テーマ:イベント

バラの花とブルガリアの民俗舞踊

今回のテーマは花の女王「バラ」。お隣の児童公園でも、今を盛りと咲き誇ってます。そして、バラの花といえばブルガリア。地元の欧風ガーデン「京王アンジェ」では、毎年関連の催しが開かれます。今年は中止のブルガリアフェアを、昔の写真で振り返ってみました。  【児童公園のバラ】  君の名は?…返事が無くてお手上げです。 黄色系のバラとい…
トラックバック:0
コメント:122

続きを読むread more

ホテルで楽しむ雛祭り

雛祭りを前に、新宿の京王プラザホテルに出かけました。お目当ては雛飾りの特別展示。総数6000個あまりのつるし雛と、真多呂人形の段飾りが、ホテル内の空間を華やかに彩ります。つるし雛ファンの私にとって、大変嬉しい内容のイベントでした。  まずはメインロビーの飾付けから。さすが、 ホテルのお雛様は絢爛豪華という感じです。 …
トラックバック:0
コメント:118

続きを読むread more

たてもの園の正月昔遊び

ご無沙汰しました。事情は前回お話しした通り。今はほぼ回復し、何の問題もなく平穏に過ごしてます。さて、話は少々古くなりますが、12日の江戸東京たてもの園。この日は、「正月の昔遊び」と銘打ち、園内各所でさまざまなイベントが催されていました。  「ドラえもん」的昭和の正月風景。園内は 建物の他にも、空地の土管などが設置され、 懐かしい昭…
トラックバック:0
コメント:126

続きを読むread more

神代植物公園の初春イベント

神代植物公園の「初春イベント」の話。前回の続きです。植物公園は2日から開園しますが、私が訪ねたのは3日。新春コンサートと題し、和太鼓の演奏が披露されました。でも、その前に園内の花の様子から…。  築山でロウバイの花が咲き誇ってました。  この花、やはり芳醇な香りが堪りません。 今年は少し開花が早いかも知れませんね。 …
トラックバック:0
コメント:110

続きを読むread more

日本各地のしめ飾り展

新年を迎え、いかがお過ごしでしょうか。さて、今年最初の記事のテーマは「日本各地のしめ飾り」。三鷹市、大沢の里古民家で現在開催中の企画展のレポートです。実は、訪ねたのは12月の事。前々回記事にした紅葉散歩の帰り道でした。いや、日本は広い。しめ飾りも様々なんですね。  【古民家のしめ飾り展(12/9)】  野川公園から、六地蔵の前を…
トラックバック:0
コメント:113

続きを読むread more

染の小道と林芙美子記念館

話は少し古くなります。時は2月24日。所は新宿区、中井駅の 周辺。《染の小道》という街ぐるみの催しを、5年ぶりに訪ねて みました。街自体を染物で埋め尽す事で、染色産業の盛んだった 昭和の記憶を、今に蘇らせる催しです。         染物を水洗いする姿が、昭和30年代まで         普通に見られたという妙正寺川。…
トラックバック:0
コメント:109

続きを読むread more

津雲邸の雛まつり展(青梅編part2)

前回に続き、青梅の街歩き編です。青梅駅に着いて最初に、駅前の 観光案内所で地図を貰いました。その時、この日(2/15)から、 津雲邸の「雛まつり展」が始まると聞いて、行ってみる事に。でも、 確か撮影禁止のはずと思い、受付で聞いてみると…    何と、今年からOKで、今日が解禁日だとの事。    「持ってる男は違う」(女…
トラックバック:0
コメント:96

続きを読むread more

サンシャイン水族館のバレンタインデー

バレンタインデーに因んだ催しがあると聞いて、池袋にある サンシャイン水族館に出かけました。《天空のオアシス》と 名付けられた、ビル屋上にあるこの水族館。ペンギンなどの パフォーマンスも魅力的な施設です。    サンシャインラグーンの水中パフォーマンスタイム。    お姉さんのハートのプレゼントに、魚らも興奮気味。 …
トラックバック:0
コメント:100

続きを読むread more

夢からくり一座大公演(江戸東京博)

三が日を過ぎても、まだ正月気分の抜けない4日の金曜日。 江戸東京博物館で「夢からくり一座大公演」があると聞き、 出かけてみる事にしました。からくり人形は、江戸の科学 技術の粋。公演前から展示品に興味津々です。     一座のリーダー、東野進氏が収集した江戸時代の     からくり人形や、再現された複製品20体の展示…
トラックバック:0
コメント:108

続きを読むread more

恵比寿ガーデンプレイスのXmasイルミネーション

恵比寿に行く機会があって、そのついでにガーデンプレイスの ウィンターイルミネーション(~1/14)の会場に寄りました。 ここでは毎年、世界最大級のバカラシャンデリアの飾り付けが、 撮影スポットとして人気を集めます。         夕方から厳しい冷え込みでしたが…              渋谷の「青の洞窟…
トラックバック:0
コメント:120

続きを読むread more

海の道ジャランジャラン~インドネシアの影絵芝居~

天気の悪い日には博物館へ。という訳で、上野の国立博物館を 訪ねました。東洋館で開催中『海の道ジャランジャラン』とい う催し関連で、インドネシアの伝統的な影絵芝居(ワヤン)が、 この日上演されると聞いたからです。    初めに、東洋館でその人形を鑑賞。水牛の    皮に、細かい透かしと彩色が施されてます。    影…
トラックバック:0
コメント:106

続きを読むread more

清瀬ひまわりフェスティバル

ここ何日か割と涼しい日が続いたので、清瀬市の夏の風物詩、 「清瀬ひまわりフェスティバル」に行きました。2万4千㎡ の広大な農地に、10万本のひまわり畑が出現するこの催し。 都内最大級で、毎年多くの人を集めます。    このひまわり、元々は小麦畑の次の植え付け    までに、畑の肥料として植えられたものでした。 …
トラックバック:0
コメント:110

続きを読むread more

東京ミッドタウンの《風簾》

今年のように“猛暑”が続く夏は、涼しい所が一番。という訳で、 東京ミッドタウン恒例の風鈴祭りに出かけました。六本木なら、 何と言ってもアクセスがいいし、地上に一度も顔を出す事無く、 目的地に辿り着く事が出来ます。    今年の目玉展示がこのオブジェ。夏の風物詩、    簾を思わせる作品で、風鈴飾りの《風簾》です。 …
トラックバック:0
コメント:96

続きを読むread more

和のあかり×百段階段2018

豪雨被害に遭われた地域のブロ友の皆さん、心よりお見舞い 申し上げます。さて、今回訪問したのは、目黒駅からすぐの ホテル雅叙園。豪華な装飾を誇る建物を舞台にしたイベント 『和のあかり×百段階段2018』です。  *今回はコメント欄開けてます*    昭和10年築の木造建築(通称「百段階段」)を舞台に、    5…
トラックバック:0
コメント:102

続きを読むread more

スカイツリーの七夕まつり

梅雨明け後の東京は、ここ連日の猛暑続き。しかも、W杯は いよいよ好試合ばかりで、寝不足の追い討ちまで加わります。 こういう時、野外の散歩は避けるべき。…と言う訳で、東京 スカイツリータウンの七夕まつりを訪ねました。         【七夕まつり2018】    最初は、ソラマチ広場の噴水と笹飾り。    水と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブーケガーデンの摘み取り体験

5月27日、昭和記念公園の《原っぱ西畑》に出かけました。 目的はブーケガーデンの摘み取り体験です。参加費は無料で、 必要なものは各自持参、本数制限なし。前から来たがってた 相方と一緒に、遠慮なく戴く事にしました。    少女も花摘みに夢中です。この畑には、ヤグルマギク、    ジャーマンカモミール、シャーレーポピー…
トラックバック:0
コメント:113

続きを読むread more

泳げ鯉のぼり相模川/2018

昨年6月初めに孫No.2(男の子)が誕生し、5月5日は 初節句に当たります。そこで、今年GWの前半は、相模川の 空高く、約1200匹の鯉のぼりを泳がせるという催し物に 出かけてみる事にしました。         30年の歴史を誇るこのイベント。    鯉のぼりは家庭から寄贈、提供されたものです。    一…
トラックバック:0
コメント:114

続きを読むread more

アークヒルズ《桜まつり2018》

3/30~4/1の三日間、六本木アークヒルズで開催された 《桜まつり》に行って来ました。当日は既に桜が散り始めて いましたが、サントリーホール屋上庭園の特別公開やグルメ 屋台などで、都会的なお花見が楽しめました。    アークさくら橋脇で見事な桜を発見!    花期の遅い八重紅しだれ桜でしょう。    い…
トラックバック:0
コメント:106

続きを読むread more

深大寺だるま市と早春の花

3月3日、4日に開催される深大寺だるま市。江戸時代から 続く「武蔵野の春」を告げる風物詩です。昔は男女の出会い の場でもあったという盛大な催し。多くの露店が並ぶ境内を、 早春の花見を兼ねて訪ねてみました。    3日、4日は「厄除元三大師大祭」の行われる日。    縁起だるま市は、この祭に合わせて開かれます。 …
トラックバック:0
コメント:100

続きを読むread more

旧柳下邸の雛まつり

バレンタインデーの次は雛まつり。という訳で、今回も 横浜市に遠征です。JR 根岸駅からは徒歩8分。洋館と 和館が一体化した大正時代の近代和風住宅、旧柳下邸の 雛まつりの催しを楽しんで来ました。    紅白の梅が咲き始めて、いい雰囲気ですね。          この洋館、規模は小さくても近隣の       …
トラックバック:0
コメント:102

続きを読むread more

山手西洋館のバレンタインデー

一日早い水曜日の記事UPになります。というのも、今日が バレンタインデーだから。若かった頃とは違い(?)、最近は 縁遠い日だけど、スルーするのも寂しいし…。そこで、横浜 山手西洋館の季節の催し物に出かけました。    山手西洋館の催し物は、いつも季節感あふれる    テーブルコーディネートが魅力です。前にも紹介 …
トラックバック:0
コメント:102

続きを読むread more

大國魂神社のどんど焼き

都内で最も古い神社とされる府中市の「大國魂神社」。旧武蔵国の 守り神でもある由緒ある神社で、1900年を超すとされる歴史上 初めて「どんど焼き」が行われると聞き、お詣りがてら訪ねました。 境内の珍しい狛犬の姿とともに紹介します。    この日は15日の小正月。多くの人で賑ってました。         朱…
トラックバック:0
コメント:107

続きを読むread more

アンジェのXmasイルミネーション

地元、文化会館で『小松宏誠展』を鑑賞。鳥の羽根のように 心が軽くなった勢いで、夕暮れの京王アンジェに向いました。 この日「クリスマスツリー点灯式&パーティー」があります。 後日、再訪した時の夜景と共に御覧下さい。    【ツリー点灯式&Xmasパーティー】    先ずはピラーキャンドルの輝き。ハンドメイドの …
トラックバック:0
コメント:122

続きを読むread more

万華鏡展2017

ブロ友さんから耳寄りな情報を教わりました。渋谷Bunkamura ギャラリー『万華鏡展2017』。都内最大級の万華鏡の祭典で、 今年で15回目の人気イベントだそうです。開催の期間は九日間。 その最終日に駆けつける事が出来ました。    幻想的な空間に、華麗な万華鏡が並びます。    全く未知の世界なので、案内役…
トラックバック:0
コメント:111

続きを読むread more

江戸東京たてもの園の友禅染め実演

秋晴れの一日、小金井市の「江戸東京たてもの園」を訪ねました。 以前はよく記事にした所ですが、今回三年振りの訪問になります。 この日は月一で開催される「伝統工芸の実演」の日。それを見学 する前に、江戸の伝統建築に寄り道を…。    旧自証院霊屋(おたまや)。三代将軍家光の    側室だった「お振の方」を供養する「霊廟…
トラックバック:0
コメント:90

続きを読むread more

井の頭公園100周年

井の頭公園は、今年めでたく100歳の誕生日を迎えました。 日本初の郊外公園として、大正6(1917)年5月に開園して から百年。100歳記念ウィーク(5/1~7)の最終日に、 緑滴る井の頭池の周辺を散策しました。    周囲1,5kmの井の頭池。この池で、恋人と    ボートに乗ると、弁財天(女神)に嫉妬されて …
トラックバック:0
コメント:117

続きを読むread more

蓄音機とオルゴールの音色

三鷹駅すぐ近くのミタカ・オルゴール館は、3年前に開館した 新しい施設です。2月のイベント『蓄音機とオルゴールの音色』 では、珍しいエジソン蓄音機とオルゴールの音色の聴き比べが 出来ると聞いて、出かける事にしました。          「手紙を書く貴婦人」。オートマタという          フランスで製作された古い自動…
トラックバック:0
コメント:120

続きを読むread more

民家園の獅子舞いと正月遊び

今回はお正月催し物特集です。川崎市立日本民家園では、 「民家園で福招き!」という催しを開催。園内の古民家 を会場に、地元に伝わる獅子舞の演技、昔の正月遊びで、 新年のお客さんを楽しませてくれました。          伝統的な雪囲いを再現した旧山田家。          越中五箇山から移築の合掌造りです。  …
トラックバック:0
コメント:112

続きを読むread more

黄色いコスモス/摘み取り体験

前回続き。昭和記念公園は、関東有数のコスモスの名所と して評判ですが、シーズン最後の催しで、摘み取り体験が 例年行われます。この日は黄色い花の摘み取りが出来ると 聞いて、原っぱ西花畑に早速向いました。     80万本の黄色いコスモス「イエローキャンパス」が     一面に咲くこの西花畑。摘み取りは2時からですが、…
トラックバック:0
コメント:106

続きを読むread more

タイの舞踊と秋の花

前回続き。アンジェを訪れたもう一つの目的は、タイ国の 伝統舞踊を鑑賞する事です。10月土・日の催し『世界の 舞踊と音楽の旅』は、ブルガリア・スイス・カリブ海等が 既に終わって、この日はタイ国の番でした。     蝋燭の火を消さないよう、優雅に舞います。     長い爪をはめ、手や指の動きを強調した踊り。…
トラックバック:0
コメント:96

続きを読むread more