもの園の藤、きれいですね。
デ・ラランデ邸のロマンティックな
建物も素敵ですね。
2020年05月14日 13:54
こんにちわぁ~
三日月ガーデンの花の会話が面白いでしゅねっ
デ・ラランデ邸のシャンデリアの飾りの彫刻が素晴らしいと思いました
ドイツ風なのかは解りませんがミスのない潔癖な出来栄えが見事だと感じました
自由な日本風とは一線を画したもののように感じました
オイラは前にも見たと思うんでしゅがぁ~
再度、驚嘆でしゅ
ナイス!・・・☆
winga
2020年05月14日 14:06
こんにちは。
あら、前半yasuhikoさん面白いですよ。
酔っぱらってるんですか?ギャグ炸裂ですね(笑)

1910年。まだ生まれてないなぁ。
ゴージャス!隅々までゴージャス!

藤の花も、今年も咲いてくれてるでしょうね。
お食事召し上がったんですか。羨ましい。
keikoさん
2020年05月14日 15:30
三日月テラスの花々、色々な種類で綺麗ですね。
楓の種(赤いプロペラ)、うちの向かいのお宅にも沢山見かけます。えんじ色が緑に映えて、なんとも言えません。
姪の子供(2才)は、この春タンポポの綿毛に夢中でした。
誰でも一度は夢中になる??
藤も、鑑賞気分を楽しませて頂きました。亀戸天神も藤が有名ですよね。藤祭りも残念だったことでしょう。
たてもの園は、もう少しで開園でしょうか。また行きたいです。たてものも植物も楽しめて、よい所ですね。神代植物園のバラも恋しい頃ですよね! 良い季節ですね~!! 
ハイジママさんへ。
2020年05月14日 15:31
ナンジャモンジャの木は、遠くからでも
よく目立つから、一本あるだけで、周囲の
景色が変りますね。有難うございます。
何とか近所の花で頑張ってます。
23区内はしばらく避けようと思ってるんですが、
せめて植物園のような地元の施設が、6月から
開園になってくれると嬉しいんですけどね。
2020年05月14日 15:33
冒頭の花はハコネウツギに見えますね。
お花たちの会話が楽しいですね。
たてもの園にも立派な藤棚があるのですか。
今年はフジを見逃してしまいました。
7年前の写真で楽しむとしましょう。


ゴンマックさんへ。
2020年05月14日 17:12
○○ウツギと呼ばれる花の名前に
さっぱり自信が持てないので、どうしようかと
考えている内に、自然にこんな会話形式に
なりました。ネームプレートが無いと、
素人にはちょっと判別が難しいです。
でも、今は気候がいいので、花たちが
本当にささやき合ってるように見えますね。
秋月夕香さんへ。
2020年05月14日 17:25
多分、ハコネウツギかなと思ったんですが、
○○ウツギと名の付くものの判別は、
私には難しいです。似た種類もあるそうで…。
そこで、花たちと会話するような形にしてみました。
シランにそんな思い出がおありですか。
花の名が面白いので、「知らん」と意味を掛け、
駄洒落にしてみたくなるんですよね。
昔の写真ですが、藤の花は今の季節に似合います。
ポジティブオーラさんへ。
2020年05月14日 17:39
何か少し違う花は無いかと思って、
いつもよりちょっと遠くまで歩いてみました。
せっかく気候がいいので、少しでも
多くの花に出合えたらいいなという思いです。
デ・ラランデと聞いても、ピンと来ない
方が多いだろうと思いますが、神戸北野の
風見鶏の家を設計した人の名前かと思うと、
何だか親しみが感じられてくるから不思議です。
信徳さんへ。
2020年05月14日 17:45
○○ウツギと名の付く花は、どうも
区別がよくつきません。でも、
この季節らしい清々しさに溢れている上、
花数も多いので見応えがありますね。
自生してる花には出合った事がないので、
いつかその機会に恵まれたらなぁと思います。
フラバーバさんへ。
2020年05月14日 17:57
今回はどうも花の名前に自信が持てないので、
調べるのは諦めて、花たちと会話する
形式にしてみました。どうせ分からないなら、
それなりに遊んじゃえという感じです。
気候がいいと、遊び心が刺激されるのかも
知れませんね。ヘビイチゴは食べることは
出来ても、あんまり美味しくないんだそうで…。
私はまだ実験してません。
トトパパさんへ。
2020年05月14日 18:03
三日月ガーデンの名前、仰る通りです。
大通りと弧を描く私道に挟まれた
中途半端な土地を、所有者の方(?)が、
ボランティアらと一緒に花を植え、
通行人の休憩スポットにしたみたいです。
今はすべての施設が閉まってるので、
こういう場所は貴重ですね。
nobaraさんへ。
2020年05月14日 18:19
なるほど、ツクバネウツギ。
今ネットで少し調べてみましたが、
確かに、花の内側に黄色い模様があったので、
その可能性は大ですね。でも、ツクバネと
呼ばれるほど、咢ははっきりしてないんです。
もしかすると、両者の交雑種か?
○○ウツギと名の付く花は、区別が難しくて…。
撮影場所に困って訪れたガーデンですが、
思っていたより花が多くて助かりました。
たてもの園、月末までは閉園でしょうね。
そう、パスポートの扱いはどうなるんでしょう。
私の場合、この閉園中に神代植物公園の
パスポート有効期間が切れてしまうんですが、
その分は延長されるんでしょうか。
ぽぽさんへ。
2020年05月14日 18:24
冗談にお付き合いいただいて、
有難うございます。今回は、どうしても
花の名前に自信が持てないので、
分からないなりに、花たちと会話するという
趣向にしてみました。深く考えずに
笑っていただけると、大いに助かります。
カエデの種子、赤いプロペラは、
この季節のちょっとした風物詩ですね。
ekoさんへ。
2020年05月14日 18:35
そうなんです。この三日月ガーデンには、
花のネームプレートが一切なくて…。
ベンチは置かれてるので、帰宅前の中学生を
始めとする通行人の休憩スポットという
位置づけなんでしょう。ハコネウツギには
よく似た花もあるし、私にはちょっとお手上げです。
シランの花は、やっぱり、そういう語呂合わせを
楽しみたくなりますね。自信がないだけに、
今回はそういう言葉遊びを楽しんでみました。
カエデの赤い種、見つけると嬉しいものです。
たてもの園は、今月いっぱいは閉園でしょう。
その分、写真で楽しめれば何よりです。
はるる
2020年05月14日 19:09
三日月ガーデン、いい名前のところなんですね。
花もいろいろありました。
物語も最高です。
たてもの園は懐かしいです。
ここではいつもランチをしてきます。
見事なフジの花です。
すてきな写真を見せていただきました。
2020年05月14日 19:29
まるで可愛いお花たちのセリフの様な
楽しくておしゃれなコメントで、倍、楽しませて
いただきました。

こんな時だからこそ、ゆっくり振り返るのも
好いとは思いますが、
きっと沢山の量の写真を保存されているでしょうに、
手際よく目的の写真をピックアップされている事に
感心させられました。
というのも、たまたまPC内の写真整理をしていて
少し疲れましたので。

どのように整理されているのでしょうか(^^♪
変コメになって、ごめんなさい。
2020年05月14日 19:39
こんばんは。
早くもウツギの季節なんですね♪
コメント、お花自身が呟いているようで、面白いです☆
それに、お上手ですね!♪
赤いプロペラ、確かに確認しましたよ。。
デ・ラランデ、あの風見鶏の家の設計士さんでしたか。
外観も内装も、とても素敵ですね。
お洒落なジャーマンライス、美味しかったことでしょう☆
イッシーさんへ。
2020年05月14日 20:24
花の名前に自信の持てないところが
残念なんですが、今の季節らしいいい花に
出合うことが出来ました。たてもの園を
訪ねたのは、「昔遊びの日」のタイトルで、
子供たちに凧作りや、ベーゴマ遊びを教えてた
日です。私もお昼は節約するようにしてますが、
デ・ラランデ邸の1階は、注文しないと
見学できないので、食事は取材費込みですね。
のろばあさん
2020年05月14日 20:28
こんばんは。
ハコネウツギは可憐なお花ですね。色が混じりあっているので可憐さが引き立ちますね^^。お花達のつぶやきが楽しくて思わずニコッとなりました。例年だとこんなに立派な藤棚が見られるのですね。
私が夕方散歩して居る公園にも藤棚があるのですがここ数年お花を見たことないので不思議に思って居たらお花が咲く前に短く切ってしまうそうです。毛虫被害を避けるためだとか・・・。それもどう何でしょうね~♪ 風見鶏の家は見たことありますが設計者が同じなんですね。道理でお洒落ですよね。カルピスの創業者の住まいとなり事務所を経てカフエと移り変わったのですね。数奇な運命の住まいのお話興味津々でした。
藍上雄さんへ。
2020年05月14日 20:37
花の名前が今一はっきりしないのは、
ちょっと残念ですが、ハコネウツギと覚しき花が
いい具合に咲き始めていました。後はもう
記事をまとめる時の勢いだけですね。
たてもの園は5月末まで休園です。もし少し前に
ここを訪問したら、こんな景色が見られたのに
というつもりで、藤の花の写真を探しました。
デ・ラランデ邸の漆喰彫刻は、再現した
ものとはいえ、見事な細工だと私も思います。
huuさんへ。
2020年05月14日 20:44
今はいい気候なので、花の表情が
みんな生き生きして、輝いて見えますね。
それならばということで、今回は
花たちと会話を楽しむ趣向にしてみました。
藤の花は、もし、初夏にたてもの園を
訪問したらと考えてのサービス写真です。
たてもの園、早く行けるようになるといいですね。
デミさんへ。
2020年05月14日 20:53
○○ウツギと名の付く花はどうも苦手で、
名前に自信が持てません。どうせ分からないなら、
適当に遊んでしまえという訳で、今回は
花たちとの会話を楽しむスタイルにしてみました。
デ・ラランデ邸の漆喰彫刻は、再現品とはいえ、
実に見事なものです。7年前のブログ記事でも
紹介したように思いますが、今年正月の
訪問時にも、また何枚も撮影してしまいました。
wingaさんへ。
2020年05月14日 21:09
私は決して酔っ払ってませんよ。
これは陽気のせいですね。最初の花の名前で
つまづいてしまい、後はもう変化球で
かわすしか無いなという気になりました。
たてもの園、ここずっと閉鎖中なのが残念です。
少し前までこんな景色が見られたはずなのに
ということで、藤の花の写真を添えてみました。
デ・ラランデ邸、旧食堂や居間の見学を兼ねて、
食事を楽しめるのが嬉しい点ですね。
keikoさんへ。
2020年05月14日 21:19
三日月ガーデンの花を撮影するのは
初めてですが、咲き始めのハコネウツギ(多分)
など、フレッシュな花が多くて楽しめました。
楓の赤いプロペラは、私も大好きです。
植物公園を始め、ありとあらゆる施設が
閉園・閉館になってますから、こういう時に
花を撮影できる場所があるのは有難いですね。
たてもの園も、いつもの年だったら、こんな
きれいな藤の花が楽しめるんですが…。
施設が開く日を、もう少し我慢して待ちましょう。
コスモスさんへ。
2020年05月14日 21:28
私もハコネウツギでいいかなと
思ったんですが、ニシキウツギという
よく似た花もあるので、少々迷いました。
はっきり分からないのなら、後はもう
楽しい会話スタイルにしてしまおうというのが、
今回の趣向です。藤の花は、たてもの園に
向かう途中の道(小金井公園内)で咲いてました。
たてもの園が閉鎖中の今は、昔の写真で
花の様子を振り返るしかありませんね。
はるるさんへ。
2020年05月14日 21:39
三日月ガーデン、名前がいいでしょう。
実は、大通りと指導に挟まれた
中途半端に狭い空間だからなんです。
恐らく、住宅地にも駐車場にもし難いんで、
持ち主さんが趣味の庭園にしたんじゃ
無いでしょうか。たてもの園、今閉鎖中なのが
残念ですね。ここもよく行かれますか。
昔撮影した藤の花の写真と、割と最近の
建物の写真で、訪問気分を味わおうと思いました。
つばささんへ。
2020年05月14日 21:58
今回は冒頭の花の名前で躓いてしまって…。
ハコネウツギで多分いいだろうと思うんですが、
ちょっと自信がないので、その後は
名前にこだわらず、花たちと会話を楽しむ
というスタイルで押し通してみました。
たまにはこんな趣向も面白いかなという感じですね。
お尋ねの件ですが、写真は年月日順にハードディスクに
保存してます。例えば、今回の場合なら、
このページ右上にあるブログ内検索を利用すると、
デ・ラランデ邸は2013年5月に記事にしてると
分かりますから、後は、その時の写真を
保存した写真の中から探せばいいという訳です。
2020年05月14日 22:05

こんばんわ。

デ・ラランデ邸 すばらしいですね。7年前に娘と二人で神戸旅に行ったおり北野異人館を訪ねました。

カルピス… 母が飲食店を営んでいたので夏になると、かき氷のカルピスがよく売れたなぁと、そんなことをおもいださせていただきました。
ハーモニーさんへ。
2020年05月14日 22:10
今回は花の名前にちょっと自信がなかったので、
正確さは始めから捨て、花たちとの会話を
楽しむというスタイルで遊んでみました。
ハコネウツギ(多分)の咲き始めは爽やかですね。
楓の赤いプロペラは大好きなんです。
見つけてくださったようでホッとしました。
デ・ラランデ邸は、神戸の風見鶏の家を設計された
方が住んでいたのかと思うと、ちょっと
親しみがわきますね。見学を兼ねて
食事ができるのも、非常に嬉しい点です。
2020年05月14日 22:17
一枚目に眼を惹きつけられて@@ ハコネウツギというんですか。
花や植物の名前が、どうしても覚えられない我が夫婦、どうしても名前と実物が一致しなくて、綺麗な花を見てもどちらか一方が「綺麗だねえ^^なんて花だろう??」といっても、「シラン」「私に聞くか?」で会話が途切れちゃいます。。

城の板壁に赤い屋根の三階建てにバルコニー付き洋館、ついつい見上げてしまいますねえ@@
石膏の天使レリーフ、むき出しの梁のように見える漆喰天井にも細かい意匠が凝ってますねえ@@ 派手そうに見えて、落ち着きがある雰囲気^^
のろばあさんへ。
2020年05月14日 22:39
咲き始めのハコネウツギ(多分)は、
白と薄いピンクの花が混ざってきれいでしょう。
この花が見られただけでも、三日月ガーデンに
やってきてよかったと思いました。
気候がいいせいか、初夏の光に花たちの
表情も輝いて、何だか本当に会話してる
みたいに見えるから不思議ですね。
藤の花の場合は、やっぱり、花房が長くないと
物足りないような気がします。7年前は
ちょうど色々な条件が良かったのかも知れません。
デ・ラランデ邸の歴史に興味を抱いて戴いて、
有難うございます。カルピスの創業者と
縁があるということで、確かここのカフェには、
ミルクカルピスのメニューがあったような…。
小枝さんへ。
2020年05月14日 22:47
デ・ラランデ邸、いかにも洋館らしい
雰囲気のある建物でしょう。
神戸の風見鶏の家を設計した方が、住んで
られたのかと思うと、よけい親しみがわきますね。
そうでしたか。カルピスにそんな思い出が…。
子供の頃は、カルピスはちょっとした贅沢品
だったような記憶があります。そうそう、
ここのカフェでも、メニューにカルピスがあるんですよ。
つとつとさんへ。
2020年05月14日 22:58
有難うございます。咲き始めたばかりの
ハコネウツギ(多分)は爽やかでいいでしょう。
花の名前は私も詳しくありません。
この花の場合、時期的に考えても、花の形からも
○○ウツギだという事までは分かるんですが、
後はネットで検索です。この花の場合、
ニシキウツギというよく似た花があるので、
最後までちょっと迷いました。
デ・ラランデ邸、復元されたものとはいえ、
照明器具の上を飾る漆喰の浮彫は見事ですね。
前にも記事にしてるんですが、今回改めて
また見惚れてしまいました。
2020年05月14日 23:15
こんばんわ。

三日月ガーデン、なんて素敵な名前の休憩所があるのですか~。
いろんなお花が見られて良いところですね。
ハコネウツギが咲いてますね、藤の花がとても素敵です。
デ・ララン邸の内装や調度品素敵です。
神戸のあの風見鶏の家の設計者でしたか~知りませんでした。
2020年05月14日 23:16
yasuhikoさん、きれいなお花たちと楽しいお話されたんですね。
その様子に私も思わず微笑みました。ノイバラさんの様に優しくはありませんが。
タンポポは道ばたに咲いていると可愛いと思うのですが、庭に咲くとはびこらないでと思ってしまいます。勝手ですね。

デ・ラランデ邸が一時期事務所だっただなんて、働くのが楽しくなりそうですね。
そこで優雅なお食事のひと時、羨ましいです。
2020年05月14日 23:28
可愛いお花たちのお話が微笑ましいです(^^♪
枝いっぱいのハコネウツギ、枝垂れて咲いてますね。
揺れる枝の花が美しいですね。
初夏の花が次々と咲き始めて・・。
若葉の中に赤いプロペラ、クルクル回りながら飛んで行くのでしょうね。
見事なフジの花、甘い香りが漂ってたことでしょう。
デ・ラランデ邸は神戸の風見鶏の家(トーマス邸)の設計者なのだそうですね。
素敵な天使の漆喰、美しいです。
ロシアンブルーさんへ。
2020年05月14日 23:30
三日月ガーデン、名前がいいでしょう。
どうも土地の形からつけられた名前のようです。
大通りと、曲がった私道に挟まれた
三角形の使いにくい土地なので、持ち主の方が、
趣味の園芸を楽しむ場所にしたみたいですね。
今は開いてる施設がないので、こういう
花の撮影場所があるのは有難い気がしました。
ハコネウツギ(多分)など、花もいいでしょう。
デ・ラランデ邸、建物を保存するだけでなく、
カフェとしても利用できるのも魅力的ですね。
すずりん♪さんへ。
2020年05月14日 23:42
この日はお天気も良く、初夏のまぶしい光に
花たちも輝いて、晴れやかに見えました。
本当に何か話しだしそうな雰囲気が
あったんですよ。そうですか。たんぽぽって、
野原に咲いていてこそ、魅力のある花なんですね。
野には野の花、庭には庭の花という訳でしょうか。
デ・ラランデ邸、赤いマンサード屋根が
遠くからでもよく目立つ洋館らしい洋館です。
見学を兼ね、カフェで休憩できるのも嬉しい点ですね。
2020年05月14日 23:48
 三日月ガーデン、面白い名前です。
ノイバラがもう咲いていたのですね。
家のまわりではまだ咲いていなくて、
咲くのを待っています。
いまウツギの花がきれいですね。
とっても優しい色合いです。
花たちの会話も面白かったです。
 ラランデ邸、フジの花が見事に咲いています。
そしてステキなランプシェードです、
エンジェルの可愛い手から下がっているのも楽しいです(^^♪
心さんへ。
2020年05月14日 23:54
咲き始めのハコネウツギ(多分)が、
とても爽やかな感じで目を引きました。
花たちの表情が何やら楽しげなので、
写真を見てるうちに、つい話をさせたくなって…。
気候のいい時期は、花も輝いて見えますね。
7年前の写真ですが、あの時は、藤の花の
いい時期にめぐり合わせたと思います。
デ・ラランデ邸、復元したものとはいえ、
天使の姿をした天井装飾は見事なものですね。
2020年05月15日 00:05
こんばんわ
今回一番気になったのは…オマケの赤いプロペラ、楓の種です。
自分の眼で楓の花や種を見た記憶はありません。種がヘリコプターのように旋回しながら飛散していく光景…ぜひ見てみたいものです。
かなり昔ですが、落葉するケヤキの下で自分の周りに葉が雨のように降り注いでいた…記憶が印象深くて、楓の種の飛散も同じように気持ち良いだろうなと想像しましたので。
ミキさんへ。
2020年05月15日 00:06
三日月ガーデンという面白い名前、
敷地の形に由来するんだろうと思いました。
ここは大通りと、曲がった私道に挟まれ、
細い三角形になってるんです。
持ち主さんも他に利用方法がないから、
花も楽しめるし、通行人が自由に休憩できる
スポットとして残したんじゃないでしょうか。
タニウツギ(多分)がきれいに咲いてて、
ちょうどいい被写体になってくれました。
デ・ラランデ邸、室内は復元したものですが、
ランプシェードや、天井の浮彫装飾など、
よくできていて見応えがありますね。
ハルさんへ。
2020年05月15日 00:16
カエデの赤いプロペラは、私も
大好きです。若々しい緑の中に、
竹とんぼのような形をした赤い種子が
いいアクセントになって、この時期の
風物詩といってもいいんじゃないでしょうか。
この時期のカエデを注意して見上げると、
割合よく見つかりますので、今度
ぜひ観察してみてください。
2020年05月15日 00:16
「三日月ガーデン」、沢山の花々が咲いてますね。
三日月の形した休憩スペースですか?
そんな事ないか。(^^ゞ
これだけ色々と咲いてるという事は、結構な、スペースなんでしょうねぇ…

この藤棚は、小金井公園の藤棚ですか?
立派な藤棚ですね。
ここの藤が見頃の時は素晴らしい景観ですね。
天気が良い時は、ブ~ンブ~ンと集まってきそうや。(^^)

デ・ラランデ邸、素敵ですね。
ここのお庭で、コーヒーとケーキーを頂きました。(^^)
2020年05月15日 04:38
 コメント出遅れてしまいましたが、ハコネウツギのピンクと白の混ざり咲く花は良いですよね。うちにも前ありましたが、枯れてしまいました。ノイバラはちいさく控えめな花ですが、香りも良く僕は園芸種の豪華なバラより好みです。今あちこちでさいていますね。
 見事に垂れさがるフジも良いですね。こちらも香りが良いものです。

デ・ラランデ邸も良い雰囲気ですね。ジャーマンライスというのも美味しそうなイメージです。
2020年05月15日 06:22
おはようございます
シランが知らんですって
おはなの会話がピッタリです
7年前のお写真ですか
私も残さなと駄目かしら
すぐに削除しちゃうのです
見事な藤綺麗ですね
今年は見られなくて残念です
2020年05月15日 07:46
こんにちは

蛇苺
まあ綺麗に色づいて
放浪時代
苺と名の付くものは
たいてい口に入れてみました
2020年05月15日 08:22
こんにちわ
チェリーセージ、綺麗に咲いていますね
数年前に育てていたのを思い出しました
藤の花、綺麗ですね
家の近くの藤の花はもう終わってしまいました
自粛で見に行けなかったです
来年こそは~
2020年05月15日 09:13
yasuhikoさんの目の付け所というのでしょうか...focusするところって
ホントご性格が出ているなぁ(優しい方なのだろうなぁ)といつも
思います。出すぎずひっそり咲いている花たちもこうしてUPされると
嬉しいでしょうね...
建築物に関してはここ見たかった..けど見過ごした...(自分で行くと)
そういうところを拝見できるようでホントありがたいですわ。
天井の彫刻素敵ですわ!
2020年05月15日 10:00
三日月ガーデンの花々、慎ましい咲き姿で好感が持てます。
立派な藤棚からは芳香が漂ってきそうですね。
デ・ラランデ邸は瀟洒な佇まいで、大正ロマンの香りがするようです。
カフェで優雅なひとときを過ごしたいと思いました。
2020年05月15日 10:11
食いしん坊ふてもと致しましては、ジャーマンライスなるものが気になって仕方ありません~ドイツソーセージやポテト、ザワークラウトなどが1プレートにのっているのかしら~なんて想像していますが(^^)
2020年05月15日 15:22
我が家のハコネウツギはまだ咲いていませんが
多分間違いないと思います。
数あるウツギ類の中でも華やかで綺麗ですよねぇ。
って決してタニウツギを下に見ているわけでは無いのよ~
と言っても「わしゃ、シラン」と言われそうですね(笑)
この時期にたてもの園に行くとこんな立派な藤の花が見られる
のですね。次はぜひ藤の花の頃に行ってみたいと思います。
デ・ラランデ邸は屋根が面白いですね。
室内の装飾がとても素敵で、以前カフェでお茶したときは
ずっと座っていたい…そんな気持ちになりました。
あっこちゃん
2020年05月15日 16:01
三日月ガーデン、素敵な名前の公園なのですね。
ここのハコネウツギ(?)もタニウツギもとってもやわらかくてほんとうにかわいらしいお花なのですね。
うふふ(^_-)-☆”シラン”をうまく使いましたね(お上手)
ホットリップスは”知識より愛”を叫びますか?
”世の中お金よねぇ”と言いたいところですが・・・難しいところです(^_-)-☆
明治のころにこんな素晴らしい洋館を立てたのですね。
あの風見鶏の家はよく覚えています。
素晴らしい建築家がいらっしゃるのですね。
yoppy702さんへ。
2020年05月15日 16:20
大正解です。ご推察の通り、ここは
大通りと湾曲した私道とにはさまれた
三角形の細長いガーデンです。
土地の持ち主さんも、きっとうまい利用法が
思いつかず。趣味のガーデニングを楽しむ
スペースと決めたんじゃ無いでしょうか。
たてもの園、行かれたんでしたよね。
この藤棚は、たてもの園の入口近くにある
小金井公園内のものです、7年前に訪れたときは、
これ以上無いほど見事に咲き誇ってました。
デ・ラランデ邸の1階部分は、見学を兼ねて
食事・喫茶休憩が出来るからいいですね。
なおさんへ。
2020年05月15日 16:30
三日月ガーデン、この日は
咲き始めたハコネウツギが、爽やかな印象で
人目を惹いていました。○○ウツギと
名の付くものは、ちょっと見分けが難しいですが…。
ノイバラの花は、仰るように清新な
イメージがあると思います。俳句に詠まれた
ハナイバラというのもこの花のようですから、
意外に古くから馴染みがあったのかも知れません。
デ・ラランデ邸、1階部分がカフェなので、
食事しながら見学できるのは有り難いですね。
ジュンさんへ。
2020年05月15日 16:40
この日は初夏の光がまぶしいくらいで、
花たちの表情も陽気そのもの、お喋りしたくて
うずうずしてるような感じでした。
こんな時は、ちょっと文章で遊びたくなりますね。
私の場合、過去の写真は時間順に整理して、
ハードディスクに保存してます。昔の写真を
利用したくなった時、こうしてると便利ですよ。
komichi
2020年05月15日 16:45
こんにちは!
今朝、ベランダに出たときに甘いいいバラの香りがしたのは、見えない崖に群生しているノイバラの香りだったと、こちらの写真を見ながら思っています。
わが家の辺りにはほって置くとウツギばかりになるほど多く、白い小さな花たちが満開になるのを待っています~☆
デ・ラランデ邸への道すがらの藤の美しいこと!
ため息が出てきます~(笑)。
ことし、藤野は藤の花があまり咲きませんでしたから。
無門さんへ。
2020年05月15日 16:46
ヘビイチゴ、まだ口にしたことが
無いんですよ。木イチゴは、子供の頃、
よく食べてたんですけどね。
黄色い花も可愛いし、赤い実は色鮮やかだし、
雑草にしておくのがもったいない植物ですね。
minaさんへ。
2020年05月15日 16:55
チェリーセージの赤い色、新緑の中で
ひときわ目立ってました。目も覚めるような
赤という気がしますね。この藤の花、
7年前にたてもの園を訪れたときに、
見かけたものです。これだけ満開のいい時期に
撮影できたのは、珍しいかも知れません。
また、いつか見に行きたいですね。
asakunさんへ。
2020年05月15日 17:06
有り難うございます。でも、そうなんでしょうかね。
撮影はその日の気分次第ですが、この日は
暑苦しいくらい日差しが強かったので、
花の表情も明るく晴れやかに見えました。
花の種類は、植栽してる方の好みも
あるんでしょう。洋館の魅力は、
何といっても、細部の面白さにあると思います。
デ・ラランデ邸の場合は復元ですが、
天使の姿の漆喰浮き彫りは本当に見事ですね。
トンキチさんへ。
2020年05月15日 17:13
三日月ガーデン、土地の持ち主と
ボランティアの方々が、趣味で花を植えてる
休憩スポットのようですが、思った以上に
可愛らしい花に出合えてよかったと思いました。
確かに、7年前にたてもの園を訪ねた時の
藤の花は、本当に見事でした。デ・ラランデ邸は、
1階のカフェで、室内装飾を楽しみながら
食事・喫茶休憩できるのが魅力です。
ふてもさんへ。
2020年05月15日 17:27
ジャーマンライス、気になるでしょう。
それが、あまりドイツ風という訳でも無くて…。
ピリ辛味のピラフの上に、千切りキャベツを乗せ、
これもピリ辛味のソーセージと、ゆで卵、
ブロッコリーをトッピングし、トマト味の
ソースでまとめたというようなメニューなんです。
かなり辛みが利いてるので、つけあわせの
ピクルスと、ヨーグルトが美味しく感じられました。
うずらさんへ。
2020年05月15日 17:43
ハコネウツギ説に賛成していただけますか。
それは心強い。なるべく味方を増やして、
ちょっと安心したいような心境です。
三日月ガーデンは、小さな休憩スペース
なのに、季節の花も楽しめるのがいいですね。
この藤棚、たてもの園までの道の途中、
小金井公園内にあります。いつかまた、
こんな花盛りに訪ねてみたいものですが…。
デ・ラランデ邸は、復元された室内の様子を
眺めながら、食事休憩できるのが嬉しい点ですね。
2020年05月15日 17:47
わしゃ、シラン・・。
は、私もよく使いました
「これはシランじゃないよ、知らんの?」
と、返された事も。
ヘビイチゴはあまり味が無く、ボソボソした食感です。
これを食べる小動物を蛇が狙う、
で、名が付いたと言う説がありますが、
ヘビイチゴの近くで蛇を見た事が無いんですけどね。

久し振りの洋館。
風見鶏の親戚ですね
天井にある装飾は、大理石の彫刻ですか?
見事です
内覧できるようになってからのレポを待ってます
あっこちゃんへ。
2020年05月15日 17:58
三日月ガーデン、細長い三角形の土地を
うまく有効活用した休憩スポットです。
ハコネウツギを始め、花の手入れが
よく行き届いてるので、ベンチで本を読んだり、
おしゃべりを楽しんだり、私のように
花の撮影をしたり、色々な使い道があるのは
有り難いですね。デ・ラランデ邸は、
赤いマンサード屋根が印象的な明治の洋館です。
神戸の「風見鶏の家」に縁が深いと知ると、
親しみが湧くような気がしました。
2020年05月15日 20:09
こんばんは~
ウツギの事タンポポに聞いてもシランですか~
ウチの孫もよく使うシラン!ある意味人気~
今の時期、山藤がいっぱい木に絡んで咲いてますね~!
見た目はきれいですが、木にとっては邪魔な存在ですね!
実家の裏山も藤が絡んで、仕方なく根を切ったりします。

イータン
2020年05月15日 20:37
こんにちは〜
「へび苺」やっぱりそういうながメジャーなのですね。
可愛い花に可愛い苺 実は友がガムの入れ物にへび苺を植えてくれました。
花だけ咲いて実はいまのところつけていません
ラランデ邸 明治の建物って貴重な建造物ですね
カフェの営業 近くでしたら入ってみたいです。
2020年05月15日 20:53
お花たちとの楽しいやり取り(^^)こんな一面もお持ちでしたか。
何故か知らんがうちの白いシランも紫蘭だそうだ。たまに駄洒落も(笑)
空木の花は素朴な可愛いさで好きです。
流石いいカメラは綺麗な藤色が出てますね。
デ・ラランデ邸の天井の装飾、天使の手から照明器具が垂れていますね。
大正ロマンの落ち着いた雰囲気の中でのランチも、さぞ美味しかったことでしょう。
tami
2020年05月15日 22:14
こんばんは。
三日月という名が気になりました。
ちょっとした細長く曲がった土地なんでしょうか。
そちらはウツギが見ごろですね。
こちらももうじき山間にタニウツギがこれでもかと咲き乱れるようになります。
この洋館はたてもの園に移築されたのですか。
komichiさんへ。
2020年05月15日 22:15
ノイバラの香りですか、いいですね。
想像しただけでも、気持ちが爽やかになります。
ウツギにも色々種類がありますが、
白い花が溢れる景色を想像してみました。
藤の花、7年前は大当たりだったと思います。
なかなかこんな当たり年には恵まれないので、
昔の写真を引っ張り出してきました。
東京都では、博物館・美術館・図書館あたりが
一番最初に再開されそうなので、その日が
今から待ち遠しい気がしています。
アルクノさんへ。
2020年05月15日 22:24
わしゃ、シラン。他の方のブログでも、
これと似たような表現をお見かけしますが、
一度使ってみたかったんですよ。
今回は名前のはっきりしない花があったので、
それをネタに文章で遊んでみようかと…。
ヘビイチゴは口にしたことが無いんですが、
あまり美味しくないですか。黄色い花と一緒に
眺めていた方がいいのかも知れませんね。
デ・ラランデ邸の天使の天井装飾は、
漆喰の浮き彫りです。再現されたものですが、
天使の手が照明器具を支え持つという、
凝った表現に感心してしまいました。
miyoさんへ。
2020年05月15日 22:30
シランは、名前で得してる花なのかも
知れませんね。今回はハコネウツギの名前に
自信が持てなかったので、それをネタに
文章で思い切り遊んでしまいました。
そうですか。山藤は厄介者扱いされるケースも
あるんですね。藤棚の藤を基準に考えていると、
分からないこともあるんだと思いました。
イータンさんへ。
2020年05月15日 22:38
ヘビイチゴは花も実も可愛いなぁ
と思っていたら、グラウンドカバーに
使われることもあるそうですね。
黄色い花と赤い実、緑の葉が揃って、
庭にあったらさぞいいだろうなと思います。
デ・ラランデ邸は、仰るとおり、赤いマンサード
屋根が印象的な、貴重な明治の洋館です。
見学を兼ねて食事休憩できるのも魅力的ですね。
かぼすさんへ。
2020年05月15日 22:52
今回は、名前のよく分らない花があったので、
それをネタにして文章で遊んでみました。
「白いシランも紫瀾」というのも面白いですね。
藤の花、7年前は大当たりの年で、
こんないい条件で藤の花を撮影できたのは、
この年しかありません。デ・ラランデ邸の
天井装飾は、仰るように、天使の可愛い手が
照明器具を支え持つという凝った造りになってます。
100年以上の歴史を持つ古い洋館で、
食事を楽しむことが出来るのは幸せな事ですね。
tamiさんへ。
2020年05月15日 23:01
三日月ガーデンは、仰るように、
大通りと曲がった私道に挟まれた、細長い
三角形の土地にある休憩スポットです。
持ち主さんもきっと使い道に困って、
趣味のガーデニングを生かす場所にしたんじゃ
無いでしょうか。咲き始めたハコネウツギなどが
目を楽しませてくれました。自生の
タニウツギは見たことが無いので憧れます。
デ・ラランデ邸は、信濃町からたてもの園に
移築され、7年前から公開されてます。
2020年05月16日 00:06
三日月ガーデンのお花での言葉遊び、楽しいですね。かわいいお花としゃれた言葉にひと時癒されました。デ・ラランデ邸、素敵ですね。早くまたこういう建物巡りをしたいですね。
2020年05月16日 10:07
こんにちは
ヘビイチゴさんもしかして
酒乱ではないですよねー^^
フジの花今年は切り取られた
所も
2020年05月16日 13:34
三日月ガーデン。
ロマンチックなネーミングですね。
たんぽぽのお写真、とても幻想的。見入ってしまいました。
ホントに会話しているようですね( *´艸`)
室内装飾にもウットリです。
かるきちさんへ。
2020年05月16日 13:48
この日は初夏の日がまぶしいくらいで、
花たちの表情も明るく輝くように見えました。
どの花もお喋りしたがってる気がして…。
言葉遊びは楽しいですね。たてもの園や
植物公園、早く行けるといいなと思います。
すーちんさんへ。
2020年05月16日 13:54
ヘビイチゴ、かなり酔った雰囲気ですが、
まさか酒乱というほどでも無いでしょう。
初夏の陽気で、暑気あたりしたのかも知れません。
こんな他愛も無いことを話していられると
いいんですが…。藤の花やチューリップ、
可哀想でしたね。来年はお花見できる事を祈ってます。
クリムさんへ。
2020年05月16日 14:04
三日月ガーデン、文字通り、
三角形の細長い土地を利用してるので、
それが名前の由来になったみたいです。
タンポポの綿毛、気に入って下さいましたか。
この子は、ちょっとくらい息を吹きかけても
種の飛ばない新米さんだったようです。
デ・ラランデ邸、建物ウォッチングを兼ねて、
カフェで食事休憩できる点が魅力です。
2020年05月16日 16:27
訪問が遅くなりました
14日の夜中にお邪魔したんですけど。。。
エラー表示になってビックリ
お気に入りの皆さんをクリックするもエラー画面しか出てこず諦めました

仕事に行く日も近いかと思って実家の断捨離やお風呂場のタイルのひび割れを自分で補修したり、すだれを変えたりと母の様子を見ながら家事の合間にやってます

アレルギーの季節でもあり、偏頭痛やら鼻水やら面倒な体です(笑)
やること沢山あるのになぁ~と思うように進まずで日々過ぎていきます

三日月ガーデンってお洒落な名前ですね
色んな花があって可愛いです
花たちのお喋りも面白い(笑)

デ・ラランテ邸はドイツっぽいなぁって思ったらドイツ人の建築家の設計なんですね
とっても素敵ですね
いつか東京たてもの園に行ってみたいです

ジャーマンライス気になります(笑)

2020年05月16日 18:09
三日月ガーデン。
この時期ならでわの、花木ですね。
これらの花々を、綺麗に写真に撮ってあげていますね~~。
さすがの腕ですね、生き生きとしています。
遠出?近場?花場に出会えて良いですね。

とまるさんへ。
2020年05月16日 20:47
私も先週は、ブロ友さんお二方のところに、
コメントが送信できなくて困りました。
どうも一度何かの拍子でエラー表記が出ると、
不審な動きと認識されるのか、エラー表記が
連続してしまう傾向にあるようです。
三日月ガーデン、ハコネウツギ(?)などの
花に恵まれ、思った以上に収穫がありました。
デ・ラランデ邸、明治時代の洋館ですが、
ドイツ人建築家が増改築に手を入れただけあって、
日本離れした垢抜けた雰囲気を持ってます。
見学がてら、1階のカフェでゆっくり
食事・喫茶が楽しめるのも魅力ですね。
温さんへ。
2020年05月16日 20:57
有り難うございます。咲き始めの
ハコネウツギ(?)を始め、季節の花に
恵まれ、思った以上の収穫になりました。
三日月ガーデンは、自宅から歩いて15分。
普段の散歩の範囲内ではあるんですが、
この日は気温が高く、マスク着用がかなり
苦痛に感じられました。それに、最近は
あまり歩いてないので、距離的に近くても、
気分的には少々「遠出」といった感じです。
2020年05月16日 22:44
こんばんは~
今日は雨で、バラの花は雨の重みに
耐えかねて、項垂れてしまいました。
明日は上を向いてくれるでしょう。

わしゃ、シラン (^^)/
我が家には白のシランが咲いています。

デ・ラランデ邸と風見鶏の館は親戚なのですね。
神戸に出かけても何気なく見ているだけです。
あの坂道、今は神戸も人は少ないでしょう。

先日、ニュースの中で、今は日本の人が日本の
静かで良い所を再発見しに旅に出る時だと~
もっと落ち着いてからですね。
いつもありがとうございます。
つむぎさんへ。
2020年05月16日 23:00
バラの季節はお天気が気になりますね。
雨の止むのを、バラの花も待ってるかも知れません。
白いシラン、まだ知らないんですけど、
今度よく探してみましょう。たてもの園の
デ・ラランデ邸は、神戸の風見鶏の家を
設計した方や、カルピスの創業者の住まいだった
と聞くと、何か急に親しみが湧いてきますね。
これから宣言は解除されても、警戒心は必要なので、
人の行かない隠れ名所を大切にしたいと思います。
2020年05月16日 23:57
白にピンクの花がまざってるお花、
素敵ですね。
7年前の藤棚もとても素敵です。
デ・ラランデ邸の家の中は、大正初期の
姿に復元した室内装飾ですか。
いいですね。
大正ロマンの空気の中で喫茶・食事もいいですね。

東京は人数が減っても、まだ油断はできないので
相変わらず、家の中でなにかやることないかと
いろいろ動いてます。(*^▽^*)
2020年05月17日 00:11
三日月ガーデン、面白い名前ですね。三日月の形をしているのですかね。それとも、三日月のオブジェがあるのでしょうか。可愛くてきれいな花が咲いていましたね。
ハコネウツギにタニウツギ、上品な白とピンクの組み合わせが、とても素敵ですね。
江戸東京たてもの園の「デ・ラランデ邸」ですか。こちらのカフェがいいですよね。といっても、私が行ったのは土日で、行列ができていて入るのをあきらめたことを覚えています。
2020年05月17日 08:25
おはようございます。

お花が素敵です。
名前の同定は難しいですね。

お屋敷の保存状態、すごくいいようです。
ゆったりとした時間を過ごせる----早くそうなってほしいですね。
2020年05月17日 09:24
娘さんたちはみどり豊かなガーデンを見つつ、ランドセル背負って学校に通ったはったんですネ。
小一なら黄色い帽子かぶって、ちびまる子ちゃんみたいな服を着て。
会った事無いのにそんな風景を思い浮かべちゃいました。
色とりどりの花々を見てると ホントに今 疫病が流行っているのか。
まわりに罹患した人がいないだけに、夢の中にいるようです。
早く収束して欲しいのですが コレばかりはどォなるのか解りません。
yasuhikoさんもくれぐれも気を付けて過ごされますように。
あこさんへ。
2020年05月17日 11:00
コメントを下さった皆さんが、
ハコネウツギでいいだろうと仰るので、
名前は大丈夫だと思います。咲き始めは
初々しい感じがしていい花ですね。
デ・ラランデ邸、大正ロマンの室内を
見学がてら、カフェでランチ休憩できるのが
魅力的な点だと思います。6月開園、
営業再開となってくれればいいんですが…。
どちらにしろ、しばらく我慢の日々が続きますね。
2020年05月17日 11:10
yasuhiko様、お邪魔しています。
三日月ガーデン、とても素敵で検索したら、名古屋?栃木?どうもマンション名やスパの名称がヒットしたみたいです(涙。大きな公園ではなくて、小さな花壇のようなところなのでしょうか?お花同士の会話も可愛らしくて!面白かったです。うっかり見落とす所でしたが、シランはお花の名前なんですね?なるほどです~。
洋館も素敵ですね、カフェになっているなんて!とても贅沢です。私もぜひ行ってみたいです。
ミクミティさんへ。
2020年05月17日 11:13
三日月ガーデンの名は、多分、その土地の
形から来ていると思います。ここは大通りと
湾曲した私道に挟まれた、細長い三角形を
している所で、他に利用法が無いから、
持ち主さんが趣味の園芸を始めたんでしょう。
ハコネウツギが、ちょうど咲き始めの
初々しい姿で目を楽しませてくれました。
デ・ラランデ邸のカフェ、日によって混む時も
あるんですよね。6月には開園、営業再開
という運びになるといいなと思います。
行き当たりばったりさんへ。
2020年05月17日 11:19
ネームプレートが無いと、花の名前には
悩むことがありますね。そんなもの無くても、
花を愛でることは出来るんですが、
いざ、ブログ記事を書こうとした時に、
名前の分からないのはとても不都合です。
デ・ラランデ邸は、見学を兼ねて、カフェで
ランチ休憩できるのが、とても魅力的でした。
おーちゃんへ。
2020年05月17日 11:31
三日月ガーデンにはベンチもあるので、
ここで休憩しながらお喋りしたり、
花を楽しんだりすることも出来るんだろうと
思います。この日も、お年寄りがお一人で
ぼんやり寛いで座ってられました。
たてもの園も6月開園になるといいんですが…。
暑い日のマスク着用はかなり苦しいんで、
早くマスク無しで歩けるようになるといいな
と思うんですが、それは当分難しいでしょうね。
絵日記担当さんへ。
2020年05月17日 11:53
三日月ガーデン、名前は素敵なんですが、
地元の人にも知られていない、東京多摩地方の
花の豊かな無料休憩スポットなんです。
細長い三角形の土地なので、持ち主さんも
利用法に困ったんでしょう。趣味のガーデニングを
生かしながら、通行人がベンチで休める場所を
提供しようと考えたみたいです。デ・ラランデ邸は
東京に残る貴重な明治の洋館。こうした場所で、
喫茶・ランチ休憩できるのは嬉しい事ですね。
2020年05月17日 16:47
お花の会話 楽しいですね
綺麗でうっとりです
藤棚もとても立派です
室内装飾がステキですね 
洋館ってどうしてこんなにお洒落なんでしょう
ルーシーママさんへ。
2020年05月17日 18:00
この日は天気も最高、初夏の陽射しが
まぶしいくらいに輝いてました。
花の表情も何だか生き生きして見えたので、
ちょっとお喋りさせてみようかと…。
デ・ラランデ邸の室内装飾は、ほとんどが
復元品ですが、明治・大正の洋館の雰囲気を
今に伝えてくれます。こういう所でのんびり
食事休憩が出来るのは有り難いですね。
2020年05月17日 20:34
yasuhikoさま
※植物公園で見る花達も美しいと思いますが
野に咲くストリップ嬢(失礼、ホットリップス)に似た野花があります。
ほんと可愛いですね。 

※照明のぶら下がった付け根の天使のような象牙調の白い彫刻?
一度誰かと一緒に行ってみたいものです。
素晴らしいですね。有難うございました。


詩誠さんへ。
2020年05月17日 21:32
大丈夫ですか。もしかしたら、
ヘビイチゴみたいに酔っ払ってるんでは?
熱い唇、ホットリップスですよ、お間違いなく。
花のお嬢さんが気を悪くしちゃいますよ。
デ・ラランデ邸、装飾品は復元したものですが、
大正ロマンの雰囲気に浸りながら、
ランチ休憩出来るのは有り難いですね。
2020年05月17日 21:45
今晩は(^_^)

ハコネウツギ、初めて見ました。
とても可愛くて、私の好きな色の花です。
色々な花が咲く季節に、自由に出かけられないのは残念ですが、近場で咲いているところを探したくなりました。
ジャーマンライスも気になりました。
ヌサドゥアさんへ。
2020年05月17日 22:50
三日月ガーデン、色々な花がありましたが、
この日は何といっても、ハコネウツギが
目を惹きました。花が咲き進むと、だんだん
赤みが濃くなってしまうんですが、
咲き始め頃の初々しい感じが何とも言えませんね。
動けない中で、近所の花に救われた気がしました。
ジャーマンライスは、ピリ辛ピラフの上に、
千切りキャベツを乗せ、辛みの強いソーセージと
ゆで卵などをトッピングしたオリジナル料理です。
yoshi
2020年05月19日 16:42
 yasuhikoさん。こんにちは。
三日月ガーデン 面白い名前ですね。色んな花があって、楽しい時間が、過ごせるでしょう。ハコネウツギ 庭にもありますが花は、まだ付いてないようですね。白から赤く変わっていくのも、面白い現象です。その内咲いてくれるでしょう。
たてもの園のフジも、シーズンだと見映えするでしょうね。
漆喰でコテ一つで、これだけの作品を作りあげる技術も、大したもんですね。
風格が一段と、アップするでしょうね。


yoshiさんへ。
2020年05月19日 17:37
久しぶりにカメラを持って15分ほど
歩いたんですが、この日は暑くて大変でした。
マスク着用で歩いたり、撮影したりは苦しいですね。
でも、咲き始めのハコネウツギを始め、
いい花に恵まれてよかったと思います。
デ・ラランデ邸、室内装飾は見応えありますが、
このレトロな空間で食事休憩できるのが、
一番の魅力のように思いました。
2020年05月19日 22:56
三日月ガーデンですか。初めて聞きましたが素敵な場所ですね。
コロナ禍で外出がままなりませんが、このような公園で花を愛でるのも良いものですよね。私も公園や植物園などを巡る日々が多くなりました。
降魔成道さんへ。
2020年05月19日 23:16
三日月ガーデン、私も初めて
名前を知りました。公園とも呼べない
狭い休憩スポットです。地元の私たちでも、
知らない人の方が圧倒的に多いでしょう。
趣味のガーデニングを公開してるといった
感じの所なんですが、咲き始めのハコネウツギなど、
けっこう色んな花が楽しめました。ちょっとした
いい気分転換になったと思います。
2020年05月19日 23:22
デ・ラランデ邸、素敵ですね。
平屋建てからの改装で、こんな立派な3階建ての建物になるんですね。
カフェも行ってみたいですね。
ジャーマン・ライスとは、どういったメニューでしょう?
家ニスタさんへ。
2020年05月20日 12:18
デ・ラランデ邸、信濃町から移築され、
7年前に公開されました。赤いマンサード屋根が
印象的で、このたてもの園に無くてはならない
存在に、今ではなったような気がします。
ジャーマンライスは、ピリ辛のピラフの上に
千切りキャベツを乗せ、辛みのきいたソーセージ、
ゆで卵、ブロッコリーなどをトッピングし、
トマト味のソースを添えた一品です。
ドイツ風と言うより、ドイツをイメージした
オリジナルの洋食という感じでしょうか。
2020年05月20日 16:40
ハコネウツギ、タニウツギなど
見分けは難しいですね。
シラン、チェリーセージ可愛いですね♪
東京建物館は撮影会で行ったことがありますが、
いつも室内の装飾を上手く撮れてて感心しています。
ロコさんへ。
2020年05月20日 20:28
三日月ガーデン、狭いスペースですが、
思っていたよりいい花に恵まれ、
撮影が楽しかったです。どの花も可愛いですね。
有り難うございます。たてもの園は私にとって
宝の山なので、お馴染みの建物であっても、
やっぱり撮影に熱が入ってしまって…。