テーマ:建物

府中郷土の森のハスとネムノキ

早起きが大の苦手の私ですが、ハスの花見のために少し努力しました。訪ねたのは「府中郷土の森公園」の修景池。30種類程のハスの花が、噴水とともに楽しめる観蓮の名所です。他の見学の話は後回しにして、とにかく清らかなハスの花の紹介から。   到着は9時前後でしたが、この日は梅雨曇り。  そんなに慌てなくても大丈夫だったようです。 …
トラックバック:0
コメント:132

続きを読むread more

青梅のレトロな街並散歩

「知らない街」を訪ねてみたくなって、青梅駅に降り立ちました。 江戸の昔、青梅街道の宿場町として栄えた青梅の街には、戦前の 建物も多く残り、《昭和レトロの街》として知られます。そんな 懐かしい街の姿を、テーマ別に紹介しましょう。         【映画看板の似合う街/青梅】        神社の近く、実際のバス停にぴ…
トラックバック:0
コメント:104

続きを読むread more

上野・谷中ぶらぶら散歩

今回は、先日の国立科学博物館を訪問した話の続きです。 この日は快晴。博物館だけで帰るのももったいないので、 上野から谷中まで歩いてみました。その途中で見かけた 気になる建物などレポートしたいと思います。         最初は、現在使われていない京成電鉄の         「旧博物館動物園駅」。扉が開いてるのは、  …
トラックバック:0
コメント:102

続きを読むread more

国立科学博物館の建物と『千の技術博』展

皆さん、覚えているでしょうか。お正月最初の記事で紹介した 小川三知のステンドグラス。今回は、三知の遺作が残る上野の 国立科学博物館に出かけました。現在開催中の『日本を変えた 千の技術博』の様子と併せてレポートします。    大震災後、1931(昭和6)年に開館した日本館。    吹抜けの中央ホールは私の大好きな空間…
トラックバック:0
コメント:106

続きを読むread more

和のステンドグラス~黒沢ビルの小川三知~

新しい年、いかがお過ごしでしょうか。さて、今年最初の記事は、 めでたく上野の「初日の出」から。と言っても、ステンドグラス の図柄の話です。上野仲町通りの黒沢ビル(旧小川眼科病院)で、 和風ステンドグラスの数々を楽しんで来ました。    この黒沢ビル、日本にステンドグラスの文化を    根付かせた小川三知の作品が多く…
トラックバック:0
コメント:120

続きを読むread more

上野公園(奏楽堂・東博)の秋景色

先週半ば頃、上野公園に出かけました。今回の一番の目的は、 公園内の旧東京音楽学校奏楽堂(明治23年)。約4年半に 及ぶ保存工事を終え、11月の初めにリニューアルオープン。 芸術の秋に相応しい姿を見せてくれます。    まずは西洋美術館。「カレーの市民」(ロダン作)    の頭上高くには、長く尾を引いた飛行機雲が…。 …
トラックバック:0
コメント:102

続きを読むread more

旧前田侯爵邸(和館編)と古典菊など

前半は前々回の記事の続きからです。「公約」は守らないとね。 さて、旧前田侯爵邸の和館の話には、バラより菊の方が似合う ような気がして、ついこの間、神代植物公園の菊花展に行って 来ました。後半はそのレポートになります。         【旧前田侯爵邸(和館)】         庭園の石灯籠。維新後も、加賀藩上屋敷の …
トラックバック:0
コメント:95

続きを読むread more

三菱一号館美術館のショーメ宝飾展

「三菱一号館美術館」を訪問するのは、昨年の秋以来の事です。 ブロ友さん情報がきっかけになりました。でも、宝石の展覧会 といえば、館内はお嬢様や、元お嬢様ばかりなんだろうなぁと、 かなり怖気づきながら出かけた訳ですが…         意外にも、家族連れが多いので一安心。         先ずは、ミストが涼しい広場の様子…
トラックバック:0
コメント:110

続きを読むread more

浮間公園の水辺と赤レンガ図書館

都立浮間公園は、その面積の40%を「浮間ヶ池」が占める、 ちょっとユニークな水辺の公園です。埼京線の浮間舟渡駅の すぐ近く。この公園で、水辺の景色を楽しんだ後に、北区の 赤レンガ図書館にも寄り道しました。         仲の良いカルガモさんのペア。         赤ちゃんはまだみたいですね。    カ…
トラックバック:1
コメント:100

続きを読むread more

雪の日の郷土の森博物館

2月の初めに降った東京の雪。今回は、積もるほどの大雪にも ならず、少しホッとしました。朝の雪掻きの必要が無いのなら、 閉じ籠ってはいられません。犬のように外に飛び出し、向った 先は「府中市郷土の森博物館」です。    ここは60種1100本の梅の名所ですが、    咲いてる花はまだ僅か。今の寒さじゃね。 …
トラックバック:0
コメント:110

続きを読むread more

川越あれもこれも

先日、東京は大雪に見舞われました。本当はすぐ雪の撮影に 出かけたかったけれど、当日交通機関が乱れ、翌日は朝から 雪かきが忙しくて外出できず。そこで、今回は昨年秋訪れた 蔵の街、川越の写真を「蔵出し」する事に…。         【蔵造りの町並み散歩】    「蔵の街」誕生のきっかけは明治26年の大火。    …
トラックバック:0
コメント:108

続きを読むread more

三菱一号館美術館のロートレック展

「週刊木曜日」今回は一日遅れの発行です。少し事情があって、 相方の実家に泊まり(毎晩9時就寝)、PCから離れてました。 で、今回のテーマはロートレック展。会場の三菱一号館美術館、 丸の内周辺の並木道と併せてのレポートです。         日本最初のオフィスビル、旧三菱一号館。    明治27(1894)年完成…
トラックバック:0
コメント:108

続きを読むread more

小机家住宅と大悲願寺のイチョウ

「東京文化財ウィーク2017」期間中、五日市(現あきる野市)の 小机家住宅を訪ねました。7年ぶりの再訪です。現在も小机家の ご自宅であるため、公開はこの期間のみ。イチョウの黄葉が見事 な大悲願寺と併せ、山里の散歩を楽しみました。    JR五日市線の終点、武蔵五日市駅で下車。    散歩してみると、山里だという気が…
トラックバック:0
コメント:96

続きを読むread more

江戸東京たてもの園の友禅染め実演

秋晴れの一日、小金井市の「江戸東京たてもの園」を訪ねました。 以前はよく記事にした所ですが、今回三年振りの訪問になります。 この日は月一で開催される「伝統工芸の実演」の日。それを見学 する前に、江戸の伝統建築に寄り道を…。    旧自証院霊屋(おたまや)。三代将軍家光の    側室だった「お振の方」を供養する「霊廟…
トラックバック:0
コメント:90

続きを読むread more

上野の森のカイダン話&ミステリー

このいい加減なタイトルは何じゃらほい?…とお思いになった方。 どうか真面目に考えないでください。週末の猛暑、週明けの台風 のため、外出できませんでした。そこで、前々回の上野編の続き。 怖くない「カイダン」話を集めてみた訳で…。    【黒田記念館】         最初は【1】黒田記念館の階段。手摺の    …
トラックバック:0
コメント:103

続きを読むread more

目白聖公会のステンドグラス

JR目白駅から歩いて約5分。ロマネスク様式の可愛い教会が 目に留まります。教会の名は「目白聖公会聖シプリアン聖堂」。 信仰には日頃縁のない私ですが、見学&心を清めるため(?)、 美しい聖堂に立ち寄ってみました。    イギリスのとある修道院から譲り受けた12枚の    ステンドグラス(1889年制作)が見られるとか…
トラックバック:0
コメント:111

続きを読むread more

横浜あれもこれも

可愛い王様のお召しがいつあるか分らなくて、「家来その1」は、 のんびり撮影に出かけられず困ってます。仕方なしに、お蔵の中 から、横浜散歩(3月)の未公開写真を引っ張り出して来ました。 最初は港近くのホテルニューグランド本館です。         チャップリンもベーブルースも、あの         マッカーサーも宿泊した…
トラックバック:0
コメント:117

続きを読むread more

横浜開港記念会館の公開日

横浜三塔の一つ、愛称《ジャック》の時計塔で広く親しまれる 横浜開港記念会館(大正6年)。毎月15日は、特別に講堂が 見学できる一般公開日。6年ぶりの訪問ですが、クラシックな 堂内装飾に、変らぬ魅力を感じました。     講堂の他、館内は関東大震災で一度焼失して     ます。時計塔、レンガの外壁は残ったんですが、 …
トラックバック:0
コメント:106

続きを読むread more

明治生命館再び

前々回、昭和初期のレトロビル巡りをしました。面白かったので、 続きをやろうかと…。今回は日比谷の「明治生命館」。古典様式 建築の最高峰とも評されるオフィスビルの傑作です。6年振りの 見学でしたが、ここはもう別格の印象ですね。    2階から6階まで、ドドンと貫くコリント式列柱が    印象的です。柱頭飾りは、アカン…
トラックバック:0
コメント:104

続きを読むread more

昭和レトロな堀ビル他

新元号の始まる時期が話題ともなる昨今。昭和に生まれ育ち、 昭和に青年期を過した身としては、更に遠くなる「昭和」に 郷愁を覚えずにいられません。そこで、モダンかつレトロな 昭和初期のビルを幾つか訪ねてみました。          【堀ビル(堀商店)】           最初は、新橋駅から5分の堀ビル。      …
トラックバック:0
コメント:104

続きを読むread more

民家園の獅子舞いと正月遊び

今回はお正月催し物特集です。川崎市立日本民家園では、 「民家園で福招き!」という催しを開催。園内の古民家 を会場に、地元に伝わる獅子舞の演技、昔の正月遊びで、 新年のお客さんを楽しませてくれました。          伝統的な雪囲いを再現した旧山田家。          越中五箇山から移築の合掌造りです。  …
トラックバック:0
コメント:112

続きを読むread more

立教大&自由学園のクリスマス

クリスマスも近づき、街のイルミネーションが気になります。 そこで、今月半ば頃、池袋の立教大学及び自由学園明日館を 訪ねてみました。まずは立教大。大きなクリスマスツリーが、 地元の冬の風物詩として有名です。     赤レンガ造りの校舎(大正7年)を背景にした     樹高25mの2本のヒマラヤ杉。大学のシンボ   …
トラックバック:0
コメント:128

続きを読むread more

早稲田スコットホール公開日

早稲田スコットホール(大正10)は、大震災や戦災の 被害を免れて、建設当初の姿をほぼそのまま残す貴重な 赤レンガ建築です。年一回の公開日を迎え、6年ぶりに 訪ねてみたい気分になりました。           渋みのあるレンガの色調に、紅葉の           初まったハナミズキが似合いますね。   …
トラックバック:0
コメント:96

続きを読むread more

塀の中を訪ねて

今回は東京ディープ探検。小菅の東京拘置所訪問記です。 普通の人が、年に一回塀の中に入れるチャンス『矯正展』 の日(10/1)に、昭和初期の名建築と評判の旧管理棟や、 明治期の監門などを見学して来ました。     決して開けられる事が無かったので、     通称《開かずの門》。詳しくは又後で。     この橋が…
トラックバック:1
コメント:100

続きを読むread more

青淵文庫の照明とステンドグラス

北区・飛鳥山公園の「青淵文庫」(重文)に行って来ました。 照明器具やステンドグラス等の美しい大正末期の名建築です。 数年前は撮影不可だった館内も、今は一部OKとブロ友さん に教わり、何年か振りに訪ねる気になりました。    この建物は、実業家・渋沢栄一の傘寿(80歳)の    お祝いと、子爵への昇格祝いを兼ねて、「…
トラックバック:0
コメント:96

続きを読むread more

赤坂プリンスクラシックハウス

「赤プリ」の愛称で親しまれた旧赤坂プリンスホテル。老朽化の 高層ビルを解体した跡地に、この7月「東京ガーデンテラス紀尾 井町」がオープンしました。気掛かりだった旧館の旧李王家邸は、 結婚式場等になったと聞き、早速訪ねてみました。    赤坂プリンスクラシックハウスは、昭和5年の建物。      *     *     …
トラックバック:1
コメント:100

続きを読むread more

上野の国際子ども図書館

「ブラリ上野公園散歩」の続きです。国立西洋美術館を出た後、 少し欲張って、国際子ども図書館と東京芸大美術館の陳列館に (アフガニスタン特別企画展)寄りました。先ずは国際子ども 図書館で、明治の面影を偲ぼうと…。     ここは、昔の帝国図書館【明治39(1906)年】。     創建時の照明器具が、大階段に唯一つ残…
トラックバック:0
コメント:92

続きを読むread more

コルビュジエの西洋美術館

世界遺産への登録が待たれる国立西洋美術館。正式決定後は 混雑も予想されるので、今の内にと思い、上野を訪ねました。 ル・コルビジュエ設計の本館内は、展示作品も含め撮影OK です。(但し、常設展のみ。フラッシュは不可。)     コルビジュエ建築の魅力とは何なのか?    「考える」前に、よく観察してみましょう。 …
トラックバック:1
コメント:100

続きを読むread more

郷土の森の建物と紫陽花

1万株の紫陽花が咲く「府中市郷土の森博物館」を訪ねました。 ここは博物館本館、プラネタリウムの他、広い庭園や移築復元 された江戸~昭和初期の建物を含めた野外博物館です。色付き 始めた紫陽花は、まだ初々しい感じで…。     「あじさいまつり」初日とはいっても、見頃は     まだ先の話。優しげな感じの淡い色彩です。…
トラックバック:0
コメント:92

続きを読むread more

赤坂迎賓館の庭と噴水

今話題の赤坂迎賓館を見学して来ました。昨年までは年に一回、 夏の10日間だけの公開(抽選)でしたが、今年から、公開の 機会が増えました。整理券を手に入れるため、9時半に並んだ ところ、めでたく11時からの券をゲット!     館内見学は7年ぶりです。はやる気持ちを     抑え、正門前にある公園のバラで暇つぶし。 …
トラックバック:0
コメント:94

続きを読むread more