テーマ:神社仏閣

新緑の鎌倉散歩(花の寺巡り)

連休後半の5月5日、相方と一緒に鎌倉の花巡りをしました。 混雑は覚悟の上だったんですが、意外な事に、私達が訪れた 所はどこも人が少なく、拍子抜けするほど。先ず、北鎌倉の 東慶寺から、道順に紹介したいと思います。         【東慶寺】         仏様に供えられたカキツバタ。    境内の菖蒲畑で…
トラックバック:0
コメント:116

続きを読むread more

深大寺の防火訓練&植物公園の梅

毎年1月26日は文化財防火デーです。1949年のこの日、 奈良の法隆寺金堂が炎上。こうした悲劇を繰り返さないよう、 各地で防火訓練が行われています。地元・深大寺でも、一日 早い25日に実施と聞いて、出かけてみました。    訓練用に燃やした火の煙が風に流されて、    見学に訪れた深大寺小の生徒も煙たそう。 …
トラックバック:0
コメント:104

続きを読むread more

紅葉盛りの平林寺

先週末、少し遠出をして平林寺(埼玉県新座市)に出かけました。 関東屈指の紅葉の名所として知られるこのお寺。お参りするのは、 大学生の頃以来です。という事は十数年振り?いえ、数十年振り の再訪という事になるでしょうか。    地元の方に聞いてみると、今年の紅葉は少し    寂しいという話ですが、いえ、いえ、どうして、…
トラックバック:0
コメント:102

続きを読むread more

日向(ひなた)薬師近辺の彼岸花

彼岸花を求め、少し遠出をしました。神奈川県伊勢原市にある 薬師信仰の霊場《日向薬師》。この近辺は、彼岸花の群生地が 散在し、関東屈指の名所として知られます。里山の風景に溶け 込む彼岸花の眺めに、心癒される思いでした。    最初は藤野地区の彼岸花を訪ねて。    大山には彼岸花がよく似合う…かも。    …
トラックバック:0
コメント:116

続きを読むread more

大國魂神社のどんど焼き

都内で最も古い神社とされる府中市の「大國魂神社」。旧武蔵国の 守り神でもある由緒ある神社で、1900年を超すとされる歴史上 初めて「どんど焼き」が行われると聞き、お詣りがてら訪ねました。 境内の珍しい狛犬の姿とともに紹介します。    この日は15日の小正月。多くの人で賑ってました。         朱…
トラックバック:0
コメント:107

続きを読むread more

紅葉の多摩を歩くⅡ(高幡不動尊編)

多摩紅葉巡りの続きです。百草園から丘陵歩きを楽しんだ後、 日野市コミュニティーバスに乗り、高幡不動尊に向いました。 平安初期に誕生した関東屈指の古刹。後日、夜間に出直した 時の写真と併せ、紹介したいと思います。         【八十八ヶ所巡拝コース】    先ず裏山の不動ヶ丘へ。ここは多摩丘陵自然公園の  …
トラックバック:0
コメント:112

続きを読むread more

紅葉の川越散歩

先週、相方の実家に2泊した事は、前回の記事にも書きました。 私の主な役目は夜の用心棒。従って、昼はけっこう暇なんです。 調べてみると、川越が割と近いと分って…。ならばという事で、 紅葉を探し、川越市内を散策してみました。    先ず天台宗の古刹、中院から。ここの紅葉は見事。    駅から20分、歩いた甲斐が…
トラックバック:0
コメント:108

続きを読むread more

江ノ島からの富士山

新年おめでとうございます。さて、今年最初のブログ記事は、 江ノ島から見た富士山の風景です。冬の江ノ島訪問は初めて の事。この日は快晴で、海の向うに富士山がよく見えました。 東京から近いのに、大きく見えるんですね。           江ノ島に渡る前に少し寄り道を…。     小田急・片瀬江ノ島駅近くの片瀬漁…
トラックバック:0
コメント:127

続きを読むread more

秋の鎌倉巡り①/花と苔の寺

今年も相方と一緒に、秋の鎌倉巡りです。去年とほぼ同じ 時期ですが、今年は彼岸花の見頃にうまく間に合いました。 海で貝拾いを…と相方が言うので、花と苔の寺巡りをして、 最後は材木座海岸まで歩く事に…。         【妙本寺(日蓮宗)】     北条氏に滅ぼされた比企一族の墓に秋の花が…。     鎌倉駅から…
トラックバック:0
コメント:102

続きを読むread more

茅の輪くぐりの神社巡り

去る6月30日は、半年の厄を落とす「夏越の祓」の日です。 清く貧しく生きているつもりの私ですが、無意識に嘘をつく 事もあれば、人の悪口を言う事もある。という訳で、神社を 巡り、お清めの茅の輪くぐりをしました。     最初に訪れたのは、芝の愛宕神社。この神社では、     86段、傾き約40度の「出世の石段」が有名…
トラックバック:0
コメント:88

続きを読むread more

鎌倉・海蔵寺のリス

鎌倉散歩の続きです。三方を山々に囲まれた鎌倉。多くの古寺は、 谷戸(やと)と呼ばれる谷筋の奥にあり、谷戸の地形を生かした 庭園が見所になってます。扇ガ谷(おうぎがやつ)の奥まった所 にある海蔵寺も、そうしたお寺の一つです。           萩の名所として知られる海蔵寺。           山門前・石段の萩が見…
トラックバック:0
コメント:92

続きを読むread more

川崎大師の風鈴市

珍しく大変な人混みに出かけました。風鈴市(~7/21)のある 川崎大師は押すな押すなの大盛況。ミストシャワーで気温を下げ、 麦茶を無料サービスするなどの心遣いが見られましたが、暑さで ぼんやり状態の撮影となりました。     嬉しい事に風が…。境内には、47都道府県     900種類3万個の風鈴が集められています。 …
トラックバック:0
コメント:91

続きを読むread more

高幡不動尊のアジサイ

前回訪問は梅の花の季節でした。「高幡のお不動さん」と呼ばれ、 親しまれて来た日野市の「高幡山金剛寺」。ここは、都内有数の アジサイの名所としても有名です。200種以上・7500株の 各種アジサイの花は見事なものでした。            梅雨の頃、元気な花ですね。     敷地内の不動ヶ丘を巡る山道…
トラックバック:0
コメント:96

続きを読むread more

江ノ電で新緑の長谷へ

前回の続き。旧近藤邸の喫茶で、ランチを食べながら考えました。 せっかく藤沢まで来て、このまま帰るのは勿体ない。江ノ電に乗 れば、長谷・鎌倉はすぐじゃないか。そこで、行先は車中で考え る事にして、とにかく江ノ電に乗車しました。     …で、降り立ったのが馴染みのある長谷駅。     一歩路地に入ると、生垣の花が目立…
トラックバック:0
コメント:80

続きを読むread more

高幡不動の梅・サンシュユ・河津桜

四季折々の花に恵まれた日野市の高幡不動尊に出かけました。 高幡不動尊の正式名は「明王院金剛寺」。平安初期に始まる 関東屈指の古刹です。2月末に訪れた時は寂しかった境内も、 この日は梅の香りに包まれるようでした。     華やかな五重塔(1980年建立)付近。     この梅は「思いのまま」。一本の木に、…
トラックバック:0
コメント:84

続きを読むread more

雪の大國魂神社

雪が降るとじっとしてられなくて…。一昨年はガスミュージアムの ガス灯の庭。昨年は深大寺の周辺。「雪中行」にはもう慣れてます。 今年はどうかと思っていたら、待望(?)の雪が金曜日に降りました。 そこで、向ったのが府中・大國魂神社です。           うっすらと積もる位の降りでも、寒さは堪えます。      「雪中…
トラックバック:0
コメント:76

続きを読むread more

冬枯れの野川から深大寺へ

いくら人生修行を積み重ねても、寒いものは寒い。遠出は嫌だ。 という訳で、今回はご近所の散歩編です。歩き始めれば、体も 少し温まるだろうと思って、冬枯れの景色の野川から深大寺へ、 寒さに負けず歩いてみました。     国分寺に源を発し、国分寺崖線(ハケ)沿いに、湧水を     集めて流れる野川。都内では珍しい自然豊か…
トラックバック:0
コメント:80

続きを読むread more

深大寺のナンジャモンジャの木

京王アンジェのスイスフェアを一通り楽しんだ後、少し足を延ばして 深大寺に寄ってみました。境内の「ナンジャモンジャ」の花が、丁度 見頃なのではと思ったからです。予想はズバリ的中。木を覆い尽くす 白い花は、季節外れの雪のように見えました。     境内の左奥に見える大木がナンジャモンジャです。     正式名称はヒトツ…
トラックバック:0
コメント:76

続きを読むread more

大雪の深大寺界隈

東京が20年ぶりの大雪に見舞われた8日の朝。珍しい雪景色を 求めて、地元の深大寺界隈を散歩してみました。昼に近づくほど、 雪は吹雪となって視界を曇らせましたが、湿気の少ないサラサラ 雪のためか、道は歩きやすい気がしました。    まずは、門前通りの蕎麦屋の店先から。     雪の鬼太郎茶屋。調布在住50数年…
トラックバック:0
コメント:70

続きを読むread more

大國魂神社の酉の市

年末の風物詩・酉の市。縁起熊手を売る祭り(三の酉)の賑わいを 味わうために、府中・大國魂神社に出かけました。ここの酉の市は、 関東三大酉の市の一つとして、古くから知られるものです。境内の 紅葉・黄葉の様子と併せてご覧下さい。   隋神門付近のケヤキの黄葉。こんなに黄色くなる   ケヤキの木は初めて見ました。(実は、…
トラックバック:0
コメント:60

続きを読むread more

明治神宮の流鏑馬

「秋の大祭」が執り行なわれてる明治神宮。明治天皇の誕生日、 11月3日に、西参道で流鏑馬神事が行われると聞き、試しで 出かけてみました。予想通り、馬場周辺は大変な混雑でしたが、 何とか隙間を探して、撮影に挑戦です。    流し撮りというか、流れちゃった撮りかな。     行事の流れに従って、まずは射手の行進…
トラックバック:0
コメント:80

続きを読むread more

アガパンサスとコンドルの鉄門

今回の散歩は杉並区です。地下鉄・東高円寺駅で降りて、日蓮宗の名刹、 妙法寺を目指しました。目的は「コンドルの鉄門」。日本近代建築の父、 J・コンドルが関与した鉄門が残っているからです。ですが、その前に、 蚕糸の森公園に少しだけ寄り道を。     アガパンサスがちょうど見頃の「蚕糸の森公園」。     面白い名前…
トラックバック:0
コメント:72

続きを読むread more

梅雨の晴れ間の深大寺界隈

梅雨時らしく、雨がちの天気が続いてます。出かけたいと思っても、 なかなか事前の計画が立てにくい。そこで、珍しく晴れた空を見て、 深大寺界隈をふらふらと散歩する事にしました。植物公園の北側の タイサンボクの咲く自由広場が出発点です。     自由広場は、神代植物公園の無料開放エリア。     丘の裾野に、タイサンボク…
トラックバック:0
コメント:55

続きを読むread more

くらやみ祭りの万燈大会

お祭りの写真は初めてです。GW後半、府中大國魂神社の『くらやみ祭』に 行ってきました。関東三大奇祭の一つでもあるこのお祭りは、その名の通り、 行事がほとんど夜間に(昔は街の灯りを消した。)行われます。昼の行事は 何か無いか調べたら、この万燈大会がありました。     ケヤキ並木を行く大太鼓。全国最大級だそうです。 …
トラックバック:0
コメント:62

続きを読むread more

築地本願寺の動物たち

最初はインド旅行の記念写真から。というのは、もちろん嘘です。 ここは日本。卸売市場にもほど近い築地本願寺です。浄土真宗の お寺でありながら、古代インド様式の外観を持つ不可思議な建物。 その魅力を訪ねて、参拝がてら出かけました。    出迎えは、オリエント風の有翼ライオン。    本堂屋根は青銅葺き。塔の形はイン…
トラックバック:0
コメント:72

続きを読むread more

深大寺だるま市

江戸時代から続く早春の風物詩。深大寺のだるま市に出かけました。 3月3日4日、深大寺は「厄除け元三大師大祭」の日。それに併せ、 境内と参道周辺に、300軒ものだるま屋さんと露天商が並びます。 こんな手頃なサイズが、よく売れてるようでした。     人もだるまも押すな押すなの大賑わい。     超ミニサイ…
トラックバック:0
コメント:63

続きを読むread more

鎌倉・荏柄天神社の梅を訪ねて

早春の鎌倉散歩続き。北鎌倉の円覚寺とその周辺を散策した後、 二階堂にある荏柄天神社に向かいました。日本三天神社の一つ、 荏柄天神社は、鎌倉で一番早く梅が咲く事でも知られています。 とはいえ、さすがにちょっと早かったようで…。     こんな具合でした。でも、天神様の話の前に、     円覚寺からどう歩いたのか、順にたど…
トラックバック:0
コメント:64

続きを読むread more

鎌倉・宮下小路から円覚寺へ

早春の花を訪ねて、鎌倉を散歩しました。出発はJRの北鎌倉駅。 円覚寺は駅のすぐ傍ですが、ここはわざと迂回コースを選びます。 鎌倉の魅力は路地歩き。宮下小路という狭い道からぐるっと回り、 マンサクの花咲く円覚寺に向いました。     路地歩きの楽しみは、道端や庭先の季節の花。          そして、小路の…
トラックバック:0
コメント:68

続きを読むread more

深大寺の紅葉と禅寺丸柿

深大寺のモミジが色付くのはまだ先だろうと思いつつ、ふらふらと 界隈の散歩に出かけました。予想通り、境内の紅葉はまだでしたが、 参道近くの広場で見事な紅葉に出合い、秋の深まりを実感しました。 その散歩道の様子をスケッチ風に辿ります。    「深沙の杜(じんじゃのもり)」という名前の広場では、    手作り市や盆踊…
トラックバック:0
コメント:64

続きを読むread more

秋色の深大寺界隈

引っ越してから、深大寺が少し遠くなりました。そこで、この日はバス を利用して深大寺へ。秋の色に染まり始めた深大寺界隈をぶらりぶらり、 調布野草園まで散歩しました。野草園は今、ホトトギス・ミズヒキソウ などの花々が、季節感を漂わせています。    野草園で目を惹くタイワンホトトギス。    園芸種のホトトギスは、…
トラックバック:1
コメント:54

続きを読むread more