山本有三記念館~井の頭公園の散紅葉

今週になって、各地とも厳しい冷え込みに見舞われてますが、

その少し前に、最後の紅葉を愛でようと、三鷹市の山本有三

記念館からスタート、ジブリ美術館・井の頭公園まで、落葉

を踏みながらの散歩を楽しみました。


画像

画像

   バス停「万助橋」から、玉川上水沿いの遊歩道を

   歩いて5分。作家、山本有三が終戦まで10年間、

   家族と暮した洋館(現記念館)が見えて来ます。  


画像
画像

   山本有三は、このお邸で『路傍の石』『米百俵』

   等の名作を執筆。美智子妃殿下が疎開先で愛読

   されたという『日本少国民文庫』を編集します。


画像

   戦時中、本の入手が困難な時代になると、彼は

   自身の蔵書をもとに「ミタカ少国民文庫」を開設。


画像
画像

   子供達のために、自邸の1階を開放しました。   

      

画像

画像
画像

   その当時を知る方々の話では、このお邸自体、

   グリム童話の舞台のように感じられたそうです。


画像

   今年漫画化され、大きな話題となった『君たちは

   どう生きるか』。この本は元々『日本少国民文庫』

   (全十六巻)のシリーズ最終巻だった作品です。   


画像

画像

   著者の吉野源三郎は、憲兵隊に睨まれ、約1年半

   投獄されてました。山本有三は彼の身元引受人に

   なるとともに、失業中の彼を文庫編集主任に抜擢。

      *       *       *

   暗い閉塞した時代、トルストイケストナーの物語、

   リンカーンキューリー夫人の伝記など、子供らに

   希望を与える話を集めた叢書が完成したのです。


画像

         読書の合間に、子供たちはこの庭で

         ボール投げに興じたりもしたんだとか。

          *     *     *

         さて、記念館はこのくらいにしましょう。     


画像

   来た道を戻る途中、反対に見えるこの建物は、

   彫刻家・北村西望のアトリエ。長崎のシンボル、

   平和祈念像はこのアトリエで制作されました。


画像

   そして、やって来たのがジブリ美術館


画像

        トトロの受付所はダミーです。


画像
画像

   美術館の裏を廻って、井の頭池に向います。


画像

画像
画像

   井の頭公園西園の辺り。一面落葉の道ですね。


画像

   井の頭池畔の弁財天。この池が、神田上水

   水源だった為、江戸市民に篤く信仰されました。


画像
画像

画像

   井の頭池を一周して、ゴールの吉祥寺駅へ。


画像
画像

   今年は天候不順のせいで、紅葉の色付きは

   物足りない感じですが、師走になってからも、

   名残りの紅葉が楽しめたのは有難い事です。

   落葉を踏み、もの思ういい散歩になりました。



ブログ気持玉

この記事に貼り付けられるブログ気持玉の上限に達しました。

気持玉数 : 500

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2018年12月13日 00:28
九州を巡った旅で長崎に立ち寄り
平和記念像を拝顔しました。
両腕にも両足にも
そして眼にも。
北村西望氏が全身全霊でこの像に
平和への想いを入魂されている
その力強さに圧倒されたのを思いだし…
同氏がこのアトリエにてあの像を
制作されたとのことで
拝見できてうれしく思います。
ありがとうございました。
2018年12月13日 03:46
こんな時間に・・・。
実は犬が起きて、( 犬が庭にオシッコ )私もついでに~と言う事で 目が覚めてしまいました。
そのおかげで こんなに早くにコメントが書けます。
嬉しいです、犬のおかげです。
良いコースですね。私も空想の中で 一緒に歩かせていただきました。ありがとうございます。
実は そのコース 歩こうと思えば 歩けない場所では無かったかも? 息子が駒寮に居た時もあり、様子を見に その辺りを散策した時期が有ります。病気の母も一緒しましたので その余裕がありませんでした。
何でも人生というものは 余裕が大切だと、この歳になって思います。
山本有三さんの本は 私も・・一応 美智子皇后ばりに愛読書でしたね。懐かしいです。もう一度 ゆっくり読み返したら 又 違う感動が有るかも知れませんね。山本氏と吉野氏の繋がりが理解出来ました。本当に素晴らしい世界です。建物もお庭も、まさに童話の世界です。その流れが北村氏~宮崎氏へと自然に流れたのでしょうね。
平和を考える立派な人々の意志が脈々と続いて居るような気がします。トータルで丸一日かけて楽しみたいコースですね。あ~東京近郊には 良い所がいっぱい溢れて居ますね。いつか一人で歩きたい、セカセカしないで。
2018年12月13日 05:40
 路傍の石は、随分前に詠んだきりですので、再読してみるとまたいろいろ違うことに気付かされたりするのでしょうね。
記念館も綺麗な状態で保存されて、いろいろ見られるというのはありがたいことですね。

 井の頭公園にはまだ1度も行ったことがないのです。四季折々楽しめる憩いの場所のようですが、紅葉の時期もまた良いですね。これからの季節には明るい雑木林の散策なども良さそうですね。

 
2018年12月13日 06:51
素敵な記事を読ませて頂きありがとうございます。
同じ西園や井の頭公園の様子も、yasuhikoさんが撮られると、どうしてこんなに素敵なのでしょう。
有三文庫も、娘が本当にお世話になりました。
裏のお庭でも筍がいっぱい出ていて面白かったり、池にドボンしたりしました。山本有三が当時、これから大きくなっていく子供たちのために考え、されたことに今一度敬意と感謝の気持ちでいっぱいになりました。
記念館に今一度足を運んでみたくなりました。
2018年12月13日 07:09
おはようございます!

yasuhikoさんが風景を切り取り、そこに文章を載せると、どこも格段に素敵な場所に見えてしまいます。
まるで魔法みたい。

おかげさまで、今朝は紅葉を愛でながら山本有三さんのことを詳しく知ることができました。

ありがとうございます(^o^)
2018年12月13日 08:03
おはようございます。
街中では紅葉も既にお終い‥色とりどりを楽しませてくれた木々もちょっと寒そう?です。
落ち葉をかさかさと踏みしめて歩く散歩はこの季節ならではです。
ジブリと言えば私の中ではトトロでしょうか。
読書はあのページをめくる感覚が良いですね
ここ数年、内容はさておき本に親しむ楽しさを感じてます。。。
2018年12月13日 08:30

三鷹の駅から玉川上水の通りをゆっくりと
山本有三記念館に歩くのもいいですよね。
yasuhikoさんの画像で佳さが何倍も惹き出されてます。
そこから、ジブリ、井之頭公園、吉祥寺駅に至るのは素敵な散歩道ですよね。
井の頭文化園の中の彫刻家・北村西望のアトリエの辺りが、また素敵なんですよね~
中は禁撮ですが、引いて~入り口の像が撮れます。
孫娘もそこが大好きで・・・
中のある作品の制作年を見て
「母の生まれた年だ~」と驚いた事があります。
確か?6歳くらいの頃で、後で娘と話してびっくりでした。その近くに座って楽しむ図書館もあります。
井の頭もカエデ類はOKでしたか。
紅葉がとても綺麗ですね~~ ラクウショウの被害が甚大でしたね。
今朝の新聞に吉祥寺駅北口に「釣り堀カフェ」ができて、釣った魚をそこで天ぷらなどで食べられるお店ができたらしいです。夫がすぐに飛びつきました!
yasuhikoさんの記事で魅力、再発見いたしました。
2018年12月13日 08:44
素敵な建物ですね。
モミジも真っ赤で見頃でしたね。
ジブリの美術館は楽しそうですね。
散策してみたいです。
2018年12月13日 09:27
こんにちは。

山本有三記念館ですか。
めっちゃ可愛い家ですね。
おとぎの国みたい。
ジブリ美術館、めっちゃ行きたいです。
2018年12月13日 09:58
こんにちは。
素敵な邸宅ですね。綺麗に保存されて
いますね。そこから井の頭公園を散策
ジブリ美術館も可愛いです。
素敵な秋を楽しまれましたね。私も
楽しませて頂きました
2018年12月13日 10:40
山本有三記念館。。。秋がピッタリですね
時間の都合で中には入らなかったので、いつかリベンジしたい場所です
ゆったりとした時の流れを感じられそうですよね

ジブリも懐かしいなぁ~
行けて良かったなぁって思います

お出掛けもしたいけど、のんびりもしたい
とっても複雑です(笑)

今日も素敵な記事でした

2018年12月13日 11:24
一週間があっという間に過ぎるのを
実感しながら拝見しています。
山本有三さんの作品からは想像できない
お住まいなんですね。
モダンな館に少しびっくりです。
改めて、久しぶりに作品を読み返して
みたいと思います。
ジブリ美術館、息子や孫達もきっと
行ってみたい所です。
落ち葉も踏みしめながらの、贅沢なお散歩
ちょっと羨ましいです。
こんな素敵なブログを毎木曜日に拝見
出来るなんて、私も贅沢させて頂いてます。
2018年12月13日 12:21
小枝さん。
北村西望さんのアトリエは、
井の頭文化園の中にあります(見学可)。
今回、玉川上水沿いの道を歩いていて、
アトリエの裏側が見える事に
初めて気が付きました。あの力強い
長崎平和祈念像が、この場所で制作され、
長崎まで運ばれたのかと思うと、
なかなか感慨深いものがありますね。
この建物の形も、始めから祈念像の姿を
イメージしてたように思われます。
2018年12月13日 12:45
またまた❢ 目の覚める様な・・・
紅葉や 落ち葉の素敵なお写真の色々
カサコソと 落ち葉が音を立てて
音楽を奏でてる様な~~~♪
🎶~音さえも聞こえて来そうな
素敵なお写真を見せて頂き✨
ありがとうございました♪.+゚♬✿

本当に・・・近かったら 
飛んで行きたいです(・・*)。。oO(想像)
2018年12月13日 13:01
 落ち葉が敷き詰められた。山本有三記念館の庭、趣が有ります。建物もモダンで穏やかな印象ですね。
 かなり落葉が進んでいるようで、秋ももう終わりかもしれませんね。カサコソと落ち葉を踏みしめての散策そこそこの天候に恵まれて良い運動に成ったのでは…。
2018年12月13日 13:57
ハイジオバサンへ。
長文のコメント有難うございます。
私の返コメは、多分そんなに
長くならない(?)予定ですので、
その点はご容赦ください。
この辺り御存知でしたか。三鷹市は、
玉川上水沿いの道を「風の散歩道」と
名付けて整備してます。この季節、
落葉を踏みながらの散歩に向いてますね。
仰るように、山本有三記念館と
ジブリ美術館がごく近い所にあるのは、
子供の夢や自由な精神を大切にする
という点で、全く無関係とは思えません。
実際、ジブリの監督、宮崎駿氏は、
『君たちはどう生きるか』を愛読書と
語ってますし、次の新作の題名にそのまま
使うようです。内容は原作と無関係の
冒険活劇ファンタジーだそうですが…。
(主人公がこの本から大きな影響を
受けるという設定なんだとか。)
山本有三が開設したミタカ少国民文庫は、
軍国主義が幅を利かす時代にあって、
子供たちが自由に読書し、自由に
世界の物語に心を遊ばせる事のできる
貴重な空間でした。その精神は、確かに今、
ジブリに受け継がれてるのかも知れませんね。
2018年12月13日 14:08
なおさんへ。
旧山本邸は、記念館になる前一時期、
「有三文庫」という名で、地元の
子ども図書館になってました。
地元では、今でもここを「有三文庫」と
呼ぶ方も少なくないそうで、その点、
地元に長く愛された建物なんだと思います。
井の頭公園は春の桜が有名ですが、
この季節の紅葉もなかなか。駅近で
こうした公園があるのは嬉しい事ですね。
2018年12月13日 14:12
こんにちはー"(^o^)"ーっす。
かの有名な山本有三記念館ですか。ジブリ美術館を始め一度は訪ねて見たいものです、気持ちだけはあるのですが、長い距離の歩行がが駄目です。玉川上水の散策もいいですね。
見せていただいたことで満足な自分がいます。 
2018年12月13日 14:27
keikoさんへ。
名残りの紅葉はどこがいいか、
迷っている時に、「いちにのさんぽ!」
の記事がふと頭に浮んで来て、
今回の散歩コースを思いつきました。
有難うございます。おや、やっぱり、
有三文庫時代をご存知だったんですね。
有三文庫は、戦時中の「ミタカ少国民文庫」
の精神を受け継ぐ形で誕生しました。
子供たちの自由な精神が育つ事を
何より願っていた山本有三さんですから、
地元の方々が、今も「文庫」時代を
大切に思ってると知ったら、あの世で
喜んでらっしゃるんじゃないでしょうか。
2018年12月13日 14:37
kojiさん。
有難うございます。
魔法は使えないし、手品も
出来ないんですが、好きな場所を
人に紹介する時は、一緒に好きになって
もらいたいという一心で、気合いを
こめて撮影するようにしています。
記念館の写真と併せ、山本有三さんの
人となりを感じて戴ければ、
撮影のし甲斐があるというもので…。
2018年12月13日 14:47
きょんたんさん。
今年の東京は紅葉が遅くて、
12月になっても、けっこう
紅葉が楽しめました。子供で無くても、
サクサクと落葉を踏んで歩くのは
楽しいものですね。物が無い、本が無い、
自由が無いという戦時中だからこそ、
子供たちに読書の喜びを味わって
欲しいと願った山本有三さんの志、
今も見習うべき点が多いように思いました。
2018年12月13日 14:59
nobaraさん。
有難うございます。
三鷹市は、三鷹駅から万助橋まで、
玉川上水沿いの道を「風の散歩道」と
呼んで、きれいに整備してますね。
我が家近くは「三鷹行き」「吉祥寺行き」
どちらのバスも通るんですが、
この日は先に「吉祥寺行き」が来たので、
万助橋からのルートを選ぶ事にしました。
井の頭文化園内の北村西望アトリエは、
以前に見学した事がありますが、
今回「風の散歩道」からもアトリエの
反対側が見えるという事に、始めて
気が付きました。ジブリ美術館の裏手から
井の頭池に出るコースもいいですね。
思っていた以上に紅葉が残っていて
楽しめました。また、お孫さんと一緒に
公園散歩にぜひお出かけ下さい。
2018年12月13日 15:05
ふーうさん。
東京の紅葉が遅かったせいで、
12月になっても、この散歩道では
まだ十分に紅葉が楽しめました。
ジブリ美術館は完全予約制なので、
中に入れませんが、外から覗くだけでも
何だか楽しい気分になれますね。
2018年12月13日 15:10
トトパパさん。
大正15年頃に出来た
洋館なんですけど、何だか
西洋の童話にでも出て来そうな
可愛らしい家でしょう。本を読みに
来る子供たちも楽しくなっちゃいますね。
2018年12月13日 15:19
ゴンマックさん。
物語の世界に登場して来そうな
夢のある可愛いお邸でしょう。
殺伐とした戦時中に、ここで
読書の時間を過ごした子供たちには、
忘れられないものがあるでしょうね。
井の頭公園までいい散歩になりました。
2018年12月13日 15:27
とまるさん。
山本有三記念館には、これまで
ハナミズキの花の季節を始め、
何度も訪れてますが、楓の紅葉の
時期は初めてでした。今年は色付きが
それほどよくなくても、洋館の
白い壁に紅葉が映えていいものですね。
ジブリ、井の頭公園へと続く
散歩道は、落葉の感触が堪りません。
また、いつかゆっくりお出かけ下さい。
2018年12月13日 15:41
つばささん。
毎週楽しみにして戴いて、
有難うございます。皆さんの顔を
(分らないけど)思い浮かべながら、
ブログUPの励みにしています。
この洋館は大正15年頃の建物ですが、
大正ロマンというか、昭和モダンというか、
お洒落で新しい感じがしますね。
ここを出発点にして、ジブリ美術館、
井の頭公園まで、落葉を踏みながらの
のんびりした散歩が楽しめました。
2018年12月13日 15:53
♪のこ♪さん。
有難うございます。
この季節、木々が葉を落としても、
しばらくは落葉の道を歩く
楽しみがあっていいですね。今年の
東京は全体に紅葉が遅かったので、
12月に半ばになってもまだ、
サクサクと落葉を踏んで歩けそうです。
今回は散り始めたいい時期で、
木に残る紅葉も、散紅葉も楽しめました。
2018年12月13日 16:15
こんにちは。
一面落ち葉の道を歩くのはウキウキしますよね♪
金沢の今年の紅葉はいまいちでした。
東京は長く楽しめて良かったですね。
記念館 建物内の落ち着いた雰囲気と言い 外観と言いモミジはぴったり合いますね。
みなみ
2018年12月13日 16:28
ステキな界隈を散策されて、秋の最終章を落ち葉を踏みしめながら思いにふけたくなりました。
鮮やかな紅葉もステキですが一面赤の絨毯もセンチメンタルになりますね。
今年も終わりに近づいてきました。
早いですね。
2018年12月13日 17:12
藍上雄さん。
天気予報ではもっと晴れるはず
だったんですけど、最初に
太陽が少し顔を覗かせただけで、
後はずっとどんよりした天気でした。
12月になって、東京はこんなお天気
ばかりです。でも、名残りの紅葉を
楽しむには、落ち着いた雰囲気で
よかったかも知れませんね。
山本有三記念館も、井の頭公園も、
散紅葉を踏んでの散歩が楽しめました。
2018年12月13日 17:23
Tomi-yoshiさん。
玉川上水沿いの遊歩道は
「風の散歩道」の名で整備されてます。
この時期は道に落葉が積み重なって、
味わい深い散歩が楽しめますね。
万助橋からジブリ美術館、井の頭公園は
すぐ近くですから、全体でちょうど
いい距離の散歩コースになりました。
全部回るのは大変でも、一ヵ所目標を
決めて、周囲を少し歩くだけでも、
なかなか気分のいい場所ですよ。
2018年12月13日 17:42
にゃーちゃんへ。
紅葉の季節は、散ってしまった後も
落葉を踏んで歩く楽しみがあるから
いいですね。このコースだと、
井の頭公園西園で、特にその楽しみを
味わう事が出来たと思います。
楓の紅葉は、寺や日本庭園との相性は
もちろん、洋館や芝生の庭園にも
よく似合うから面白いと思いました。
東京の紅葉シーズンもさすがに終りでしょう。
2018年12月13日 17:47
みなみさん。
今回の散歩の後、東京も急に
寒い日が続くようになりましたから、
これが紅葉シーズン最後の散歩に
なりそうです。ちょうど散り始めの頃で、
名残りの紅葉と、地面に積み重なった
散紅葉の両方を楽しむ事が出来ました。
今は寒さが身に沁みるようになりましたね。
2018年12月13日 17:58
こんにちは!
山本有三記念館の建物モダンで可愛らしい感じがします。子供たちのために自邸の1階を開放とは素晴らしいですね。
ジブリ美術館・井の頭公園まで落葉を踏みしめながら、名残り紅葉を楽しめるいいコースですね。
近くなら行ってみたいです。
はるる
2018年12月13日 18:45
山本有三記念館、やはり秋は素敵な風景になっていますね。ジブリは以前一度入ったことがあります。そして井之頭公園へ、秋の散策は落ち着いた雰囲気でいいですね。
すてきに切り取られた写真です。
2018年12月13日 20:20
ekoさん。
読書に訪れた昔の子供たちが、
まるで童話の世界に迷い込んだようなと
感じたのも、なるほどとと思われる
お洒落で可愛らしい洋館ですね。
戦時下の殺伐とした時代の話だけに、
子供たちにとっては、心安らぐ
貴重な場所だったんだろうと思います。
落葉を踏みしめ、名残りの紅葉を
楽しむには、ちょうどいいコースでした。
2018年12月13日 20:21
こんばんは。
山本有三館は広々とした階段や大きな暖炉などとてもハイカラな暮らしをして居たことがうかがえますね。現代でも憧れの住まいです。平和祈念像が作られたアトリエやジブリ美術館などあり文化の香りがしますよ^^。
今の時期でもこんな紅葉風景を楽みながら静かに散策が出来るなんて…素晴らしいところなんですね。
2018年12月13日 20:25
はるるさん。
有難うございます。
ハナミズキの咲く頃など、
この記念館は何度も訪れてますが、
紅葉の時期は初めてでした。
楓の木が多いだけに、さすがこの時期は
建物の周りがパッと華やぎますね。
落葉を踏みしめ、井の頭公園まで、
味わい深い散歩が出来たと思います。
2018年12月13日 20:37
のろばあさんへ。
山本有三は、家族と過ごす時間を
大変大事にしていたようで、
階段下の暖炉のあるコーナーには、
一家団欒の様子をうかがわせる写真が
飾ってありました。こじんまりとした
洋館なんですが、仰るように、
とても暮しやすい家のような気がします。
今年の東京は色付きが遅くて、
12月になってからも、まだけっこう
紅葉が楽しめるので有難いですね。
それにしても、いい散歩コースでした。
2018年12月13日 21:33
寒くなりましたね。コートに包まれながら、風にほっぺを冷たくしながら街歩きするのも楽しいですね。空気が澄んで、景色がはっきりするようなこの季節も好きです。
ジブリの受付、トトロがちょこっと見えてて、かわいいです。笑っちゃいました。
2018年12月13日 22:29
Muniさん。
本当に急に寒くなりましたね。
井の頭公園まで歩いたのは、
ここまで寒くなる少し前だったので
多少助かりました。散り始めの頃は、
落葉を踏む快感を味わえるのが嬉しい点です。
ジブリ美術館の受付、楽しいでしょう。
「本当の受付はあちら→」という
案内まで、小さく書いてあるんですよ。
2018年12月13日 22:45
こんばんは!
素敵なお散歩コースですね!山本有三記念館は紅葉が似合います!
2018年12月13日 22:55
sasapandaさん。
楓の紅葉は、意外ですが、
洋館にもよく似合うんですね。
記念館、美術館、公園は、それほど
離れてないので、名残りの紅葉を
楽しみながら、気軽に散歩できました。
2018年12月13日 23:11
やはり井之頭公園は素晴らしいですね。
秋はことのほか風情があってロマンティックですね。
あっ、yasuhikoさんの感性が素晴しいのもあります!!
山本有三氏のお話、”君たちはどう生きるか”今年原作と漫画も読みました。
もっと若い頃読みたかったとつくずく思いました。
中学生になった孫息子にプレゼントしました。
何かを得てくれるといいのですが。。。
2018年12月13日 23:43
紅葉の絨毯が素晴らしい。
紅葉も終盤を迎えてくると、ほっかほかの絨毯が楽しめるので、それが嬉しいです。
しかも、まだ、綺麗な紅葉が残ってるなんて、やっぱり、イイ時期を選ばれてますね。(^^)

「山本有三記念館」、素適ですね。
「グリム童話の舞台」…なるほど。
戦時中に、ここを訪れた子供達は、ここに居る時間だけは平和で夢の様な時間を送ってたんでしょうね…
このメルヘンの世界が、三鷹の森ジブリ美術館につながったんかぁ…(^^ゞ
ジブリ美術館は、一度、訪れてみたいと思ってるんですが、予約が必要らしいですね。
まぁ、ここは、外観だけでも素適ですけど。

昨年、井の頭恩賜公園は、ちょこっとだけ立寄ったのですが、この辺りは、素適な所が多いので、又、ゆっくりと散策できたらなぁ…って思ってます。
池は一周したのですが、ボクが行ったのは春やったので、晩秋~初冬のこの表情を見ると、同じ公園とは思えませんね。(^^ゞ
弁財天の所にも、綺麗な紅葉があるんですね。
この時期の井の頭恩賜公園もイイですね。(^^)
2018年12月14日 00:26
こんばんは。
丁度紅葉の良い時期に散策されましたね。
山本有三記念館のお庭の紅葉、今年は行くことが出来ませんでしたので拝見でき嬉しかったです。
井の頭公園まで落ち葉を踏みながら満足な散策ですね
色合いが絵画を見ているようで素敵なけしきですね。。
2018年12月14日 08:39
トルストイは最初に通る文学の門でした。
キューリー夫人の伝記は心打たれましたね。
これらの建物と共に、子供の頃を思い出し、
庭に散りばめられたモミジが、
感傷的にさせてくれます。
2018年12月14日 12:31
お得意のお散歩コースですね!
時期もよかったようで美しい写真が続きますね。
この建物が図書館として開放されたなんて凄いですね。
子供たちはさぞかしわくわくしながらここへ来たことでしょう。
2018年12月14日 14:18
山本有三邸は今でも通用しそうなほどモダンで、1930年代に既に住んでおられたのですからきっと昔で云うところの「ハイカラさん」だったのでしょうね。
当時の人たちから、グリム童話の舞台のようと云われたのも頷けます。
このような瀟洒な家の住人でありながら情の深いその人間性も素晴らしいですね。
暖炉の次のお写真の右側の黄色いダイヤのステンドグラスの窓辺周りの金具もお洒落ですね。
ジブリ大好き人間としては中も楽しみにしていましたら...スルーされたのですね(笑)
敷き詰められた落ち葉の絨毯、こういうところを歩いているだけで、気忙しい日常に流されがちな心もフッと立ち止まれるような気がしますね。
2018年12月14日 14:24
あっこちゃんへ。
『君たちはどう生きるか』を
お孫さんにプレゼントですか。
それは素晴らしい。その時だけでなく、
長い目で見て、きっと心に残る贈り物に
なっていくだろうと思います。
山本有三記念から井の頭公園までは、
お馴染みの散歩コースなんですが、
この季節に歩くのは初めてでした。
落葉を踏みながら歩くのもいい気分ですね。
2018年12月14日 14:24
今日は
作家、彫刻家
芸術家にとって住みよかったんですね
井之頭公園の池、太宰の小説に出てきた様な~
2018年12月14日 14:35
こんにちは。
数日前から寒波の到来で急に寒くなりましたね。師走も半ばになり紅葉も落ち葉に成って、綺麗な赤い絨毯の公園を拝見し年の瀬を実感します。

今年のベストセラーの漫画本『君たちはどう生きるか』の原本は『日本少国民文庫』からでしたか。戦前の文化人は子供達に希望を与えられる様に、偉人の伝記など蔵書を集めて立派た足跡を残されていますね。
2018年12月14日 14:41
yoppy702さん。
本当に、お伽噺の世界のような
この洋館が、子供たちの図書館として
開放されてたなんて、素晴らしい
事ですね。それも戦時中の
殺伐とした空気の時代だったのに…。
だからこそ、本の世界に心を遊ばせる
この空間は、子供たちの心の成長という点で、
大きな影響を与えたと思います。
仰るように、ジブリ美術館は
完全予約制で、しかも館内は撮影禁止。
残念ですが、ここはいつも横目に
眺めながら、通り過ぎるようにしてます。
井の頭公園は、季節によって
全く違った表情を見せてくれるので、
飽きる事がありません。紅葉シーズンの
最後の最後まで楽しませてくれますね。
2018年12月14日 14:56
ロシアンブルーさん。
有難うございます。
ハナミズキの花の季節を始め、
今まで何度も訪れてる山本有三記念館。
落葉の頃の訪問は初めてでしたが、
緑濃い季節とはまた一味違った
落ち着いた雰囲気があって魅力的ですね。
井の頭公園までの道も、落葉が一面に
散り敷いて、いつもの散歩コースながら、
ずい分印象が違って見えました。
2018年12月14日 15:04
アルクノさん。
やっぱり、トルストイの物語や、
キューリー夫人の伝記を愛読されて
ましたか。戦後に出版された
子供向けの本や全集は、多かれ少なかれ、
山本有三編集の『日本少国民文庫』の
影響を受けてますから、私たちも
間接的にその恩恵を被ってる訳ですね。
戦時中の子供たちにとって、
このお邸や庭で過ごす豊かな時間は、
どれだけ貴重なものだったでしょうね。
2018年12月14日 15:11
イッシーさん。
お馴染みの散歩コース、
これまでに何度か紹介して来ました。
但し、楓の紅葉の季節は初めてなので、
今までの思いがやっと叶えられた
ような気分です。本の世界に
心を遊ばせる豊かな時間、戦時中の
子供たちにとって貴重だったでしょうね。
2018年12月14日 15:27
テンプルさん。
この洋館は大正15年頃完成の
建物だろうと推測されてます。
大正デモクラシーを経て、
家族団欒のスペースを大事にした
暮しやすい家が望まれるようになった、
その時代相を感じさせる邸宅ですね。
シンプルですが、お洒落な
ステンドグラスの窓は私も大好きです。
ジブリ美術館は完全予約制で、
かなり前から予約しないと、チケットが
取れないんです。しかも館内は撮影禁止。
そんな訳で、いつも素通りです。
2018年12月14日 15:32
すーちんさん。
玉川上水沿いの遊歩道には、
太宰治が入水自殺した場所を示す
彼の故郷の大きな石が、さり気無く
置かれていて、胸を打ちます。
当時の中央線沿線は地価も安く、
都心勤務の必要のない作家や芸術家が、
自由を求めて集まったんでしょうね。
2018年12月14日 15:44
華の熟年さん。
そうなんです。今年のベストセラーは、
戦前の子供を対象にした文学全集の
中の一冊だったんです。当時は、
出版界に対する当局の検閲が厳しく、
山本有三を始め、嫌気のさした文学者
たちが、まだ比較的検閲の緩い
子供向け図書に希望を見出した事で、
誕生した企画だったようです。そんな
昔に思いを馳せながら、井の頭公園まで、
道に積み重なる落葉を踏みながら歩く、
気持ちのいい散歩が出来ました。
2018年12月14日 17:21
山本有三記念館、素敵な建物ですね。
私の認識不足でしょうが、山本有三はこの建物のイメージではなかったので、驚きもあります。
「君たちはどう生きるか」は話題になりましたが、日本少国民文庫の最終巻だったのですか。知りませんでした。
かさかさ音が聞こえてきそうな落ち葉の絨毯、それに紅葉の名残もきれいで、良い散歩コースですね。
2018年12月14日 17:25
こんにちは

落ち着いた紅葉の道
思索にふけるのに良いですね
ふと横にトトロ
歩いているのかな
tami
2018年12月14日 20:30
こんばんは。
なんか夢のある散策ですね。
最近思っているのは、記念館の名の付く芸能人の施設が閉鎖されてるなって。
その点、作家とか画家とかなら残る確率が高いような気がします。
三鷹、吉祥寺は風情がありますね。
2018年12月14日 21:29
すずりん♪さん。
実は、この洋館の2階に、
畳の部屋が1室だけありまして、
山本有三はそこを仕事部屋にしてました。
作品世界との繋がりもあってなのか、
執筆には和室が落ち着いたんでしょうね。
話題の『君たちはどう生きるか』が、
有三編集の子供向け全集の一冊だった事は、
私も今回2階の展示品を見ていて、
始めて気が付きました。落葉を踏んでの
散歩コースにも、色んな発見がありますね。

2018年12月14日 21:33
無門さん。
同じ散歩でも、落葉を
踏みしめながら歩いていると、
気持ちが落ち着いて来て、なぜか
思索的になりますね。井の頭公園の
木立の中に、トトロが潜んでるといいのに…。
2018年12月14日 21:40
こんばんは♩

モダンで手入れが行き届いた洋館や晩秋の風景、そして我が家が好きなジブリの美術館など盛りだくさんですね。
私も一緒に散策して楽しんだ気分です。
2018年12月14日 21:41
tamiさん。
お気に入りの散策コースです。
これまでハナミズキの花咲く頃などに
訪れる事が多かったんですが、
落葉散り敷く頃の風情もいいものでした。
その時々の流行に左右されない
有名作家や芸術家の記念館は、環境に
うまく溶け込んで、無くてはならない
存在になる場合が多いですね。
2018年12月14日 21:49
ヌサドゥアさん。
楓の紅葉というと、お寺の境内や
日本庭園のイメージなんですけど、
意外な事に、こうしたお洒落な
洋館にもよく似合ったりするんですね。
ジブリ美術館、井の頭公園まで歩く
散歩コースは、どの季節も楽しめる
私のお気に入りの道です。
2018年12月14日 22:07
山本有三記念館、すてきですね。そしてジブリ美術館もいいですね~~。こんな紅葉の中を素晴らしい建物を見て歩くのもすてきです。井の頭公園もしばらく行っていませんが、行ってみたいなぁって思いました。
2018年12月14日 22:40
中学校の修学旅行先の長崎で見た平和祈念像は、井の頭で製作され、長崎に運ばれた物だったのですね!
北村氏の精魂込めて作られた祈念像、初めて目にした時の感動を今更ながら感慨深く思い返しています!
画像が、どれもすばらしくてため息が出ます!!
2018年12月14日 22:50
かるきちさん。
これまで、青もみじの時期の訪問が
多かった山本有三記念館ですが、
紅葉の季節はまた格別の趣がありました。
この洋館を出発点に、ジブリ美術館、
井の頭公園へと続く散歩道は、
四季折々どの季節でも楽しめますね。
2018年12月14日 22:58
わらびさん。
有難うございます。
この北村声望アトリエは、
長崎平和祈念像を制作するために、
東京都の協力を得て、井の頭文化園内に
特別に建てられたものです。
以前にアトリエ内を見学した事が
あるんですが、玉川上水沿いの道からも
見える事に、今回初めて気が付きました。
山本有三記念館、ジブリ美術館、
井の頭公園と続く散歩道は、
季節感あり、文化の香りもしていいですね。
2018年12月14日 23:08
こんばんは!
山本有三記念館、こちらにあったんですね~!
彼の著作とこの洋館がちょっと意外に思われましたが、子どもたちに解放されたり…貴重な場を作っていたんですね~☆
落ち葉踏みながらの散歩、気持ちよさそうで、楽しませていただきました~☆
2018年12月14日 23:10
紅葉と落ち葉とのコラボは
異常気象のプレゼントでしょうか
いつも惹きこまれる
yasuhiko写真文学~
出版なさるというのは???
たちまち売り切れ~ですよ~
東京の魅力を何でも見れる
何でも知ることが出来る~
そんな一冊になるのでは~
何だかワクワクしてきます!
考えてみて下さいね~~
な~んて~私の希望ですが~
最後にごめんなさい~
いつも心玉コメントを頂き
感謝感激です~
有難うございます~
2018年12月14日 23:30
komichiさん。
はい、山本有三記念館、
ジブリ美術館、井の頭公園は、
歩いて簡単に廻れる距離にあります。
落葉を踏みながら歩く今の季節は、
ちょうどいい散歩コースになりますね。
戦時下の殺伐とした時代に、
子供たちの健全な心を守ろうとして、
自らの蔵書と、読書するスペースを
提供した彼の志の高さには頭が下がります。
2018年12月14日 23:40
mikiさん。
今年の東京は紅葉が遅くて、
12月に入ってしばらくしても、
名残りの木々の紅葉と地面の散紅葉と、
その両方がまだ楽しめました。
お言葉有難うございます。
こうしたブログ記事だと、皆さんに
読んで戴けるんですが、本の形にすると
どうなのか。返品の山になっても
困りますから、今はブログに専念します。
《週刊木曜日》と決めると、一週間の
行動にもメリハリが生れるようですし…。
2018年12月15日 00:53
グリム、という文字に一瞬、ドキッとしました。
お写真の一枚いちまいが・・・本のページのように感じられました。落ち葉を踏む音が視覚で味わえたような気分です。
素敵な《週刊木曜日》ですね。
2018年12月15日 10:19
身近に美しい記念館や公園
解説を拝読して良さがわかりました
秋、紅葉が素晴らしいです
2018年12月15日 11:16
クリムさん。
有難うございます。
文字にすると確かに似てますね。
『クリム雲の童話集』なんて題の本、
似合うかも知れませんよ。
山本有三記念館から井の頭公園まで、
この季節、落葉を踏みながらの散歩は
実に心地よいものでした。
2018年12月15日 11:20
ジュンさん。
我が家からバス一本で行けるんです。
当ブログでお馴染み、これまで
何度も記事にした散歩コースですが、
いつ訪れても魅力的な散歩道ですね。
特に、落葉の季節はそう思います。
2018年12月15日 15:23
山本有三記念館の 童話の中に
描かれているような建物と紅葉
井之頭公園の 落ち葉の道 等
どれも 静かに流れる穏やかな時間
を 感じます。素敵な風景ですね。 
2018年12月15日 22:10
フラバーバさん。
何度も訪れてる山本有三記念館ですが、
これまでは新緑の頃、青もみじの
季節の訪問が多かったような気がします。
紅葉の頃もきっといいだろうと
思ってたんですが、予想通りでしたね。
井の頭公園まで、落葉を踏みながら、
気持ちのいい散歩が出来ました。
2018年12月16日 07:44
おはようございます。
記念館は現代風で良い建物でしゅねっ
紅葉が良く似合ってましゅ こんな家に住んでみたいでしゅよねっ
井之頭公園はよく行きましたが、落ち葉がこんなに多いシ~ズンは行ったことが無いでしゅ
ベイエリアと違って心に優しい都心のオアシスでしゅねっ
思い出の井之頭公園…ナイス!…☆
2018年12月16日 21:57
デミさん。
この記念館(旧山本邸)は、
大正15年頃の建物と言われてます。
今見ても大変お洒落な造りで、
住み心地のよさそうな家ですね。
記念館から井の頭公園までの散歩道は、
当ブログでお馴染みのものですが、
落葉の季節に歩くのは、私も
初めてでした。吉祥寺の駅近くに
こんな場所があるなんて贅沢ですね。
2018年12月16日 23:05
山本有三記念館、戦時中にこんな洋館が、空襲で破壊されもせずに残っているのはおどろきですね。
ジブリ美術館、一度行ってみたいです。
受付にトトロがいるんですね。
たしかに今年は、紅葉の色づきが遅いかもしれませんね。
そのぶん遅くまで楽しめてよかったですね。
2018年12月16日 23:30
家ニスタさん。
戦争中に「少国民文庫」に通った
方たちにとっては、きっと忘れられない
場所だろうと思います。本当に
この建物自体がお伽噺の世界のように
感じられた事でしょうね。ジブリ美術館、
相変わらずの人気で、受付の
トトロも忙しそうです。今年は、
12月半ばでも色付いたイチョウや
カエデが見られて驚きますね。
2018年12月17日 21:48
こんばんは。
建物それぞれに紅葉でいっそう引き立ちますね!
長崎には未だ訪れたことが無く平和の像の作者も知りませんでした。
我が家のブルーベリーの紅葉もまだ綺麗で、隣の団地ではロウバイが咲き始めていて驚きました!
2018年12月17日 22:41
みっちゃんへ。
ハナミズキが咲く新緑の頃に
訪ねる事の多かった山本有三記念館。
紅葉の頃の趣もいいものですね。
長崎の平和祈念像は、井の頭文化園内に
ある北村西望のアトリエで制作され、
長崎にまで運ばれました。中央線沿線は、
一時期、作家や芸術家が多く集まり、
文化村の様相を呈してましたが、
当時の文化的香りを、こうした建物から
窺い知る事が出来ますね。
2018年12月18日 12:46
建物が落ち葉や紅葉で冴えますねえ@@
恥ずかしながら山本有三は数えるほどしか読んでいなくて、政治家もやっていたなあ、軍部にもにらまれたりくらいで、あまりよく知らない方だったんですが。。自邸を子どもたちに開放したり、庭で遊ばせたり、思わず本を読む子どもたちや、落ち葉を舞い上げて遊ぶ姿が目に浮かんできました。
三鷹といえば、太宰治や森鴎外が思い浮かびますが、多くの文学者が集った場所でもあるんですねえ^^
2018年12月18日 18:49
今晩は。
ご無沙汰しております。
秋ですね。色のコントラスト、いかにも----という感じです。
調べるほどに新しい知見が--
2018年12月18日 23:03
つとつとさん。
山本有三記念館、紅葉の季節に
訪れるのは初めてでした。前から
楓の木の多い事に注目してたんですが、
やはり、この時期の風情は格別でしたね。
殺伐とした空気の漂う戦時中、
このお邸で本の世界に心を遊ばせる事の
出来た子ども達は、どんなに救われた
思いをした事でしょうか。
私だったら、毎日入り浸っていたかも。
ここから三鷹駅方面に少し歩くと、
太宰治が入水した場所を示す大石が、
さり気無く道端に置かれています。
仰るように、中央線沿線のこの辺りは、
文学密度が非常に高いですね。
2018年12月18日 23:08
行き当たりばったりさん。
この三か月(もっとでしたっけ?)、
お孫さん相手は大変だったでしょう。
東京は今年紅葉が遅くて、私も
なかなか外出するタイミングが
つかめなかったんですが、最後の最後に
いいコースを歩けたと思います。
2018年12月19日 19:57
素敵な散歩道ですね。
名作を執筆した山本邸ですか。
トルストイやキューリー夫人など
子供たちにのこしたのですね。
ジブリ美術館、いいですね。
一度行ってみたいです。
一面落ち葉の道。。
素敵な秋の風景ですね。
12月に見る秋の紅葉も素敵でした。
ありがとうございました。
2018年12月19日 20:23
あこさん。
今年は12月になっても、
けっこう名残りの紅葉が楽しめました。
特にこの旧山本邸から井の頭公園まで
歩くコースは、一面散り敷いた
落葉を踏んで歩く気分が最高です。
『日本少国民文庫』編集のコンセプトは、
一言で言えばヒューマニズムだろうと
思われます。日本が戦争へと傾く時代に、
山本有三さんは子供たちのために
本当に立派な仕事をされましたね。
いつかジブリ美術館へもいらして下さい。
2018年12月20日 11:14
落葉した道を踏んで歩くのも、風情がありますね。
色んな事を、思い馳せます。
2018年12月20日 17:10
yoshiさん。
落葉の道を歩くのは気分がいいですね。
この日は名残りの紅葉も楽しめた上に、
文化・芸術の香りを嗅ぐ事も出来て、
とてもいい散歩になりました。
2018年12月28日 17:03
こんにちわ、yasuhikoさん
いつもたくさんの気持ち玉をありがとうございます。
きれいなたくさんの画像、とても癒されました。

山本有三って、すみません、代表作浮かんできませんが、児童文学に貢献されたようですね。
何とも瀟洒な洋館にお住まいだったようで、富豪の出身なのでしょうね。

ジブリ美術館、1度行ってみたいと思っていますが、なかなか💦

年末らしく気温の上がらない日が続きますが、もうすぐ新年、楽しくお過ごしください😊
2018年12月28日 18:40
ちいかめさん。
有三記念館から井の頭公園までは、
落葉の道を歩く素敵な散歩コースでした。
完全予約制ですが、途中のジブリ美術館も
見学できるので、もし機会があったら、
ぜひ一度お出かけ下さい。
作家の山本有三氏は、栃木の富裕な
呉服商の生まれですが、父の方針で、
早くから東京の呉服商に奉公に
出されたり、父の死で進学を諦め
かけたり、作家として成功するまでは、
けっこう苦労を重ねた方のようです。
どうかよいお正月をお過ごし下さい。
2019年01月08日 07:47
昔の成功した人は次に続く人に手をさしのべられる。
それがまた循環してこのような素晴らしい邸宅が残るのかも。
それにしても黄葉に紅葉が美しい。
後に続く方々もこの邸宅を残す為に努力されたからこそ、この美しい街並を楽しむことが出来る。
それこそが山本有三氏の積まれた徳なんじゃないかと思いました。
2019年01月08日 15:06
おーちゃんへ。
山本有三氏自身も、度重なる
当局の威圧的「指導」や検閲の結果、
名作『路傍の石』の掲載を中断せざるを
得ませんでした。その点、児童文学の
分野は、比較的検閲が緩いと見て、
児童文学全集の編集に情熱を注いだんだ
と思います。閉塞感漂う時代の中で、
感受性豊かな子供たちの心を、何とか
守りたいという気もあったんでしょうね。
戦後、ここは児童図書館になっていた
時期があって、地元では、今でも
「記念館」で無く、「有三文庫」の名で、
この洋館を呼ぶ方が少なくないそうです。
2019年01月15日 10:21
今年もよろしくお願い致します。

井の頭公園、3回程訪れたことがあります。
今回縁があって、息子のお嫁さんが三鷹寄りの武蔵野の人でしたので、これからも行く機会があると思いますが、何とも素敵なスポットですね。
多分、山本有三記念館も近いと思いますので、是非行ってみたいと思いました。
もしかして、yasuhikoさんとご近所さんでしょうか?
2019年01月15日 21:35
まいこさん。
こちらこそ、よろしくお願いします。
この散歩コース、なかなか
いいでしょう。玉川上水沿いの道は、
「風の散歩道」の名で整備されてるので、
案内表示や地図も多く、初めてでも
歩きやすいかと思います。今度ぜひ
この辺り散歩なさって下さい。
私の地元とはちょっと離れてますが、
バス一本で行けるので助かります。

この記事へのトラックバック