落ち葉散り敷く三鷹天文台で

6年間の宇宙の旅を経て、地球に帰還した小惑星探査機
「はやぶさ2」。そのNEWSが世間を賑わせる少し前、
三鷹国立天文台を訪ねました。日本の天文学の中心的
研究機関でありながら、大正期のレトロな文化財建築
残る不思議な雰囲気が、ここの魅力です。


DSC06424.JPG
       この正門や門衛所(大正13)を含め、
       7件の建造物が、国の登録有形文化財。


DSC06290.JPG
 その門衛所(現守衛所)で氏名を記入し、
 ワッペンを上着に貼って、見学開始です。


DSC06398.JPG
 11月末、構内は落ち葉が散り敷いてました。


DSC06308.JPG
DSC06348.JPG
 天文台がこの地に移転したのは、大正3~13年。
 それより前は、何と天文台が麻布にあったんです。
 「麻布も星が見えなくなって来たねぇ~」なんて
 嘆いた当時の人々が、移転を決めたんでしょう。


DSC06355.JPG

DSC06391.JPG
 第一赤道儀室は、構内最古(大正10)の
 建物で、太陽黒点の観測に活躍してました。


DSC06314.JPG
DSC06320.JPG
 平日なので、訪問客は見学授業の中学生ばかり。


DSC06297.JPG
       ドーム屋根は木製で、手動の開閉式。
       1999年まで現役だったそうです。


DSC06407.JPG
DSC06406.JPG

DSC06322.JPG
 大赤道儀室(大正15)。直径14.5mの
 巨大な木製ドーム屋根(銅板葺き)は、当時
 の建築技術では難しかったので…、


DSC06332.JPG
       造船所の技師の力を借りたとか。


DSC06382.JPG

DSC06345.JPG
       太陽塔望遠鏡(昭和5)。一般相対性
       理論を検証する事が、当初の目的だっ
       たため、通称はアインシュタイン塔
       

DSC06337.JPG
DSC06343.JPG
 階段の手すり、すっかり苔むしてますね。


DSC06360.JPG
 旧図書庫(昭和5)も廃墟的なムード。


DSC06378.JPG
       6mミリ波電波望遠鏡(1970)。水沢、
       野辺山、鹿児島と活躍の場を変え、2年前、
       歴史的資産として三鷹に戻って来ました。
       【三鷹天文台の見学はこれで終了です。】


DSC06439.JPG

DSC06447 (2).JPG
DSC06427.JPG
 帰りは、野川に沿って、歩いて帰りました。
 途中、コサギにカメラを向けたのですが…。


DSC06434.JPG
 飛んでる鳥は難しい。羽を広げた
 コサギを前に、私はお手上げです。


DSC06464.JPG
       カシワバアジサイで気分転換。


DSC06466.JPG
 そして、ヒメツルソバの花。どちらも家の
 近くでの撮影です。三鷹天文台を訪問した
 のは6年ぶり。宇宙に憧れる人々の思いを、
 建物にして残したようなノスタルジックな
 雰囲気に、心惹かれるものを覚えました。


ブログ気持玉

この記事に貼り付けられるブログ気持玉の上限に達しました。

気持玉数 : 500

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2020年12月10日 04:05
 無知なもので、三鷹に国立の天文台があるとは知りませんでした。古い天文台の建物は、建物好きなひとにはタマラナイ、ノスタルジックな雰囲気があるものですね。

 落ち葉の季節にはより雰囲気が増す感じですね。

 埼玉では堂平山の頂上に天文台があるのですが、此処も行ったことがないのです。

 ヒメツルソバは日だまりでは冬でも咲いているところがありますね。

 優雅なサギさんもそばに寄ろうとするとすぐ飛ばれてしまうので、撮り逃す事が多いですねえ。
2020年12月10日 05:47
三鷹の国立天文台はNHK(Eテレ)の
サイエンスアイという番組で観ました。

大正ロマンを感じる建物と落ち葉の組合せが
日本の天文学の歴史に思いを誘う雰囲気と
マッチしていますね。

今回も素敵な写真を見せて頂きありがとうございます。
信徳
2020年12月10日 06:54
毎日毎日コロナ騒ぎで気が晴れません。
そんな中に「はやぶさ2」の快挙には嬉しいものが有りました。
天に憧れるのは子供から大人まで区別なく誰もがそうでしょう。
今は全国の空気の良い所に天文台があり観測できる事でしょうが
ノスタルジックな三鷹天文台は心の故郷としてズット残して欲しい
ものです。
野川の清流、動植物の話を聞くにつけ国分寺を思い出します。
2020年12月10日 07:39
三鷹の国立天文台、いいですね~~♬
守衛所の小屋?が可愛いです。
ワッペン、丸い煌ブルーのですよね。
冷蔵庫に貼ってあります((((^Q^)/
落ち葉の絨毯が素晴らしい\(◎o◎)/
中学生の社会科見学でしたか?
yasuhikoさんも中学生に戻られたのでは((((^Q^)/
イチョウの黄葉が目立っていますね。
6mミリ波電波望遠鏡、カゴッマにも居たんですか?
三鷹に戻って安住の地を得たのでしょうね。
天文台から野川沿いを散策してご帰還?
どのくらい?かかるんでしょうか。
ハヤブサ2の物語は胸にぐっとくるものがあります。
健気にまた次の目的地にむかって長い旅をつづけるんですね。
担当者の深い愛を感じて、応援せずにいられません。
イッシー
2020年12月10日 07:39
神代植物園の西のほうに確か天文台通りとかってありましたね。
こんな感じなんですか!木製のドームとかって凄いですね。
今でも維持されてるんですね!
2020年12月10日 07:47
国立天文台は三鷹にあるのですね。知りません
でしたが、今でも現役なのでしょうか?
なんともレトロで可愛い雰囲気がありますね!
2020年12月10日 09:26
レトロな雰囲気の建物と黄葉のコラボ見せて頂きました
宇宙にはあまり興味がないのですが昨夜は宇宙ステーションが通過するのを観ました
鳥の飛んでいるのを写すのは大変むつかしいですね
ヒメツルソバの繁殖力には驚かされます
2020年12月10日 09:36
三鷹の国立天文台、話には良く聞きますが、
ほんとレトロなこの建物で、宇宙観測をしていたんですね。
これが21年前は現役!
長く頑張って、ご苦労様でした。
と言いたいです。

野鳥は活発で元気ですからね。
yasuhikoさんの飛ぶ鳥落とす勢いでの撮影、
は、難しいですか?
元気さが捉えられていますよ。
2020年12月10日 10:04
三鷹天文台はノスタルジックな雰囲気で、宇宙を憧れる方達が、以前からこのように研究していたことが分かります。
秋深くなった公園内でのこの建物の古さが、とても良く合っていると思います。
それにしてもyasuhiko さんは、いろんな場所を詳しく知っておられて、素晴らしいと思います。
ここのブログに訪問して頂くたびに勉強になります。
ありがとうございます。
2020年12月10日 10:10
格式そうな門構え~と思ったら、国の有形文化財でしたか。
ドーム屋根が木造とは驚きましたが、造船所の技術で納得です。
アインシュタイン塔~当時、アインシュタインがブームであり憧れだったのでしょうね~今は、量子論ですものね!
2020年12月10日 10:20
こんにちは。
「はやぶさ2」のニュースは嬉しかったですね。
三鷹天文台、自然豊かでレトロな建築もいいですね。
ゆっくり散策出来ますね。
帰りは歩いて帰られたとか、こちらも素敵な散歩に
なりましたね。
2020年12月10日 11:59
yasuhiko さん。こんにちは。
三鷹天文台。 大正時代の建造物が現に見られる事。素晴しいの一言です。
レトロな雰囲気、自然豊かな環境に囲まれて、素敵な所ですね。
大赤道儀室のドーム屋根が、木造で出来てるのも興味深いですね。
「はやぶさ2」も高度な技術の成果ですが、これも当時の最先端の技術の成果で作られたのでしょうね。



winga
2020年12月10日 14:32
こんにちは。
三鷹にこんなレトロな素敵な場所があったんですね。
なぁんにも知らずに近くに12年(-_-;)
yasuhikoさんのフットワークのよろしいこと!
凄いですね。

中学生のお勉強場所。いいですね。
歴史も学べますものね。
ヒメツルソバ。好きで、植木鉢にピンクが満載です。
次回はいずこへ。
2020年12月10日 15:02
昔は 都内も 空気が澄んでいて もっと星も綺麗だったんですね。
最先端の技術を使って 作られた半円形の屋根が 20年前まで
稼働していたなんて ロマンを感じます。
そんな建物を囲んで 植えられている 色づいた樹々の
風景も素敵です。
2020年12月10日 15:09
日本の天文学の中心的な機関が三鷹にあるんですか。
現役とは思えないレトロな雰囲気がありますね。
イチョウの黄葉がマッチしてますね。
私もコサギの飛翔はなかなか撮れません。
2020年12月10日 15:13
 大正時代には、本格的な光学望遠鏡の天文台が出来ていたのですね。設備が外国製だったのは残念ですが、仕方ありませんね。戦争で壊されなかったのが一番の幸運でしょうか。
 落ち葉を踏みしめての天文台回りこれも乙な散策となりましたね。
 ヒメツルソバ、並んで咲いていると、なかなか可愛い花だと思います。
なおさんへ。
2020年12月10日 15:58
三鷹の国立天文台は、全国にある
天文台・観測所の本部にあたる施設です。
日本の宇宙研究の最先端を行く
研究機構ですが、一方で、構内に
過去の観測施設をそのまま残しているので、
建物好きには堪らない空間になってますね。
ヒメツルソバは、写真の素材に向いてる
花だと思いました。コサギの写真は難しい。
鳥撮りさんを尊敬します。
ケペルさんへ。
2020年12月10日 16:04
木製ドームの天井など見てると、
日本の天体観測の歴史の重みを感じない
訳に行きませんね。科学の歴史の歩みを
肌で感じることのできる空間、
それがこの三鷹天文台の魅力だと思います。
落ち葉を踏みしめながら散策するには、
ちょうどいい場所でした。
信徳さんへ。
2020年12月10日 16:14
「はやぶさ2」の快挙は嬉しかったですね。
それもこれも、日本の天文学の地道な
研究の積み重ねがあったからこそでしょう。
三鷹の天文台はその中心だった所、
現在も全国の天文台・観測所の本部として
今も活躍してます。そして、何といっても、
このレトロな観測施設の残る空間。
歴史のタイムカプセルのような空間は、
不思議な魅力に溢れてるように感じられました。
nobaraさんへ。
2020年12月10日 16:23
見学者用のワッペン、まだ
お持ちでしたか。この守衛所はいいですね。
木造の建物に味があって、私も大好きです。
それにしても、レトロな建物が残る
三鷹の天文台は、まさに過去のタイムカプセル。
一面の落ち葉を踏みながら、広い構内を
散策するのは、心楽しいものでした。
確かに、気持ちは中学生といったところでしょうか。
行き帰り歩くのは大変ですが、片道だったら
そんなに大変では無いんですよ。
このくらいの距離なら、いい運動になると思います。
イッシーさんへ。
2020年12月10日 16:27
はい、それがこの天文台に通じる道です。
レトロな研究施設が残っていて、
面白いでしょう。ちょっと廃墟的な
雰囲気もあるのが魅力ですね。
もちろん、今でも全国の天文台・観測所の
本部にあたる施設ではあるんですけど…。
落ち葉の季節は、よけい雰囲気がありますね。
ポジティブオーラさんへ。
2020年12月10日 16:34
三鷹の国立天文台は、大正時代以来、
日本の天体観測の中心であったばかりでなく、
今でも現役で、全国の天文台・観測所の
本部に当たる施設として活躍中です。
その一方、過去の観測施設がそのままの姿で
残されていて、レトロな雰囲気を
漂わせている点も、魅力の一つですね。
もこさんへ。
2020年12月10日 16:40
宇宙ステーションの通過する姿が、
普通に観測できましたか。それはすごい。
宇宙へのロマンが感じられる話ですね。
三鷹の国立天文台は、過去のタイムカプセル
のような雰囲気があって、落ち葉を踏んでの
見学散歩にはぴったりでした。
ヒメツルソバは固まって咲いてると可愛いんですよね。
2020年12月10日 16:42
こんにちわぁ~
三鷹にはいろんな重要施設がりましゅねっ
天文台は知りませんでした
八王子方面に行くときは必ず通った、三鷹でしゅが・・・
歴史的な重要さもそうでしゅがぁ~
紅葉の景観に感動でしゅ
野川は川崎に流れ、最後は鶴見川に合流でしゅねっ
懐かしい川でしゅ
ナイス!・・・☆
2020年12月10日 16:46
こんにちは。
天文台なのに どこか和風なのが面白く 反対に趣がありますね。
ドーム屋根がまさかの木製!それも手動開閉式!
当時 たとえ造船所の技師さんのお力拝借とはいえ よくぞここまで立派なのが作られましたよ。
それも まぁこの前まで現役だったのもすごいですね。
木製ドームはぜひぜひ子供たちに見てもらいたいですね。
サギの動きは早かったですか?
カシワバアジサイの葉は革製に見えました(笑)

アルクノさんへ。
2020年12月10日 16:52
木製ドームはインパクトあるでしょう。
これが現役で活躍していたのは、
そんなに昔のことじゃ無いんですよね。
こうした昔の観測施設が数多く残る
過去のタイムカプセルのような
レトロな空間は、本当に魅力いっぱいでした。
有難うございます。今回は望遠の距離が
全然足りなかったし、シャッター速度優先に
切り替える知恵も思い浮かばなかったので、
その内、再挑戦できればと思います。
はるる
2020年12月10日 18:03
三鷹天文台は一度しか行ったことがありません。
思い出しますね。
また野川、いいところで、ここも好きな場所です。
サギがいましたか。
こういうところでは出会えますね。
飛んでいるのは難しいですが、よく撮れているではありませんか。
すごいです。
サギと戯れて。野川沿いを歩くと、おうちの方角になるのですか。
2020年12月10日 18:04
こんばんは!
三鷹天文台、レトロな建物が落ち葉と共に良い雰囲気ですね。はやぶさ2の快挙と重なってタイムリーな訪問でしたね。コロナで落ち込む気分を明るくはらしてくれたはやぶさ2、次の小惑星へ向けて又旅立っていきました。凄いですね。
天文ファンにとっては是非とも訪れたい場所でしょうね。
コサギさんなど動く鳥は撮りにくいです。良い雰囲気で撮れて檻と思います。
ヒメツルソバは可愛いですね。
berumoonさんへ。
2020年12月10日 18:10
三鷹の天文台は、今でも全国の天文台・
観測所の本部として活躍中ですが、
一方で、広い構内に過去の観測施設を
そのままの姿で残しているので、
まるで過去のタイムカプセルのような
不思議なレトロ空間が生み出されてます。
確かに、落ち葉の季節に似合うかも知れませんね。
都心には行きづらい今、多摩地区の
範囲内で行き先を考えるしか無さそうで…。
ふてもさんへ。
2020年12月10日 18:19
この正門も、守衛所もいいでしょう。
日本の天文学をリードする研究施設なのに、
こうした昔ながらの建造物を、そのまま
大切にしてるところがいいですね。
観測所の木製ドーム屋根など見上げては、
何だか惚れ惚れしてしまいました。
アインシュタイン塔の相性にも、
時代というものが感じられて面白いですね。
ゴンマックさんへ。
2020年12月10日 18:24
「はやぶさ2」の快挙、嬉しかったですね。
それもこれも、日本の天文学研究の
地道な積み重ねがあったからでしょう。
三鷹の天文台のレトロな構内を散策してると、
そうした歴史が肌感覚で分るような気がしました。
行き帰り歩くと、ちょっと大変なんですが、
片道だったら、いい運動になるような気がします。
2020年12月10日 20:03
こんばんは。
大正期の建物は近代的な建物とひと味違って雰囲気を感じます。
素敵ですね♪ 大赤道儀室のドーム型の屋根を造船所の技師さんの力を借りて造られたというお話も興味深いです。構内の落ち葉が敷き詰められた景色共々歴史を感じる建物群ですね。
川に遊ぶコサギも躍動感あふれて美しいなと見惚れます。

それにしてもはやぶさ2の採取した小惑星の砂の解析が楽しみですね。
2020年12月10日 20:05
⇧のコメントはのろばあさんです。
いつもうっかりでごめんなさい。
yoshiさん(?)へ。
2020年12月10日 20:30
何せ、星を見るために選ばれた場所なので、
三鷹の天文台は、武蔵野の雑木林に囲まれた
場所にあります。そこに大正期の
レトロな観測施設が建ってる訳ですから、
これはなかなか雰囲気がありますよね。
木製ドームの屋根なんて、今は本当に貴重な
歴史的遺産なんじゃ無いでしょうか。
落ち葉の季節、いい社会科見学が出来ました。
wingaさんへ。
2020年12月10日 20:41
この辺り、昔は星がよく見えたんでしょう。
観測施設は野辺山などに移ってますが、
この三鷹の天文台は、現在でもなお
全国の天文台・観測所の本部として、
日本の天文学の中心になってるそうです。
やはり、歴史というのは大したものですね。
ヒメツルソバは、いつものご近所児童公園で、
元気に咲き誇ってました。この花、
固まって咲いてるときれいなもんですね。
フラバーバさんへ。
2020年12月10日 20:50
この辺り、今でも武蔵野の面影を残す
自然豊かな所ですから、昔は星がよく
見えたんでしょう。構内の
レトロな研究施設を見ていると、
日本の天文学の歩みをたどってるような
気持ちになりました。木製ドームの屋根など、
今では素晴らしい歴史遺産ですね。
大人の社会科見学で出かけるには、
落ち葉の季節がぴったりだったと思います。
コスモスさんへ。
2020年12月10日 21:00
三鷹の天文台は、日本の天体観測の
歴史とともにあっただけでなく、
今でも全国の天文台・観測所の本部として、
日本の天文学の中心であり続けてるそうです。
そうした歴史があるだけに、広い構内は、
歴史的な建造物がそのまま残っていて、
過去のタイムカプセルのような雰囲気でした。
飛んでる鳥は難しい。せめてシャッター速度
優先モードにするんだったと反省しました。
あっこちゃん
2020年12月10日 21:06
大正3年ごろから刻々と繋いできた深い深い歴史があるのですね。
どの施設、建物もその歴史を私たちに示してくれています。
ようこそ、あの麻布からこの地へ移転してきましたね。
武蔵野の地は今でも美しい星空が見えていまでしょう?!
晩秋の落ち葉とレトロな天文台の建物がなんてマッチしているのでしょう?
!素晴らしいですね。
藍上雄さんへ。
2020年12月10日 21:08
日本の天文学の歩みは、この三鷹の
天文台とともにあったんですね。
望遠鏡はカール・ツァイス社製のようですが、
ドーム屋根が木製で、そこに造船所の
船底を造る技術が応用されてたなんて、
当時の研究者の創意工夫が垣間見えるようです。
見学しながら、日本の天文学の歴史を
辿ってるような気分になりました。
固まって咲くヒメツルソバは可愛いですね。
デミさんへ。
2020年12月10日 21:29
昔は星がよく見えたんでしょう。
それだけ自然環境の豊かな所ですから、
今でも武蔵野の雑木林の面影があって、
紅葉や、落ち葉の風景に魅力がありますね。
野川は、この後、深大寺の坂下を東に流れ、
二子玉川付近で多摩川に合流します。
野川沿いの帰り道も含めて、
ちょうどいい散歩コースになりました。
にゃーちゃん(?)へ。
2020年12月10日 21:40
日本の天文学研究の中心であり続ける
三鷹天文台。広い構内を歩くと、
日本の天文学の歩みをたどるような
気分になれる点が魅力です。
ドーム屋根がまさか木製だったなんて!
望遠鏡はカール・ツァイス社製だそうですが、
思いもかけないところで、日本の伝統的な
木造建築技術や、造船技術が役立ってたんですね。
そのあたり、中学生に見てほしいし、
大人が見学しても面白いところだと思います。
ここは落ち葉の季節が似合いますね。
ハイジママ
2020年12月10日 21:44
天文学は 私も好きな分野です。ロマンが有りますよね。
宇宙の夢は 果てしなく広がります。
地球の汚い事を 忘れさせてくれます。

子どもたちを連れて 名古屋の科学館のプラネタリューム よく行きました。椅子に寝転び 丸いドームを見て居ると まるで夜! 開設される学芸員の説明が 面白いのです。

あの頃、私も若かったです。まだ 人生に【夢】を持って居ました。

純粋に学問を追求する事、素敵な仕事だと思います。

そういう分野に携わる事 しあわせな事です。

世の中には 色々な仕事が有るけれど、美しい分野の仕事。そうは、ありません。
世の中 美しく回る事ばかりじゃ無いからね!

日本の生きる方向は 純粋な学問の道を大切にすることだと思います。

三鷹天文台も ズ~~と文化遺産として保存し続けると良いのですが。日本の学問の良心として。
今の日本は 大切なものを 壊すことばかりですね。
はるるさんへ。
2020年12月10日 21:49
私は今回で三度目でしたが、
季節によって、また天候によって、
構内の表情がずい分違って見えますから、
繰り返し訪れるのもいいものですね。
野川のコサギ、動きについていけず、
苦戦しました。望遠の距離も足りなかったし、
初めから条件的に厳しかったかも知れません。
行き帰り歩くのは大変ですが、片道なら
ちょうどいい運動になったと思います。
ekoさんへ。
2020年12月10日 22:07
この辺り、昔は星がよく見えたんでしょう。
自然が豊かで、武蔵野の雑木林を偲ばせる
環境だけに、落ち葉の季節は、
見学を兼ねての散策にもぴったりですね。
訪ねたのは「はやぶさ2」の快挙の前でしたが、
宇宙のロマンを追い求める人々の気持ちは、
昔も今も変わりがないなぁと感じました。
飛び立つ鳥を追いかけるのは大変です。
これは鳥撮りさんたちを尊敬するしか無いのかも。
のろばあさんへ。
2020年12月10日 22:17
いつもコメント有難うございます。
日本の天文学の歩みとともに
歴史を刻んできたこの三鷹の天文台。
仰るように、歴史的な観測施設は、
レトロな趣があって、とて魅力的ですね。
望遠鏡はドイツのカール・ツァイス社製
だそうですが、ドーム屋根に日本の伝統的
木造建築技術や、造船技術が応用されてるのは、
大変ユニークなことなのかも知れません。
飛んでる鳥は難しいです。ヒメツルソバの花に
出合えて、何だかホッとしました。
あっこちゃんへ。
2020年12月10日 22:27
この辺り、今でも自然が豊かで、
武蔵野の雑木林の面影を残す所です。
昔はさぞかし星がよく見えたんでしょうね。
さすがに、現在は主な観測機材・施設が
野辺山などに移ってるようですが、
今でも全国の天文台の本部として活躍中なのは、
長い歴史の積み重ねによるものでしょう。
天文学の歩みのタイムカプセルのような
構内巡り歩くには、落ち葉散り敷く
今の季節がちょうどよかったかも知れません。
ハイジママさんへ。
2020年12月10日 22:56
そうですね。私も、純粋に科学の発展に
身をささげた多くの人たちの情熱には、
この上ない敬意を抱いています。
もちろん、学問の世界にも競争や派閥争いなど、
人間臭い側面もありますが、政治家の
醜い争いや策略などとは違って、誇りをかけて
真実を追求する清々しさがありますね。
三鷹天文台の広い構内を歩いていて、
日本の天文学の歩みを辿っているような
不思議な気持ちになりました。これらの建物が
老朽化した時、保存の問題が生じるでしょうが、
今のところは大切に保存されてるようです。
2020年12月10日 23:22
国立天文台が三鷹にあること、なんとなく残ってましたが行ったことはありません。
木製のドームなんて作るのに大変だったのではないでしょうか。
先日も「はやぶさ2」の快挙、興奮しますよね。
プラネタリュームで星を見た子供の頃、今は夜空を眺めてみますが、東京の夜空では月が唯一です。
私も先日、コサギを追い回しましたが撮れたのはサギらしくない物体になってしまいました(笑)
2020年12月11日 00:07
 小惑星探査機「はやぶさ2」6年も宇宙を旅するなんて
驚きのほかないですね。この時期、明るいニュースでした。
三鷹天文台は2度ほど行っています。
俳句の吟行で出かけました。天文台でどんな句を詠めば
いいのだ?なんて言いながら、もっぱら草花を見ていました。
でも、ドーム型の建物は覚えています。
黄葉の中の古いドームはいい雰囲気ですね。
この時期なら一句詠めるかも・・・そんな味わいがあります。
 水辺のサギ舞う姿はいいものですね。
なかなか見られない風景ですから、楽しみました。(^^♪
2020年12月11日 00:23
さすが、国の登録有形文化財が七件もあるだけあって素晴らしいですね。
この門からして、ほんま、素晴らしい。
実は、武蔵野の森公園から神代植物園に歩いて行った時に、この前を通ったんです。
中に入る時間はなかったので、門の写真だけ撮りました。(^^ゞ
こんなに素敵な建造物があったんやったら、ちょっと中に入れば良かったです。
残念!(^^ゞ
元は、麻布にあったんですね。
「麻布も星が見えなくなって来たねぇ~」
ナルホドです。(^^)
ここのドームは、どれも、味がありますね。
特に、木製で手動開閉式なんてスゴイ!
その上、この時季は、紅葉、黄葉。
敷地内を散策するだけでもウットリしますね。
2020年12月11日 02:22
今回のお散歩も建物と秋色がピッタリで素敵やなぁ~って思いました
三鷹にこういうのもあるんですね
全然知りませんでした

コサギ。。。なかなかです
鳥さんはじっとしてくれないし、近づこうとしたら逃げちゃうし
写真は難しいです

ヒメツルソバ可愛いですよね
大好きです💖
2020年12月11日 10:26
こんにちは
TVでドーム型建物
よく見かけますが
素敵なところですねー
三鷹には長い間済んでましたが
野川もこの頃行きましたー^^
ロシアンブルーさんへ。
2020年12月11日 10:37
大空への夢。大人になっても、
夜空に流星群を追いかけたりするのは、
楽しいものですよね。三鷹の天文台には、
宇宙にロマンを追い求めた人たちの
研究の歩みが、タイムカプセルのようにして
残されている点が面白いと思いました。
木製ドームの屋根なんて、びっくりしてしまいます。
飛んでる鳥の撮影は大変でした。
鳥撮りさんたちには敬意を表さないと…。
ミキさんへ。
2020年12月11日 10:49
「はやぶさ2」の帰還、明るい話題でしたね。
今回の快挙も、日本の天文学が積み重ねた
これまでの地道な研究があったからこそと思います。
そんな天文学の歩みを、目に見える形で
辿ることのできる点が、三鷹天文台を見学する
面白さじゃ無いでしょうか。落ち葉の季節は、
こうしたレトロな建築群を訪ね歩くのに、
ぴったりだと思いました。飛んでる鳥を
カメラで追うのは、なかなか大変なものですね。
yoppy702さんへ。
2020年12月11日 11:03
この正門に注目されただけでも、
さすがよく見てらっしゃるなと感心します。
地元の人間にとっては日常の風景で、
みんな素通りするだけですから。
この辺り、今でも緑の多い環境ですが、
大正の頃はさぞかし星がよく見えたんでしょう。
麻布から越してきたというエピソードも、
時代を感じさせて、何だか愉快な気がしますね。
落ち葉の季節は、天文学の歴史を偲ばせる
こうしたレトロな建造物を見て回るのに、
ちょうどぴったりだと思いました。
とまるさんへ。
2020年12月11日 11:10
三鷹の国立天文台は、こう見えて、
全国にある天文台・観測所の本部として、
今も日本の天文学の中心施設なんです。
でも、その事を忘れさせるような
レトロな建物が並ぶ構内は、落ち葉を
踏みながら散策するのにちょうどいいですね。
飛んでる鳥には振り回されました。
鳥撮りさんのすごさに改めて気づきました。
ヒメツルソバは、固まって咲くと可愛いですね。
すーちんさんへ。
2020年12月11日 11:35
構内に、大正期のレトロな建物が並ぶ
不思議な迷宮空間。中でも、木製ドーム屋根の
研究施設は、特別印象深いものがありますね。
日本の天文学の歩みをたどるような
気分で見学して回るには、落ち葉の季節が
ちょうどぴったりだと思いました。
2020年12月11日 12:55
yasuhiko様

こんにちは♪
カシワバアジサイの葉は紅葉するのですね!?
レトロな大正時代の建物は重厚で
落ち葉にかこまれ、たたずむ景観は
ひっそり静寂の中に癒しを感じます(^^)
2020年12月11日 13:50
かわいい門衛所で記名して、ワッペンを上着に貼ってというのが、
儀式を受けたようで、見学の期待感が高まりますね。
天文台ってたくさんの建物があるんですねぇ。
一つ一つの建物にそれぞれの役割があったのですね。
木製で手動式の開閉の屋根の建物が20年ほど前まで現役だったとは驚きです。
落ち葉散り敷くの表現がぴったりの光景に、
レトロな建物がまたぴったりで素敵ですね。
三鷹はまだ星がよく見えるのですか。
ゆのさんへ。
2020年12月11日 14:30
カシワバアジサイは、きれいに
紅葉します。一年に二度、楽しませて
くれるのは嬉しい限りですね、
三鷹の天文台は、日本の天文学を支える
現役施設でありながら、構内は
レトロな建築物の並ぶ懐かしい雰囲気。
そのギャップが、また魅力的に思えました。
すずりん♪さんへ。
2020年12月11日 14:42
この門衛所、可愛らしいでしょう。
有形文化財のこの建物が、今でも
見学者受付の役目で頑張ってるなんて、
何だか嬉しくなりますね。
三鷹天文台の構内は、こうしたレトロな
建築物が並ぶ魅力的な空間でした。
レトロと言っても、それぞれ割と最近まで
現役だった観測施設。東京がもう少し暗ければ、
まだまだ活躍できるのにと思ってるのかも
知れません。落ち葉の季節にぴったりの
歴史的建造物巡りが出来ました。
komichi
2020年12月11日 15:00
こんにちは!
落ち葉が敷き詰められた三鷹天文台の
お庭とノスタルジックな建物。
なんと美しい風景でしょう~🌠
宇宙に憧れる人たちの想いのつまった
この場所には、私までつよく心に残りそうです~😍
2020年12月11日 15:12
こんにちは。

東京在住の孫家族が時々、吉祥寺~三鷹の方へ出かけるらしいのですが、自然美溢れる所、、と聞いています。
そこに国立天文台があるのですね。
晩秋を思わせる風景のもと、建造物がより映えていますね。
大赤道儀室(ドーム屋根)、当時の技術では難しかったのですか。
木製というのもレトロで素敵な技法ですね。
取が羽ばたく姿を捉えるのは難しいですね。
ヒメツルソバの可愛い花。食べたくなってしまいます~♪
2020年12月11日 16:05
こんにちわ
>階段の手すり、すっかり苔むしてますね。
手すりなんですか。分からなかったです
コサギさんに遊ばれましたね(^-^)
ヒメツルソバの花、可愛いです
2020年12月11日 16:48
何とか歩ける距離内にこんなところがあるなんて、良いですね。
木製のドーム屋根、完成にはご苦労があったでしょうね。
はやぶさ2の嬉しいニュースと、このレトロな建物、
感慨深いものがあります。

自粛生活は決して望むことではありませんが、
工夫を凝らしながら出来るだけ楽しく過ごすのも
悪いことでは無さそうな気がします。
komichiさんへ。
2020年12月11日 21:38
精密さの要求される天体観測施設。
そのドーム屋根を木製で造ってしまう
ところに、日本の建築・造船技術が
しっかり生かされてるんですね。
そうした昔の建造物は、長い年月を経て、
独特の暖かい魅力を発揮しているように
思われました。落ち葉の舞う季節は、
構内のレトロな雰囲気にもぴったりですね。
ハーモニーさんへ。
2020年12月11日 21:44
三鷹のこの辺りは、今でも自然が
豊かで、武蔵野の面影が残るところです。
大正時代には、よく星が見えたんでしょう。
その時以来、日本の天文学を支えてきた
この天文台。木製ドーム屋根の建物など、
レトロな観測施設が数多く残っていて、
落ち葉の季節の散策も、楽しいものがありました。
飛んでる鳥の撮影は難しいものですね。
可愛いヒメツルソバに出合えてホッとしました。
minaさんへ。
2020年12月11日 21:49
手すりの苔が凄いでしょう。建物って、
使ってないと、こうなって行くんですね。
レトロな建造物がそのまま残る
三鷹天文台。この少し荒れた感じが、
何とも言えない懐かしさを誘うようです。
可愛いヒメツルソバに出合えてホッとしました。
つばささんへ。
2020年12月11日 21:59
行き帰り歩くには、ちょっと
遠いんですが、片道ならいい運動に
なるくらいの距離なんです。
落ち葉の舞う季節、レトロな建造物を
見学しながら、天文台の広い構内を
散策するのは、ちょうどいい散歩コース
だったんじゃ無いでしょうか。
それにしても、この巨大なドーム屋根を、
木製で造ってしまった昔の人の発想は凄いですね。
行動範囲の限られる今は、正直、ブログの
テーマを探すのも大変ですが、その分、
身近なものの良さを見直すいい機会だとも思います。
2020年12月11日 22:25
国立天文台、レトロな雰囲気がとても素敵ですね~~。昔麻布にあったのですか。それもびっくりです。今ではとても考えられないですね。
天文台のドーム、結構古びていて本当に今でも使われているのだろうか?なんて思ってしまいましたが、中に入ると立派ですね。アインシュタイン塔、レンガ造りでいいですね。レンガ造りの建物、好きです。
2020年12月11日 22:42
こんばんは~
大正時代の建造物が見ることが出来て素晴しいですね。
レトロな雰囲気、自然豊かな環境に囲まれて素敵ですね。
太陽の黒点の観察はその時代では大切な課題だったでしょうね。
気象にも影響があるとわかっていたのでしょうか。

時々、小学校で習ったオリオンを懐かしく眺めています。
オリオン座の盾の一つの星が加齢でだんだん消えてゆくと
若しくはもう消えているかもと話されていました。
星にも寿命があったとは・・
いつもありがとうございます。
かるきちさんへ。
2020年12月11日 23:06
この辺り、今でも自然が豊かで、
武蔵野の面が残るところです。きっと
昔は星がよく見えたんでしょう。
でも、その前の明治時代は、麻布で
天体観測をやってたというんですから、
東京の夜もずいぶん変わったもんですね。
天文学の歴史をたどるような気分で、
レトロな建造物の並ぶ構内を、
楽しく散策することが出来ました。
つむぎさんへ。
2020年12月11日 23:20
オリオン星座は、冬の星座の中でも
分かりやすいものだから、子供の頃から
一番親しんで来た星座ですね。
星の寿命、宇宙の歴史。そんなことを
考え始めると、人間って、何てちっぽけなんだろう
という不思議な気持ちになって来ます。
三鷹の天文台は、そんな宇宙に憧れた研究者の
夢の跡といったような雰囲気が漂ってました。
もちろん、今も現役で全国の天文台の
本部にあたる施設ですが、積み重なった歴史の重みが、
郷愁を誘う雰囲気を作り出してるんでしょう。
2020年12月12日 10:41
いやあ、いつもの事ながら、お近くに良い場所があるんですねえ。
東京の歴史上でかなり古い天文観察所が三鷹なんですね。
その前は麻布で、そこからの移転とは。
随分と古い時代から天文台で宇宙を観測していたんですなあ。
日本もやりますね。
大正10年の建造物も残されているなんて、素晴らしいです。
温さんへ。
2020年12月12日 10:50
今も武蔵野の面影を残すこの辺り。
大正時代は星がよく見えたんでしょう。
そんな時代を偲ばせる建造物が、
構内に数多く残っているのが、この
三鷹天文台の魅力です。今でも、
主に子供たち相手に、年何回かの観測会が
行われてるんですよ。こうした地道な
天文学研究の積み重ねがあったからこそ、
「はやぶさ2」の快挙もあった訳ですね。
2020年12月12日 11:00
こんにちわ
三鷹天文台、NHK-BSの「コズミック・フロント」によく登場するので知ってはいましたが、建築物という見方はなかったです。
建物がレトロで樹々に囲まれているのも素敵ですね。落ち葉の上に立てば、時間の流れを感じられそうで、時空の理論のアインシュタイン塔があるのはピッタリの感じです。
ここに歩いていけるとは…羨ましい(笑)
ハルさんへ。
2020年12月12日 13:35
宇宙に興味がおありなんですね。
それでしたら、三鷹天文台の見学は、
きっとお好きだろうと思います。
この辺り、今も武蔵野の面影が残っていて、
レトロな建造物を眺めながら散策していると、
日本の天文学の歴史をたどるような
不思議な気分になって来ます。
自宅とは少し離れてるんですが、頑張って
野川沿いに帰りは歩きました。
よかったら、一度遊びに来てください。
2020年12月12日 17:48
三鷹キャンパスにお出かけになられたのですね。。
レトロな施設と落ち葉の物淋し気な雰囲気がピッタリ合います。。
第一赤道義室は珍しい木製のドームなんですね。
太陽観測会で太陽の表面黒点を観測もできるとか。
日頃、国立天文台の月の満ち欠けや、星空情報などお世話になっています。
天文に興味のある複数のお友達がいて、よく話題に出ます。
私も空を見上げるのが好きで、昨夜は火星が見えたとか言って(笑
ここ数日双子座流星群が観られるようで楽しみにしています。
でも家の周りは明るいからどうかしら?
動く被写体は捉え難いでしょうね。
2020年12月12日 20:40
↑気になって確認にきました。
天文ではなくて天体でした^^;
かぼすさんへ。
2020年12月12日 20:47
おや、国立天文台の星空情報を
参考にされてるんですか。それじゃ、
かなりの天文ファンでいらっしゃいますね。
私も、この記事をまとめるにあたって、
全く同じ星空情報を少しだけのぞいてみたら、
ふたご座流星群の事が書いてあって、
驚いたばかりでした。この三鷹天文台は、
武蔵野の面影を残す恵まれた環境にあるので、
落ち葉の季節は、レトロな建造物が並ぶ
風景と相まって、独特の雰囲気に包まれます。
木製ドーム屋根なんて、本当にびっくりですね。
ご丁寧に訂正まで…。了解しました。
2020年12月12日 22:56
ごめんなさい
操作ミスしてしまいました。

紅葉&落ち葉の中での天文台訪問
素敵過ぎです
麻布からのお引っ越しとは、やはりお星さまが見えにくくなったのでしょうね。
ドームのレトロ感がたまりません。
行ってみたく興味わきましたが、今はお出かけじっと耐えています。
2020年12月12日 23:35
三鷹の国立天文台の名はよく聞いていましたし、宇宙情報も多く接しているはずなのに、建物群を初めて目にさせて頂きました。全国の天文台や宇宙研究の大元なのに古風な建物がつい最近まで機能していることに、先日神岡に行ったこともあり、不思議な感覚を感じを受けてしまいます。大赤道儀室のドームが木造というのは驚きでした@@
宇宙への興味は、やはり古くから、憧れと探求心を求めさせるものがあるんですねえ。先日のハヤブサ2の帰還も、眠い目をこすりながらNHKのライブを見ましたが、何が何やらであっという間に終わっちゃいました^^;
昼にも一度ニュースで見たら左上にゆっくり降りていたようで、右の早く降りる光ばかり見てた僕^^;

イータンさんへ。
2020年12月12日 23:39
大丈夫ですよ。名前だけのは消しときますね。
有難うございます。レトロな建造物が並ぶ
三鷹天文台の郷愁を誘う雰囲気は、
落ち葉の季節にぴったりだと思いました。
この木製のドーム屋根は、本当に魅力的ですね。
落ち葉を踏みながら、広い構内を散策していると、
日本の天文学研究の長い地道な歩みを、
追体験するような不思議な気持ちになって…。
三鷹の前は麻布で星を見てたというのも驚きですね。
コロナが落ち着いたら、ぜひ一度お越し下さい。
2020年12月12日 23:47
落ち葉を踏みしめる乾いた足音が聞こえてきそうです。カサカサって。
旧図書庫のお写真。まるでドラマのワンシーンのよう。
トリさんの撮影、珍しいですね。
コサギさん、思いっきり、羽を広げていますね。
カシワバアジサイで気分転換^^
ヒメツルソバの花も愛らしいですね。優しいピンク色が何となくノスタルジックです。

秋月夕香
2020年12月13日 09:33
おはようございます。いつもありがとうございます。忙しい毎日でやっと落ち着きましたが、目の前にお正月がせまってきました。一年中、忙しく健康に過ごしてこれは感謝ですね。
やってくれますよね。トンデモない偉業です。そしてロマンです。私も宇宙のお話は大好きです。行けなくても(いけるわけもなく)思いを馳せるだけでたのしいです。
気持玉はすぐにいっぱいになり、なかなかタイミングがありません。

2020年12月13日 16:44
こんにちは

太古の昔から
人々は宇宙にあこがれ
これからも
未来の人たちも
宇宙の探索に出かけるでしょう
2020年12月13日 16:48
こんにちは。

三鷹に天文台があったのですねぇ。

良い勉強になりました(^-^)v
2020年12月13日 17:33
yasuhiko様、こんにちは。三鷹にこんな素敵な所があるなんて知りませんでした。重要文化財で、今も天文台として使われているのでしょうか。レトロな雰囲気がとても素敵です。昔は麻布にあったとは驚きました。
羽を広げたコサギ、いえいえとても美しいです!こんな躍動感ある写真とれないです。私が撮るとシュッとしたピンボケ?になります。ほっそりした姿がとても美しい鳥さんですね。野川にはこんなきれいな鳥さんが来るのだなあと思いました。
ヒメツルソバというのですか、よく見かけるけれどあんまり小さくて、可愛いお花だなあと思っていました。今日もお花の勉強になりました!
つとつとさんへ。
2020年12月13日 17:34
そうでしたか。「はやぶさ2」の帰還の様子、
ライブ中継でご覧になってたんですね。
久しぶりに嬉しいNEWSでしたが、
それもこれも、日本の天文学の長い地道な
研究の積み重ねがあってこそのものでしょう。
三鷹の天文台を見学すると、その歩みが
視覚的に理解できるような気がして、
興味の尽きない気がします。何せ、
木製のドーム屋根ですからね。こうした
昔の観測施設、レトロな建造物の並ぶ空間は、
ここが現在でも全国の天文台の本部だという事を
忘れさせる、不思議な空気感に満ちてました。
クリムさんへ。
2020年12月13日 17:43
三鷹の天文台は、今でも武蔵野の
面影を残す自然豊かな所です。
この季節、落ち葉を踏みながら、構内の
レトロな建造物を見学して回るのは、
なかなかいいものですね。旧図書庫の
廃墟的な雰囲気など、とても心惹かれるものを
感じます。いやぁ、鳥はちょっと苦手かも…。
ヒメツルソバに出合えて、何かホッとしました。
秋月夕香さんへ。
2020年12月13日 17:51
少し落ち着かれたとのこと、何よりです。
気持ち大変な一年でしたが、その中で、
「はやぶさ2」の快挙は明るい話題でしたね。
それもこれも、日本の天文学の地道な
長居研究の積み重ねがあったからでしょう。
それを知るという意味でも、三鷹の天文台は
見学に訪れたい場所の一つですね。
無門さんへ。
2020年12月13日 17:55
いつも天体観測に熱心な無門さんなら、
三鷹天文台の魅力を分かって戴けたと
思います。落ち葉を踏みながら広い構内を
見学していると、何だか、日本の天文学の歴史を
辿っているような不思議な気持ちになりました。
kojiさんへ。
2020年12月13日 17:58
日本の天文学の歩みは、三鷹での
長い観測の実績とともにあったんですね。
観測の中心は野辺山などに移っても、
ここは今でも、全国の天文台・観測所の
本部として活躍し続けてるんです。
絵日記担当さんへ。
2020年12月13日 18:18
三鷹の天文台、面白い施設でしょう。
構内のレトロな建造物に目を奪われますが、
今でも全国にある天文台・観測所の
本部として、日本の天文学の中心として
活躍してるんです。そんな科学の最先端を歩む
施設でありながら、一方で、現役を引退した
レトロな建造物を大切に残してるという
ギャップの大きさが、不思議な魅力になってますね。
有難うございます。鳥の写真はもう少し
勉強しないと…。大好きなヒメツルソバの花に
出合えて、ちょっとホッとしました。
tami
2020年12月13日 20:09
こんばんは。
この天文台、ブラタモリで紹介されたような記憶があります。
落ち葉を踏みしめながら古い天文台の姿を見るのも味があります。
山形はしばらく雪に閉じ込められそうで憂鬱です。
tamiさんへ。
2020年12月13日 22:27
三鷹の天文台は、今でも全国の天文台の
本部として、日本の天体観測の中心なんですが、
その一方で、こうしたレトロな建造物を、
現役時代の姿のまま残しているため、
何とも不思議な空気感を醸し出してますね。
いよいよ冬将軍の到来、こちらも
冬らしい気候の日が多くなりそうです。
2020年12月14日 21:21
三鷹市に国立天文台があることは知っていましたが、実際には訪れたことがありません。なるほど、とても歴史を感じますね。大正や昭和初期からの建物が多いのですね。欧米先進国に追いつくために当時の科学者・研究者も頑張られたのでしょうね。そして今現在は日本は他国にない独自技術をいくつも持つようになりました。
野鳥の撮影は難しいですよね。
降魔成道さんへ。
2020年12月14日 22:34
三鷹天文台、味わい深い施設でしょう。
大正から昭和初期の古い観測施設が
そのまま残る構内は、まるで日本の天文学の
歴史を物語るタイムカプセルのようでした。
この季節、一面落ち葉が散り敷いて、
よけいノスタルジックな雰囲気が感じられますね。
それでいて、今なお全国の天文台の本部として、
活躍中というんだから大したものです。
2020年12月15日 10:48
お邪魔してます。

小惑星探査機「はやぶさ2」が流れ星の様に
地球の空に舞う姿を丁度 生で見ていたので
何か意味が分からない熱い物が体に反応した
のか気付けば目じりに涙の跡が。。。( ☆∀☆)💧

三鷹の国立天文台へ行かれたのですね。(*^^*)

大正時代に宇宙=天体への研究が始められたのに
『小惑星イトカワから人類の起源が分かるかも❓
知れない地下のサンプルを持帰る世界初の偉業を成し
遂げた🎉🎉』日本の進歩は目を見張る物があり
ますね。ヾ(≧▽≦*)o

門衛所で氏名を書きワッペンを貼り見学するのっ
て学生気分に戻れそうですし~ 天文台と紅葉も
合うし建物のレトロ感が絵になる風景ですね。

6mミリ波電波望遠鏡⇨各地を点々として歴史的
資料として三鷹に戻ってきたんですか。。。(*^-^*)
様々な星を天体を見続けたロマンも感じますね。

早々にお越し頂いて気持ち玉&素敵なコメント
とても嬉しく思っています。(❁´◡`❁)✨
2020年12月15日 11:19
はやぶさ2」の快挙素晴らしいですね
ドームの建物横浜にもあり見学しましたが
きっとそれ以上に複雑なんでしょう
素晴らしい建物が残されていていいですね
麗菜さんへ。
2020年12月15日 16:09
「はやぶさ2」の帰還は嬉しいNEWSでしたね。
TVの生中継をご覧になりましたか。きっと
感動なさった事だろうと思います。
こうした快挙も、日本の天文学の地道な
研究の歩みがあってこそのものだと思います。
その点、三鷹の天文台は、レトロな研究施設が
今でも多く残っていて、過去のタイムカプセル
のような、不思議な空気感に包まれてました。
三鷹を出発点に、水澤、野辺山、鹿児島と
活躍の場を変え、最後にまた三鷹に戻って来た
電波望遠鏡などを目にすると、何だか
ちょっと感情移入してしまいますね。
もらったワッペンを胸に貼っての構内巡り、
とても興味深い大人の社会科見学になりました。
ジュンさんへ。
2020年12月15日 16:16
木製のドーム屋根、小さな木片が形作る
幾何学的な空間は見応えありますよ。
精密な観測が求められる天文学の分野で、
20年ほど前まで現役で活躍してた訳ですから、
その建築技術は大したものですね。
こうしたレトロな建造物に出合える喜びが、
三鷹天文台を見学する大きな魅力といえそうです。
2020年12月15日 18:00
本文を書かないまま送信してしまいました(>_<)

貴重な天文台がお近くにあっていいですね。
いつまでも残ってて欲しいです。
カシワバアジサイの紅葉が鮮やかで綺麗ですね。
これから寒くなってくるのでお身体ご自愛ください。
ヌサドゥアさんへ。
2020年12月15日 21:43
三鷹の天文台は、大正から昭和初期に
かけての歴史的建造物が建ち並ぶ、
構内のレトロな雰囲気が魅力です。
老朽化した時に、保存の問題が持ち上がると
思いますが、まだ当分は大丈夫でしょう。
カシワバアジサイは、花だけで無く、
紅葉も楽しめるからいいですね。
きこ
2020年12月16日 12:24
心震えます。
苔むした手すり、大正、昭和初期のレトロ建築
落ち葉とアインシュタイン塔がすてきです。
麻布に天文台!!!
驚くことばかりで、いつも
お勉強になります。
きこさんへ。
2020年12月16日 14:29
三鷹天文台は、日本の天文学研究の
中心施設でありながら、同時に
レトロな歴史的建造物を、そのままの姿で
多く残すタイムカプセルのような所です。
懐かしいものが好きな方には、
たまらなく魅力的なところですね。
そうなんです。三鷹移転の前は「麻布」!
昔の東京は、夜も暗かったんですね。
2020年12月16日 20:15
うわ~いいですね
三鷹に天文台があったのですね
ステキな建物ですね
宇宙って大好きです 
小さな悩みも空を見上げれば・・・なぁんて
コサギ 可愛いですね ほっこりします
ルーシーママさんへ。
2020年12月16日 22:32
そう、はるかな宇宙の事を考えると、
ちっぽけな人間、ちっぽけな自分の事で
悩んでなどいられないという
気持ちになりますね。三鷹天文台の
構内は、そのまま日本の天文学の歩みを
物語るようなレトロな雰囲気に溢れてました。
野川沿いは、コサギなどの鳥が多いんです。
時には、カワセミに出合えることもあるんですよ。