多摩センターの縄文の森

多摩センター駅の近く、東京都埋蔵文化財センターを
訪ねるのは6年ぶりの事です。多摩丘陵は、約千カ所
の遺跡が点在する「遺跡の宝庫」。先ずは、遺跡庭園
縄文の村」から見学を始めます。復元された家屋や
森の中で、縄文の風を感じました。


DSC02732.JPG

DSC02697.JPG
 園内には3棟の復元家屋の他、5000年前の
 村の周囲に生えていたと思われる樹木や野草を
 50数種類植え、縄文の森が再現されてます。


DSC02733.JPG
 クサギの花が咲いてました。この家屋は、
 近隣の遺跡の住居を移築したものだとか。


DSC02712.JPG

DSC02729.JPG
 発掘当時の位置に復元された縄文前期の竪穴
 住居(6500年前)。屋根が浮かないよう、
 棟の上を土で押さえ、が植えられてます。


DSC02718.JPG

DSC02716.JPG
       こちらは縄文中期(5000年前)の
       竪穴住居。続いて、センターの館内へ。


DSC02740.JPG
 特別展、前田耕地遺跡(あきるの市)の再現した
 発掘現場とイラスト。15500年前の縄文時代
 草創期は、今よりも寒冷気候だったことが、出土
 した数千点に及ぶサケの歯でも分かります。


DSC02742.JPG
 石皿すり石。ドングリを粉にしたのかな?
 (ここからは常設展、多摩地区の出土品。)


DSC02781.JPG

DSC02782.JPG
 多摩ニュータウンのビーナスと呼ばれる土偶
 大英博物館の『土偶』展にも出品されたとか。


DSC02776.JPG
 これらは全て、多摩ニュータウンで発掘された
 土偶です。入墨した縄文人の顔が偲ばれますね。


DSC02784.JPG
 お面では無くて、土器装飾として貼り付け
 られていたもの。こんな顔、今もいそうな…。


DSC02806.JPG
       土器の取っ手に装飾が…。蛇や蛙は、
       縄文人の信仰の対象だったみたいですね。
       

DSC02754.JPG
 縄文後期の東日本で見られる注口土器
 これで注いだのは縄文の酒でしょうか。


DSC02790.JPG
 体験コーナーで、縄文土器の文様作りに挑戦。


DSC02803.JPG
       UFOキャッチャーの中身は、同じ遺跡で
       出土した本物の土器のかけら。残念ながら、
       展示品なので実際にプレーはできません。
           *    *    *
       この後、多摩センターの街を散歩しました。


DSC02815.JPG
 若い女子も多いサンリオピューロランド


DSC02811.JPG
 ベネッセビル東側にある「しまじろう広場」。
 キティちゃんしまじろうは最強コンビです。


DSC02829.JPG
       最後は市立グリーンライブセンター
       青い花はデルフィニウムでしょうか。


DSC02817.JPG
 南国的なサンパラソル。マンデビラの園芸種。


DSC02820.JPG
 これも夏らしいハマユウの花。


DSC02837.JPG

DSC02831.JPG
 カノコユリは、まだまだ蕾が多そうです。


DSC02848.JPG
 本日の締めくくりに記念撮影をしました。
 埋蔵文化財センターでアンケートに回答
 すると、こんなエコバッグがもらえます。
 デザインは多摩ニュータウンのビーナス
 と呼ばれるあの土偶の顔ですね。

 多摩丘陵の大規模開発によって誕生した
 多摩ニュータウンですが、その時の発掘
 成果を大事にしてる事が分かりました。


ブログ気持玉

この記事に貼り付けられるブログ気持玉の上限に達しました。

気持玉数 : 500

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2020年08月06日 00:31
5~6000年前もの土偶顔のおっさんが出て来そうな
住居跡が復元されているのですね。
他方、綺麗なカノコユリが咲く広場を若者たちが歩いている
街が出来て・・・

 半世紀も前に稲木に有った夏場の人工スキー場、ナシ畑が
思い出される場所です。なつかしいなあ!
この時にはまだニュータウンは出来ていませんでした。
2020年08月06日 04:41
 縄文時代の遺跡の調査もされていて、復元された住居も見られるのですね。棟を草で補強するのは、この頃から行われていましたか。
 土偶やら土器、石器などもいろいろなものがあり、興味深いですよね。ビーナス像もありますか。

 多摩ニュータウンというと、「平成狸合戦ぽんぽこ」が思い出されますが、いにしえからひとの住みついていた開けた土地だったのですね。
2020年08月06日 05:07
縄文時代の復元された家屋や実際に生えていたであろう植物が復元されていて
縄文の風を感じられた気持ちが伝わってきましたよ
土偶や土器もいろいろ発掘されて展示されている様子 
特に縄文後期の注口土器そのころからこんな土器が作られていたのですね
いろりを囲んでみんなで一杯と獲物の収穫をお祝いしてたのでしょうか

縄文時代の人たちはこの場所に多摩センターやしまじろう広場これらの近代的なビルを想像もしなかったでしょうね
2020年08月06日 05:24
お早うございましゅ。
多摩ニュータウン建設前に発掘保存が行われたんでしゅねっ
5000年前だとこの地はアイヌ文化が混ざっていたかもしれませんねぇ~
この地はそのころから、関東の中心と言う事かもしれません
サンリオピューロランドや市立グリーンライブセンター・埋蔵文化財センター
その他にも多くの見どころを有する多摩地区は益々発展することでしょう
そういえば、車に乗ったまま映画を見るドライブスィヤターだったかなぁ~
そんなのもあったと記憶してましゅ
2020年08月06日 06:28
多摩センター近くの東京都埋蔵文化財センターは耳にはしていたものの訪れた事はありませんでした。Uターン後、北海道・北東北の縄文遺跡群を世界文化遺産に登録する活動を知り、縄文時代に興味が湧きました。一万年近く続いた縄文時代にサスティナビリティ(持続可能性)のヒントがあるのでは?と思ったからです。狩猟・採集生活というと「その日暮らし」の印象でしたが、食料の保存や調理方法の工夫等も盛んに行われ、何よりも自分達の生活に必要な分だけを他の人達や動物等と「分かち合う」という考え方に感心しました。現在の長野県で産出される翡翠が津軽海峡を渡って、北海道の遺跡で見つかったという事も驚きでした。興味が尽きません。
2020年08月06日 06:59
縄文時代のイメージも随分変わって来ている
と言う話ですね。 この多摩丘陵で千か所もの
遺跡が残っているのは、食べ物が豊富で長期間に
渡って暮らしが続けられたからでしょうね!
縄文土器に蛇や蛙の模様があることは知りません
でしたが、土偶などもユニークで良いですね。
色々驚かされました。
イッシー
2020年08月06日 07:28
縄文の森!初めて知りました!
ずいぶん趣がありますね~。
多摩ニュータウン方面はあまり行くことがないです。
サンリオ。。子供が小さい時に友達の女のお子さんといったのは、かすかに思い出しました。
2020年08月06日 08:25
こんにちは

土偶を見るたびに
心の豊かさを感じますね
生活の中には
芸術凡化は昔から
絶対必要な物だったんだ
つばさ
2020年08月06日 08:27
寒暖から身を守るための工夫された住居だったのでしょうが、
地球温暖化が進んでいる中で暮らしている身からすれば、
もっと過ごしやすかった時候を羨ましく思います。

装飾を楽しむ気風は、元々からあったのでしょう。
注口土器のデザインも、結構モダンですね。

最後は爽やかなお花でいやされて・・暑い中でしたでしょうが
良い散策でしたでしょうね。
暑さに負けていないで、どこか安心な所に出かけたくなりました。
2020年08月06日 09:11
こんにちは

縄文の森ですか。
楽しそうですね。
うちの市の山間部に、住居を再現したカフェがあるんです。
たまに行ってます。
あ、でも縄文時代じゃないと思いますが。。。
2020年08月06日 09:18
こんにちは。
竪穴式住居が再現されていて、展示されているのですね。
当時はこんな住まいだったのですね。どんな生活だったんだろう。
可愛いお顔の土偶さん、素敵ですね。のんびりと散策いいですね。
エコバッグ、今はたくさんいるのでいいですね。
2020年08月06日 09:20
埋蔵文化財センターというからには お宝が たくさん
埋まっていたのでしょうね。
竪穴住居で 一家そろって 石皿とすり石で どんぐりを
粉にしたり しゃれたデザインの 注口土器で お酒を
酌み交わしたり とても心豊かに 過ごしていたのでしょうね。
今の時代の方が 幸せなのだと思いますが でも なんとなく
淋しさを感じます。

berumoon
2020年08月06日 09:24
縄文時代の土器などを見ると、とてもデザインが素敵だと驚きますね。
人間は進歩はしているけれど、もともと人の感性は昔から備わっていたと思います。
このような時代があって現代があるのは当たりまえですが、大切にしていきたい人間の歴史だと思います。
2020年08月06日 09:33
多摩センター方面は全く行ったことがありませんが、
埋蔵文化財センターとは珍しい所ですね。
家屋の他に樹木や野草が50数種類あるんですか。
昔にタイムスリップしたような感じで、涼しくなるかもしれませんね。
土器の装飾に顔というのは面白いですね。
真っ白なマンデビラが珍しいです。
カノコユリも綺麗ですね。
最近はエコバッグが記念品になっているのが多いですね。
2020年08月06日 09:36
縄文の森ってあるんですか?
縄文の村に咲くクサギの花、
古い住宅と相まって雰囲気がよく出ていますね。
屋根の上の草、ちゃんと理由があるのですね(*^-゚)⌒☆
石皿とすり石、なんか~音まで聞こえてくるような?
多摩ニュータウンのビーナスと呼ばれる土偶
土偶ばぁばとしても興味津々(^o^)丿
注口土器はなかなかスタイリッシュですね。
縄文土器の文様作り、こうしてやったのか~ってびっくり。
デルフィニウム、メランポジウム、サンパラソル、ハマユウ、
カノコユリ、夏らしいお花のオンパレード、素敵
アンケートでビーナス土偶のエコバッグ
おばちゃんとしては、そちらに心を持って行かれました(^o^)丿

yoshi
2020年08月06日 11:03
yasuhikoさん。お早うございます。
埋蔵文化センター、”縄文の村” 素晴らしいですね。
復元した茅葺きの家屋、掘り出した出土品など その時代に
降り立った感じがしました。樹木や野草など植栽し時代に合った
風景に合わしているのも、素敵な演出ですね。
最後のエコバッグ、色々使えそうですね。

2020年08月06日 13:09
 縄文のアミニズム的文化魅力ありますね。発掘された品品も魅力的です。切れ長の目が東洋人らしいと思いました。急須の様な土器高度な加工技術有ったのですね。
 ハマユウ涼し気で、カノコユリは可愛いと思います。
 
2020年08月06日 14:17
面白かったです!関東って歴史が浅いというか、家康の時代から?みたいに思っていたのですが、縄文の出土品なんて拝見すると、こんなに大昔の人達の暮らしぶりに思いを馳せてしまいます。ええっ多摩センターからも出土!とても驚きました!宅地開発しようとしたら出てきちゃった(?)のでしょうか、歴史の大切さに気付いて、保存されているところが素晴らしいと思いました。こちらもぜひ足を運んでみたいです。えっUFOキャッチャー。でもとれないのですね、残念です~でもこの演出は面白いですね!
2020年08月06日 14:57
こんにちは。
多摩センターへはちょくちょく行きましたが 埋蔵文化財センターへは行ったことなかったです。
リアルな住居のある 遺跡庭園からスタートして めちゃめちゃ立派な施設なんですね。
多摩センターから 土偶やなんかが発掘されてたとはビックリです。
体験コーナーとかあると 夏休みは子供たちでいっぱいになるんでしょうね。
今年はどうなのかな・・・
どうせなら UFOキャッチャー 使えるようにしたらいいのに・・・
掴むお宝 入れるものに悩みますかね。
ピューロランドも 数か月ぶりに再開され何よりです。 
密にならずに 楽しめたらいいですね。
2020年08月06日 15:03
こんにちは。
多摩丘陵、千カ所にも上る遺跡の宝庫なのですね。
茅葺の住宅は復元されたとはいえ、往時が偲ばれます。
屋根が浮かないよう、草を生やしているのですね。
ビーナスと呼ばれる土偶、なかなかの美人さんです☆
お米を原料としたお酒がこの頃からあったのも、想像できますね。
しまじろう広場、孫娘が喜びそうな施設です♪
多摩ニュータウンからは、いろんなものが発掘されたんでしょうね。。
2020年08月06日 16:46
竪穴式住居~1泊でいいから体験宿泊してみたいですね(^^)
注口土器は、今でいう土瓶ですかね~昔からあるデザインというのも驚きです!
UFOキャッチャー、すごい太っ腹で遊べるのかと思いました~(笑)
はるる
2020年08月06日 18:30
多摩センターは公園とグリーンライブセンターくらいしか行ってません。
こういうところがあるんですね。静かにこういうものを見学するのもいいかもしれません。いろいろ有意義にまわってこられましたね。
とってもいい記事です。ありがとうございます。
2020年08月06日 18:37
こんにちは!
縄文の森、ここへ足を踏み入れれば一気に縄文時代へタイムスリップしますね。入れ墨をした縄文人が現れそうな雰囲気です。屋根の補強に土や草が利用されているんですね。
15500年前の縄文時代草創期は、今よりも寒冷気候だったのですか。温暖化が進んで猛暑の現代からすれば羨ましい気がします。
注口土器で注いだ縄文のお酒の味はどんなだったのでしょうね。想像が膨らみますね。
キティちゃんとしまじろうは子どもたちに大人気、こんな場所になろうとは縄文人は想像すらしなかったでしょうね。
白いサンパラソル、カノコユリは可愛いですね。
信徳さんへ。
2020年08月06日 21:17
ニュータウンができる前をご存知でしたか。
以前とは様変わりしてるかと思いますが、
稲城市や多摩市は、今でも梨畑の多い所です。
開発された新しい街と、昔ながらの風景が
混在してるのが、多摩丘陵の面白い点ですね。
縄文の村は、復元家屋の周りの植生にも
気を配ってるので、多摩丘陵の5000年前は
こんな風景が広がっていたのかと、
想像力の広がるところが魅力だと思いました。
なおさんへ。
2020年08月06日 21:27
多摩ニュータウン建設のための開発工事で、
大部分の遺跡は失われたわけですが、
その出土品をきちんと保存し、研究する
ための拠点として、この埋蔵文化財センターと、
縄文の村が設けられたわけですね。
両施設とも見学は無料ですし、学校を対象にした
体験講座の活動も盛んに行われてるようで、
なかなか頑張ってるなという印象でした。
仰るように、平成ぽんぽこ狸の舞台ですが、
今でもタヌキなどはずい分棲んでるみたいですよ。
もこさんへ。
2020年08月06日 21:43
多摩センターの縄文の村の魅力は、
復元家屋だけでなく、縄文時代の植生を
再現して、全体として5000年前の
多摩丘陵の姿を想像させてくれる点にあると
思います。そういう意味では、出土品も
楽しいですね。注口土器は、仰るように、
その洗練されたフォルムに、縄文人の
造形感覚のすばらしさを見る思いがしました。
この辺りは大規模開発で生まれた街なので、
その新しさと歴史的なものとの対比が面白いですね。
デミさんへ。
2020年08月06日 21:55
多摩丘陵の大規模開発で誕生した
多摩ニュータウンですから、それに先立つ
発掘調査も大規模なものだったんですね。
失われた遺跡が多い中で、出土品を
保存・研究する拠点として、埋蔵文化財センターと
縄文の村が誕生したのは何よりだったと思います。
地味な施設ですが、内容が充実してるし、
これで無料だし、エコバックのお土産も付いて
有難いと思いました。サンリオやベネッセのある
新しい街の表情と、歴史的なものの対比が面白いですね。
2020年08月06日 22:05
あの多摩ニュータウンを造るために遺跡がたくさんある多摩丘陵を開発したのですね。
そして出土した化石や遺跡をきちんと保存しているって素晴らしい先見の明ですね。
出土品がとても芸術的でとても面白いですね。
古代の人たちの芸術性を感じますね。
ケペルさんへ。
2020年08月06日 22:05
埋蔵文化財センター、常設展の充実ぶりが
印象に残りました。やはり、ご近所の多摩市の
施設という事もあって、多摩丘陵にこんな
豊かな縄文文化があったのかと思うと、
ちょっと誇らしいものを感じます。
北海道・北東北の縄文文化遺跡群、世界遺産に
登録されるといいですね。仰るように、
自然とともにある縄文人の生活スタイルや、
豊かな感性は、今の世界に警鐘を鳴らす力を
秘めているんじゃないでしょうか。
ポジティブオーラさんへ。
2020年08月06日 22:18
多摩丘陵は、住宅地になった今でも
緑の豊かな所ですから、縄文時代には
ドングリや栗がたくさん採れたでしょう。
多摩川の魚、丘陵地のイノシシなども
手に入りやすかったはずで、きっと
暮らしやすかったんでしょうね。
この埋蔵文化財センターと縄文の村は、
そんな縄文期、5000年前の多摩丘陵の姿を
よく再現してるので、興味深い見学になりました。
イッシーさんへ。
2020年08月06日 22:26
ちょっと大げさかも知れないけれど、
「縄文の風を」と言いたくなる気分は、
分かって戴けるでしょう。復元家屋だけで無く、
縄文時代の森を再現しようとしてるので、
思わず縄文時代の風景を想像したくなるんですね。
サンリオピューロランド、キティーちゃん
ルックの若い女の子が多くて驚きました。
無門さんへ。
2020年08月06日 22:33
仰るように、縄文人の造形感覚は、
特別に優れているような気がしますね。
芸術家というような存在は無くても、
どの村にも、土器作りや土偶作りの名人が
いたんでしょう。一つ一つの土偶には
どんな願いが込められていたのか、
色々と想像しながら見ると面白いですね。
つばささんへ。
2020年08月06日 22:47
縄文時代の竪穴住居って、住み心地は
どうだったんでしょうね。床が高くない点が
気になるんですが、案外暮らしやすかった
のかも知れませんね。それにしても、
彼らの残したものは、土器にしても土偶にしても
素晴らしいです。注口土器のフォルムなんか、
仰るように、現代に通じるものを感じますね。
暑い日でしたが、歩いた距離はそれほどでも
なかったので、疲れは感じませんでした。
最後をグリーンライブセンターにしてよかったです。
トトパパさんへ。
2020年08月06日 22:55
縄文の森、面白いでしょう。
復元された竪穴住居では、定期的に
焚火をして、屋根が傷まないように
しているそうですが、この日は
見られませんでした。それはとにかく、
館内の展示と併せ、小学校・中学校の
課外授業にはぴったりの場所でしょうね。
ゴンマックさんへ。
2020年08月06日 23:02
出土品を展示する埋蔵文化財センターに
付属する形で、この縄文の村があるので、
縄文人の暮らしぶりをあれこれ
想像するには、とてもいい場所でした。
特に、5000年前の植生を再現して、
竪穴家屋だけでなく、縄文時代の自然環境を
再現しようとしてるので、ここに立つと
自然と想像力が膨らみますね。新しい
街並みと併せ、いい散歩が出来たと思います。
2020年08月06日 23:10
 あまりに素晴らしい記事で、地元の者として
少し腰が引けました。
埋蔵センターは最近いろいろ宣伝しています。
縄文の村までは歩きましたが、建物の中までは
入っていないですね。いや一度入りかけたのですが
陰気な感じで止めたのでした、昔の話です。
とても魅力的な紹介をしていただき感謝です。
 グリーンライブセンターもしばらく出かけていません。
そろそろのぞいてみましょうかね。(^^♪
フラバーバさんへ。
2020年08月06日 23:16
お宝と言っても、縄文人の日常生活を
偲ばせる品物ばかりですから、
そんな特別なものでは無いんですが、
普段使いの土器や石器、石皿、すり石まで、
数千年の時を隔てると、みんな貴重な
お宝になってしまうから不思議ですね。
仰るように、フォルムの美しい注口土器など、
それを使った人の動作や、家族の
団欒風景までを想像させてくれるから、
何とも面白いものだと思います。
berumoonさんへ。
2020年08月06日 23:26
土器にしても、土偶にしても、
縄文人の持つ造形感覚は、私たちの
想像を超える素晴らしいものがありますね。
それも、芸術家などという存在が
あった訳でも無く、どの村にもいる普通の
人たちが、こうした才能を持っていた
訳ですから、その点でもすごいなと思います。
コスモスさんへ。
2020年08月06日 23:34
多摩ニュータウン建設時には、
多くの遺跡が学術調査の後に失われた
訳ですが、その出土品を保存し、
調査研究の拠点とするために、この埋蔵
文化財センターが設立されたのでしょう。
縄文の村では、竪穴住居を復元する
だけでなく、5000年前の植生も
再現してくれているので、縄文人が暮した
環境そのものも想像できて、興味深いですね。
入場無料の上に、エコバッグのおまけまで
付いてくるんだから有難いですね。
2020年08月06日 23:55
多摩丘陵で、あっ、そうや…と納得しました。
「多摩センターの縄文の森」って、縄文文化を展示されてるんですね。
これは、行ってみたいですね。(^^)
なんせ、縄文女子という言葉もある程ですから。(^^ゞ
縄文時代は竪穴式住居というのは、ガッコーで習った記憶がありますが、洞穴じゃなくて、ちゃんとした家やったんですね。(^^ゞ
ガッコーの知識だけじゃなく、こういう所で疑似体験する方がイイですね。
UFOキャッチャー…
ユニーク展示なんですね。(^^)
これを考えた方に
nobaraさんへ。
2020年08月07日 00:13
何か花があるといいなと願ってたら、
クサギの花がいい位置で咲いててくれました。
花が傍にあると、復元家屋も映えますね。
この施設の出土遺物も面白いでしょう。
石皿なんて、つい最近まで使ってたみたいです。
土偶の顔も魅力的ですね。縄文土器の
紋様作りが体験できるコーナーも、いい
アイディアだと思いました。最後に寄った
グリーンライブセンターの花も、それぞれ
いい顔で出迎えてくれたと思います。
エコバッグ、気になりましたか。埋蔵文化センターは
無料で見学できる上に、簡単なアンケートで
これをくれるんだから有難いですね。
yoshiさんへ。
2020年08月07日 00:21
この縄文の村は、縄文時代の自然環境を
再現しようとして、植生にも気を遣ってます。
おかげで、5000年前の多摩丘陵に
タイムスリップしたような感じを味わえるから
嬉しいですね。館内の展示品も、ほとんどが
子の多摩丘陵で出土したものばかりですから、
縄文の村と併せて、縄文人の生活ぶりを
想像できるところがいいなと思いました。
無料施設なのに、エコバッグのおまけが付いて、
何だか申し訳ないような思いです。
2020年08月07日 08:39
おはようございます。
多摩センターはとっても懐かしいです。
よく行っていました。
縄文の森は知りませんでしたが、多摩丘陵は遺跡の宝庫だったのですね。
お面では無くて、土器の装飾として貼り付けられていたものの顔が、絶対にどこかで見たような気がしましたと(笑)
大昔も今も、表情は変わらないのですね~。
かのこ百合がとても美しいです。
エコバック、今はとても便利グッズで頂くのはとても嬉しいですよね。
藍上雄さんへ。
2020年08月07日 10:41
土器にヘビの紋様が施されてるのを
見ると、自然の中に生き、自然の中に
聖なるものの存在を感じ取った縄文人の
精神世界が垣間見えるような気がしますね。
出土品の人の顔にも親しみを感じます。
縄文時代の空気にしばらく浸った後で、
グリーンライブセンターの花と緑に癒されました。
絵日記担当さんへ。
2020年08月07日 10:52
そうなんです。この前、府中歴史散歩で、
飛鳥・奈良・平安時代の武蔵国の歴史を
学びましたから、今度はさらにさかのぼって、
縄文時代の多摩丘陵の歴史遺跡を訪ねてみました。
多摩ニュータウンの開発に当たっては、
事前に遺跡の発掘調査が行われ、その結果、
約千か所もの遺跡が発見されたんですね。
青森の山内丸山遺跡のような大規模集落の跡は
見られませんでしたが、縄文の各時代、
その後の弥生時代、奈良、平安、中近世に至るまで、
人々が住み続けた事が分かっています。
よかったら、折を見てお出かけ下さい。
UFOキャッチャー、素敵なアイディアですね。
にゃーちゃんへ。
2020年08月07日 11:06
地味な施設なんですけど、内容が
充実してますね。多摩丘陵の発掘品を
展示した常設展だけでも、教科書に出て来る
土器や土偶、石器、生活道具、装飾品などを
一通り見ることが出来るから、小学生の
勉強にはちょうどいいんじゃ無いでしょうか。
6年前に訪れた時は、小学校の課外授業じゃ
無いかと思われる一団に巡り合いました。
体験コーナーも充実していて、火起こし体験や、
土器の破片をパズルのように組み立てる体験が
出来るんですよ。UFOキャッチャー、
確かに実際に使えたら楽しいでしょうね。
ハーモニーさんへ。
2020年08月07日 11:22
多摩丘陵の大規模開発で、多摩ニュータウンが
建設された時、多くの遺跡が発掘調査されたんですね。
その内、大部分は失われてしまいましたが、
この一画は「縄文の村」という形で再現保存し、
出土品全てを埋蔵文化財センターが保管した上で、
調査研究、あるいは教育に役立つように
している訳です。発掘された種子や花粉の情報を
もとに、縄文時代の植生も再現されてるので、
縄文時代の空気感が伝わるような気がしました。
屋根の上に草を生やすのは、日本の古い民家にも
見られる先人の生活の知恵ですね。
ふてもさんへ。
2020年08月07日 11:34
縄文の復元家屋で宿泊体験ですか。
ここはやってませんが、長野だか、新潟だか、
どこかの研修施設でやってるのを聞いた気がします。
火起こしとか、食事作りも含めて経験したら、
面白いかも知れませんね。今は無理でしょうが…。
UFOキャッチャー、本当にこれで遊べたら、
楽しくて止められなくなりそうです。
2020年08月07日 11:40
おはようございます。
多摩センターに縄文の森があって、当時の縄文人の暮らしが想像でき、興味深い
ところですね。
土偶や土器にもインパクトありますね~、ヴィーナスの土偶にビビットきました
しばし、眺めていると優しさが伝わり、いつも脇に置いておきたい感じがしました。縄文模様の体験もでき、縄文人の知恵も学べますね。
サンリオピューロランドものキティちゃん大好きな夢の国もあるんですね。
夏の花に癒されます。
はるるさんへ。
2020年08月07日 11:43
この前、府中歴史散歩と銘打って、
飛鳥・奈良・平安の頃の武蔵国の面影を
訪ねてみました。それがとても楽しかったので、
今回はさらに時代をさかのぼり、縄文の
面影を求めることに…。地元周辺の歴史遺跡を
訪ね歩くのも、興味深いことだと思います。
多摩ニュータウンは、多摩丘陵の大規模開発に
よって誕生した新しい街。時代の隔たりを
実感できるのも面白い点ですね。
ekoさんへ。
2020年08月07日 12:20
復元家屋に加えて、再現された縄文の森。
この空間に身を置くと、5000年前の
縄文時代の空気感が伝わって来るようでした。
縄文時代も草創期は、サケが大量に遡ってくるほど
寒冷気候だったようですが、その後は温暖化
してますから、やっぱり夏は大変だったと思います。
埋蔵文化財センターの展示品も見所いっぱいでした。
縄文のビーナスは魅力的ですし、注口土器の
洗練されたフォルムにも驚かされますね。
キティちゃんとしまじろうが並んでたら、
そりゃ、子供はだれでも喜ぶでしょう。
グリーンライブセンターの花と緑も素敵でした。
あっこちゃんへ。
2020年08月07日 13:45
多摩ニュータウン建設に伴う大規模開発で、
多くの遺跡は失われましたが、その出土品を
保存して研究するために埋蔵文化財センターが
設置され、縄文の村が復元公開された訳です。
これだけ立派な施設だと、小学校・中学校の
課外授業にも大いに役立ちそうですね。
縄文人の優れた造形感覚、出土品を
眺めながら、改めて感心させられました。
ミキさんへ。
2020年08月07日 13:57
遠くへ出かけなくても、身近な所で
歴史散歩を楽しむシリーズの第二弾です。
前回、飛鳥・奈良・平安時代の武蔵国の面影を
訪ねる府中歴史散歩が楽しかったので、
その続編を考えてみました。縄文人にとって、
多摩丘陵は暮らしやすい場所だったんでしょう。
展示物や遺跡庭園の様子から、縄文時代の
空気感が伝わって来るようでした。
ここは常設展が充実しています。体験コーナーも
面白いので、よかったら、今度ぜひ
館内も見学なさってください。最後に寄った
グリーンライブセンターに心が安らぎました。
yoppy702さんへ。
2020年08月07日 14:20
多摩センターの「縄文の村と森」、なかなか
魅力的でしょう。多摩丘陵には、青森県の
三内丸山遺跡のような大規模集落は
作られなかったんですが、縄文時代の初めから
途切れることなく人が住み続けて、その痕跡を
残してくれたようです。縄文の村の中に
身を置くと、縄文の風が吹き抜けるような
気がするから不思議ですね。展示も工夫されて、
多摩丘陵の歴史が一通り分かるように
なっていました。UFOキャッチャーの
アイディアは最高に面白いですね。
ぽぽさんへ。
2020年08月07日 14:29
多摩センターはお馴染みでしたか。
埋蔵文化財センターと、付属の遺跡庭園は
とても地味な施設なので、あまり
世間には知られていないと思います。
でも、縄文時代の歴史が一通り学べて、
入館は無料。簡単なアンケートに回答すると、
エコバッグがもらえるのは嬉しかったです。
縄文人の顔の表情、現代でもいそうな
感じのするのが面白いですね。最後に、
グリーンライブセンターの花に癒されました。
ロシアンブルーさんへ。
2020年08月07日 14:45
ここは、埋蔵文化財センターの展示品と、
遺跡庭園・縄文の村がセットになってるので、
お互い補い合う事で、縄文人の暮らしぶりが
イメージしやすいように思われました。
自然環境も再現されてるので、縄文時代の
空気感が伝わってくる気がしますね。
多摩センターのビーナスと呼ばれる土偶、
気に入ってくださいましたか。さすが、
大英博物館にも出品されたただけの事はある
逸品だと思います。このセンターには、
キティーちゃんグッズで身を固めた陽気な
若い女の子も見学に来てて、そのギャップが
何だか愉快に感じられました。
2020年08月07日 16:28
5000年前の樹木や野草を植えて
すばらしい縄文の森ですね。
時代が戻ってしまったような・・・
いろいろ工夫して作られたのですね。
住居も素晴らしいです。
顔も丁寧に作られてますね。
土器もすてきです。

サンリオピューロランドは前に友人と
行きましたが、遠かったです。(*^-^*)
キティちゃんが好きなので、一緒に
行ってくれました。
ハマユウやカノコユリもきれいです。
エコバッグ、かわいいですね。(*^▽^*)
ハイジママ
2020年08月07日 16:59
こちらでも 尾張地方北部から 美濃地方西部に渡り 同じような遺跡が多く残って居ります。
去年の夏 孫を連れて 各務ヶ原の竪穴住居群で かくれんぼをして 遊びました。夏でも涼しく 面白かったです。孫も大喜びでした。その土地が 古代には 河あり山あり 起伏に富んだ豊かな土地であった事が 想像出来ますね。

多摩地方も 群馬の続き きっと豊かな山川に恵まれた土地だったのでしょう。目に浮かびます。

知り合いに その土偶とそっくりなオバサンが居ます。
お尻が大きくて 五穀豊穣を体で表して居ます。その方に会う度に その土偶を思い出します。(笑)
あこさんへ。
2020年08月07日 18:44
サンリオピューロランドに
いらしたことがありましたか。ここは
家族連れだけでなく、女性の姿も多いですね。
埋蔵文化財センターにも、明らかに
キティーちゃんファンだなと思われる
若い女の子二人組が見学に訪れていました。
付属の遺跡公園は、家屋を復元する他に、
縄文時代の自然環境も再現しようと
工夫してくれているので、ここに身を置くと
5000年前の多摩丘陵にタイムスリップした
ような不思議な感覚が味わえて面白いですね。
ハイジママさんへ。
2020年08月07日 19:03
各務原市の竪穴住居群ですか。復元整備されて、
お孫さんとかくれんぼ遊びをすることも
出来るようになってるんですね。
場所が場所だけに、何ともミステリアスな
遊びが楽しめたんじゃ無いでしょうか。
多摩センターの施設の場合は、多摩丘陵の
発掘で出土した品々を展示する施設と、
遺跡庭園がセットになってるので、5000年前の
多摩丘陵の姿がイメージできる点が魅力です。
こんな顔今もいるなあなどと思いながら、
縄文人の顔や姿を想像するのも楽しいですね。
2020年08月08日 11:16
こんにちは
竪穴住居の屋根は、屋根が浮かないよう棟の上を土で押さえて草が植えられているのでしたか!
手入れが悪くて草ぼうぼうなのかと思っていました。
ひとつ利口になりました。
土偶の顔ははユーモラスですね。
縄文人の風貌もこんなだったのかなと想像しちゃいました。
2020年08月08日 13:04
yasuhikoさん、こんにちは。

多摩センターに来られたんですね。
縄文埋蔵文化財センターへは何度か行きました。
多摩は意外と歴史も古く、ニュータウンの開発のおり出土品が出たんですね。
少し歩けば、旧鎌倉街道なども保存されてます。
グリーンライブセンターは散歩コースでもあります。
犬連れだと中へ入れませんので、素通りですが。
暑い中、お疲れさまでした。
2020年08月08日 14:13
縄文時代にタイムスリップする感じですね
趣があって良いです

ビーナスと名付けられた土偶は優しい表情がピッタリやと思います
土器に模様をつけたり。。。知恵ですよね
大昔の生活が進化して現代に繋がってるのは凄いと思います

花も見られて、素敵なお出かけでしたね
ハマユウって、こんな花なんですか
好みです♪
2020年08月08日 14:53
縄文時代の村がリアルに
再現されていますね。
貴重な土偶も見られるのはいいですね。
私、土偶とかハニワ好きなんです。
ショップで見つけたら買います。
コレクションたくさん集まりました(笑)
2020年08月08日 15:51
こんにちわ
埋蔵文化財センターと言うのが
あるんですね
体験コーナーもあって楽しそうですね
しまじろうは孫が大好きでした
キテイちゃんも人気ですよね
2020年08月08日 16:46
こんにちは!
東京都埋蔵文化財センターに
「縄文の森」があるんですね~!
多摩センターの縄文のヴィーナスの姿に惹きつけられ
絶対に会いに行こうと心に刻みました~(笑)。
こちらのヴィーナスのお顔も大らかで素朴な感じが
大好きです~☆
yasuhikoさんから、素敵な場所を教えていただき
とっても嬉しいです~♪
ありがとうございました。
2020年08月08日 17:05
こんにちは~
今日も暑いです~
そして、東京の陽性者は今日も400人を超えましたね。
兵庫県の人数は単位は少ないですが
宝塚歌劇場で集団発生と報じられています。

縄文の森、一気に縄文時代へタイムスリップしますね。
入れ墨をした縄文人が現れそう。土器に張り付けられて
いたお面?鼻が高くて外国人の様に見えて~
屋根の形や材料をみていますと、現在にも繋がっている
草が利用されているんですね。

此の鹿の子ユリは立派ですね。
でも咲き始めは見えない・・
何時ころから咲きはじめるのでしょう。
いつもありがとうございます。
2020年08月08日 17:35
縄文の森。いい雰囲気ですね。
風を受けながら歩くのは気持ちが良さそうです。
UFOキャッチャーは展示品なのですね。実際に遊べるのかと思い、ドキッ(土器)としました^^
しまじろう、懐かしいです。パペット人形で息子が小さい時によく遊びました。
こちらのエコバッグ、いいですね~。オシャレです。
かっちゃんへ。
2020年08月08日 18:55
日本の民家でも、屋根の上に草を生やす
建物が見られますね。あれは、縄文時代以来の
生活の知恵、伝統なのかもしれません。
正直、縄文時代の事はそんなに分かってる
訳じゃ無いですけど、最近はそう考えられて
いるみたいです。土偶や土器の装飾の
人の顔が面白いでしょう。こんな顔の人が
ここで暮らしてたのかと思うと面白いですね。
yasuさんへ。
2020年08月08日 20:31
多摩センター、お邪魔させて戴きました。
埋蔵文化財センタと縄文の村、
魅力的な所ですね。食料も多く、縄文時代は
多摩丘陵って暮らしやすかったんでしょう。
万葉時代の多摩よこやまの道は、私も
半分ほど歩いてみた事があります。
この辺りは、緑が多いし、魅力的な並木道も
あって、散歩するのが楽しいですね。
とまるさんへ。
2020年08月08日 20:53
遺跡庭園は、復元家屋と同時に、
縄文時代の自然環境も再現してるので、
本当にその時代にタイムスリップしたような
感覚が味わえますね。この多摩丘陵で
暮した滋養門人の顔を、土偶などの出土品から
想像してみるのも面白いと思いました。
新しい街と歴史的なものとのギャップも、
多摩センターの面白いところでしょう。
ハマユウ、夏の海辺によく似合う花ですね。
2020年08月08日 20:57
またちょっとご無沙汰してしまいました。
東京都埋蔵文化財センターへは行ったことがありません。多摩ニュータウンという名前とは全く違って、非常に古い集落があったのですね。
多摩ニュータウン・ビーナスが出土されていたとはびっくり。各地で出土されていますが、当時から地方間の交流があったのでしょうね。
カノコユリは、これからは見頃ですね。私もユリの思い出を記事にしてみました。
huuさんへ。
2020年08月08日 21:02
土偶や埴輪がお好きでしたか。
それでしたら、きっとこの施設の内容は
喜んで頂けると思います。土偶の顔って、
魅力がありますね。お土産コーナーは
無かったかも知れませんが…。遺跡庭園は、
縄文時代の自然環境が再現されてるので、
縄文の風を感じることが出来ました。
minaさんへ。
2020年08月08日 21:08
多摩丘陵の発掘で出土した文化財を
保存展示し、研究するための施設です。
こういう施設を訪れると、縄文時代のイメージが
具体的に迫ってくる気がしますね。
うちの孫も、しまじろう大好きですよ。
キティーちゃんとのコンビは間違いなしですね。
komichiさんへ。
2020年08月08日 21:22
そう言って戴けると嬉しいです。
埋蔵文化財センターに付属する遺跡庭園に、
竪穴住居と縄文の森が再現されてました。
多摩センターの新しい街並みの中に、
5000年前の縄文の村の姿が
忽然と現れるようなところが面白いですね。
多摩センターのビーナス、気に入って
戴けましたか。特別な芸術家がいた訳でも
無いのに、縄文人の造形感覚って凄いですね。
のろばあさん
2020年08月08日 21:34
こんばんは。
縄文時代の復元家屋や生えていたと思われる樹木や野草を植えて当時を再現されているなんて素敵ですね。竪穴住居や土偶にどこか懐かしさを感じるのは何故なんでしょう。私の住んでいる住宅地も奈良県との境ですので宅地造成段階で遺跡が多数発掘されて当時計画されて居たより規模が縮小されました。そして住宅の中に府立博物館が建てられました。東日本で見られる注口土器もお酒を燗する時の入れ物にそっくりですね。キティちゃんとしまじろうや綺麗なお花達にもあえておまけにエコバックのお土産付きなんて最高のひと時を過ごせてよかったですね^^。
つむぎさんへ。
2020年08月08日 21:46
昨日も、今日も、本当に毎日暑いです。
東京も一向に状況は改善されませんが、
あの宝塚でさえも…と言うのは驚きですね。
縄文の村、仰るように、その時代の
多摩丘陵にタイムスリップしたような
気持ちにさせてくれました。
復元家屋の中から、土偶顔の縄文人が
ふらっと現れたらどんな気持ちがするのかな
なんて、想像してみたくなりますね。
カノコユリ、とてもきれいに咲いていました。
花より蕾の方が多いので、まだ咲き始めた
ばかりだったのかなと思います。
クリムさんへ。
2020年08月08日 22:20
多摩センター、どこも新しい街並みなんですが、
5000年前の多摩丘陵の姿を伝える
歴史的な部分もあって、何とも魅力的ですね。
遺跡庭園では縄文の風が吹き抜ける気がしました。
なるほど、ドキッとですか。確かに
本物の土器のかけらを巧くつかみ上げたら、
それこそハラハラ土器土器ですね。
うちの孫もみんな、しまじろうが大好きです。
キティーちゃんと一緒なら、子供は嬉しいでしょう。
ミクミティさんへ。
2020年08月08日 22:31
多摩丘陵の大規模開発で、多摩ニュータウンが
建設された時に、多くの遺跡が発掘されてます。
新しい街づくりが、多摩丘陵の昔の姿を
明らかにしたのは面白い点ですね。
多摩ニュータウンの遺跡からも、長野県和田峠の
黒曜石や、神津島の黒曜石が発見されて
いますから、縄文人の交流範囲は、仰るように、
想像以上に広かったのかも知れません。
最後に見たカノコユリが、いい目安めになりました。
のろばあさんへ。
2020年08月08日 22:45
埋蔵文化センター、出土した土器や石器を
ただ展示するだけでなく、当時の住環境を
再現した遺跡庭園とセットにして、
メージが膨らむように工夫してる点が
素晴らしいと思いました。遺跡庭園に身を置くと、
これで夏は蚊を防げたのかとか、色々と
縄文人の生活が想像されるから不思議です。
精巧な注口土器を見ていると、縄文人がこれで
お酒を注いだ姿を思い浮かべたくなりました。
これで見学は無料、アンケートに回答して
エコバッグがもらえるのだから有難い話です。
2020年08月08日 23:13
こんばんは~
多摩センターのと聞くとニュータウンの様ですが、縄文の森となると遺跡の森なんですね~
新しい時代と古い時代の混合の町なのですね!面白そう~(^^♪
miyoの近くの中学校のグランド片隅に竪穴住居が復元保存してあり、よく似ているので約5000年前!?本当であれば驚きですね~!
エコバックも頂き楽しいタウンですね~!

miyoさんへ。
2020年08月09日 00:10
そうなんです。1970年代の大規模開発で
誕生した新しい街並みの中に、突如現れる
縄文の森。そのギャップが面白いですね。
この開発では、多くの遺跡が発見されるとともに、
失われてしまいましたから、その遺跡の一つを
こういう形で保存し、出土品を保存研究するための
施設を作ったという訳です。見所が全て
駅近くにまとまっているので、夏の散歩には
ちょうどぴったりの場所でした。
2020年08月09日 10:26
こんにちは
埋蔵文化財センター知りませんでした
多摩丘陵開発で多くの自然失われまし
たからね埋蔵品保存する事必要です
土偶もセンスいいですねー
2020年08月09日 11:31
多摩センターに縄文の森ですな!!
梅雨明けして、連日の猛暑となり、散策にはチト厳しい条件となりました。
東京都埋蔵文化財センターの中にあるんですね。
まあ、木陰が有るようで、直射日光を避けられるから良かったです。
土偶の展示もあって、良いですね。土偶の見学好きです。
多摩ニュータウンのビーナス、観にでかけたいものですがもう少し世の中が落ち着いたらと思います。いつになるやらですね。
アンケート回答でエコバッグが貰えるのって、良いですね。
すーちんさんへ。
2020年08月09日 14:41
埋蔵文化財センターと縄文の村、
内容の充実したなかなかいい施設でした。
大規模開発に伴う発掘調査で、これまで
地下に眠っていた縄文人の暮らしの
足跡が明らかになって、ニュータウンと
縄文文化の共存という不思議な光景が
誕生した訳ですね。土偶や土器に見られる
縄文人の造形感覚はさすがです。
温さんへ。
2020年08月09日 14:55
出かけた日も暑かったんですが、
有難いことに、縄文の村は深い森に
覆われてますし、埋蔵文化財センターに
逃げ込めば、クーラーの効いた天国の
ような涼しさだし、あまり消耗しないで
見学することが出来ました。
ピューロランド、グリーンライブセンターも
割と近いので、夏の散歩にはぴったりですね。
おや、土偶がお好きですか。それでしたら、
多摩センターのビーナス像の事は、ぜひ
心の底の方にとどめ置いて下さい。
2020年08月09日 16:30
多摩センター駅の近くにこういう貴重な施設があるのですね
縄文土器ってそういえば縄文様ですよね 今再認識しました(笑
涼し気なお花たち 綺麗ですね
もうすこし涼しくなったら行ってみたいです


2020年08月09日 16:32
こんにちわ
1.遺跡の宝庫の探索:東京都埋蔵文化財センター
2.現在の街を散策:多摩センターの街歩き
3.自然を味わう:グリーンライブセンター
と続く魅力的なコースですね。
特に埋蔵文化財センターの展示は充実していて面白そうです。
このような展示が、自然破壊のイメージがあるニュータウン開発のなかで蓄積されてきたことには驚かされますが、嬉しいことですね。
ルーシーママさんへ。
2020年08月09日 17:33
多摩ニュータウン建設に際しては、
事前に多くの遺跡が発掘調査されましたから、
こういう施設が誕生したんですね。ここは
体験コーナーが充実していて、縄を
転がして縄文文様を作ったり、火起こし
体験が出来たり、よく工夫されてると思いました。
グリーンライブセンターの花も魅力がありますね。
ハルさんへ。
2020年08月09日 17:40
多摩ニュータウンの新しい街並みに、
縄文の森が隠れてるというのも、
何だか不思議な風景ですね。でも、
開発で失われた遺跡の跡地や出土品を
こうして大切に保存し、一般に公開して
くれるのは、有難いことだと思います。
ピューロランドも、グリーンライブセンターも
割合近い距離にあるので、暑い日でしたが、
それほど大変で無く、いい散歩が出来ました。
2020年08月09日 18:27
多摩丘陵は千カ所もの遺跡、まさに宝庫ですね。
石器時代の石器や土器、発掘された出土品の展示物
ニュータウンの一角に先人たちの生活の跡が再現され
不思議な空間ですね。
縄文人は心が豊かだったようで、土偶の表情がすごくいいです。
竪穴式住居、一晩仮住まい体験してみたいです。
夏らしい涼しげなお花がたくさん咲いていますね。
鹿子ユリが鮮やかできれいです。
土偶をプリントしたエコバック、私も欲しいです('∇'。)
tami
2020年08月09日 19:08
遺跡が多いのですね。
ふと縄文の住居は鬱蒼とした原野の一角に草ぼうぼうの屋根で慎ましく生活していたのかと想像してしまいました。
有志以前の土器を前にしたらどう思うのでしょうね。
私はまったく見たことがないのです。
winga
2020年08月09日 19:19
こんばんは。
いいなあ多摩丘陵。
縄文土器はとっても興味があります。
ほとんどが月を仰ぎますでしょ?平ったいお顔で。
母なる土偶。母なる月。
住居が興味深いです。生活拠点って面白いですよね。
色々垣間見れますから。

暑い中お疲れ様でした。
お花って癒しですね。

多摩ニュータウン、懐かしいです(^_^;)
♪元府中っ子より
2020年08月09日 19:37
yasuhikoさま
縄文時代の平均寿命は男女共に15歳位、また30歳位と
推測しているものもありました
病気や怪我、食料を含めて大変な苦労が想像されます。
現在は男女ともに80歳を超えていて、30歳はまだ青年、
その時代の結婚感はどんな状態だったのでしょうかね。
おっと! 子供は両親が育てるって感覚もなかったかも?

仮に12~15歳で子供を産み育てるとすれば・・・
恋って精神的イメージは一体どうなんでしょうかね。
今迄、考えたこともありませんでした。
有難うございました。
かぼすさんへ。
2020年08月09日 21:15
千か所もの遺跡があったなんて凄いですよね。
多摩丘陵は食料が豊かで、洪水などの被害も無く、
縄文人が暮らしやすい場所だったんでしょう。
多摩ニュータウンの新しい街並みと、
縄文の森の対比が、とても新鮮な感じがしました。
この施設では、土器作りや、縄文時代の
食事体験や、火起こし体験など、いろんなテーマの
体験プログラムがあるようですが、宿泊体験は
やってないみたいです。歴史に思いを馳せた後、
グリーンライブセンターの花を見るのも、
いいものですね。無料施設なのに、簡単なアンケートで
エコバッグがもらえるのは嬉しかったです。
tamiさんへ。
2020年08月09日 21:22
そうですね。仰るように、縄文人は、
自然のサイクルの中でよけいな収奪はせず、
つつましやかに生きた人々だと思います。
この時代の竪穴住居も、縄文の森に
溶け込むようにしてたんじゃ無いでしょうか。
土偶の表情など見ていると、はるかに遠い
時代の人々の面影が偲ばれますね。
wingaさんへ。
2020年08月09日 21:33
多摩ニュータウンの新し街並みの中に、
多摩丘陵で発掘された遺跡が見事に復元され、
出土品を納めた施設と残されてる事は
あまり知られてないんじゃ無いでしょうか。
土器や土偶に興味がおありですか。
多摩ニュータウンのビーナス、いいでしょう。
多くの土偶は妊婦の姿をしてると思われるので、
出産の願いを表すとも、そこから発展して
豊穣祈願の祈りが籠められたとも言われますね。
暑い日でしたが、縄文の森は深く、
そんなに大変な思いをせずに済みました。
2020年08月09日 22:23
千ヵ所の遺跡とはすごいですね。
いろんな時代の遺跡なんですか。
草創期が15500年前、中期が5000年前の縄文時代、気が遠くなるほど長いですね。ゆっくり時が流れていたのでしょうね。
そうそう縄の文様だから縄文と教わりましたが、いろいろな模様があるんですね。
素朴な優しい土偶の目とは一転、どんぐりお目目の模様にはびっくりです。
詩誠さんへ。
2020年08月09日 23:56
縄文人の平均寿命は、現在の研究で
30~35歳程度と推定されてるようです。
根拠となったのは、15歳まで生きた人が、
その後どのくらい生きたかを示す
「平均余命」というものです。ある方の
研究では、それが15~16歳という事で、
寿命の方は30歳以上とされた訳ですね。
さらに、最近の研究では、60歳以上の縄文人も
かなりいた事が、次第に分かって来ました。
ネットの世界では、そうした最新の
研究成果を知らず、「平均余命」を「寿命」と
勘違いしたままの方もいるので、注意が必要ですね。
三内丸山遺跡の発掘成果などを通して、
縄文人の世界は、従来考えられていたより、
はるかに優れた文化を有するものだったことが
分かって来ています。これからの研究が楽しみですね。
すずりん♪さんへ。
2020年08月10日 00:08
大規模開発の結果とはいえ、
千か所もの遺跡が発掘されたのは凄いですね。
埋蔵文化財センターは、収蔵庫の一部が
見えるようになってるんですが、保存されてる
土器の量に圧倒されます。遺跡の時代は、
旧石器時代から江戸時代まで。大規模な集落は
営まれなかったものの、多摩丘陵は
自然が豊かで暮らしやすかったんでしょう。
確かに、土器装飾のドングリ眼には驚かされますね。
2020年08月10日 10:06
ニュータウンの中に縄文の森があり埋蔵文化財センターがあるんですねえ@@ 1000以上の遺跡があったとは壮大ですねえ^^
こどものころに習った縄文の家と云えば竪穴式住居で、茅葺のむき出しというイメージでしたが、茅葺に泥を固めたりして強化していたのには、僕は埋蔵文化財センターを訪れるまで知らなかったです。
縄文期の土器は様々な装飾がされてみているだけでも楽しいですが、注口土器などはこちらでは見られないもので興味深く派遣させて頂きました。お洒落な薬缶と云った感じで、今でも十分通用する芸術性が高いですねえ。
多摩のビーナスも優しい顔で、性格よさそうな美人ですねえ^^
つとつとさんへ。
2020年08月10日 11:48
多摩ニュータウン建設のための
大規模な開発がもたらした副産物とはいえ、
千か所もの遺跡が発掘され、その成果が
こうして保存され、一般にも公開されてるのは
有難い話ですね。縄文時代の住居に関する
常識も、昔とはずいぶん変わってるようです。
縄文後期の東日本に見られる注口土器の
精巧な作りには、縄文人の優れた造形感覚と、
受け継がれた技術のレベルの高さが
垣間見られるようでした。縄文のビーナスは、
優しい美人さんですが、モデルがいたんでしょうか。
asakun
2020年08月10日 15:31
今回はものすごいですねぇ
どこに食いついていいのかわかりません~~~~
で失礼ながら...勝手ながら...シマジロウとキティにしようっと
この坊やかな、嬉しそうですねぇ。こんなポジション取れたら
もう天にも昇る気持ちでしょうね。パパかママと一緒でしょうが。
UFOキャッチャーの景品がすごすぎる!と思ったら、ナルホド
こういうのを見逃さないのがyasuhikoさんのすごいところですね。
暑い中なんだかとても楽しい気分にさせていただきました!
Thank You~~~~ですわ!!
2020年08月10日 17:20
多摩ニュータウン辺りを車で走っていると
大きなマンション群が多いわりに
人があまり歩いていなくて生活感が無いなと思うのですが
縄文前期の時代から人々の営みが続いている土地だったのですね。
建物の復元だけでなく当時の森まで再現する気概、すごいです。
出土した石皿とすり石、サケの歯など、当時の人々にも全く特別では無かった品々が、今の私たちには特別な物だと言う事にも歴史の面白さを感じます。
毎日うだるような暑さでまいりますが夏の花々には癒されますね。
asakunさんへ。
2020年08月10日 18:33
この前、奈良・平安時代の武蔵国の
面影をたどる府中散歩が楽しかったので、
今回は多摩センターの縄文散歩を
楽しんでみました。多摩ニュータウンの街中に
縄文の森が隠れてるなんて、ワクワクしますね。
文化財センターも、展示に工夫を凝らして、
UFOキャッチャーを利用するなんて、
なかなか素敵なアイディアだと思います。
そう、キティーちゃんとしまじろうが
コンビになれば、喜ばない子はいません。
写真の子も、お父さんの前で喜びが爆発した
ようないい表情をしてました。
うずらさんへ。
2020年08月10日 18:45
日本最大級のニュータウンと騒がれた
この一帯も、住民の高齢化が進み、
色々な社会問題が生じているようです。
開発が進むまで注目されることの少なかった
多摩丘陵ですが、実は、縄文時代以前から、
人がずっと住み続けていたんですね。
開発に伴う発掘調査で明らかになった
縄文人の暮らしが、こういう形で保存再現され、
一般公開されてるのは、有難い事だと思います。
私たちが今使ってる平凡な食器も、
何千年か経つとお宝品になるんでしょうか。
2020年08月10日 21:54
多摩センターに縄文時代を感じさせる場所があるのですね。竪穴住居、歴史の教科書の中でしかしらなくて。
はるか昔の古代人の生活様式が感じられますね。
土偶、面白いです。
かるきちさん。
2020年08月10日 22:27
サンリオやベネッセで知られる多摩センターに、
縄文の森が隠れてたなんて、何だか
ワクワクするでしょう。新しい街並みとの
対比が見られて面白いですね。
ビーナスと呼ばれる土偶が、こんな身近な
所で見られるなんて、嬉しい話だと思いました。
ジュン
2020年08月11日 07:19
多摩センター
開発された街のイメージです
縄文の森興味深いです
土偶見ますとなんとなぁ~く
心の豊かさを感じるのです
夏のお花も綺麗ですね
ジュンさんへ。
2020年08月11日 10:39
大規模開発に伴う発掘成果が、
こうしてきちんと復元保存され、
一般に公開されてるのは嬉しい事ですね。
多摩ニュータウンの新しい街並みに、
縄文の森がいいアクセントになってました。
表情豊かな土偶を見ていると、縄文人の
豊かな精神世界を垣間見る思いがしますね。
2020年08月11日 19:34
今晩は(^_^)

縄文の森とピューロランドの対比が面白いと思いました。
滋賀県にも埋蔵文化財センターがあるのですが、まだ行ったことがないので行きたくなりました。
2020年08月11日 20:05
私も縄文時代に強い興味を持ってまして、東北各地の縄文遺跡を巡っています。三内丸山遺跡、亀ヶ岡石器時代遺跡、大湯環状列石、伊勢堂岱遺跡など。縄文時代の人々の生活には興味があります。縄文土器も興味深いですよね。大体どこもそうですが、開発によって遺跡が発見されたりするケースが多いですよね。三内丸山遺跡は私も縄文時代に強い興味を持ってまして、東北各地の縄文遺跡を巡っています。三内丸山遺跡、亀ヶ岡石器時代遺跡、大湯環状列石、伊勢堂岱遺跡など。縄文時代の人々の生活には興味があります。縄文土器も興味深いですよね。大体どこもそうですが、開発によって遺跡が発見されたりするケースが多いですよね。三内丸山遺跡は青森県営球場建設の事前調査で発見されて、それが予想外の大規模遺跡であったために保存運動が高まり球場建設は中止されて遺跡が保存整備されるようになりました。三内丸山遺跡や大湯環状列石などのそばには発掘された埋蔵物の展示が行われています。それぞれ色々と工夫して展示しているので、子供たちも興味を持って楽しく学ぶことができます。東京都埋蔵文化財センターは訪れたことがありませんが、ここも良いですね。私も訪れてみたいです。
2020年08月12日 10:10
こんにちは。
縄文の森、とても面白いところですね。
住居の再現とともに、植物まで再現されていたのは興味深いです。
急須にしても、現代もさして形に変わりない、究極のデザインが既にあったことに感動しますね。流石縄文人です!
グリーンセンターで出会われた植物も、涼を誘う雰囲気でとても素敵でしたね。
すっかり楽しませて頂きました。
ヌサドゥアさんへ。
2020年08月12日 11:17
多摩ニュータウン建設に際して、
千か所もの遺跡発掘が行われた訳ですから、
新しい街づくりが、結果的に地域の古い歴史を
掘り起こすきっかけになったんですね。
滋賀県は歴史の交差点ですから、きっと
県立の埋蔵部文化財センターも面白いでしょう。
降魔成道さんへ。
2020年08月12日 11:32
東北の縄文遺跡を訪ね歩いてらっしゃるとのこと。
多摩センターにある埋蔵文化財センターにも
関心を寄せて戴いて、有難うございます。
仰る通り、多摩丘陵で多くの遺跡が発掘されたのは、
多摩ニュータウン建設のための大規模開発が
もたらした副産物です。ほとんどの遺跡は、
その時に失われましたが、その成果がこうした形で
保存され、一般に公開されてるのは有難いことだと
思います。お話を伺ってるうちに、青森三内丸山遺跡の
大規模集落が発見され、その驚くべき内容が
次々明らかになった時のワクワク感が、
昨日のことのように思い出される木がしました。
keikoさんへ。
2020年08月12日 11:45
そうなんです。この施設のユニークな点は、
これまでの研究で明らかになった
縄文の植生を再現し、竪穴住居の周囲に
縄文の森を誕生させたところです。
館内に展示された出土品と併せ、縄文人の
生活環境がイメージ出来て面白いですね。
土偶や土器に見られる縄文人の造形感覚や、
確かな技術は、さすがの一言です。
グリーンライブセンターの夏らしい、でも、
涼やかな花々に心が慰められました。
2020年08月14日 23:59
復元家屋はよくありますが、当時の植生を再現した「森」までつくってしまうのは、めずらしいですね。
多摩ニュータウンのビーナス、知りませんでした!
すごく貴重なものですね。
エコバッグも素敵ですね。
家ニスタさんへ。
2020年08月15日 17:10
文化財センターの出土品、復元家屋、
再現された縄文の森。その三点セットが
揃っているのが、この施設の魅力です。
この三つが揃うと、縄文時代のイメージが
具体的にわいてくる気がしました。
縄文のビーナスは素敵でしょう。
無料施設なのに、エコバックまでもらえて、
ずい分得をしたような気がしました。
2020年08月16日 19:39
もォ読んでるだけでなく、写真一枚一枚見てるのが楽しいです。
縄文時代のことをもっと学生たちに興味持ってみてもらいたい。
学校ではちょっと習うだけみたいなところがありますが、この時代ほど 人々が仲良く 公平に チカラあわせて生きていたことを知ってほしい。
前にも書いたかもしれませんが土偶なんかも リアルに作ろうと想えば作れるだけの技能を持っていたでしょうが、おそらく当時も古代と同じく(古墳時代)あまりリアルに作りすぎると命宿るッと考えたんじゃないでしょうか。
でもだからこそこのような造形の土偶や土器を見ることが出来るしあわせを ボクたちは感謝するべきと想うのです。
おーちゃんへ。
2020年08月16日 22:52
縄文人の造形感覚って、本当に
面白いですね。おそらく、私たちの
DNAの何十%かは、縄文人のそれを
受け継いでるはずなんですが、今となっては
彼らの精神生活まではよく分かりませんね。
しかし、自然から余分な収奪をせず、
自然の中で自然とともに生きていたと思われる
彼らのライフスタイルは、今の私たちに
何かを教えてくれるような気がします。本当に、
こういう施設は若い人に見てもらいたいですね。