テーマ:歴史

開港160周年の横浜の街へ

6月2日は横浜の《開港記念日》。その記念日前日に、横浜 の街歩きを楽しみました。今年開港160周年を迎える横浜。 記念日にふさわしく、訪ねたのは横浜開港資料館、横浜税関 など、港町の歴史を物語る建物です。         まず初め、横浜海岸教会(昭和8/1933)を         遠目に眺めて。この教会、明治5(18…
トラックバック:0
コメント:102

続きを読むread more

紅葉盛りの平林寺

先週末、少し遠出をして平林寺(埼玉県新座市)に出かけました。 関東屈指の紅葉の名所として知られるこのお寺。お参りするのは、 大学生の頃以来です。という事は十数年振り?いえ、数十年振り の再訪という事になるでしょうか。    地元の方に聞いてみると、今年の紅葉は少し    寂しいという話ですが、いえ、いえ、どうして、…
トラックバック:0
コメント:102

続きを読むread more

石川組製糸西洋館

埼玉県・入間市に残る大正ロマンの西洋館を訪ねました。 名称は《石川組製糸西洋館》。かつて隆盛を誇った地元 製糸会社「石川組」の迎賓館です。猛暑の一日でしたが、 レトロな館内は冷んやりするくらいでした。         改修を経て、今年7月から一般公開。        縦長窓、洋瓦、屋根窓など、西洋館らしさが…
トラックバック:0
コメント:92

続きを読むread more

新緑の殿ヶ谷戸庭園、お鷹の道

新緑の美しい季節、国分寺の殿ヶ谷戸庭園からスタートし、 《お鷹の道》遊歩道を通り、武蔵国分寺跡まで歩きました。 殿ヶ谷戸庭園の楓若葉、《お鷹の道》の水路に咲くカラー の花が楽しめるウォーキングコースです。    紅葉の名所として知られる殿ヶ谷戸庭園。    この季節の「青かえで」も見事なものです。    …
トラックバック:0
コメント:110

続きを読むread more

川越あれもこれも

先日、東京は大雪に見舞われました。本当はすぐ雪の撮影に 出かけたかったけれど、当日交通機関が乱れ、翌日は朝から 雪かきが忙しくて外出できず。そこで、今回は昨年秋訪れた 蔵の街、川越の写真を「蔵出し」する事に…。         【蔵造りの町並み散歩】    「蔵の街」誕生のきっかけは明治26年の大火。    …
トラックバック:0
コメント:108

続きを読むread more

氷川丸ものがたり

横浜散歩の続き。今回は山下公園前に係留されている氷川丸です。 現在では修学旅行生で賑わう氷川丸ですが、戦前から残る唯一の 外洋貨客船として貴重な存在ですし、船内のアール・デコ装飾は、 大人こそが楽しめる見事なものです。    最初は冬の風物詩、氷川丸のユリカモメ。             ムム、カメラが間に合わ…
トラックバック:0
コメント:107

続きを読むread more

旧川井家の桜と多摩よこやまの道

今年の花の季節は天気の悪い日が多くて…。でも、桜は人を 待ってくれません。そこで、花曇りの日に、多摩市の鶴牧に ある樹齢200年という枝垂れ桜を訪ね、序でに、多摩丘陵 尾根筋の古道を歩いてみました。          高さ17m、幹回り3、5m。都内で          屈指の大きな枝垂れ桜。滝が流れ落ち    …
トラックバック:0
コメント:86

続きを読むread more

横浜の近代化遺産を歩く

少しばかり以前の話になります。横浜中華街の春節祭で、獅子舞、 龍舞を見学した日、始まるまでの時間を利用して、港町・横浜の 歴史を訪ねる「近代化遺産巡り」を試みました。出発は、桜木町 駅近く、日本丸メモリアルパークから。          水の底が明治の産業遺産。艦船修理の          施設でした(旧横浜船渠1号ド…
トラックバック:0
コメント:98

続きを読むread more

明治丸と東京海洋大

日本に現存する唯一の鉄船、明治丸を訪ねるのは3年ぶりです。 3年前には船内見学が出来なかったんですが、修復工事も完了。 今年の秋から一般公開されると聞き、保存している東京海洋大 越中島キャンパスに行ってみました。           道しるべは、明治丸の万国旗。               地下鉄・月島駅から、…
トラックバック:1
コメント:94

続きを読むread more

『日本でいちばん長い日』の舞台

思う事の多い8月です。終戦の日を前に『日本のいちばん長い日』の リメイク版が上映されると聞き、思い立って北の丸公園を訪ねました。 出向いたのは、この映画の舞台の一つとなった旧近衛師団司令部庁舎。 現在の東京国立近代美術館工芸館です。    夏の空に雲一つ。70年前の8月15日のように。          私が中…
トラックバック:0
コメント:80

続きを読むread more

日比谷公園の菜の花と刻印石

都合により、雪の話が先になりましたが、日比谷公園を訪ねたのは、 それより前、1月28日の事です。菜の花が早いと聞いてたものの、 目の前の黄色い花にはびっくり。一足早い春の息吹を味わいました。 刻印石の話は後にして、まずはお花見から。     黄色い絨毯にそよ風が吹くようですが…。     手袋をはずすと…
トラックバック:0
コメント:84

続きを読むread more

絹の道を歩く

日本のシルクロード『絹の道』を歩きたくなって、八王子市鑓水 を訪れました。栗の実りの時期を迎えた鑓水は、幕末~明治の頃、 八王子から横浜へ生糸を運ぶ中継地として賑わった所です。生糸 商人の時代を偲びながら、古道を歩きました。     京王線・南大沢駅からバスで「鑓水(やりみず)中央」へ。     最初に訪れ…
トラックバック:0
コメント:62

続きを読むread more

誠之堂のステンドグラス

埼玉県北部、群馬県との県境にも近い、深谷市まで行って来ました。 深谷市は、「日本資本主義の父」と呼ばれる渋沢栄一の故郷であり、 関係した建物・施設が数多く残ってるからです。中でも、誠之堂は 大正の名建築と言われ、国の重文にもなってます。     英国の農家風の洋館は、第一国立銀行頭取の     渋沢栄一が、喜寿(7…
トラックバック:0
コメント:72

続きを読むread more

旧御馬見所の一般公開日

明治天皇ゆかりの洋館、旧御馬見所(ごばけんじょ)一般公開日に、 はるばる千葉県に行って来ました。所は船橋市の陸上自衛隊習志野 駐屯地です。コロニアル様式の優美な洋館は、明治天皇が騎兵学校 の終業式や馬術訓練を御覧になる施設でした。     1911(明治44)年完成の建物は今年で103歳。     東京目黒にあった…
トラックバック:1
コメント:58

続きを読むread more

湯島聖堂の楷の木

楷という木をご存知でしょうか。幹や枝葉が整然としている事から、 書道の「楷書」の語源になったとされる木です。御茶ノ水駅に近い 湯島聖堂にある楷の木(ウルシ科)が、そろそろ色づく頃かと期待 して、史跡見学に訪れました。     「孔子木」の名もある楷の木。中国の曲阜にある     孔子の墓所に植えられた名木の種子を持…
トラックバック:0
コメント:58

続きを読むread more

赤坂迎賓館の前庭公開

赤坂迎賓館の前庭が11月初めの3日間だけ公開になるというので、 早速出かけてみました。今回は夏の一般公開時と違って、館内には 入れません。その代り事前申し込みの必要がなく、見学時間も全く 自由なので、かなり気が楽です。          正門のすぐ脇から通路に入ります。     「迎賓館」は、旧東宮御所として明…
トラックバック:0
コメント:70

続きを読むread more

赤プリの今を訪ねて

観光地はどこも賑わうGW中、ふと思いついて都心に出かけました。 休日でも都心は意外に空いてる事が多いからです。最初は赤プリの 愛称で知られる旧赤坂プリンスホテル。解体工事中の新館が、現在 どうなってるか、野次馬根性で見て来ました。     弁慶橋から外濠越しに見た今のホテルの姿。     ずい分背が縮んで、ずんぐりむっ…
トラックバック:0
コメント:56

続きを読むread more

野川公園から調布飛行場へ

野川散歩の続きです。大沢の里のレンゲを楽しんだ後、その足で 野川公園に寄りました。さらに調布飛行場の周辺へ。春の花々を 訪ね歩いた他に、幕末の史跡や戦争遺跡も見学しました。最初は、 逆光に輝く野川公園のチューリップから。          春の花壇の王様。いえ、女王様か。          芝生近くの小花壇で見かけ…
トラックバック:0
コメント:50

続きを読むread more

聖路加国際病院と築地教会

築地散歩の続き。お寺の後は病院と教会です。築地・明石町付近は、 明治時代に外国人居留地だった場所。洋風の建物や教会が建ち並ぶ ハイカラな街でした。震災で街は変わりましたが、昔の面影を訪ね、 最初に聖路加国際病院を訪れました。          どこからも見える街のシンボル。     東洋一と評判だったアール・デ…
トラックバック:0
コメント:70

続きを読むread more

東京駅グランドオープン

台風一過の10月1日。大正3年開業当時の姿に復元された東京駅が、 利用客にお披露目されました。6月に訪れた時は、まだ工事パネルに すっぽり覆われ、ドーム内の装飾も隠れた状態だったので、グランド オープンのこの日、再び見学に出かけ…。          首が痛くなるほど、眺めて来ました。    壁の下半分は昔の煉…
トラックバック:0
コメント:50

続きを読むread more

懐かしの銀座・今の銀座

一人で銀ブラなどしてみました。ショッピングが目的ではありません。 赤レンガ街の銀座。モボ・モガが闊歩したモダンな銀座。そんな古き よき時代の面影を、現在の街並みに探そうという訳です。東京メトロ・ 京橋駅から、銀座通りを新橋方面に向かいます。          始めは、昭和8年築の明治屋・京橋ビル。    地下鉄…
トラックバック:0
コメント:44

続きを読むread more

海の日と明治丸

今年の海の日。記念行事で公開される東京海洋大学・越中島キャンパスを 訪れました。JR京葉線・越中島駅を下りてすぐ。ここに、英国・グラスゴーで 明治7年に製造された帆つきの汽船、明治丸(国の重文)が置かれています。 その優美な姿に、明治の昔を偲んでみました。              特別室、サロンを備えた豪華な仕様。…
トラックバック:0
コメント:44

続きを読むread more

カラー咲くお鷹の道

新緑の殿ケ谷戸庭園を後にして、今度は野川水源の小川沿いの遊歩道、 お鷹の道を歩きます。江戸時代、この辺りの農村は、尾張徳川家の鷹狩 の場所に指定されていました。鷹狩の折、この道筋を行き来したことから、 国分寺市がお鷹の道と名づけ整備しています。        4月下旬から6月頃、水路を彩るカラーの花。       …
トラックバック:0
コメント:44

続きを読むread more

横浜開港資料館旧館の玉楠

横浜散歩にもう一回お付き合い願います。馬車道のレトロな建物見学の後、 日本大通り駅近くの旧英国総領事館(横浜開港資料館・旧館)を訪れました。 18C英国で盛んだったジョージ・アン様式の都市邸宅を思わせる、大変美し い建物です。庭の玉楠の木との調和も抜群でした。        この玉楠は、以前ミクミティさんのブログに取り  …
トラックバック:0
コメント:40

続きを読むread more

中野の近代化遺産巡り

今回は中野区です。但し、撮影したのは昨年3月です。そんな古い話を、 なぜ今頃持ち出すのかというと…。実は、この記事は、本来昨年の3月 11日にUPする予定だったのです。お蔵入りの状態にしておくのも残念 な気がして来て、再び記事にまとめてみました。        最初は、JR中野駅北口から歩いて10数分。        …
トラックバック:0
コメント:38

続きを読むread more

府中の古墳と武蔵総社

寒さ続きで、遠出の気力がわきません。そこで、今回はご近所シリーズ。 全国でも珍しい上円下方墳。整備復元された武蔵府中熊野神社古墳と、 古代武蔵国の総社、大國魂神社を巡ります。まずは、街中に降りたった 巨大なUFOのような姿の古墳から。         JR南武線・西府駅から歩いて8分。出土品の         鞘尻…
トラックバック:0
コメント:34

続きを読むread more

無縁坂から岩崎邸へ

前回の続き。御茶ノ水で軽い昼食の後、地下鉄で湯島へ向います。 目的は旧岩崎邸庭園。久しぶりの洋館訪問です。J・コンドル設計 の明治の洋館、岩崎久彌邸は気になるところですが、あえて正門 をスルー。その先の無縁坂を目指します。              岩崎邸を取り囲むレンガ塀。              この塀も、重要文…
トラックバック:0
コメント:42

続きを読むread more

北区中央公園文化センター

北区・赤レンガ図書館から歩いて約10分。白亜の建物がその姿を 現します。TVのロケにもよく使われるという中央公園文化センター。 その昔の陸軍東京第一造兵廠本部です。軍都と呼ばれた戦前の 面影を、建物に探してみました。        樹木の緑に囲まれた、威風堂々たる建物。              軍の施設という…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

明治生命館とマッカーサー

明治生命館では、1階店頭営業室及び2階の諸室を、土・日曜に限り、 一般公開しています。この時期の館内は見学者も少なく、聖堂の中に 迷い込んだかと思われるほど、静謐で厳かな、しかし温かい雰囲気に 満たされていました。              前回に続き、2階回廊をぐるっと              一周。各部屋を順に見…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

日本橋から隅田川橋めぐり

“お江戸日本橋舟めぐり”の後編です。10人乗りの小型ボートの旅は、 再び日本橋に戻り、今度は下流の隅田川を目指します。江戸の昔を 偲びながらの川下り行路。隅田川では、橋越しにスカイツリーを望む 事も出来ました。              日本橋川は、かつて水運の中心。              その面影を求めて、川を下…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more