テーマ:

パラグアイオニバスの花を訪ねて

神代植物公園のパラグアイオニバス。少し前の記事で、子供を乗せる催し物が中止になった事を紹介しました。その時は開花の気配も無かったんですが、あの時から少し経って、今度は花が見られるんじゃないかと思い、再び公園の池を訪ねてみる事に…。        【神代植物公園にて】        先ずは名前の話。前回、植物公園HPを    …
トラックバック:0
コメント:108

続きを読むread more

レンゲショウマ、オニバス、夏の風物詩

森の妖精、レンゲショウマを訪ね、植物多様性センターに出かけました。前回の訪問から、まだ1カ月程しか経っていないのに、花の世界はすっかり様変わり。夏らしい花を色々楽しんだ後は、いつもの散歩コースで、夏の風物詩と呼べそうな風景を探し歩く事に…。  【植物多様性センター】  最初は屋外水槽のガガブタ。花の姿も ユニークですが、名前も変…
トラックバック:0
コメント:116

続きを読むread more

7月のアンジェ、曇り時々雨

7月も残りわずか。それなのにまだ梅雨が明けませんね。空を恨んでも仕方ないので、傘を持って京王アンジェに出かけました。おや、またとお思いの方、東京は行先に気を遣うんです。大した雨にはならずに、ナツズイセンなど、夏らしい花が楽しめました。  モネの池のスイレン。到着した時には、 まだこんな青空も少し覗いてたんです。     …
トラックバック:0
コメント:120

続きを読むread more

散歩道のサギソウ・ハス・ミソハギ

前回、急な雨降りのため引き返した「いつもの散歩道」。今回は幸いにも良い天気に恵まれました。でも、恵まれ過ぎて、最高気温33℃の暑い日に…。時々、マスクを外しながら歩いたものの、額の汗が目に染みる程でした。愚痴はその位にして、先ずはサギソウから。  【神代植物公園】        飛翔する白鷺を思わせる姿が人気の       …
トラックバック:0
コメント:118

続きを読むread more

サクユリと大温室のラン

植物多様性センターでサクユリが咲き始めたと聞き、出かけてみました。サクユリは伊豆諸島に自生する固有種で、ユリ属の中では草丈、花の大きさが世界最大と言われます。センターは神代植物公園の分園。次に本園に行こうとしたら、雨が…。        【植物多様性センター】  まずはサクユリの紹介から。確かに大きい。 花径は30cmに近そうで…
トラックバック:0
コメント:114

続きを読むread more

昭和記念公園のハスの花色々

梅雨の晴れ間の一日、出かけるなら今日しか無いぞと思い、消毒薬をポケットに忍ばせ、昭和記念公園まで行ってきました。平日という事もあって、広い園内はガラガラの状態。咲き始めたハスの花など、ゆっくり撮影できて有難い気がしました。  入園前に、花壇のラベンダーセージを。 (注:花の名前を訂正しました。)  そして、入園してすぐ一枚。…
トラックバック:0
コメント:114

続きを読むread more

紫陽花を訪ねて高幡不動尊へ

都内有数の紫陽花の名所、日野市にある高幡不動尊を訪ねました。ここは平安初期に始まる関東屈指の古刹。境内から裏山にかけて、約250種、7500株余の紫陽花・ヤマアジサイが咲き誇ります。出かけたのは、梅雨と思えぬよく晴れた午前中でした。  マスク無しでは通さぬぞ!いくら暑くても、 仁王像(室町時代)の睨みには勝てません。  手水…
トラックバック:0
コメント:118

続きを読むread more

いつもの散歩道へ~花菖蒲・ソバの花ほか~

神代植物公園、6月2日(火)に再開しました。休園中に、私の年間パスポートも切れてしまいましたが、延長手続きをすれば大丈夫。人気のバラ園(入場制限あり)は避けて、なるべく人の少ない所へ。更に深大寺から水生植物園まで、いつもの散歩道をそぞろ歩いてみました。  正門前では、鉢植えの花菖蒲がお出迎え。 「熊奮迅」という名の花が気になって…。 …
トラックバック:0
コメント:126

続きを読むread more

モネの池のスイレン~アンジェ再開~

京王アンジェ、めでたく再開です。他の施設に先駆けて、27日(水)から開園。さっそく土曜日に出かけました。体温チェックを受けて入園すると、出合うのはカメラを持った方たちばかり。皆さん待ちかねてたみたいですね。散策はスイレンの咲くモネの池から…。        モネの池といっても、要はパリ郊外の       モネが好んだ池をマネし…
トラックバック:0
コメント:130

続きを読むread more

ホタルブクロとキャンパス早慶戦

5月も残り僅かとなり、梅雨時を思わせる天気の日も多くなって来ました。それに合わせ、ホタルブクロの花が咲き始めたので、さっそくご近所を探し歩く事に。後半は、大学キャンパス巡り特集の第二弾。早慶戦の時期なので、今回はこの両校を巡ります。        【ご近所&住宅敷地内で】  釣り鐘の形が愛らしいホタルブクロ。名前の 由来は諸…
トラックバック:0
コメント:118

続きを読むread more

バラの花とブルガリアの民俗舞踊

今回のテーマは花の女王「バラ」。お隣の児童公園でも、今を盛りと咲き誇ってます。そして、バラの花といえばブルガリア。地元の欧風ガーデン「京王アンジェ」では、毎年関連の催しが開かれます。今年は中止のブルガリアフェアを、昔の写真で振り返ってみました。  【児童公園のバラ】  君の名は?…返事が無くてお手上げです。 黄色系のバラとい…
トラックバック:0
コメント:122

続きを読むread more

三日月ガーデンとデ・ラランデ邸

今回は少しだけ遠出を。といっても、娘たちが通ってた中学のすぐ隣ですから、大した事はありません。ここに、「三日月ガーデン」という名の休憩スペースがある事を思い出し、訪ねてみました。後半は、今年正月に訪ねた「江戸東京たてもの園」の未公開写真です。  【三日月ガーデンの花々】  白にピンクの花が交ざってました。咲き始 め頃のハコネ…
トラックバック:0
コメント:124

続きを読むread more

ナンジャモンジャとミニチュア世界

今回のテーマは「ミニチュア」。でも、まずは身近な花の最新情報から始めましょう。集合住宅の一角で、ナンジャモンジャの白い花が咲き始めました。例年なら、深大寺の大きな木が雪山のように咲き誇る頃ですが、その深大寺も今は拝観中止。身近な所で満足する事に…。  正式名はヒトツバタゴ。「(この木は) なんといふもんぢゃ」と尋ねた言葉が、 …
トラックバック:0
コメント:132

続きを読むread more

ジャーマンアイリスとオランダ大使公邸

今回は、花壇の花がテーマです。私らがボランティアで清掃を行ってる隣の児童公園で、ジャーマンアイリスや、クレマチスの花を撮影して来ました。後半は、6年前に訪れたオランダ大使公邸のチューリップ。この花は今年見逃したので、昔の写真で振り返ろうかと…。  「虹の花」と呼ばれるように、ジャーマン アイリスは花の色彩が豊富。初夏のような …
トラックバック:0
コメント:119

続きを読むread more

藤の花と大学キャンパス巡り

ご近所の小さい児童公園で、藤の花が咲いてると聞き、朝早く出かけました。人気のない公園で撮影した後は、帰り道で目につくものをパチリ。半径150m以内の季節アルバムです。後半は、昔の写真による仮想大学巡り(一橋&東大編)を企画しました。  花房の下の方がまだ蕾なので、見頃は これからでしょう。でも、早いですね。  公園の…
トラックバック:0
コメント:122

続きを読むread more

ハナミズキと自然観察園

ブログリニューアル第2弾。今回は、私と相方が暮らす集合住宅の敷地内で目にした花の様子から始めましょう。そして、後半は前回「野川散歩」の続き。野川を上流に遡って、最後にたどり着いた自然観察園のレポートです。先ずは純白のハナミズキの花から。  「空を押し上げて~♬」咲く感じがしますね。 「果てない(コロナの)波がちゃんと止まり  …
トラックバック:0
コメント:118

続きを読むread more

身近な花と野川散歩

『街が好き』は本日新装開店、リニューアルしました。身近な花の写真(前半)と、少し以前の散歩の話題や、昔の写真を使った企画もの(後半)とで構成しようと思います。いつまでかって?それは、政府に聞いて下さい。まずは、最近撮影した花から。  【身近な季節の花たち】  最初は、ベランダからの景色。ハナミズキが 大分目立つようになって来まし…
トラックバック:0
コメント:111

続きを読むread more

桜隠しの大雪

3月29日、外出自粛の要請が出ていた東京に、時ならぬ大雪が降りました。雪国の方に笑われるかも知れませんが、3月末にこれだけ降れば、立派な大雪です。俳句の季語に、「桜隠し」という語がありますが、満開の桜を隠すように降る雪は幻想的な趣でした。でも、その前に…  【3/21(調布野草園)】  前回の続き。神代植物公園(現在閉園中)の …
トラックバック:0
コメント:116

続きを読むread more

桜巡礼2020~桜いろいろ編~【補足あり】

サクラサク。心浮き立つ季節の到来です。でも、今年は難しい状況なので、地元の神代植物公園へ出かける事に。訪ねた日(21日)、ソメイヨシノには早かったものの、園内は百花繚乱の様相でした。人生色々、桜だって色々。早めに咲いた桜の数々を紹介しましょう。  最初はやっぱり《神代曙》。この神代植物 公園で発見された桜で、原木が見られます。…
トラックバック:0
コメント:112

続きを読むread more

マグノリア咲く京王アンジェ

花見宴会などの自粛が求められる昨今、そうは言っても、春は待ってくれません。こんな時こそ、純粋な心で花を愛でたいものと、30種・200本のマグノリアが咲く、地元の京王アンジェを訪ねました。ここは都内最大級のマグノリア園が自慢の洋風庭園です。  最初の品種はアレキサンドリア。マグノリアは コブシや木蓮などの総称。欧米では園芸品種の…
トラックバック:0
コメント:114

続きを読むread more

新宿御苑の寒桜、河津桜を訪ねて

今年は花が早いですね。前回、菜の花畑の風景に驚かされましたが、ならば花見はどうかという訳で、今回新宿御苑を訪ねました。65種の桜が切れ目無く咲く都内屈指の桜の名所。園内では、早咲き種の河津桜と寒桜が見事に咲き誇ってました。        最初は河津桜。白い水仙、ペーパー       ホワイトとの色の対比が鮮やかです。  …
トラックバック:0
コメント:110

続きを読むread more

浜離宮庭園の梅と菜の花

菜の花の名所として有名な「浜離宮庭園」。例年の見頃は2月下旬~3月ですが、暖冬傾向の今年は少し早いんじゃ無いかと思い、2月10日昼前にふらりと訪ねてみました。予想は的中。梅も咲き出し、春らしい景色が…。  菜の花、梅の花ともまだ咲き始めですが、 高層ビル群を借景にしていい雰囲気です。        大手門を入ってすぐの菜…
トラックバック:0
コメント:114

続きを読むread more

【お報せ】少しだけお休みします。《追記あり》

4年前に「週刊木曜日」に固定してから、年末年始を除き、休み無しで続けてきた当ブログですか、事情により1カ月お休みしたいと思います。一体なぜかって?      *      *      *実は、孫No.3の誕生が迫ってまして…。前の時と同様、娘と孫を家に預かる事になります。前回、前々回はブログを休まなかったんですが、今回少し違うのは、2…
トラックバック:0
コメント:140

続きを読むread more

西方寺の黄色・白・ピンクの彼岸花

今年は全国的に彼岸花の開花が遅いようです。で、どこに行こうか迷っていたら、横浜・港北区の西方寺で、黄色や白、ピンクの彼岸花が少しずつ咲き始めてると聞いたので、早速出かけてみる事にしました。        横浜市営地下鉄・新羽駅から5分。  山門に続く石段の両側が白と黄色の絨毯です。 これでも彼岸花?ちょっと珍しい風景です…
トラックバック:0
コメント:129

続きを読むread more

植物公園で「そっくりさん」探し

植物公園の大温室で、ハトランと呼ばれる貴重なランの花が咲いてると聞き、本当にハトに見えるかどうか確かめるため、訪ねてみました。序に色々「そっくりさん」を探してみたんですが、果たして似てるかどうか?  最初は深大寺門近く、林の縁で見かけたマヤラン。 栄養分を菌類から得る「根も葉もない」植物です。 発見された神戸・摩耶山に因む名前だと…
トラックバック:0
コメント:124

続きを読むread more

葛西臨海公園のキバナコスモス

夏の終わり。若い頃と違って、語るような夏の思い出がある訳じゃないんだけれども、なぜか毎年、この時期になると一抹の寂しさを覚えます。そこで、訪れたのが葛西臨海公園と水族園。夏休み最後の日曜という事で、家族連れで大賑わいでした。  大観覧車近くで咲くキバナコスモス。キバナコスモスは コスモスの仲間ですが、「秋桜」と書く一般のコスモ…
トラックバック:0
コメント:116

続きを読むread more

夕闇の大温室とバラ園を訪ねて

この土日2日間限定で、神代植物公園の「夏の大温室夜間開園」が実施されました。夕方5時から夜8時半まで。ライトアップされたバラ園と大温室を公開する試みです。この時間帯なら、少し暑さも和らぐかと思って、早めに出かけてみました。  先ずは、日没前のバラ園を散歩。バラの二番花が まだかなり咲いてましたが、この暑さ続きはさす がに堪える…
トラックバック:0
コメント:120

続きを読むread more

昭和記念公園のヒマワリとナツズイセン

東京でもやっと長い梅雨が明けました。梅雨明け記念の29日、目も眩む程の猛暑の中、訪ねたのは昭和記念公園。目的は夏の花の代表ヒマワリです。プール券を求める子連れ、若者の行列の隣りをささっと通り抜け、いざ、夏の花散歩へ。  ヒマワリ畑に着くまでに見かけた花たち。  先ずはユリの女王で、純白のカサブランカ。 さざなみ広場の花壇で見…
トラックバック:0
コメント:126

続きを読むread more

日比谷公園のアオノリュウゼツラン

数十年に一度だけ花を咲かせ、枯れてしまうというアオノリュウゼツラン。その「幻の花」が今にも咲きそうだという貴重な情報を、ブロ友さんから教えて戴いて、さっそく日比谷公園に出かけてみました。見上げるような高みで咲く花の姿はかなりユニークですね。(7/21)  まだ咲き始めなので、花は下の方の房だけです。 花の数は一つの房で200、…
トラックバック:0
コメント:124

続きを読むread more

深大寺のほおずきの門と雫写真

7月14,25日連休は深大寺の「鬼灯まつり」。深大寺の夏の風物詩として例年賑わいますが、今年は両日とも雨の予報が出てました。でも、深大寺山門の前に、早くから鬼灯で作られた「招福門」が準備されると聞き、祭りを前にした日に出かけてみました。  祭りの当日には、ほおずき市が立つ他、手作り市や 大道芸で賑わいを見せますが、この日は静か…
トラックバック:0
コメント:124

続きを読むread more