テーマ:多摩

府中市郷土の森の梅と雛飾り

府中市郷土の森博物館は、プラネタリウムのある博物館本館や、移築復元された建物8棟、季節の花に彩られた庭園を含む広い野外博物館です。この時期なら、60種、1100本の梅が楽しめるはずと思い、訪ねてみました。展示中の雛飾りと併せて紹介します。  まずは、甲州街道府中宿を代表する商家、 旧田中家から。梅はまだもう少しですね。 …
トラックバック:0
コメント:108

続きを読むread more

HANA・BIYORI/アクアリウムと文化財

前々回の記事の続きです。その時は、話の最後で大温室内にあるスタバを紹介しましたが、このお店の間仕切りには、全長8mと3mの二つの大水槽が設置され、何と約50種、1200匹の美しい魚が楽しめるんです。なので、今回はこのアクアリウムから話を始めましょう。  最初は8mの海水水槽です。沖縄の サンゴ礁の海をイメージしてるとか。 …
トラックバック:0
コメント:112

続きを読むread more

HANA・BIYORI/花とデジタルアート

HANA・BIYORIは、よみうりランドに隣接する新しいフラワーパーク。昨年の3月下旬にオープンしたものの、感染拡大で5日後には臨時休園。再開したのが2か月後でした。私もすっかり忘れてたんですが、最近思い出して検索すると、入園者数を制限して営業してるとのこと。早速出かけてみました。        出迎えは、水盤に浮かぶバラの花など…
トラックバック:0
コメント:119

続きを読むread more

羽村市動物公園を訪ねて

今回も撮り溜めた写真から。都立の動物園、植物園が突然休園になり驚いた頃の話です。なぜか動物が見たくなって、ネットで探してみました。昔々、子供らがまだ幼かった頃、青梅線に乗って、小さな動物園に出かけた事を思い出したからです。その羽村市動物公園、嬉しい事にやってました。という訳で、今回は珍しい動物のレポートを…。  色鮮やかな鳥は…
トラックバック:0
コメント:128

続きを読むread more

夜の江戸東京たてもの園

今回も年明け前の話です。昨年11月23日、小金井の江戸東京たてもの園で開催されてた《紅葉とたてもののライトアップ》に行って来ました。毎年恒例のこの催し。普段と違うたてもの園の夜の姿が魅力です。手持ち撮影のため、画像が粗めな点はお許し下さい。  まずは東の広場へ。約1000個ほどの キャンドルの灯りが出迎えてくれました。 …
トラックバック:0
コメント:122

続きを読むread more

多摩センターイルミネーション2020

今年も残り僅か。そこで、多摩センターのクリスマスイルミネーションを見に出かけました。南北400m、東西200mの大通りが、40万球の灯りに彩られるこの催し。点灯まで少し時間があったので、その前に、グリーンライブセンターに寄る事に…。  四季折々の花が楽しめるこの施設。サンタも、 出番を前に一休みといったところでしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:138

続きを読むread more

紅葉進む殿ヶ谷戸庭園で

JR国分寺駅のすぐ近く、殿ヶ谷戸(とのがやと)庭園は、武蔵野の自然地形を巧く生かした近代の別荘庭園。紅葉の名所としても知られています。園内のカエデは約200本。紅葉の盛りというには少し早かったんですが、その直前の趣ある園内を散策してみました。  柿の実がこんなにたくさん。  どの木も赤や黄色に色づいてますね。  先…
トラックバック:0
コメント:110

続きを読むread more

多摩センターの縄文の森

多摩センター駅の近く、東京都埋蔵文化財センターを訪ねるのは6年ぶりの事です。多摩丘陵は、約千カ所の遺跡が点在する「遺跡の宝庫」。先ずは、遺跡庭園「縄文の村」から見学を始めます。復元された家屋や森の中で、縄文の風を感じました。  園内には3棟の復元家屋の他、5000年前の 村の周囲に生えていたと思われる樹木や野草を 50数種類植…
トラックバック:0
コメント:120

続きを読むread more

古代武蔵国の面影を訪ねて

隣町の府中市は、奈良・平安の昔、武蔵国の政治や経済、文化の中心地だった所。国府(国の役所)跡が発掘され、国の史跡に指定されてます。遠出がなかなか難しい中で、古代武蔵国の面影を求め、府中の歴史散歩を試みました。スタートは街の中心、大國魂神社です。  【大國魂神社】  夏の風物詩、すもも祭りの季節なんですが、 今年は名物のすもも市が…
トラックバック:0
コメント:110

続きを読むread more

ジブリとリスと風の散歩道

そうだ、風の散歩道を歩こう。そう思い立って、バスに乗りました。《風の散歩道》は、三鷹駅と井の頭公園を結ぶ、玉川上水沿いの気持ちのいい散歩道です。出発は、公園内にあるジブリ美術館。途中、自然文化園のリスに挨拶してから、三鷹駅まで歩きました。  【三鷹の森ジブリ美術館】  屋上のロボット兵。美術館の守り神とか。  カフェ「麦わ…
トラックバック:0
コメント:132

続きを読むread more

小平オープンガーデン

個人宅の庭を、一般の人にも公開する「オープンガーデン」。 全国に広まりつつある活動ですが、小平市では、現在26カ 所が登録され、MAPが作られるほど盛んです。5月半ば頃、 MAP片手にその小平市を訪ねてみました。    【森田オープンガーデン】    最初は、1000坪の広い敷地に花畑の拡がる「森田    オ…
トラックバック:0
コメント:108

続きを読むread more

新緑と八重桜の高尾散策

今回は相方と一緒です。何せ、今では相方の方がはるかに 忙しく過してるので、全ては彼女の希望次第。私は合せる のみです。「花/ハイキング/近間/混雑NG」の条件に従い、 高尾の多摩森林科学園に出かけました。    「都内で一番遅くまで桜が楽しめる」この施設。    国内で最大級の《桜コレクション》が自慢です。   …
トラックバック:0
コメント:105

続きを読むread more

旧東大農場のハスを訪ねて

田無市にある旧東大農場のハス見本園を訪問しました。 ここは200種以上のハスを育てている教育研究施設 ですが、開花時期の火・金のみ、一般に公開されます。 先ずは見本園に縁のある花の紹介から。    【大賀ハス】    大賀ハスは、千葉市の古代遺跡で発見された    種子が発芽し、花開いた2000年前の古代蓮。…
トラックバック:0
コメント:106

続きを読むread more

桜巡りは昭和記念公園から

春分の日に雪が降り、震える寒さとなった東京・多摩地方。 とはいえ、開花宣言も出て、ついに桜シーズンの開幕です。 数日前、昭和記念公園で早咲きの「修禅寺寒桜」が見頃だ と聞き、少し早いお花見に行って来ました。         青空に映えるピンクの桜。    「修禅寺寒桜」は、伊豆の修禅寺境内に原木の    …
トラックバック:0
コメント:106

続きを読むread more

小松宏誠展《Air tracks》~浮遊への夢~

昨年夏のブログ記事、『魔法の美術館/光と影のイリュージョン』を 覚えておいででしょうか。その展覧会で、一際存在感を放っていた 小松宏誠氏の個展が、地元の文化会館「たづくり」で開催されてる と聞き、早速出かけてみました。         【1階展示室(撮影OK)】    最初はガチョウの羽根によるモビール作品。 …
トラックバック:0
コメント:96

続きを読むread more

紅葉の多摩を歩くⅡ(高幡不動尊編)

多摩紅葉巡りの続きです。百草園から丘陵歩きを楽しんだ後、 日野市コミュニティーバスに乗り、高幡不動尊に向いました。 平安初期に誕生した関東屈指の古刹。後日、夜間に出直した 時の写真と併せ、紹介したいと思います。         【八十八ヶ所巡拝コース】    先ず裏山の不動ヶ丘へ。ここは多摩丘陵自然公園の  …
トラックバック:0
コメント:112

続きを読むread more

紅葉の多摩を歩く(百草園編)

今年の紅葉シーズンもいよいよ最終章、フィナーレ間近です。 で、どこ行く?と自分に問いかけても、わざわざ遠くに出か ける気分になりません。それなら、地元の多摩、京王沿線の 紅葉名所を訪ね歩こうと思い立ちました。    最初は、多摩丘陵の小さな和庭園「百草園」を    訪ねます。駅から10分とはいえ、斜度25%の  …
トラックバック:0
コメント:104

続きを読むread more

小机家住宅と大悲願寺のイチョウ

「東京文化財ウィーク2017」期間中、五日市(現あきる野市)の 小机家住宅を訪ねました。7年ぶりの再訪です。現在も小机家の ご自宅であるため、公開はこの期間のみ。イチョウの黄葉が見事 な大悲願寺と併せ、山里の散歩を楽しみました。    JR五日市線の終点、武蔵五日市駅で下車。    散歩してみると、山里だという気が…
トラックバック:0
コメント:96

続きを読むread more

昭和記念公園の「秋色図鑑」

西立川駅の発車メロディーはユーミンの『雨のステイション』。 米軍・立川基地に近かった頃の西立川駅が歌のモデルだとか。 その広大な基地跡に出来た公園が昭和記念公園。よく晴れた 一日、園内で「秋の色」を探してみました。    西立川口近くのユリノキ。    少し気の早いイチョウ。この公園、都内でも    木々の紅…
トラックバック:0
コメント:104

続きを読むread more

江戸東京たてもの園の友禅染め実演

秋晴れの一日、小金井市の「江戸東京たてもの園」を訪ねました。 以前はよく記事にした所ですが、今回三年振りの訪問になります。 この日は月一で開催される「伝統工芸の実演」の日。それを見学 する前に、江戸の伝統建築に寄り道を…。    旧自証院霊屋(おたまや)。三代将軍家光の    側室だった「お振の方」を供養する「霊廟…
トラックバック:0
コメント:90

続きを読むread more

花と新緑の用水沿いを歩く

田一面に咲くレンゲが見たい。でも、東京にそんなレンゲ田が 今もあるのか? 多くの方がそうお思いでしょう。…あるんです。 稲城で「れんげまつり」が催される事を聞き、その何日か前に、 稲城と国立の用水沿いを歩いてみました。    【大丸(おおまる)用水編】    JR南武線の稲城長沼駅から10分程の    用水沿…
トラックバック:0
コメント:116

続きを読むread more

多摩森林科学園の桜巡り

「都内で一番遅くまで桜が楽しめる」という多摩森林科学園で、 桜巡りを楽しんで来ました。高尾駅北口から10分。真面目な 研究施設なんですが、国内最大級の桜コレクションが有名で、 この日もかなりの見学客で賑わってました。    サクラ保存林では、古い品種や各地の名木を    接木で増やした1500本程の桜が楽しめます。…
トラックバック:0
コメント:104

続きを読むread more

百草園の梅とつるし雛

梅の名所として知られる京王百草(もぐさ)園。江戸近郊の 景勝地として、江戸の文人、明治の文豪らに愛された所です。 駅からの急坂(斜度25%)は辛いものの、つるし雛まつり 開催中なので、観梅を兼ねて出かけました。     お雛様らしく華やかですね。でも、その前に…          園の紹介を簡単に。ここは当…
トラックバック:0
コメント:108

続きを読むread more

紅葉の旧富澤家住宅と多摩の並木道

多摩市に住むブロ友さんの紅葉記事に刺激されて、「そうだ、 多摩へ行こう」という気になりました。一昨年秋、残念にも、 旧富澤家住宅が定休日のため見学できなかった事を思い出し たからです。多摩は紅葉が早いですし…。【追加あり】     多摩中央公園内にある古民家。同市内の     連光寺町から移築された名主の住宅です。…
トラックバック:0
コメント:106

続きを読むread more

昭和記念公園の黄葉・紅葉まつり

昭和記念公園に出向いた一番の目的は、黄色いコスモスの 摘み取りイベントに参加するためです。でも、この催しは 午後2時スタート。それまで色づき始めたイチョウ並木や、 日本庭園の紅葉を楽しむ事にしました。           最初は、人気のイチョウ並木へ。     見頃は先ですが、黄色く色づいた木もあって…。 …
トラックバック:0
コメント:106

続きを読むread more

高尾山のレンゲショウマ

久しぶりの高尾山です。子どもの頃から遠足の定番コースとして 馴染んで来た山ですが、ミシュラン★★★獲得以来、混雑を恐れ、 ずっと足が遠のいて…。でも、夏の暑い時期なら大丈夫かと思い、 野草園のレンゲショウマを見に行きました。     「森の妖精/天使のランプ」とも呼ばれるこの花。     日本の固有種で、標高千mく…
トラックバック:0
コメント:98

続きを読むread more

東大ハス見本園で

田無の旧東大農場を訪ねるのは2年ぶり。前回は、8月の中頃、 「ひまわり迷路」開催中でしたが、去年からハス見本園の公開 時期が早まったので、今回は7月の早い内に出かけてみました。 ここは私の大好きな無料施設ですし。     漁山紅蓮や舞妃蓮(薄黄色)が見頃。ここには、     200種以上もの鑑賞用ハスが展示されてま…
トラックバック:0
コメント:98

続きを読むread more

旧川井家の桜と多摩よこやまの道

今年の花の季節は天気の悪い日が多くて…。でも、桜は人を 待ってくれません。そこで、花曇りの日に、多摩市の鶴牧に ある樹齢200年という枝垂れ桜を訪ね、序でに、多摩丘陵 尾根筋の古道を歩いてみました。          高さ17m、幹回り3、5m。都内で          屈指の大きな枝垂れ桜。滝が流れ落ち    …
トラックバック:0
コメント:86

続きを読むread more

懐中時計の世界

大分以前の話になりますが、町田市立博物館で現在開催中の 『懐中時計展』を見学して来ました。私自身、かなり前から 懐中時計を愛用しているので、とても興味深い展覧会でした。 小さな工芸品のような姿が愛らしくて…。          金髪美人を描く七宝画付き金時計。          周囲は真珠(スイス/1900年頃)。 …
トラックバック:0
コメント:98

続きを読むread more

御岳渓谷の紅葉狩り

そうだ、御岳渓谷行こう…と閃きました。先週の初めの事です。 というのも、この日を逃すと、しばらく天気が悪そうだったし、 都心部はまだ紅葉に早いという理由があったのですが、それは 理屈で、要は急に行きたくなったんです。     御嶽駅前で。銀杏落葉の出迎え。     多摩川の上流はこんな姿かと驚かされます。  …
トラックバック:0
コメント:98

続きを読むread more