藤城清治《光と影で愛を永遠に》展

御年95歳、光と愛の人生を描き続ける藤城清治さんの影絵展が、今年も銀座教文館9Fのホールで開催中です。昨年のレポートで、私も藤城さんの年齢まで写真ブログを頑張るなどとほらを吹いてしまった手前、今回の展覧会も見逃す訳に行きません。         【2019年新作】  愛が叶う回転木馬(2019)。メルヘンチックな大作。  …
トラックバック:0
コメント:35

続きを読むread more

川越氷川神社の縁結び風鈴

夏の涼を呼ぶ川越氷川神社「縁むすび風鈴」は、2014年から開催の夏限定の祭事。色鮮やかなガラスの江戸風鈴2000個が、境内を彩ります。今さら「縁結び」でも無いんですが、涼しげな風鈴の音に誘われて、川越を訪れました。  【川越氷川神社】  本堂の脇などに設けられた風鈴回廊。  「風の便り」という言葉もあるように、風は人の想いを …
トラックバック:0
コメント:119

続きを読むread more

夕闇の大温室とバラ園を訪ねて

この土日2日間限定で、神代植物公園の「夏の大温室夜間開園」が実施されました。夕方5時から夜8時半まで。ライトアップされたバラ園と大温室を公開する試みです。この時間帯なら、少し暑さも和らぐかと思って、早めに出かけてみました。  先ずは、日没前のバラ園を散歩。バラの二番花が まだかなり咲いてましたが、この暑さ続きはさす がに堪える…
トラックバック:0
コメント:118

続きを読むread more

昭和記念公園のヒマワリとナツズイセン

東京でもやっと長い梅雨が明けました。梅雨明け記念の29日、目も眩む程の猛暑の中、訪ねたのは昭和記念公園。目的は夏の花の代表ヒマワリです。プール券を求める子連れ、若者の行列の隣りをささっと通り抜け、いざ、夏の花散歩へ。  ヒマワリ畑に着くまでに見かけた花たち。  先ずはユリの女王で、純白のカサブランカ。 さざなみ広場の花壇で見…
トラックバック:0
コメント:126

続きを読むread more

日比谷公園のアオノリュウゼツラン

数十年に一度だけ花を咲かせ、枯れてしまうというアオノリュウゼツラン。その「幻の花」が今にも咲きそうだという貴重な情報を、ブロ友さんから教えて戴いて、さっそく日比谷公園に出かけてみました。見上げるような高みで咲く花の姿はかなりユニークですね。(7/21)  まだ咲き始めなので、花は下の方の房だけです。 花の数は一つの房で200、…
トラックバック:0
コメント:122

続きを読むread more

深大寺のほおずきの門と雫写真

7月14,25日連休は深大寺の「鬼灯まつり」。深大寺の夏の風物詩として例年賑わいますが、今年は両日とも雨の予報が出てました。でも、深大寺山門の前に、早くから鬼灯で作られた「招福門」が準備されると聞き、祭りを前にした日に出かけてみました。  祭りの当日には、ほおずき市が立つ他、手作り市や 大道芸で賑わいを見せますが、この日は静か…
トラックバック:0
コメント:124

続きを読むread more

府中郷土の森のハスとネムノキ

早起きが大の苦手の私ですが、ハスの花見のために少し努力しました。訪ねたのは「府中郷土の森公園」の修景池。30種類程のハスの花が、噴水とともに楽しめる観蓮の名所です。他の見学の話は後回しにして、とにかく清らかなハスの花の紹介から。   到着は9時前後でしたが、この日は梅雨曇り。  そんなに慌てなくても大丈夫だったようです。 …
トラックバック:0
コメント:132

続きを読むread more