テーマ:季節

パラグアイオニバスの花を訪ねて

神代植物公園のパラグアイオニバス。少し前の記事で、子供を乗せる催し物が中止になった事を紹介しました。その時は開花の気配も無かったんですが、あの時から少し経って、今度は花が見られるんじゃないかと思い、再び公園の池を訪ねてみる事に…。        【神代植物公園にて】        先ずは名前の話。前回、植物公園HPを    …
トラックバック:0
コメント:108

続きを読むread more

迎賓館・噴水池の動物たち

まだ暑い日が続いてます。少しでも涼しさを感じられる場所は無いかと思って、迎賓館に出かけました。目的は庭園の噴水。建物同様に国宝に指定されてます。館内は撮影禁止なのでパスし、庭園だけを見学。「気分」だけでも、噴水の涼しさを味わって来ました。        迎賓館の正門。フランス製です。  アール・ヌーボー風のガラス庇。正門と共に、…
トラックバック:0
コメント:118

続きを読むread more

レンゲショウマ、オニバス、夏の風物詩

森の妖精、レンゲショウマを訪ね、植物多様性センターに出かけました。前回の訪問から、まだ1カ月程しか経っていないのに、花の世界はすっかり様変わり。夏らしい花を色々楽しんだ後は、いつもの散歩コースで、夏の風物詩と呼べそうな風景を探し歩く事に…。  【植物多様性センター】  最初は屋外水槽のガガブタ。花の姿も ユニークですが、名前も変…
トラックバック:0
コメント:116

続きを読むread more

7月のアンジェ、曇り時々雨

7月も残りわずか。それなのにまだ梅雨が明けませんね。空を恨んでも仕方ないので、傘を持って京王アンジェに出かけました。おや、またとお思いの方、東京は行先に気を遣うんです。大した雨にはならずに、ナツズイセンなど、夏らしい花が楽しめました。  モネの池のスイレン。到着した時には、 まだこんな青空も少し覗いてたんです。     …
トラックバック:0
コメント:120

続きを読むread more

散歩道のサギソウ・ハス・ミソハギ

前回、急な雨降りのため引き返した「いつもの散歩道」。今回は幸いにも良い天気に恵まれました。でも、恵まれ過ぎて、最高気温33℃の暑い日に…。時々、マスクを外しながら歩いたものの、額の汗が目に染みる程でした。愚痴はその位にして、先ずはサギソウから。  【神代植物公園】        飛翔する白鷺を思わせる姿が人気の       …
トラックバック:0
コメント:118

続きを読むread more

サクユリと大温室のラン

植物多様性センターでサクユリが咲き始めたと聞き、出かけてみました。サクユリは伊豆諸島に自生する固有種で、ユリ属の中では草丈、花の大きさが世界最大と言われます。センターは神代植物公園の分園。次に本園に行こうとしたら、雨が…。        【植物多様性センター】  まずはサクユリの紹介から。確かに大きい。 花径は30cmに近そうで…
トラックバック:0
コメント:114

続きを読むread more

昭和記念公園のハスの花色々

梅雨の晴れ間の一日、出かけるなら今日しか無いぞと思い、消毒薬をポケットに忍ばせ、昭和記念公園まで行ってきました。平日という事もあって、広い園内はガラガラの状態。咲き始めたハスの花など、ゆっくり撮影できて有難い気がしました。  入園前に、花壇のラベンダーセージを。 (注:花の名前を訂正しました。)  そして、入園してすぐ一枚。…
トラックバック:0
コメント:114

続きを読むread more

紫陽花を訪ねて高幡不動尊へ

都内有数の紫陽花の名所、日野市にある高幡不動尊を訪ねました。ここは平安初期に始まる関東屈指の古刹。境内から裏山にかけて、約250種、7500株余の紫陽花・ヤマアジサイが咲き誇ります。出かけたのは、梅雨と思えぬよく晴れた午前中でした。  マスク無しでは通さぬぞ!いくら暑くても、 仁王像(室町時代)の睨みには勝てません。  手水…
トラックバック:0
コメント:118

続きを読むread more

いつもの散歩道へ~花菖蒲・ソバの花ほか~

神代植物公園、6月2日(火)に再開しました。休園中に、私の年間パスポートも切れてしまいましたが、延長手続きをすれば大丈夫。人気のバラ園(入場制限あり)は避けて、なるべく人の少ない所へ。更に深大寺から水生植物園まで、いつもの散歩道をそぞろ歩いてみました。  正門前では、鉢植えの花菖蒲がお出迎え。 「熊奮迅」という名の花が気になって…。 …
トラックバック:0
コメント:126

続きを読むread more

モネの池のスイレン~アンジェ再開~

京王アンジェ、めでたく再開です。他の施設に先駆けて、27日(水)から開園。さっそく土曜日に出かけました。体温チェックを受けて入園すると、出合うのはカメラを持った方たちばかり。皆さん待ちかねてたみたいですね。散策はスイレンの咲くモネの池から…。        モネの池といっても、要はパリ郊外の       モネが好んだ池をマネし…
トラックバック:0
コメント:130

続きを読むread more

バラの花とブルガリアの民俗舞踊

今回のテーマは花の女王「バラ」。お隣の児童公園でも、今を盛りと咲き誇ってます。そして、バラの花といえばブルガリア。地元の欧風ガーデン「京王アンジェ」では、毎年関連の催しが開かれます。今年は中止のブルガリアフェアを、昔の写真で振り返ってみました。  【児童公園のバラ】  君の名は?…返事が無くてお手上げです。 黄色系のバラとい…
トラックバック:0
コメント:122

続きを読むread more

三日月ガーデンとデ・ラランデ邸

今回は少しだけ遠出を。といっても、娘たちが通ってた中学のすぐ隣ですから、大した事はありません。ここに、「三日月ガーデン」という名の休憩スペースがある事を思い出し、訪ねてみました。後半は、今年正月に訪ねた「江戸東京たてもの園」の未公開写真です。  【三日月ガーデンの花々】  白にピンクの花が交ざってました。咲き始 め頃のハコネ…
トラックバック:0
コメント:124

続きを読むread more

ナンジャモンジャとミニチュア世界

今回のテーマは「ミニチュア」。でも、まずは身近な花の最新情報から始めましょう。集合住宅の一角で、ナンジャモンジャの白い花が咲き始めました。例年なら、深大寺の大きな木が雪山のように咲き誇る頃ですが、その深大寺も今は拝観中止。身近な所で満足する事に…。  正式名はヒトツバタゴ。「(この木は) なんといふもんぢゃ」と尋ねた言葉が、 …
トラックバック:0
コメント:132

続きを読むread more

ジャーマンアイリスとオランダ大使公邸

今回は、花壇の花がテーマです。私らがボランティアで清掃を行ってる隣の児童公園で、ジャーマンアイリスや、クレマチスの花を撮影して来ました。後半は、6年前に訪れたオランダ大使公邸のチューリップ。この花は今年見逃したので、昔の写真で振り返ろうかと…。  「虹の花」と呼ばれるように、ジャーマン アイリスは花の色彩が豊富。初夏のような …
トラックバック:0
コメント:119

続きを読むread more

ハナミズキと自然観察園

ブログリニューアル第2弾。今回は、私と相方が暮らす集合住宅の敷地内で目にした花の様子から始めましょう。そして、後半は前回「野川散歩」の続き。野川を上流に遡って、最後にたどり着いた自然観察園のレポートです。先ずは純白のハナミズキの花から。  「空を押し上げて~♬」咲く感じがしますね。 「果てない(コロナの)波がちゃんと止まり  …
トラックバック:0
コメント:118

続きを読むread more

身近な花と野川散歩

『街が好き』は本日新装開店、リニューアルしました。身近な花の写真(前半)と、少し以前の散歩の話題や、昔の写真を使った企画もの(後半)とで構成しようと思います。いつまでかって?それは、政府に聞いて下さい。まずは、最近撮影した花から。  【身近な季節の花たち】  最初は、ベランダからの景色。ハナミズキが 大分目立つようになって来まし…
トラックバック:0
コメント:111

続きを読むread more

桜隠しの大雪

3月29日、外出自粛の要請が出ていた東京に、時ならぬ大雪が降りました。雪国の方に笑われるかも知れませんが、3月末にこれだけ降れば、立派な大雪です。俳句の季語に、「桜隠し」という語がありますが、満開の桜を隠すように降る雪は幻想的な趣でした。でも、その前に…  【3/21(調布野草園)】  前回の続き。神代植物公園(現在閉園中)の …
トラックバック:0
コメント:116

続きを読むread more

桜巡礼2020~桜いろいろ編~【補足あり】

サクラサク。心浮き立つ季節の到来です。でも、今年は難しい状況なので、地元の神代植物公園へ出かける事に。訪ねた日(21日)、ソメイヨシノには早かったものの、園内は百花繚乱の様相でした。人生色々、桜だって色々。早めに咲いた桜の数々を紹介しましょう。  最初はやっぱり《神代曙》。この神代植物 公園で発見された桜で、原木が見られます。…
トラックバック:0
コメント:112

続きを読むread more

マグノリア咲く京王アンジェ

花見宴会などの自粛が求められる昨今、そうは言っても、春は待ってくれません。こんな時こそ、純粋な心で花を愛でたいものと、30種・200本のマグノリアが咲く、地元の京王アンジェを訪ねました。ここは都内最大級のマグノリア園が自慢の洋風庭園です。  最初の品種はアレキサンドリア。マグノリアは コブシや木蓮などの総称。欧米では園芸品種の…
トラックバック:0
コメント:114

続きを読むread more

ホテルで楽しむ雛祭り

雛祭りを前に、新宿の京王プラザホテルに出かけました。お目当ては雛飾りの特別展示。総数6000個あまりのつるし雛と、真多呂人形の段飾りが、ホテル内の空間を華やかに彩ります。つるし雛ファンの私にとって、大変嬉しい内容のイベントでした。  まずはメインロビーの飾付けから。さすが、 ホテルのお雛様は絢爛豪華という感じです。 …
トラックバック:0
コメント:118

続きを読むread more

新宿御苑の寒桜、河津桜を訪ねて

今年は花が早いですね。前回、菜の花畑の風景に驚かされましたが、ならば花見はどうかという訳で、今回新宿御苑を訪ねました。65種の桜が切れ目無く咲く都内屈指の桜の名所。園内では、早咲き種の河津桜と寒桜が見事に咲き誇ってました。        最初は河津桜。白い水仙、ペーパー       ホワイトとの色の対比が鮮やかです。  …
トラックバック:0
コメント:110

続きを読むread more

浜離宮庭園の梅と菜の花

菜の花の名所として有名な「浜離宮庭園」。例年の見頃は2月下旬~3月ですが、暖冬傾向の今年は少し早いんじゃ無いかと思い、2月10日昼前にふらりと訪ねてみました。予想は的中。梅も咲き出し、春らしい景色が…。  菜の花、梅の花ともまだ咲き始めですが、 高層ビル群を借景にしていい雰囲気です。        大手門を入ってすぐの菜…
トラックバック:0
コメント:114

続きを読むread more

たてもの園の正月昔遊び

ご無沙汰しました。事情は前回お話しした通り。今はほぼ回復し、何の問題もなく平穏に過ごしてます。さて、話は少々古くなりますが、12日の江戸東京たてもの園。この日は、「正月の昔遊び」と銘打ち、園内各所でさまざまなイベントが催されていました。  「ドラえもん」的昭和の正月風景。園内は 建物の他にも、空地の土管などが設置され、 懐かしい昭…
トラックバック:0
コメント:126

続きを読むread more

神代植物公園の初春イベント

神代植物公園の「初春イベント」の話。前回の続きです。植物公園は2日から開園しますが、私が訪ねたのは3日。新春コンサートと題し、和太鼓の演奏が披露されました。でも、その前に園内の花の様子から…。  築山でロウバイの花が咲き誇ってました。  この花、やはり芳醇な香りが堪りません。 今年は少し開花が早いかも知れませんね。 …
トラックバック:0
コメント:110

続きを読むread more

日本各地のしめ飾り展

新年を迎え、いかがお過ごしでしょうか。さて、今年最初の記事のテーマは「日本各地のしめ飾り」。三鷹市、大沢の里古民家で現在開催中の企画展のレポートです。実は、訪ねたのは12月の事。前々回記事にした紅葉散歩の帰り道でした。いや、日本は広い。しめ飾りも様々なんですね。  【古民家のしめ飾り展(12/9)】  野川公園から、六地蔵の前を…
トラックバック:0
コメント:113

続きを読むread more

京王アンジェのクリスマスコンサート

本年最後の記事になります。毎年恒例のクリスマスイルミ。今年は余裕が無くて、地元の京王アンジェに出かけました。12月土日を中心に様々なコンサートが開かれるアンジェ。洋風庭園を彩るお洒落なクリスマス・イルミネーションの他に、軽快なジャズの演奏も楽しめました。  出迎えは池に浮かぶクリスマスツリー。        もしや、…
トラックバック:0
コメント:123

続きを読むread more

野川沿いに紅葉を訪ねて

お待たせしました。1カ月程の休止のつもりが、2カ月近いお休みになって…。気付けば師走も半ばです。事情は前回と前々回の記事でお話した通り。日曜日に無事任務は完了したので、さっそく名残りの紅葉を求め、野川沿いの二つの都立公園を訪ね歩いてみました。  【都立武蔵野公園】  野川沿いの紅葉のトンネル。この日、多摩 東部の最高気温…
トラックバック:0
コメント:130

続きを読むread more

西方寺の黄色・白・ピンクの彼岸花

今年は全国的に彼岸花の開花が遅いようです。で、どこに行こうか迷っていたら、横浜・港北区の西方寺で、黄色や白、ピンクの彼岸花が少しずつ咲き始めてると聞いたので、早速出かけてみる事にしました。        横浜市営地下鉄・新羽駅から5分。  山門に続く石段の両側が白と黄色の絨毯です。 これでも彼岸花?ちょっと珍しい風景です…
トラックバック:0
コメント:129

続きを読むread more

葛西臨海公園のキバナコスモス

夏の終わり。若い頃と違って、語るような夏の思い出がある訳じゃないんだけれども、なぜか毎年、この時期になると一抹の寂しさを覚えます。そこで、訪れたのが葛西臨海公園と水族園。夏休み最後の日曜という事で、家族連れで大賑わいでした。  大観覧車近くで咲くキバナコスモス。キバナコスモスは コスモスの仲間ですが、「秋桜」と書く一般のコスモ…
トラックバック:0
コメント:116

続きを読むread more

川越氷川神社の縁結び風鈴

夏の涼を呼ぶ川越氷川神社「縁むすび風鈴」は、2014年から開催の夏限定の祭事。色鮮やかなガラスの江戸風鈴2000個が、境内を彩ります。今さら「縁結び」でも無いんですが、涼しげな風鈴の音に誘われて、川越を訪れました。  【川越氷川神社】  本堂の脇などに設けられた風鈴回廊。  「風の便り」という言葉もあるように、風は人の想いを …
トラックバック:0
コメント:121

続きを読むread more