藤とバラの日々(国領神社&アンジェ)

『酒とバラの日々』は、ヘンリー・マンシーニ作曲の有名なスタンダード曲ですが、この日(4/19)は、私の「藤とバラの日々」になりました。最初に訪ねたのは、歩いて20分程の国領神社。地元で評判の藤の名所です。次に、花いっぱいの京王アンジェへ。酒は無くても、花に酔うのもいいものですね。        【国領神社の藤】        先…
コメント:114

続きを読むread more

昭和記念公園のネモフィラとチューリップ

この4月5日から再開された国営昭和記念公園。例年、チューリップの時期は混むので、少し待ってみました。HPの花情報欄に「見頃過ぎ」と出たので、そろそろ大丈夫かと。用心のため、天気のあまり良くない平日、早い時間帯を選んでます。そのお陰か、ネモフィラの咲く丘でも余裕をもって楽しめました。        青に交われば…青くなりません。  …
コメント:118

続きを読むread more

武蔵野公園の八重桜・野川の紅枝垂れ桜

都立武蔵野公園は、野川に沿った草原や雑木林を含む、野趣に富んだ公園です。都内の公園や街路樹の苗木を育てる苗園を持ち、春は40種類・約900本の桜が咲き誇ります。花見の時期は過ぎても、八重桜などが咲いてるはずと思い、訪ねてみました。  最初に、サービスセンターで桜マップをGET。 濃いピンク色の関山なら、一目で分りますが…。 …
コメント:110

続きを読むread more

桜ヶ丘公園の山桜と芽吹き

京王線・聖蹟桜ヶ丘駅からバスで、都立桜ヶ丘公園を訪ねました。多摩丘陵の起伏に富んだ地形を生かした自然公園内には、ソメイヨシノや山桜など、450本程の桜が咲き誇ります。見頃には少し遅かったものの、桜吹雪と芽吹きの景色は見事でした。        上を見ても、下を見ても桜、桜、桜。       男の花道といったところでしょうか。 …
コメント:116

続きを読むread more

片倉城跡公園のカタクリと桜

八王子市の片倉城跡公園を訪ねました。この日一番の目的は、カタクリの花。多摩丘陵の雑木林を生かした園内で、春の妖精の代表、可憐なカタクリの花が楽しめます。この「片倉」という地名、カタクリの群生地だった事に由来するという説もあるだけに、この花と何か深い縁があるようですね。  花が咲いているのは北側斜面林。山道を 歩きながら、お気に…
コメント:116

続きを読むread more