テーマ:公園

葛西臨海公園のキバナコスモス

夏の終わり。若い頃と違って、語るような夏の思い出がある訳じゃないんだけれども、なぜか毎年、この時期になると一抹の寂しさを覚えます。そこで、訪れたのが葛西臨海公園と水族園。夏休み最後の日曜という事で、家族連れで大賑わいでした。  大観覧車近くで咲くキバナコスモス。キバナコスモスは コスモスの仲間ですが、「秋桜」と書く一般のコスモ…
トラックバック:0
コメント:116

続きを読むread more

夕闇の大温室とバラ園を訪ねて

この土日2日間限定で、神代植物公園の「夏の大温室夜間開園」が実施されました。夕方5時から夜8時半まで。ライトアップされたバラ園と大温室を公開する試みです。この時間帯なら、少し暑さも和らぐかと思って、早めに出かけてみました。  先ずは、日没前のバラ園を散歩。バラの二番花が まだかなり咲いてましたが、この暑さ続きはさす がに堪える…
トラックバック:0
コメント:118

続きを読むread more

昭和記念公園のヒマワリとナツズイセン

東京でもやっと長い梅雨が明けました。梅雨明け記念の29日、目も眩む程の猛暑の中、訪ねたのは昭和記念公園。目的は夏の花の代表ヒマワリです。プール券を求める子連れ、若者の行列の隣りをささっと通り抜け、いざ、夏の花散歩へ。  ヒマワリ畑に着くまでに見かけた花たち。  先ずはユリの女王で、純白のカサブランカ。 さざなみ広場の花壇で見…
トラックバック:0
コメント:126

続きを読むread more

日比谷公園のアオノリュウゼツラン

数十年に一度だけ花を咲かせ、枯れてしまうというアオノリュウゼツラン。その「幻の花」が今にも咲きそうだという貴重な情報を、ブロ友さんから教えて戴いて、さっそく日比谷公園に出かけてみました。見上げるような高みで咲く花の姿はかなりユニークですね。(7/21)  まだ咲き始めなので、花は下の方の房だけです。 花の数は一つの房で200、…
トラックバック:0
コメント:122

続きを読むread more

ラベンダーとアナベルの公園

もうすぐ夏休み。夏と言えば北海道。北海道といえばラベンダー。でも、北海道は遠いので、神奈川・相模原北公園に出向きました。ハーブ園のラベンダーは7月初旬が見頃。訪れた日(6/26)は咲き始めだったものの、素敵な香りが一面漂ってました。    ハーブ園の花、グロッソ・ラベンダーという品種です。    蝶々にも、香…
トラックバック:0
コメント:104

続きを読むread more

ジャカランダと海とアフリカハマユウと

ジャカランダの花をご存知でしょうか。中南米原産の木の花で、 世界中で広く愛される紫色の花です。でも、日本ではまだ目に する事が少ないですね。その珍しいジャカランダが見頃と聞き、 江東区の「夢の島熱帯植物館」を訪ねました。         【夢の島熱帯植物館】         屋外のジャカランダを、バナナの葉と。 …
トラックバック:0
コメント:116

続きを読むread more

梅雨曇りのあじさい園&花菖蒲田

梅雨曇りの日。どんよりした曇り空にも美しく映える ブルーや紫の花を訪ねて、地元の神代植物公園と水生 植物園をカメラ片手に散歩しました。先ずは鉢植えの 《花菖蒲・ぎぼうし・あじさい展》からです。         【神代植物公園で】    左が「千歳」。右の蕾は「楽園」。屋外の展示場で、    花菖蒲の鉢植えが、…
トラックバック:0
コメント:104

続きを読むread more

早朝開園のバラ園で

当ブログでは御馴染み、いつもの植物公園、いつものバラ園です。 今年は少し変化をと思い、早朝開園の日(5月中の土・日曜)に 出かけてみました。こういう時、地元の公園は便利ですね。8時 半頃には、芳醇な香りの中に佇んでる訳ですから。    ところで、早朝開園のメリットって何でしょうか?        *      * …
トラックバック:0
コメント:109

続きを読むread more

チューリップガーデンと名残りの桜

チューリップガーデンがそろそろ見頃なんじゃないかと思って、 西立川の昭和記念公園を訪ねました。130品種、22万株の チューリプが咲き誇るこの公園。まだ少し早かったようですが、 その分、名残りの桜とのコラボが楽しめました。    渓流広場のこのガーデンは、本場オランダ、    キューケンホフ公園をモデルにした本格的…
トラックバック:0
コメント:112

続きを読むread more

桜満開の井の頭公園で

今年の「桜巡礼」の最終章は井の頭公園です。日本で最初の 郊外公園として、大正6(1917)年にオープンのこの公園。 500本余りの桜が井の頭池を囲むように咲き、花見の名所 としても広く名を知られてます。(4/1撮影)    実は、水面に散る花吹雪を期待したんですが…。    今年は花持ちが良く、いい状態が保たれてま…
トラックバック:0
コメント:110

続きを読むread more

深大寺の防火訓練&植物公園の梅

毎年1月26日は文化財防火デーです。1949年のこの日、 奈良の法隆寺金堂が炎上。こうした悲劇を繰り返さないよう、 各地で防火訓練が行われています。地元・深大寺でも、一日 早い25日に実施と聞いて、出かけてみました。    訓練用に燃やした火の煙が風に流されて、    見学に訪れた深大寺小の生徒も煙たそう。 …
トラックバック:0
コメント:104

続きを読むread more

新宿御苑の水仙とベトナム椿

四季を通じて花の楽しめる大都会のオアシス「新宿御苑」。 HPに純白の水仙、ペーパーホワイトが見頃とあったので、 出かけてみる事にしました。洋蘭やベトナム椿の咲き誇る 大温室の様子と併せて紹介します。    御苑では少数派の日本水仙もちらほら。    ペーパーホワイトの方が少し早く咲くようで…   …
トラックバック:0
コメント:100

続きを読むread more

上野公園(奏楽堂・東博)の秋景色

先週半ば頃、上野公園に出かけました。今回の一番の目的は、 公園内の旧東京音楽学校奏楽堂(明治23年)。約4年半に 及ぶ保存工事を終え、11月の初めにリニューアルオープン。 芸術の秋に相応しい姿を見せてくれます。    まずは西洋美術館。「カレーの市民」(ロダン作)    の頭上高くには、長く尾を引いた飛行機雲が…。 …
トラックバック:0
コメント:102

続きを読むread more

日比谷公園ガーデニングショー2018

毎年10月の下旬に開催される日比谷公園ガーデニングショーに 出かけました。4つの部門に分れるコンテストには、プロ・アマ 関係なく、全部で190点の作品が出展されています。その中で、 気になった作品を幾つか紹介しましょう。    日本初の洋式庭園(明治36年)だったこの公園。    以来、日本の園芸文化普及の役割を担…
トラックバック:0
コメント:108

続きを読むread more

植物多様性センターのレンゲショウマ

外出するのも危険な猛暑、酷暑の日々が続いてます。それでも、 気にかかるのは、「森の妖精」と呼ばれるレンゲショウマの花。 神代植物公園の分園、東京の貴重な植生を再現した植物多様性 センターに、この花を訪ねてみました。    【植物多様性センター】         日本固有の1属1種。亜高山帯に自生し、     …
トラックバック:0
コメント:102

続きを読むread more

ヒスイカズラの果実と雨の植物園

神代植物公園の大温室で、ヒスイカズラに初めて今年 実が生ったと聞き、出かけてみました。例年より一部 花が遅くなった結果、6月に花と果実を楽しめる事に。 雨の日でも植物園は面白いですね。    名前通り、宝石の翡翠に似た青緑色の花。    一つ一つの花が「翡翠の勾玉」のようです。    少し離れてぶら下がっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブーケガーデンの摘み取り体験

5月27日、昭和記念公園の《原っぱ西畑》に出かけました。 目的はブーケガーデンの摘み取り体験です。参加費は無料で、 必要なものは各自持参、本数制限なし。前から来たがってた 相方と一緒に、遠慮なく戴く事にしました。    少女も花摘みに夢中です。この畑には、ヤグルマギク、    ジャーマンカモミール、シャーレーポピー…
トラックバック:0
コメント:113

続きを読むread more

殿堂入りバラin神代植物公園

最近になり、バラの花に「殿堂入り」がある事を知りました。 それは、《世界バラ会連合》が3年に一回開催する世界バラ 会議で選出する「名花」で、今まで16品種が殿堂入りして るそうです。で、その名前をメモしてバラ園へ。    先ずグラハム・トーマス(英国)。16品種の内、    今一番元気なバラで、黄色い花が印象的でし…
トラックバック:0
コメント:114

続きを読むread more

浮間公園の水辺と赤レンガ図書館

都立浮間公園は、その面積の40%を「浮間ヶ池」が占める、 ちょっとユニークな水辺の公園です。埼京線の浮間舟渡駅の すぐ近く。この公園で、水辺の景色を楽しんだ後に、北区の 赤レンガ図書館にも寄り道しました。         仲の良いカルガモさんのペア。         赤ちゃんはまだみたいですね。    カ…
トラックバック:1
コメント:100

続きを読むread more

植物公園の藤色々、つつじ、石楠花も

今年は桜だけで無く、すべての花が早い。藤の開花も早い。 急がないと…。でも、どこへ?困った時は、いつもの神代 植物公園があるじゃないか…という訳で、今月の12日と 20日の両日、花の撮影散歩に出かけました。    【12日の植物公園】    早咲きの「麝香(じゃこう)藤」。  名前通り、この花の香水のよう…
トラックバック:0
コメント:112

続きを読むread more

小宮公園の寒咲き菜の花

「小宮公園で1万8千本の寒咲き菜の花が今見頃」という新聞 記事を目にしたのは、昨年の終わり頃。こんないい話を聞いて、 じっとしてはいられません。そこで、年明け3日に、八王子に あるその公園に出かけてみる事にしました。 《ブロ友「はるる」さんも記事にされてます。》          元気の出るビタミンカラーですね。 …
トラックバック:0
コメント:110

続きを読むread more

昭和記念公園の「秋色図鑑」

西立川駅の発車メロディーはユーミンの『雨のステイション』。 米軍・立川基地に近かった頃の西立川駅が歌のモデルだとか。 その広大な基地跡に出来た公園が昭和記念公園。よく晴れた 一日、園内で「秋の色」を探してみました。    西立川口近くのユリノキ。    少し気の早いイチョウ。この公園、都内でも    木々の紅…
トラックバック:0
コメント:104

続きを読むread more

桜田濠と日比谷公園の彼岸花

台風一過の心地よい秋晴れ…どころでなく、最高気温33℃超、 真夏のような日差しが戻った日。彼岸花を求めて、桜田濠から 日比谷公園まで歩きました。先ずは、皇居ランナー達と一緒に、 桜田門までの坂を下りながらの撮影です。    緑の土手に白い彼岸花がちらほら。6年前に    訪れた時は、もう少し多く見られたんですが…。…
トラックバック:0
コメント:104

続きを読むread more

夏の名残りを大温室で

今年は8月になってから天候不順の日が続き、入道雲の湧く 光り輝く夏空が見られぬまま、夏休みが終ってしまいました。 ならば、せめて温室で南国ムードを味わおうと、当ブログで お馴染みの神代植物公園を訪ねる事に…。    最初はサガリバナ(東南アジア、太平洋諸島原産)。    夜に花開き、朝は散る一夜限りの神秘的な花です。 …
トラックバック:0
コメント:106

続きを読むread more

昭和記念公園のサギソウ

8月は天候不順の日が続きますが、気持ちだけでも爽やかに と思い、昭和記念公園の《サギソウまつり》に出かけました。 受付けテントで撮影用の鉢を借り、背景を変えながら、翼を 広げた白鷺を思わせる花の姿を楽しみました。    最初は雨で出来た水溜りを背景に。    次は水辺の葦原を背景に。         …
トラックバック:0
コメント:98

続きを読むread more

郷土の森の蓮池と滝

毎日暑い!でも、今から夏本番。水の恋しい季節です。そこで、 府中郷土の森を訪ねました。蓮の見頃には少々遅かったものの、 まず無料ゾーンの蓮池(修景池)へ。後に、有料ゾーンに移動。 野外博物館の人工の滝で涼を楽しみました。    大輪の大賀ハス。2千年前の弥生遺跡から発見された    種子から発芽し、その後全国に拡が…
トラックバック:0
コメント:122

続きを読むread more

ミソハギ、ハンゲショウ、七夕飾り

約一か月間お預かりした可愛い王様。無事に王宮にお戻しして、 少しホッとしてます。やっと好きに外出できると思う暇も無く、 週刊木曜日の締切りが迫って来ました。こんな時は地元が頼り。 毎度お馴染みの深大寺界隈に出かけました。    初めは神代水生植物園。神代植物公園の分園で、    深大寺裏山から湧き出る水を集めた湿地…
トラックバック:0
コメント:108

続きを読むread more

雨上がりのバラ園で

雨が上がるのを待って、神代植物公園のバラ園に出かけました。 花の写真を専門にする方によれば、薄曇りの日は光が柔らかく、 花色が映えるそうです。それに何より、この季節空いてるのは、 雨上がりの時間くらいしかない訳で…。         約400品種、5200株のバラ園。    藤棚越しに、バラ園を覗いてみまし…
トラックバック:0
コメント:118

続きを読むread more

井の頭公園100周年

井の頭公園は、今年めでたく100歳の誕生日を迎えました。 日本初の郊外公園として、大正6(1917)年5月に開園して から百年。100歳記念ウィーク(5/1~7)の最終日に、 緑滴る井の頭池の周辺を散策しました。    周囲1,5kmの井の頭池。この池で、恋人と    ボートに乗ると、弁財天(女神)に嫉妬されて …
トラックバック:0
コメント:117

続きを読むread more

神代植物公園の桜色々

TVの天気予報で「東京の桜が今…」というコメントを聞く度、 「?」と思わずにいられません。多摩地域は、同じ東京ながら、 開花の進行が断然遅いのです。それならばと、地元・神代植物 公園で早咲きの桜を探しました。(3/31撮影)     最初はジンダイアケボノ。この公園で生まれた     新品種で、これはその原木。ソメ…
トラックバック:0
コメント:106

続きを読むread more