街が好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 横浜開港記念会館の公開日

<<   作成日時 : 2017/03/23 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 500 / トラックバック 0 / コメント 106

横浜三塔の一つ、愛称《ジャック》の時計塔で広く親しまれる
横浜開港記念会館(大正6年)。毎月15日は、特別に講堂
見学できる一般公開日。6年ぶりの訪問ですが、クラシックな
堂内装飾に、変らぬ魅力を感じました。

画像

画像

    講堂の他、館内は関東大震災で一度焼失して
    ます。時計塔、レンガの外壁は残ったんですが、
    傷ついた館内は、昭和2年に復旧されました。

画像

画像

    窓際の造りつけのベンチ

画像

    「大正期のインテリア空間」として貴重です。

画像
画像

    来日した演奏家が、東京公演に先駆けて、
    ここで演奏を披露するケースもあったとか。

画像

画像

    オペラの藤原義江、伝説のヴァイオリニスト、
    ヤッシャ・ハイフェッツ等が公演したそうです。

画像

           大正ロマンの趣が感じられますね。

画像

画像

    舞台で歌のリハーサルが始まった。と思ったら、
    係の方に怒られてました。「音出しなし」の約束
    だったようです。でも、お蔭で一曲楽しめました。

画像

           気分を変え、もう一度玄関から…

画像

    館内の見所を紹介しようかと。

画像
画像

    左は一般用玄関ロビー。右は来賓用の出入口。

画像

画像

    窓飾りが、時計の文字盤風でユニーク。

画像
画像

    日本のステンドグラスの歴史を語る作品群。
    両扉の左は《呉越同舟》。右は《箱根越え》。

画像

    扉上に横浜市章(浜菱)と鳳凰

画像

    階段にはペリー来航を描く《ポーハタン号》。

画像
画像

    戦時中は布で隠した為、星条旗の存在を、
    軍の関係者にも気付かれずに済んだとか。

画像

    かもめ〜が飛んだ〜♪ 自由万歳!

画像

    最後に、「ジャックの塔」を下から見上げて、
    今年100歳の誕生日を迎える、大正期の
    レトロで魅力的な煉瓦建築を後にしました。


画像
   【DATA】
   横浜開港記念会館
 *大正6(1917)年竣工。
   (開港50周年記念の建物)
 *設計原案:福田重義。
 *震災後、昭和2(1927)年、
   館内を復旧再建。
   (ドームは1989年の復元) 



   《2011年秋撮影》




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

この記事に貼り付けられるブログ気持玉の上限に達しました。
気持玉数 : 500
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(106件)

内 容 ニックネーム/日時
うわぁ〜素敵
って、思わず言っちゃいました

大正ロマンを感じます
外観も素敵やけど、中の美しさは見事ですね
細部にまでこだわっていて、ほんまに美しい
ステンドグラスも富士をはじめ素晴らしいです

公開は月に1回だけなんですね
行けるなら行ってみたいです
とまる
2017/03/23 01:15
素敵ですね!あ、上の方とかぶっちゃった(笑)
何処の部分もすばらしいのですが、ステンドグラスの星条旗を戦時中は隠していたと、そのおかげで無事だったというくだりに、歴史の重さを感じずにいられません。
イッシー
2017/03/23 07:33
おはようございます。
横浜在住なので、幾度となく近くは通るのに中に入ったことは一度もありません^^
こんなに素敵で趣きがあるのなら、これは是非行かねばならないですね。15日を覚えておかないと。
ステンドグラスの図柄がとても印象的です。
JK
2017/03/23 08:54
おはようございます。
流石横浜、神戸にはここまでの物が無いです。
クラシックでモダンな雰囲気が漂っています。
冒頭はコンサートホールの様な講堂で、クラシック演奏が似合いそうです。
平成元年には国の重要文化財に指定されたそうで、その重みが感じ取れました。

横浜市開港記念会館は横浜開港50周年を記念して市民から寄付金を集め、1917年(大正6年)に創建されたそうで、開館して丸1世紀ですか。
関東大震災で一度焼失し、昭和2年に復旧したんですね。
関東大震災は1923年(大正12年)ですから、開館して6年後に焼失したことになるので、とても残念な事でした。
でも、大正の雰囲気をそのまま修復しているのは良いですね。
横浜は2009年に開港150年を迎えているので、その時も盛大な催しものがあったのでしょうか。
神戸はやっと、開港150年です。

終盤の、物語りの様なステンドグラスだけでも一見の価値あり、と思いました。
素晴らしいです。
アルクノ
2017/03/23 09:04
横浜開港記念会館、近くは通りましたが・・
このような素晴らしい建物・内装とは@@
関東大震災、義母が経験していて・・
その時の話を(東京下町)聞かされます。
いろんなところに災禍があったのですね。
ステンドグラス、物語を感じます。
布で覆って守ったなど、ほんとによかった。
それにこの素晴らしいところで一曲、楽しめたのはほんとに幸運でしたね。
yasuhikoさん持ってますね〜((((^Q^)/
nobara
2017/03/23 09:59
こんにちは。

横浜開港記念会館ですか。
素晴らしい講堂ですね。
これは萌え萌えですね。
大阪にも中央公会堂という現役の萌え萌えなところがあります。
この前、セミナーで入りましたよ。
トトパパ
2017/03/23 10:07
(*^▽^*) おはようございます!

これは・・・又!素晴らしい建物ですね!
近かったら 飛んで行きたい〜〜!!
ステンドグラスも とても凝っていて
記念会館そのものも、素晴らしいけど
yasuhikoさんの写真の腕前や解説も
いつもの事ながら 素晴らしいです。

本当は 「音出しなし」のはずが、
一曲♪ 聞けた!♪というのも
とってもラッキーでした(✿ゝ‿◕)σネッ
♪のこ♪
2017/03/23 10:22
細部にまで こだわりを持って造られた
横浜開港記念館の 講堂 華やかでありながら
落ち着いた雰囲気が 素敵ですね。
今 神戸開港150年記念の 行事が 行われて
いますが 神戸にも こんな 建物があるのなら
行ってみたいです。
フラバーバ
2017/03/23 10:42
 横浜開港記念会館も震災を経て、現在の姿が有るのですね。きっと設計図等がきちんと残されているからできるのだと思います。日本らしい図柄のステンドグラス興味深く拝見させていただきました。
 天井やステージの周囲に使われて金色の物は、金箔が使われているのかもしれませんね。(豪華ですね。)
藍上雄
2017/03/23 13:57
こんにちは!
横浜開港記念会館は100周年、見事なレンガ建築物ですね。毎月15日が公開日なんですね。近くなら行ってみたいです。
特にステンドグラスの図柄が日本風なのが一見の価値があります。戦争中に布をかけて守られたのも良かったです。
音無しのリハーサルで1曲聞けたのはラッキーでしたね♪
eko
2017/03/23 14:11
私も数年前に行きました
大正ロマンを感じ
ステンドグラスの
美しさに見入ってしまいました
ジュン
2017/03/23 15:50
S2年に復旧された由。なんとも言われぬ雰囲気を醸し出していますね。
ステンドグラスもすばらしい。
こちらには、こんな記念館などなくて、羨ましい限りです。
yoshi
2017/03/23 16:15
何度も通ったとこなのに・・・入館した事がありません
日本のステンドグラスの歴史を語る作品群。
両扉の左は《呉越同舟》。右は《箱根越え》。
この2点のステンドグラスは本当に素晴らしいでしゅねっ・・・ナイス!…☆
demi
2017/03/23 17:16
いつも建物探訪にはため息をつきながら
拝見していますが、こちらも細部までが
行き届いたデザインで、良いですね。
ステンドグラスだけでも必見です。
yasuhikoさんの建物探訪は、いつもながら
素適な切り取り方に感心するばかりです。
行ける場所ではないので、うれしいです。
つばさ
2017/03/23 18:10
こんばんは。
素敵な講堂ですね!
響きも良いのでしょうね。
オペラ歌手の藤原義江さんも演奏されたことがあるのですね。
窓飾りもステキです!
ステンドグラス、手が込んでますね。

歌のリハも聴けて良かったですね〜(笑)
ハーモニー
2017/03/23 19:27
こんばんは。
思わず、カモメ〜が飛んだ〜♪と歌ってしまいました。
《呉越同舟》と《箱根越え》のステンドグラスに目が留まりました。
横浜開港記念会館、行ってみたいです。
建物の写真を撮る時、yasuhikoさんなら、こう撮られるのだろうか、と思ってしまいます。
勉強になります!

ぽぽ
2017/03/23 19:33
大正時代のものなんですね。立派ですね。
窓もですが、ステンドグラスがきれいですね。
やはり船、海、鳥とか港に関係あるものが描かれていますね。
100年とは驚きました。
とてもすばらしいです。
はるる
2017/03/23 19:54
こんばんは。
大正ロマンを感じさせられる建物の外観や内部はどの部分も雰囲気がありますね。入り口が一般客と来賓用と二つあることも時代を感じます。どのステンドグラスも華やかで素晴らしいですね。富士山と星条旗の構図も珍しいと思います。100歳を迎えるレンガ造りの建物はさすがに堂々とした佇まいで存在感がありますね。
のろばあさん
2017/03/23 20:30

ヨコハマの3塔のひとつ、ジャックの塔がある横浜開港記念会館なのですね。公開日が決まっていて、大正ロマンたっぷりの建築物ですね。
yasuhikoさんのお写真のねらいが素晴らしい!
天井も壁も電灯も大正レトロが良く残りましたね。
ステンドグラスの「呉越同舟」「箱根越え」、市章であったり、ペリーの来航の船で有ったり、富士山と星条旗の隠してあったいわれなど、歴史をも感じます。
音出し無しのはずのリハーサルで演奏が聴けて…、良かったですね!!
レンガ造りの100歳の「ジャックの塔」おめでとう!の気持ちで見せていただきました。
みっきい
2017/03/23 20:44
こんばんは〜
いつも気持玉をいただきありがとうございます。

港街横浜ならではの建築物ですね。
お洒落でエレガントで 建物全体隅々までため息が出そうです、
横浜に出かけた際 是非立ち寄りたいですね。
イータン
2017/03/23 21:23
とまるさん。
有難うございます。
公会堂建築では、大阪の
中之島公会堂と並んで、大正時代の
面影を残す二大建築と評されてます。
ステンドグラスなど、懐かしい
匂いが感じられて素敵ですね。
講堂内は15日のみの公開ですが、
それ以外はいつでも見学できますので、
ぜひ一度ご覧になって下さい。
yasuhiko
2017/03/23 21:27
イッシーさん。
港町・横浜の歴史は、ペリー来航時に
締結された日米通商条約によって
始まりますから、開港記念館に
こうした図柄のステンドグラスが
あっても、何の不思議もないんですが、
戦時中にそんな理屈は通りません。
誰かが機転を働かせたんでしょうけど、
よく残ったものだと思います。
yasuhiko
2017/03/23 21:40
JKさん。
それはもうぜひ。コンサートや
発表会の会場となる講堂が
公開されるのは、毎月15日だけですが、
それ以外は普段でも見学できます。
ステンドグラスなども、触れるほど
間近で眺める事が出来ますよ。
yasuhiko
2017/03/23 21:47
アルクノさん。
横浜開港記念会館は、大阪の
中之島公会堂と並んで、
大正時代を代表する公会堂建築と、
高く評価されています。大正ロマンを
感じさせる空間という事で、
貴重な存在ですね。市民の寄付金で
建てられた事もあって、ハマの
シンボル的存在だったようです。
大震災後すぐに復旧された事からも、
どれだけ大事に思われていたか、
分かるような気がします。
講堂では、横浜港に着いた外国の
一流演奏家が、東京公演に向う前に、
最初に演奏を披露するケースも
少なくなかったようで、そんな点も、
ハマっ子の誇りだったかも知れませんね。
yasuhiko
2017/03/23 22:01
横浜にいらしたんですね(^^)
ここで昔、誰かの講演を聴いたことがありましたが、歩いたり動いたりしると、床や椅子がミシミシいってました!
音響は、最近のホールに比べたらぜんぜんよくないですが、最近のどのホールよりも欧米の香りがして雰囲気を楽しめるホールですね(^^)v
pmarin
2017/03/23 22:18
nobaraさん。
そうでしたか。関東大震災の被害の
話を、よく聞かれてるんですね。
私も亡くなった母親から、上野の
お山に避難した話を聞かされてたので、
娘たちに、夏休みの自由研究として、
「祖母に聞く関東大震災の話」
というテーマを選ばせた事があります。
横浜は東京以上の被害があったと
言いますから、復旧は大変だったでしょう。
ステンドグラスを始め、館内の装飾が
見事に復元されてるのを見ると、
横浜の街を早く復活させたいと願う
人々の情熱が感じられますね。
戦時中も、よく引っ掛からずに、
これらステンドグラスを守り抜く事が
出来たものだと感心します。
yasuhiko
2017/03/23 22:25
トトパパさん。
中之島公会堂にセミナーで入られましたか。
それは羨ましい。中之島公会堂が
完成したのは、一年遅れの大正7年。
今では、大正時代の面影を残す
貴重なレンガ造りの公会堂建築として、
東西の両横綱的存在になってます。
古いものは大事にしたいですね。
yasuhiko
2017/03/23 22:34
♪のこ♪さん。
本当に素敵な建物だと思います。
大正の面影を残す貴重な
レンガ建築が、コンサートや発表会、
セミナー、サークル活動などに、
今も利用されてるのは嬉しいですね。
たまたま一曲聴けちゃいました。
『オンブラマイフ』、のびやかで
素敵な歌声だったと思います。
yasuhiko
2017/03/23 22:47
フラバーバさん。
本当に素敵な内装の講堂ですね。
横浜の港に着いた外国の
有名演奏家が、ここで日本最初の
演奏を披露するというケースも
少なくなかったようです。
その講堂が、公演や発表会などで、
今も活躍中なのは素晴らしいと思います。
大阪に、大正期の二大公会堂として、
並び称される中之島公会堂がありますので、
機会があったらぜひ。見学可能か、
詳しい事はよく分りませんが…。
yasuhiko
2017/03/23 23:03
こんにちは

光りを制する者は
建築を制する
建物が呼吸していますね
無門
2017/03/23 23:10
藍上雄さん。
仰るように、この建物は
大震災後、割とすぐに復旧されてます。
建設時のオリジナルスタッフが、
復旧工事の指揮をとったそうで、
耐震性を配慮した一部改変があったに
しても、大正の面影を残す空間が、
よく保存されていると思います。
大正〜昭和初期のハマっ子たちは、
演奏会に際し、耳だけでなく、目でも
西洋の文化を味わったんでしょうね。
yasuhiko
2017/03/23 23:14
ekoさん。
今年の6月、開港記念日に
100歳の誕生日を迎える建物です。
今も市民の公会堂として活躍中
というのが嬉しいですね。
講堂だけは月一回の公開ですが、
それ以外いつでも自由に見学できるのも
有難い事だと思います。この日は、
練習の歌まで聴けてラッキーでした。
yasuhiko
2017/03/23 23:20
ジュンさん。
歴史的に貴重な建造物でありながら、
今でも市民の公会堂として、
身近に利用され続けているのが、
素晴らしい事だと思います。
ステンドグラスも、修復工事を経て、
昔の輝きに近づいたようですね。
yasuhiko
2017/03/23 23:26
yoshiさん。
素敵なステンドグラスだと思います。
大震災後すぐに復旧されてる
事からしても、港町・横浜にとって、
シンボル的な建物なんでしょう。
今も市民の公会堂として、
身近に利用されてるのが嬉しいですね。
yasuhiko
2017/03/23 23:36
demiさん。
このステンドグラスは、
いつでも自由に見学できます。
ペリー来航の頃の海と山の交通を
テーマに、昔の日本の風景を
ステンドグラスにしたものなので、
なかなかユニークな図柄になってますね。
yasuhiko
2017/03/23 23:41
つばささん。
有難うございます。
建物好きが高じて、写真を覚え、
ブログを始めたようなものなので、
建物がテーマだと、多少気合が
入るような感じがありまして…。
この日は天気が悪く、外観が
パッとしないので、館内の装飾
中心で撮影してみました。
yasuhiko
2017/03/23 23:48
ハーモニーさん。
素敵な講堂でしょう。
大正時代のインテリア空間を
今に伝える…と書いてある通りだなぁ
という気がしました。
でも、今のホールに比べたら、
音響の方は今一です。それも含め、
歴史的な遺産なんだろうと思いますが。
館内全体が、100年前の時代の
空気を残してるのがいいですね。
yasuhiko
2017/03/23 23:54
こんばんは。
ステンドグラスがすばらしい。
綺麗ですね。落ち着いた感じの
すばらしい建物ですね。
本当に見入ってしまいました。
ゴンマック
2017/03/23 23:58
ぽぽさん。
『カモメが飛んだ』いい歌でしたね。
ステンドグラスを見ていたら、
つい口遊みたくなってしまいました。
ペリー来航をテーマにしながらも、
港町として栄えるようになってからの
風景が交じってるという印象です。
開港時の日本の海と山の風景を
描いたという両扉のステンドグラス。
本当に魅力的なものですね。
yasuhiko
2017/03/24 00:04
はるるさん。
ペリー来航をきっかけに、
港町・横浜の歴史が始まるという事を、
ステンドグラスで表現したようです。
両扉のものは、開港時の
日本の水上交通と陸上交通の様子を
描いたもの。階段踊り場は、
ペリーの乗った船を描くという風に。
開港記念会館らしい図柄が、
とてもユニークで味わい深いですね。
yasuhiko
2017/03/24 00:09
のろばあさんへ。
100歳の古老である事も
素晴らしいのですが、この建物が
現役の公会堂として、現役で
利用されてるのも嬉しい事です。
貴賓室があって、入口も別だったのは、
時代というものでしょう。
戦時中も、アメリカ国旗を描いた
ステンドグラスが、よく守り抜かれたと、
その点でも感心してしまいますね。
yasuhiko
2017/03/24 00:15
みっきいさん。
関東大震災の被害を受けてますが、
建設時のオリジナルスタッフが
復旧工事に当ってますので、
大正期の面影をよく伝える空間の
魅力を味わう事が出来ます。
この講堂に佇んでいると、過ぎた昔に
引き戻されたような気が…。
開港時の様子を描いたステンドグラスも
素晴らしいですね。リハーサルの歌を
偶然楽しめたのもラッキーでした。
yasuhiko
2017/03/24 00:30
イータンさん。
開港記念会館という名前の通り、
港町・横浜らしい国際性を
感じさせる建物ですね。
大正のインテリア空間を伝える
という点でも、貴重なものだと思います。
講堂を除けば、いつでも見学が
出来ますので、機会があればぜひ。
yasuhiko
2017/03/24 00:43
pmarinさん。
音響に関しては、私も
似たような感想を持ちました。
でも、この大正ロマンを感じさせる
インテリア空間は魅力的ですね。
憧れの西洋を、昔の人たちは
こうした場所で体感してたんでしょう。
久し振りの横浜、楽しかったです。
yasuhiko
2017/03/24 01:04
無門さん。
建物の顔は窓。光を
どう室内に取り入れるかは、
建築家の腕の見せ所ですね。
開港記念会館は、そういう意味でも
魅力的な建物だと思います。
yasuhiko
2017/03/24 01:11
ゴンマックさん。
有難うございます。
大正ロマンを感じさせる
素敵な建物ですね。この時代の
インテリア空間がよく残ってる
という点でも、とても貴重な
珍しい存在だと思います。
yasuhiko
2017/03/24 01:18
こんにちは。
こんな素敵な場所で1曲聞けてラッキーでしたね。
きっと普段の行いが良いからなのでしょう♪
ステンドグラスの美しさに見とれちゃいました。
窓飾りも時計の文字盤風でオシャレですね。
大正時代いいですね〜
「今も残っていてくれてありがとう!」と言いたくなりますね。
にゃーちゃん
2017/03/24 17:17
にゃーちゃんへ。
レトロなものって、想像力が
刺激されるからいいですね。
この会館の内装、窓、ステンドグラス。
どれも大正という時代の雰囲気を
濃厚に纏っていて、空間全体が
魅力的に感じられて…。
100歳の誕生日を間近にして、
心からおめでとうと言いたいですね。
『オンブラマイフ』が聴けたのは、
神仏の御利益でしょうか。
yasuhiko
2017/03/24 18:38
今晩は〜、
横浜開港記念館、外から見ただけで中に入ったことがありません。
レンガ造りの大正ロマンな中はとってもモダンな装飾がすてきですね。
ステンドグラスもいろいろあって見応えありますね。
横浜に行っても中々時間が取れず残念、いつかゆっくり入って見たいところです。
ロシアンブルー
2017/03/24 21:52
こんばんは♪

横浜は歴史を感じさせる建物がいっぱい。横浜開港記念館、大正ロマンを感じさせる素敵な建物ですね。
ステンドグラスというと花などが多いけど、日本画とは!とても粋で鮮やかで素晴らしい〜。

素敵なピアノの音色も聴くことが出来てラッキーでしたね(^^)♪
行ってみたいです。
とわ
2017/03/24 22:51
ロシアンブルーさん。
ジャックの塔は、遠くからも
よく目立ちますが、この建物は
館内も素晴らしいんです。
ステンドグラスも、割と最近修復
されていて、昔の輝きが戻ってます。
さすが横浜、港町は戦前も
ハイカラだったんだなという事を、
実感させてくれる建物ですね。
yasuhiko
2017/03/24 22:55
とわさん。
トランプカードになぞらえて、
「ジャックの塔」と愛称をつけたのは、
横浜の港に遥々やって来た
外国船の船員さんたちだと言われてます。
昔からそれだけ国際的だった
横浜のシンボル的な建物ですから、
館内もお洒落で素敵ですね。
講堂を除いて、ステンドグラスなどは、
いつでも見学できますので、
機会があったら寄ってみて下さい。
yasuhiko
2017/03/24 23:03
 横浜開港記念会館、100歳ですか。
どれも素晴らしい内装ですが、
ステンドグラスが日本的で面白いですね。
関東大震災を経験して、なお大切に
使われていて素晴らしいです。
こういう場所での音楽会を…楽しみたい
ですね。(^^♪
ミキ
2017/03/24 23:55
ミキさん。
今年6月、開港記念の日に
100歳の誕生日を迎えるそうです。
赤いレンガに白い花崗岩の
ストライプという外観は、いかにも
時代を感じさせますが、館内の
インテリアも、大正の空気を
感じさせて素敵です。開港する頃の
日本の様子を描くステンドグラスは、
題材が珍しくて魅力的ですね。
yasuhiko
2017/03/25 00:13
おはようございます。
素晴らしいの一言ですね、昭和2年に館内が復旧されたとは言え100年の歳月が流れているだなんて。
yasuhikoさんの写真は何時も素敵に撮られていて今回も実際にこの目観てみたいと思いました。
特にステンドグラスは一つずつ見入ってしまいました。
ステンドグラスは作るのはとても大変なんだと習っていた人に聞いたことがあります。
月に一度一般公開されているのは嬉しいですね。。。

きょんたん
2017/03/25 06:34
おはようございます。

yasuhikoさんが写真を撮ると、素敵な建物がますます素敵になりますね。

横浜ってちょっと憧れます。

田舎の海とは違いますよね。

このような文化財をいつまでも残して欲しいですね。
koji
2017/03/25 08:43
「街が好き」のYasuhikoさんのお陰で、自宅に居ながらにして100年もの間大切に守られてきた素敵な「横浜開港記念会館」を楽しませていただき、感謝感激です。
立派な日本のステンドグラス、初めて見ました。
大正ロマン溢れる立派な建物には驚くばかりです。
撮影のセンスと腕のお陰で大満足です。
ありがとうございました。
ひろピー
2017/03/25 09:15
毎月15日が一般公開日なのですね。今度、見学に行ってみます。
美しいステンドグラスにウットリしました。
yasuhikoさんのブログにいつも「ロマン」と「浪漫」を感じます
クリム
2017/03/25 12:37
横浜開港記念会館素敵です!!

大正ロマン、いいですね。
なんか、落ち着きますね。
ここで演奏したら、素晴らしいです。
ステンドグラス、よく見ると日本の
歴史を語っているのですね。
その他のステンドグラスも素敵!!
前はよく横浜に行きました。
最近、行ってないです。
またゆっくり行ってみたいです。
あこ
2017/03/25 13:55
きょんたんさん。
今年6月の開校記念日に、
100歳の誕生日を迎える建物です。
大正期のインテリア空間を
伝える館内の雰囲気は、
レトロであり、モダンであり、
何とも魅力的なものがありますね。
講堂は別ですが、ステンドグラスは、
いつでも自由に見学できます。
手で触れるほど近くで観賞できますよ。
yasuhiko
2017/03/25 15:50
kojiさん。
有難うございます。
開港記念館のジャックの塔を始め、
キング、クイーンの塔という呼び方は、
横浜港にやって来る外国船の
船員さんたちが始めたと言われます。
さすが、港町ならではと思いますね。
yasuhiko
2017/03/25 15:56
ひろピーさん。
今でも公会堂として、現役で
活躍している建物です。
もともと市民の寄付金で建てられた
という事もあり、横浜の
シンボル的建物として、ハマっ子に
大切にされて来たんでしょう。
開港時の日本の交通事情や
黒船を描いたステンドグラスなど、
今では貴重なものが残っていて、
見応えがありますね。
yasuhiko
2017/03/25 16:03
クリムさん。
そうですか。そう言って戴けると、
とても嬉しい気がします。
講堂の公開は、毎月15日だけですが、
ステンドグラスを始めとする
それ以外の部分は、いつでも自由に
見学する事が出来ます。都合の
いい時に、ぜひお立ち寄りください。
yasuhiko
2017/03/25 16:09
あこさん。
大正ロマンを感じさせる
講堂内のインテリア、とても
素敵なものでした。この場所が
今も発表会などで使われているのは、
羨ましいような気がしますね。
そうなんです。ステンドグラスは、
横浜開港のきっかけになった
ペリー来航と、その時代の
日本の交通手段を描いた歴史的な
ものなんです。珍しいテーマの
作品が残っているのも魅力的ですね。
yasuhiko
2017/03/25 16:15
こんばんは。
ここに相応しい演奏家と耳の肥えた聴衆が目に浮かぶようです。
要するに無粋な私に縁がなさそうな品格を感じます。
凝った造りには設計者だけでなく当時の職人も鍛えられたことでしょうね。
tami
2017/03/25 18:13
大正ロマンですか〜
大正時代は短くてもこんな素敵な
建造物にインテリア、ステンドグラス
正にロマンですね〜〜
昭和は長いけれどロマンでは
ないような〜??
現代の平成は〜??
ロマンはあるのでしょうかね〜
あって欲しいとは思いますが〜
miki
2017/03/25 18:34
こんばんは。
さすが、横浜ですね、こんな素晴らしい建物がのこっているとは驚きました!
飾り付けベンチも立派でステンドグラスのデザインも日本らしくて素敵です!
リハーサルとはいえこの会場でピアノ演奏を聴かれて良かったですね
みっちゃん
2017/03/25 20:34
tamiさん。
今は横浜市民にとって身近な
発表会などに利用されてるみたいですよ。
でも、戦前は格の高いホールだった
そうで、それこそ着飾った紳士淑女が、
来日した外国の音楽家の演奏に
酔いしれるというような風景が、
よく見られたんでしょうね。
yasuhiko
2017/03/25 20:46
mikiさん。
本当に大正ロマンを感じますね。
大正時代の文化と言うと、
女性の洋装や、洋食が普及し、
一般庶民も西洋文化に馴染むように
なった時代というイメージがあります。
この会館には、その時代の残り香
みたいなものが、濃厚に漂ってますね。
yasuhiko
2017/03/25 20:53
みっちゃんへ。
港町のハイカラな文化を
感じさせる建物が、横浜の
魅力の一つですね。関東大震災で
横浜は東京以上の大きな被害を
受ける訳ですが、開港記念会館のような
シンボル的な建物は壊さず、
可能な限り復旧して、100年後に
残してくれたのは、本当に
有難い事だったように思います。
演奏まで聴けて、大変ラッキーでした。
yasuhiko
2017/03/25 21:00
横浜開港記念館、外側からは拝見したことはあるのですが、
内部を拝見したことがなかったので
とてもかんげきです。
それもyasuhikoさんのすばらしい写真での切り取りかたに大感激!
こんなすばらしい会場で演奏したり、歌が歌えたら幸せだろうな🎵
あっこちゃん
2017/03/25 22:04
こんばんは!
横浜開港記念会館の講堂、ステキですね〜🎶
この雰囲気の中で演奏会を聴いてみたいです〜☆
外からは見ていましたけど、中には多分入ったことがなく(子供の頃の記憶があいまい)、今度訪ねてみようと横浜に帰ったら行ってみます〜☆
komichi
2017/03/25 22:59
横浜開港記念会館は
何度も言っているのですが、いつも外から見るばかりでした。
毎月15日が公開日でしたか。
知らなかったです。
もう少ししっかり歩けるようになったら行ってみたいです。いいえ行ってみましょう。
ろこ
2017/03/25 23:08
キング、クイーン、ジャック、外観は見たことがあるんですが、中を見たことはありませんでした。
内装もステキなんですね。
毎月15日が公開日ですか。
本当によくあちこちの建物の公開日をご存知ですね。
僕も一度ジャックの中を見てみたいと思いました。
家ニスタ
2017/03/25 23:14
あっこちゃんへ。
ジャックの塔は有名なんですが、
館内も魅力的な建物です。
市民の公会堂として、今も現役で
働き続けるだけの事はありますね。
演奏会でもないと、講堂内は
普段見学できないので、久し振りに
いい目の保養が出来たと思います。
yasuhiko
2017/03/25 23:52
komichiさん。
戦前は、横浜港に着いた
海外の音楽家が、東京公演の前に
演奏を披露する事も少なくなかった
というだけあって、格調高い
素敵な講堂ですね。講堂の公開は
毎月一回(15日)だけですが、
それ以外は普段自由に見学できます。
横浜に行かれた時など、ぜひ
一度お立ち寄りください。
yasuhiko
2017/03/26 00:00
ろこさん。
早く回復される事を祈ってます。
お元気になられたら、ぜひ
一度見学にお出かけ下さい。
講堂だけは毎月一回(15日)の
公開ですが、それ以外の部分は
ステンドグラスを含め、
いつでも自由に見学できます。
yasuhiko
2017/03/26 00:07
家ニスタさん。
横浜はよく行かれるんですね。
三塔の中でも、ジャックの塔は
最古参。館内も、大正期の
雰囲気をよく残していて魅力的です。
講堂は月一(15日)の公開ですが、
ステンドグラスなど、他の所は
いつでも見学できますので、一度
館内も覘いてみて下さい。
yasuhiko
2017/03/26 00:12
お早うございます
両扉の絵柄に思わず目が
いってしまいますね〜
作り付けの大理石のベンチも
興味わきます
すーちん
2017/03/26 07:25
西の港町 神戸の隣りの街に住んでいるねで 神戸港は子供の頃から老いた?現在までずっと親しみがあります。商船三井のレトロなビルは最も気に入っている建築です。 しかしまあ横浜は凄い!こんな珠玉の建築が残されているのですね。福田重義という建築家は知りませんでしたが レンガ造りで東京駅を思い起こし・・・やっぱり辰野金吾さんの弟子でした。東大仏文のソクラテスと言われていた子息辰野隆の大ファンなので 金吾さんの建築もいろいろ見ていますが 優秀な師弟を世に送っていたのですね。
ヴァントゥイユ
2017/03/26 11:07
すーちんさん。
開港時の日本の水陸の交通事情を
テーマにした作品だそうです。
ステンドグラスにしては大変珍しい
テーマなので印象的でした。
大理石のベンチも雰囲気ありますね。
yasuhiko
2017/03/26 12:06
ヴァントゥイユさん。
神戸の近くにお住まいでしたか。
神戸にも歴史を物語る素敵な
洋風建築が多いので、憧れの場所の
一つです。国際的な港町ならではの
モダンで開放的な空気は、
とても気分のいいものですね。
開港記念会館の外観は、仰る通り、
辰野式フリー・クラシックと呼ばれる
赤レンガと白い花崗岩を組み合わせた
特徴的なものです。金吾さんの
息子さんのファンだったなんて、
びっくりしてしまいました。
yasuhiko
2017/03/26 12:20
つい、音出しのリハーサルをしちゃう気持ち解るような雰囲気ですねえ。。こんな大正ロマンを感じさせる建造物が残っているとは横浜はすごいですねえ。
ステンドグラスも、近代の歴史の事象を伝えるものというのは珍しいものですねえ。
つとつと
2017/03/26 14:09
つとつとさん。
客席に向かって、実に堂々と
『オンブラマイフ』や他の曲の一部を
歌ってました。公開日なのに変だなと
思っていたら、係の方から
かなり厳しく怒られていて…。
でも、音の響きや演奏会の雰囲気が
つかめたので、有難かったと思います。
ステンドグラスを始め、大正の
香りを残す建物があるのはいいですね。
yasuhiko
2017/03/26 14:21
横浜開港記念会館
毎月15日は中を見学できるのですね。
ステンドグラスはお洒落で
大正ロマンの趣が漂って、
私も今度行ってみたいわ〜
ロコ
2017/03/26 14:30
ロコさん。
コメント有難うございます。
講堂は月一回(15日)の
公開ですが、ステンドグラスを始め、
館内のその他の部分は、いつでも
自由に見学できますので、
今度ぜひお立ち寄りください。
yasuhiko
2017/03/26 14:45
また横浜へおこしでしたか。何度訪れてもいいですよね。横浜市民でもそう思います。
といいながら、最近横浜の中心へ行っていませんが。
私も横浜開港記念会館の公開日に中に入ったことがあります。暗い室内を上手く撮影されていますね。感心します。
ミクミティ
2017/03/26 16:10
ミクミティさん。
天気悪かったんですけど、
横浜の建物散歩を楽しんで来ました。
この講堂のレトロな雰囲気、
やっぱり魅力的でいいですね。
この空間に身を置くと、昔の演奏会の
面影が浮んで来る気がします。
yasuhiko
2017/03/26 17:15
こんばんは
横浜の開港記念会館、歴史を感じる所です。今年で百年を迎えるとのこと、大正時代の建築技術のすばらしさを今に伝える歴史的建造物ですね。昨年、初夏と冬に見学してきましたが、講堂の公開日ではなく、今度は是非とも15日に伺いたいです。
ミックン
2017/03/26 22:55
ミックンさん。
今年6月の開港記念日に、
100歳の誕生日を迎えます。
大震災の被害を乗り越え、
よくぞ今まで残ってくれたと、
感謝したい気持ちになりますね。
大正期の雰囲気を残す講堂の
内部も素晴らしいので、
ぜひ公開日にお出かけ下さい。
yasuhiko
2017/03/27 00:07
気持ち玉はすでに満杯!(^^)!
本当に 素敵! 綺麗ですねぇ〜
重厚さと丁寧な造りに魅了されます。写真も綺麗です。
ステンドグラスも見事! 細かい部分まで丁寧な仕事ですね。  空気が清らかで 背筋までもピンと伸びる雰囲気です。
しおん
2017/03/27 12:34
こんにちは。
素晴らしい建物ですね。 ステンドグラスも素晴らしい。今でも演奏会を開催しているようなので、一度聴いてみたいものです。
夢子
2017/03/27 12:50
こんにちは。
遅れてしまいました。
立派で素晴らしい建物ですね。ステンドグラスにも魅了されました。こんなにも細かいステンドグラスは初めて拝見しました。素敵な建物の中での演奏会にも参加したいものです。
みなみ
2017/03/27 15:04
しおんさん。
さすが横浜。街の顔となる
公会堂建築がこれだけ素晴らしいと、
市民は鼻が高かったでしょう。
今なお現役というのも嬉しい事ですね。
港町らしいステンドグラスの
図柄も、とても魅力的だと思います。
yasuhiko
2017/03/27 17:38
夢子さん。
講堂以外は、いつでも自由に
見学できますので、横浜に
行かれる時は、寄ってみて下さい。
ステンドグラスも、手で触れる
くらい、間近で見る事が出来ます。
講堂も現役で活躍中なのが嬉しいですね。
yasuhiko
2017/03/27 17:43
みなみさん。
ステンドグラスは、開港の歴史を
物語る図柄で、まず当時の日本の
陸上&水上交通の様子を描き、
さらにペリーの黒船に、
幕府の役人の乗った小舟が近付く
場面を描いたもののようです。
さすが横浜らしい、手の込んだ
ステンドグラスですね。
講堂も大正の面影を残して素敵です。
yasuhiko
2017/03/27 17:53
100年の建物ですか!すごいですね。月に1日内部を見学できるのは嬉しいですね。ステンドグラスもどれも見事ですね。内部も凝っていて、本当に味わいがあります。今の建物はこういう建物と比べてみると味気ないですね。
かるきち
2017/03/27 19:48
かるきちさん。
関東大震災で被害を受けても、
不死鳥のように蘇り、100歳の
誕生日を迎えようとしています。
大正から昭和初期にかけての
面影を残す館内のインテリアは、
とても魅力がありますね。
ステンドグラスなんか、触れるくらい
近くで見られるのも、嬉しい点です。
yasuhiko
2017/03/27 21:04
こんにちは〜♪

横浜開港記念会館 

運送の仕事で近くを走り回っていましたが

中に入ったことはありませんでした

こんなにも素敵だったんですね

レトロな建物 素晴らしいステンドグラス

足が良くなったら1度行て見たいと思います
H.R
2017/03/29 12:34
H.Rさん。
赤レンガの外観と時計塔の姿が
目立つ建物ですが、館内も
大正ロマンを感じさせるレトロな
雰囲気が素晴らしいんです。
横浜は他にも見所が多いですし、
足が回復されたら、他と併せて
ぜひ一度お出かけ下さい。
yasuhiko
2017/03/29 18:10
日本の趣たっぷりステンドグラス、作られた方もさることながら依頼された方の心意気はアッパレ至極!ッと想ったりして。
このステンドグラスは昭和2年の再建時なのでしょうか。
それならばもはや維新は遠きにありて想うものッと云う感覚で作られたのでしょう。
ホールでピアノ弾かれた人、怒られはしたもののその響きと眺めの佳さが味わえ 後で沸々と感動したはったりして。
おーちゃん
2017/03/31 07:53
おーちゃんへ。
開港時の日本を描いたステンドグラス。
正に開港記念会館の名に相応しい
素敵なデザインですね。
仰るように、大震災後に復元された
ものですが、横浜市章と鳳凰の
一枚を除いて、それ以外は、
オリジナルスタッフが、原図案を基に
再現したステンドグラスなので、
当初の姿と同じと考えていいでしょう。
会場下見の音楽家の方達は、
最初から怒られるの覚悟でやってましたね。
yasuhiko
2017/03/31 16:49
こんにちは〜♪
いつも出遅れてしまい失礼しています<m(__)m>
こちらは行きましたが、講堂の中は見る事が
出来なくて・・・
クラシックな室内装飾は素晴らしいですね。
一般公開日には行きたいと思いながら
遠くて残念です(;O;)
講堂の中をご案内頂き有難うございました(^_-)
パステル
2017/04/01 11:22
パステルさん。
クラシックな雰囲気の講堂、
月一回の公開なので、なかなか
見られないのが残念です。
でも、市民のために今も現役で
活躍してる訳ですから、それは
仕方ありませんね。久しぶりでしたが、
変らない雰囲気にホッとしました。
yasuhiko
2017/04/01 17:27
なんて素敵なホールでしょう。こういう所は本当に音の響きが豊かですよね。ハイフェッツも演奏なさったのですか?すご〜い!
関東大震災の時、横浜の被害もすごかったそうですが、こうして復元され、大正ロマン満載の素敵なままで現在も利用出来るなんて、素晴らしいと思いました。
keikoさん
2017/04/04 09:06
keikoさん。
本当に素敵なホールですね。
下見に来た音楽家さんたちも、
この雰囲気に惹きこまれて、思わず
一曲披露したくなったんでしょう。
ハイフェッツを初め、名立たる
来日演奏家が、この舞台にたったかと
思うと、感慨深いものがあります。
現役で今なお使われているのは、
何だかとても嬉しい事ですね。
yasuhiko
2017/04/04 21:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
横浜開港記念会館の公開日 街が好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる