街が好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 花の寺と洋館と(新緑の鎌倉散歩U)

<<   作成日時 : 2019/05/15 23:59   >>

ナイス ブログ気持玉 500 / トラックバック 0 / コメント 104

鎌倉散歩》の続きです。北鎌倉駅から出発し、亀ヶ谷坂切通を
越えて、今回は海蔵寺から鎌倉駅まで。花の寺洋館を訪ねる
後半をレポートします。さて、最初の海蔵寺は、扇ガ谷の谷奥に
静かに佇む古刹。赤い野点傘が印象的でした。

   【海蔵寺

画像

   幸せな二人の「前撮り」が行われてたため、
   山門を入った所で、私たちは少し待ちます。

画像

   その間、青もみじと赤い春もみじをパチリ。

画像

画像

   本堂脇に、「やぐら(中世の横穴墳墓)」が見られ
   ますが、その前の石楠花の花が色鮮やかでした。

画像

   本堂奥の庭園で咲くカキツバタ。(庭園は
   非公開なので、本堂脇から撮影しました。)

画像

          玄関の衝立の一文字は「」と読むそうです。
          禅問答に由来する字とか。これが難しくて…。

画像

   海蔵寺は以上で、次に向います。

画像

画像

   門を出て割と近くに、木に着生するセッコクの花が
   ありました。近くで見ると、ラン科植物と分りますね。

画像
画像

   鎌倉は、散歩道の何気ない草花も楽しみで…。
   (左:石垣に咲く源平小菊。右:ヒメツルソバ。)

   【英勝寺

画像
画像

   さて、やって来たのは英勝寺。徳川家康の
   側室、お勝の方が創建したという尼寺です。

画像

画像

   この季節の名物、白藤がちょうど見頃でした。

画像

画像
画像

   初夏の明るい陽ざしを受け、白藤の花房が、
   竹林の緑を背景に、銀色に輝いて見えます。

画像

           英勝寺の後は、待望のランチタイム。           

画像
画像

   一軒家を改装した隠れ家カフェ、《テールベルト》。
   写真のサラダに、メインの料理と焼き立てパンが
   付きます。鶯の声がBGMの素敵なカフェでした。

   【旧古我邸

画像

   最後に訪れたのは旧古我邸。鎌倉三大洋館の
   一つで、大正5(1916)年完成の別荘建築です。

画像
画像

   始めは三菱財閥の重役、荘清次郎の別荘でしたが、
   後に、近衛文麿など著名人に別荘として貸し出され、
   現在はフレンチレストランとして利用されてます。

画像

   実は、裏庭のカフェスペースで休憩しようと
   思ってたんですが、貸切で披露宴の予約が
   入っているとの事。残念ながら諦めました。

画像

   確か、2年前の秋にも同じ事があったような…。
   そう、でも、その時は門の中にも入れなかった
   訳ですから、今回建物の撮影ができたのは何
   よりでした。鎌倉駅は、ここからもうすぐです。


   【DATA】
   旧古我邸(旧荘清次郎別荘)
     *1916(大正5)年竣工。
     *設計は桜井小太郎(旧丸ビル設計者)。
     *現在の持ち主は、日本初のカーレーサーとして
      知られるバロン古我=故古我信生氏の御遺族。
     *近代の鎌倉は、避暑地として愛され、西洋的な
      別荘文化の息づく街でもあった。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

この記事に貼り付けられるブログ気持玉の上限に達しました。
気持玉数 : 500
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(104件)

内 容 ニックネーム/日時
海蔵寺って、こんな感じなんですね。
実は、海蔵寺へは行ったんですけど、中には入ってないんです。(^^ゞ
紅葉はダメやったし、なんか、入り難いムードがあって。
で、井戸とか崖のような所の横穴の写真だけ撮って帰りました。(^^ゞ
この時期、紅いのと青いのがあるなんてイイですね。(^^)
カキツバタ、庭園に入れなくても、この雰囲気が撮れたらバッチリです。

一文字は「関」と読むんですか…
とても読まれへん。(^^ゞ
禅問答…そういえば、海蔵寺って、臨済宗建長寺派でしたね。

この白藤、見事としか言いようが無いです!
今正に見頃やし、ホンマ、キラキラ輝いてる。(^^)
下の画像は、大きくなった筍ですよね。
トゲがキラキラして綺麗。
というか、トゲがあるんですか?
こんなん初めて見ました。(^^ゞ

旧古我邸、素晴らしい!
さすが、鎌倉三大洋館の一つですね。(^^)
yoppy702
2019/05/16 00:45
青空背景に、青もみじと赤いもみじのコラボ、鮮やかですね♪
その上のお写真も、右上に赤い傘を入れて、ステキな構図*^^*
そして白い藤が、これまた青空に映えてキレイ☆〃
ヤママユガ
2019/05/16 00:59
こんばんは。
懐かしの鎌倉でしゅがぁ〜 詳しく説明されてるので
お寺散策をしてない、オイラには興味がいっぱいでしゅ
オイラの母がセッコクが好きで、梅やミカンの木に抱かせて育てていましゅ
英勝寺の銀色に輝く、白藤・・・見事でしゅねっ
ナイス!…☆
デミ
2019/05/16 01:52
 良い散策を楽しめましたね。鎌倉は由緒ある古刹とモダンな洋館が両方楽しめるのが嬉しいですね。
 ついついお寺巡りでおわってしまいそうですが、やはり何処に洋館があるか、というのを事前に情報収集しておでかけされるのでしょうね。三大洋館のひとつでしたか。

 なにげない道端の花やら、お寺の境内の花やらいろいろ咲いているのが花好きにも嬉しいですね。
なおさん
2019/05/16 04:10
おはようございます。
赤い傘と幸せなお二人の写真とても
素敵ですね。
セッコクや白藤、白い花が綺麗ですね。
鎌倉散歩、本当に素敵でしたね。
いつか私もしてみたいなと思いますが
でもここで充分楽しませて頂きました
ゴンマック
2019/05/16 06:43
おはようございます!

初夏の鎌倉、風情があっていいですね。
前撮りのお二人も幸せそう(^o^)

白藤がきれい。

あの一文字は関と書いてあるのですか?
解説がないとわかりませんねぇ。

素敵な写真を見せていただき、ありがとうございます!(^o^)!
koji
2019/05/16 07:10
海蔵寺さん・・・いいですね〜
青や赤モミジの佇まい、淡い色のシャクナゲ、水辺のカキツバタ、セッコク、ゲンペイコギク、そして極めつけはこの白藤、やさしい感じに溢れていますね〜
旧古我邸、いいですね〜♪素敵な佇まい・・
カフェはこの佇まいもろともですから、
貸し切りは残念でしたね〜 端でいいから、当日、訪れる人の席があってもいいのかなと思いました。
衝立の文字。関なのですね。 ワ冠の何かかと思いました。むずかしいですね。門構えなのですね(― ―*)。。oO 聞いても?理解できないアッポ私です。

nobara
2019/05/16 07:48
こんにちは。

ええ感じのところですね〜。
天気も最高ですね。
気持ち良さそう。
青もみじと赤いもみじ、綺麗ですね。
色合いがとてもいいですね。
トトパパ
2019/05/16 08:32
おはようー"(^o^)"ーございます。
鎌倉散歩後半もじっくりと楽しませていただきました。画像が綺麗で、いいですね。
この時期の鎌倉も素晴らしいですね。歩けるようになりたいです。車椅子でなければ、鎌倉散策はできないようなので、行った気分で満喫でした。
Tomi-
2019/05/16 08:36
こんにちわ〜
モミジのコラボが良い感じですね
>木に着生するセッコクの花
可愛いです。初めて見ました
白藤も綺麗ですね
何とも言えない風情です。
mina
2019/05/16 08:45
おはようございます。
風景や建物が全て洗練されて見えるのは鎌倉だからでしょうか。素敵ですね〜♪ 尼寺の白藤はまるで流れ落ちる滝のように見えます。セッコクの白さも際立って美しいです。海蔵寺の和風な雰囲気が結婚式の前撮りに選ばれるのはよく分かります。衝立の文字はとても「関」とは読めません。形が寂に似て居るかしらなんて思いました。ランチもお洒落ですね^^。
のろばあさん
2019/05/16 11:22
またまた 素敵な新緑の鎌倉散歩の
お写真のあれこれを見せて頂き…
心癒され┣心━心━心┫
ありがとうございました♪.+゚♬✿
セッコクの花は 亡き父が
鉢植えで育てていた思い出があります!
玄関の衝立の一文字も
とても惹かれましたぁ〜〜✨
♪のこ♪
2019/05/16 11:53
いいところ知ってますね〜。
真っ白なセッコクやフジがとても綺麗ですね!
また、建物が素晴らしいですね。
イッシー
2019/05/16 12:25
 海蔵寺の背景の山、削られた地形にシャクナゲ?が映えていますね。セッコクや白藤が美しいですね。でも日差しはかなり強そうで、夏の昼下がりと言った雰囲気です。
 旧古我邸、ブラウンの板張りに白い窓枠、大きなサンルーム?も作られていて、避暑地の別荘と言う雰囲気ですね。やはりこれは、モダン建築に入るのでしょうか…?
藍上雄
2019/05/16 12:49
実際にはどうだたのか分かりませんが、
静けさが伝わってきます。
前撮りのお二人、見るのもそうですが
お二人もこの日差しでは暑かったでしょうね。

白藤をあまり見る機会がないのですが、
清々しくて・・見てみたいです。

旧古賀亭の中が見れずに残念でしたね。
やはり鎌倉は憧れの場所です
つばさ
2019/05/16 13:32
最初に写真が目に入った時、右上の赤い傘が素敵と思いました。印象的と思われた野点の傘を全部見せないで、こんな形で気持ちを伝えられるんですね。
衝立の関、読めません。まさに禅問答ですね。
白い藤を始め、どの花も優しく輝いていて、気持ちが和みますね。
旧古我邸、今まで見せていただいた洋館と外観の趣が少し違うように感じたのですが、色のせいでしょうか。
貸し切りで、邸内には入れなかったという事で残念です。
鎌倉はやはり素敵なところですね。
すずりん♪
2019/05/16 14:51
今日は
白藤が又見事ですねー
食事処と言えば鎌倉に行くと
鉢の木でしたが〜^^
今は素敵なレストラン、カフェが
できてるんでしょうねー
すーちん
2019/05/16 15:27
新緑の庭園ステキですね。
白藤も立派で、竹林の緑との
コントラストが綺麗ですね。
大正時代の洋館もいい雰囲気ですね。
どれもステキな お写真で、
楽しませていただきました。
ふーう
2019/05/16 15:34
鎌倉の別荘・・・やはり対象の建物ですね。
実は 我が父方の岐阜の家に似て居るのです。
その建物は 戦争で・・・軍にとられたもの。
やはり 戦争を憎むのも そのせいです。
それから 父方の胃rは 没落しました。
時代とは言え 素晴らしかった建物 写真でしか知りませんが、懐かしい感じがします。
赤い傘は 夏らしい庭を現わすグッズとして最適ですね。
ハイジママ
2019/05/16 15:43
yoppy702さん。
海蔵寺は、鎌倉では四季折々の花に
恵まれたお寺さんの一つです。
萩の花咲く初秋の頃もいいんですよ。
岩壁を掘ったやぐらや井戸が
あるのも、鎌倉らしい気がしますね。
玄関の衝立の字は、教わらない限り、
絶対読めません。その突き放した
感じも、禅寺らしさなんでしょうか。
英勝寺の白藤は、他より少し
遅いようで、訪ねた時がちょうど
満開でした。日を受け銀色に輝く姿は、
本当にきれいだと思います。
光のマジックというか、育ち過ぎた
筍だって輝いては見えますが…。
洋館見学も出来て、いい一日になりました。
yasuhiko
2019/05/16 15:49
ヤママユガさん。
コメント有難うございます。
赤いもみじはノムラモミジでしょうか。
青もみじと重なって、いい景色を
見せてくれました。野点傘といい、
赤は風景のいいアクセントになりますね。
英勝寺の白藤はちょうど見頃で、
光に輝く姿が目を楽しませてくれました。
yasuhiko
2019/05/16 16:03
デミさん。
鎌倉は、次々花の寺を巡って行く
散歩が楽しいので、なるべくその気分が
伝わるように、話をまとめてみました。
参考にして戴ければ何よりです。
たまたま見かけたセッコクの花、
あんまり見事なんでびっくりしました。
英勝寺の白藤は、遅いんじゃないかと
心配してたんですが、見頃の花に
間に合ってよかったと思います。
yasuhiko
2019/05/16 16:12
なおさんへ。
以前、鎌倉にお住まいの方が、
通勤時間が大変でも、離れられないと
仰ってたのが分るような気がします。
本当に、こんな散歩が楽しい所は、
他に無いかも知れないですね。
鎌倉には、幕府が置かれた中世の
面影を偲ばせる部分と、別荘地として
栄えた近代のモダンな部分が
共存していて、街に深みを与えてる
ように思います。2年前の鎌倉訪問では
門を入れなかった旧古我邸の
建物の撮影が出来たのは何よりでした。
yasuhiko
2019/05/16 16:23
ゴンマックさん。
海蔵寺の赤い野点傘は、
境内を撮影する場合に、とても
いいアクセントになりますね。
花や新緑もきれいですし、なるほど、
幸せな二人の前撮りにはぴったりだと
いう気がします。白いセッコクや
英勝寺の白藤など、いい花にも恵まれて、
気分のいい鎌倉散歩になりました。
yasuhiko
2019/05/16 16:33
kojiさん。
鎌倉は、道端の花や生け垣など、
散歩の途中の何気ない風景にも、
魅力が隠れてる気がします。
今回は、英勝寺の白藤など、
いい花にも恵まれて、気分のいい
散歩が出来ました。玄関の衝立の字、
教わらない限り、絶対読めませんね。
それもまた禅の心でしょうか。
yasuhiko
2019/05/16 16:42
こんにちは。
白藤とっても綺麗ですね。
銀色に輝く姿 実物で見てみたいですね。
タケノコ??? すでに竹になりつつありますね。
すごい状態で見つけましたね。
旧古我邸は素敵ですね。
あ〜〜残念 休憩できたらよかったのに。。。
撮影できただけましでしたかね。
鎌倉散策 とっても楽しませていただきました〜
にゃーちゃん
2019/05/16 17:15
nobaraさん。
海蔵寺は、山門前の階段に
萩の花が咲く秋に訪ねてますが、
この時期の訪問は今回が初めてでした。
でも、さすが、四季折々の花が、
楽しめる事で知られたお寺だけあって、
期待は裏切らないですね。
「関」の旧字体、教わらない限り、
絶対読めないと思います。こういう
ちょっと無愛想な、人を食ったような
ところも、禅寺らしさなんでしょうか。
初夏の花に恵まれた鎌倉でも、
英勝寺の白藤の美しさは格別です。
旧古我邸の建物が撮影できた
事といい、今回はまた色々と
収穫の多い鎌倉散歩になったと思います。
yasuhiko
2019/05/16 17:17
トトパパさん。
扇ガ谷の海蔵寺では、
この季節らしい青もみじと
赤い春もみじと、両方が楽しめました。
連休中という事を忘れるくらい
静かな鎌倉の魅力に触れる事が
出来て、とても良かったと思います。
yasuhiko
2019/05/16 17:22
Tomiyoshiさん。
そうですか。でも、当ブログの
写真で、鎌倉散歩の気分を味わって
戴ければ何よりだと思います。
初夏の鎌倉もいいもんですね。
多分、今年は10連休という事で、
外出日が分散されたんだと思いますが、
静かな雰囲気の中、鎌倉の魅力を
十二分に味わう事が出来ました。
yasuhiko
2019/05/16 17:32
minaさん。
青もみじと赤い春もみじの競演。
お互いに引き立てあって、
ちょっと面白い景色になりましたね。
セッコクは偶然見かけたんですが、
これだけ見事な花を観るのは、
私も初めてでした。白藤といえば
英勝寺と言われるくらいで、さすが
評判通りの見事な藤だと思います。
yasuhiko
2019/05/16 17:42
のろばあさんへ。
中世以来の伝統を受け継ぐ
花の寺々。近代の別荘地の面影を
伝える洋館。どちらも鎌倉らしい
雰囲気で魅力がありますね。
海蔵寺の落ち着いた境内は、仰る通り、
前撮りにはぴったりだと思います。
衝立の文字、これは難しくて、
聞かない限り、絶対読めないでしょう。
英勝寺の白藤は見事でした。満開の
時期に巡り合ったみたいで、
とても幸運だったように思います。
yasuhiko
2019/05/16 17:52
♪のこ♪さん。
そうでしたか。セッコクの花に
思い出がおありなんですね。
私も鉢植えのものしか知らなかったので、
こうした庭木に着生するセッコクの
見事さには目を見張りました。
何気ない散歩道にも、見るべき花の
多いのが鎌倉の魅力です。今回は
本当に気分のいい散歩が出来ました。
yasuhiko
2019/05/16 17:59
こんにちは!
新緑の鎌倉素敵ですね。
海蔵寺の赤モミジに青モミジが映えて良いですね。やぐらの前のシャクナゲ、水辺のカキツバタ、セッコク、ゲンペイコギクにヒメツルソバの群生も見応えがあります。
そして圧巻は英勝寺の白藤、ほんと明るい日差しに輝いていますね。見事なものです。
旧古我邸、新緑の中で良い佇まいの別荘ですね。カフェスペースが貸切とは残念でしたね。
eko
2019/05/16 18:10
イッシーさん。
今回の道程は、何年か前の秋に
相方と歩いたのと、ほぼ
同じコースなんです。でも、
季節によって、全く別の表情を
見せてくれるのが、鎌倉の魅力ですね。
今回は洋館も見学できましたし、
セッコクなどのいい花にも廻り合えました。
yasuhiko
2019/05/16 18:12
藍上雄さん。
はい、石楠花の花です。
今回の鎌倉散歩では、石楠花や
セッコク、白藤など、新緑にも
よく映える美しい花の数々に
出合う事が出来ました。
旧古我邸は、下見板張りで全体が
覆われたシングル様式の建物です。
これは19C後半のアメリカ、
主に西海岸で流行した住宅の様式で、
日本では各地の宣教師館などに
見られるスタイルのようです。
yasuhiko
2019/05/16 18:24
つばささん。
本当に静かなもんでしたよ。
海蔵寺は何年か前の秋に
訪れてますが、その時に比べても、
ずい分人が少なかったです。
前撮りの二人も、人目を気にせず、
集中できたんじゃないでしょうか。
静かな鎌倉は魅力がありますね。
英勝寺の白藤も見事でした。
旧古我邸は、食事を注文しないと
館内に入りにくい感じなので、
どちらにしても外観だけの撮影に
なったように思います。
yasuhiko
2019/05/16 18:34
カキツバタが水辺を彩ります。その先が非公開とは残念です。セッコクの花、白さが際立ちます。白藤もすばらしいです。旧古我邸、すてきな建物ですね。
はるる
2019/05/16 19:49
すずりん♪さん。
海蔵寺は、赤い野点傘が
シンボル的な役目を果してるので、
これを一部でも写し込むと、
風景のいいアクセントになりますね。
玄関の衝立の字は、教わらないと
読めません。本当に、何だか
禅問答をしてる気分になりました。
旧古我邸の場合、どっちにしろ、
食事の客で無いと館内には入れない
雰囲気なので、今回、外観だけでも
撮影できてよかったです。
新緑の鎌倉もとても魅力的でした。
yasuhiko
2019/05/16 20:17
すーちんさん。
英勝寺の白藤は、他の藤より
少し遅いので、ちょうどいい時期に
見学する事が出来ました。
白い藤も素敵ですね。最近の鎌倉は
お洒落な店がたくさんあって、
お昼をどこにするか、迷うほどです。
yasuhiko
2019/05/16 20:21
ふーうさん。
花の寺あり、洋館ありで、
鎌倉は本当に魅力的なところです。
英勝寺は、竹林の傍に藤棚が
あって、竹の緑と白く輝く藤の花が
お互いを引き立て合ってるようでした。
旧古我邸のような、別荘地だった
鎌倉らしい大正期の洋館も素敵ですね。
新緑の鎌倉を歩くのは、やっぱり
魅力的だと、改めて思いました。
yasuhiko
2019/05/16 20:35
ハイジママさん。
そう、戦争中というのは、
そうした道理に合わぬ滅茶苦茶な事が、
平気でまかり通った時代でした。
旧古我邸も、戦後の一時期、
米軍の将校クラブに接収されたりも
しましたが、こうして残されたのは
何よりだったと思います。
海蔵寺の赤い野点傘は、境内の
風景のいいアクセントになりますね。
yasuhiko
2019/05/16 20:41
鎌倉は緑豊な寺社、おしゃれなカフェなどステキな観光スポットがあり憧れの地です。
随分前に長谷寺と明月院に行きましたが。
咲いているお花が古刹に似合いますね。
白藤はその代表ですね。素晴らしいです。
旧古我邸の佇まいも鎌倉の雰囲気にぴったりですね。
みなみ
2019/05/16 20:44

こんばんは〜♪
花の寺とは言葉からも素敵ですね〜
三島由紀夫の世界を思い起こします。
静かで落ち着いていて、鎌倉っていいですね〜
旧古我邸の庭での披露宴など
外国の映画みいでしょうね。
鶯の声を聴きながらのランチは
ゆったりとして良いですね。
ベティーちゃん
2019/05/16 20:44
にゃーちゃんへ。
英勝寺の白藤、とても素敵でしょう。
花房が銀色に輝く一番いい時期に
お花見が出来たようです。
お寺さんは筍を取らないようで、
こんな育ち過ぎのものが、竹林に
何本も見られました。旧古我邸、
お茶出来なかったのは残念ですが、
中に入れなかった2年前に
比べれば、断然よかったです。
ここはウェディングも宣伝してるので、
祝日に何もないはずは無いと思ってました。
yasuhiko
2019/05/16 20:48
ekoさん。
鎌倉はいつでも魅力的ですが、
新緑の頃はいいですね。
青もみじが眩しいほどでしたし、
カキツバタや石楠花などの花が、
緑に包まれるようできれいでした。
中でも、英勝寺の白藤は、
花房が銀色に輝く姿が魅力的で、
惚れ惚れするようでした。
喫茶休憩できなかったのは残念ですが、
花の寺あり、洋館ありで、本当に
気持ちのいい散歩が楽しめたと思います。
yasuhiko
2019/05/16 20:56
はるるさん。
時期的に早いかと思ったんですが、
東慶寺や海蔵寺で、きれいな
カキツバタに出合えてよかったです。
庭木に着生するセッコクの花が
こんなにきれいだという事も、
嬉しい発見になりました。
花の寺あり、洋館ありの鎌倉は、
いつ訪ねても本当に素敵な所ですね。
yasuhiko
2019/05/16 21:01
こんばんは〜
鎌倉、素敵な所が沢山あるのでしょうね。
セッコク、実物が白藤見たい!!
白藤の房が銀色に画像からも感じられます。
風にゆれる表情もいいでしょうね。
いつもありがとうございます。
つむぎ
2019/05/16 21:12
みなみさん。
歴史のある鎌倉は、古刹もあれば、
大正期の洋館もあり、一方で
お洒落なカフェもあるという具合に、
色んな街の表情を持っています。
新緑の季節は気候もよくて、
そうした見所を訪ね廻る
散歩には、本当に向いてますね。
英勝寺の白藤は、ちょうど見頃の
時期だったようで、見事なものでした。
yasuhiko
2019/05/16 22:21
ベティーちゃん。
鎌倉には、四季折々の花に
恵まれたお寺さんが幾つもあります。
前回の東慶寺もそうですし、
今回の海蔵寺、英勝寺もそうでしょう。
お寺にしても、洋館にしても、
駅からそれほど遠い訳じゃ無いのに、
豊かな緑に恵まれ、静かな環境が
保たれているのは、素晴らしい事ですね。
鶯の美声を聞きながら、ランチが
楽しめるのも鎌倉ならではと思いました。
yasuhiko
2019/05/16 22:30
つむぎさん。
いつ訪れても楽しい鎌倉ですが、
新緑の季節はまた魅力がいっぱいでした。
今まで鉢植えしか知らなかったので、
こんな見事なセッコクの花には
びっくりです。英勝寺の白藤は、何か
神々しいばかりに銀色に輝いてるし…。
もし、お出かけの機会があったら、
どうか実物を御覧になって下さい。
yasuhiko
2019/05/16 22:44
 白いフジの花美しいですね。
藤の花はあまり好みではなかったのです。
でもこの白藤を見て好きになりそう。
最高に素晴らしい花時でしたね。
と言うかカメラマンの腕がいいのですね。
 旧古我邸、繊細でお洒落な洋館ですね。
ここでフレンチですか?いいなぁ。
お茶が出来なくて残念でしたね。
鎌倉はお食事処もお洒落な店が多くて
そちらも楽しみな街です。
何だか出かけて見たくなりました。(^^♪
ミキ
2019/05/17 00:31
白藤が美しいですね
さすがyasuhikoさんって思いました
藤の写真は、とっても難しかったです
眺めてると美しいのに美しいまま写せないなぁって、いっぱいシャッターを押してボツのオンパレードでした(笑)

ランチのメインの写真がないですね(笑)
残念(笑)
隠れ家なカフェっていいですね

旧古我邸も素敵ですね
フレンチレストランですか
行ってみたいなぁ〜って思いました

いつもながら素敵な記事でした
とまる
2019/05/17 02:49
静かに佇む古刹には そこにぴったりの
花が色を添えて 一層 癒しを感じます。
竹林と降り注ぐ白い藤も とても 
清々しく優しい雰囲気が素敵ですね。
フラバーバ
2019/05/17 10:06
こんにちわ。
海蔵寺のシャクナゲのピンク、緑色と紅のモミジは季節感を目で楽しませてくれますね。
「関」とはとても読めませんし、問答も理解に苦しむものが・・・ありますね。
修行でもしないと解らないです。
着生蘭の白い花たくさん咲いて見事ですね。
歴史ある建築物と洋館が違和感ないところが魅力ですね。
ロシアンブルー
2019/05/17 11:43
冒頭の写真が絵画的でいいと思います。
徳川家康の側室の尼寺の白藤ですか。
なんか頷けますね。
清楚で高貴な雰囲気です。
旧古我邸も高貴な雰囲気で、そこで披露宴とは洒落た感じになるでしょうね。
アルクノ
2019/05/17 15:49
派手ではないけれど、心ひかれる花ってありますね。群生している小さな花もいいですね〜!
セッコクも涼しげで、好きな花です。
旧古我邸も 静かな佇まいですてきな建物ですね!!
わらび
2019/05/17 15:53
日差しに透けるような青もみじがいかにも初夏の風情ですね。
白藤もちょっと別世界に行ったかのような美しさ。この時期ならではのお花が沢山見られました。
旧古我邸を披露宴で貸切る事が出来るのですね。もっと早く知っていたら… ここで出来るならもう一度やりたいくらいです(笑)
うずら
2019/05/17 15:56
こんばんは。
海蔵寺で前撮りとはいい記念になることでしょう!
野点傘に日差しがさしているのでしょうか、綺麗な色合いですね!
白藤の白色が際立って美しいです!
フレンチレストラン窓枠の白も印象的ですね!
他の花たちもとても綺麗です!
みっちゃん
2019/05/17 20:56
今晩は♩

爽やかな天気の中、白いセッコクや白藤がまぶしく感じました。
可愛い花々や洋館の写真にいつも癒されています。
最近はなかなか地元から出られてないので、ちょっと頑張ってみたくなりました。
ヌサドゥア
2019/05/17 21:03
真っ白なセッコクの花、清楚で美しいです。
白藤も銀色に輝いて見えますね。
隠れ家カフェ、早速、メモしました。
光を浴びた筍、モダンなオブジェのようにも見えます。
実物を見てみたいけれど・・・私が行く頃には、雨で育って、見つけられないかな。そう思うと・・・この筍のお写真、ある意味、幸運の前撮りかもしれません♪
クリム
2019/05/17 21:25
ミキさん。
英勝寺の白藤、本当に
いい時期に見学する事が出来ました。
紫色のイメージの強い藤の花ですが、
銀色に輝く白藤も見事ですね。
旧古我邸、コースの食事は高価で
手が出ないんですが、コーヒーなら
屋外のカフェスペースで、
300円で味わう事が出来ます。
前回門の中に入れなかった事を思えば、
今回はよかったんじゃないでしょうか。
yasuhiko
2019/05/17 21:46
鎌倉は古刹は勿論なのですが
歩くそこにある風景に咲く花達がとても素敵に
しっとりと彩りを添えてくれています。
白い群生の藤、
藤色の藤に比べてとても涼しげです。レースのカーテン
が風で吹きかけれれているようです。
最近は結婚式の前撮りで自分たちの世界に入り込んでいるカップルによく遭遇します。
あっこちゃん
2019/05/17 21:49
とまるさん。
藤の花、私も撮影は難しいと
思います。陽ざしの当り具合が悪いと、
色がくすんでしまう事が多いですね。
その点、英勝寺の白藤は、
日当りもよく、背景の竹林や、手前の
青もみじなど、白さを際立たせる
周囲の環境にも恵まれ、撮影にも
恵まれたと思います。ランチのメインですか。
鶏肉のクリーム煮込だったんですが、
これはあっという間に食べちゃいました。
これまで非公開だった旧古我邸が、
レストランに再利用され、外観だけでも
見学できるのは有難い事だと思います。
yasuhiko
2019/05/17 21:56
フラバーバさん。
今回訪れたお寺さんは、すべて
禅宗ですから、華やかな庭は無いものの、
仰るように、この花がここにあるから、
空間が引き締まるというような、
精神性を感じさせるお庭が多かったと
思います。英勝寺の白藤など、
正に清らかで美しい花の典型ですね。
yasuhiko
2019/05/17 22:05
ロシアンブルーさん。
海蔵寺は、東慶寺などと並んで
鎌倉の花の寺を代表する存在です。
シャクナゲの淡い花の色、
赤い春もみじと青もみじが織りなす
ハーモニーなどは、さすがと
思わせるものがありますね。
見事なセッコクの花にも驚きました。
こうした花の寺がある一方で、
歴史を感じさせる洋館が存在したり、
鎌倉というのは奥の深い街だと思います。
yasuhiko
2019/05/17 22:11
アルクノさん。
海蔵寺の場合、境内の赤い
野点傘がシンボル的な存在として、
いいアクセントになってるみたいです。
英勝寺の白藤は、本当に尼寺の
花らしい優美さを感じさせてくれますね。
旧古我邸は、ウェディングも宣伝して
いるので、5月のGW中に、何も
入ってないという事は無いだろうと
思ってました。建物の外観だけでも
撮影できてよかったです。
yasuhiko
2019/05/17 22:20
わらびさん。
鎌倉にはそういう花が多いんです。
お寺の境内だけでなく、散歩の途中、
道端や石垣、岩壁や庭木に
見逃せない花が多いのも、鎌倉の
街の魅力の一つじゃないでしょうか。
セッコクの花、見事なものでした。
旧古我邸の佇まいも素敵ですね。
yasuhiko
2019/05/17 22:25
旧古我邸、素敵な建物ですね。
こんなところでフレンチを食べたら、さぞおいしく感じられるでしょうね。
でもお値段もけっこうするでしょうから、僕には手が届かないかな・・・。
白い藤ってあるんですね。
藤色っていうくらいだから、紫色っぽい花ばかりなのかと思っていました。
すいません、花のことはよく知らなくて・・・。
家ニスタ
2019/05/17 22:36
うずらさん。
この季節、カエデの新緑が
爽やかですね。お寺の境内や庭も、
緑に包み込まれる感じがあって、
季節の花がよけい見映えしそうです。
銀色に輝く英勝寺の白藤など、
神々しさも感じられるほどでした。
旧古我邸は鎌倉駅に近いのに、
環境は抜群だし、ブライダル関係で
利用するのにいい所です。さすがに、
「もう一度」は難しそうなので、
お知り合いに教えて差し上げて下さい。
yasuhiko
2019/05/17 22:46
みっちゃんへ。
赤い野点傘は、海蔵寺の
シンボル的存在です。初夏の陽ざしに
透けて見える赤い色がきれいですね。
前撮りさんたちも、この傘の前で
色々とポーズを取らされてました。
英勝寺の白藤は素敵でしょう。
一番いい時に巡り合えたかも知れません。
花の寺あれば、洋館もありで、
鎌倉は本当に魅力的な街ですね。
yasuhiko
2019/05/17 22:54
こんばんは。
創建当時から同じ花を植栽しているとは限らないでしょうが
建物と庭園を設同時に設計しているのでしょうか。
こんな落ち着いた中を選んだ若い二人を祝福したくなります。

政財界の重鎮は個人的な別邸であれば小さくてもいいはずですがいろんな使い方をするので豪華で大きな建物が必要だったのでしょうね。
tami
2019/05/17 22:55
ヌサドゥアさん。
この日は、まだそれほど暑くなく、
爽やかな気分で散歩が楽しめました。
新緑の色も目に沁みるほどで、
セッコクや白藤などの花が、
よけい生き生きとして見えますね。
花の寺や洋館だけでなく、散歩の
途中で見かける道端の花が
魅力的なのも、鎌倉ならではでしょう。
機会があったら、お出かけ下さい。
yasuhiko
2019/05/17 23:05
クリムさん。
このセッコク、見事でしょう。
鉢植えしか見た事が無かったので、
木に着生してるセッコクの美しさに、
思わず目を見張ってしまいました。
白藤の花もちょうど見頃で、
一番いい時期に見学できたと思います。
ランチの場所、微かに自慢したいような
気分もあったので、メモして戴いて
嬉しく思います。育ち過ぎた筍、
何だか後光が差してるみたいで、
どういう訳か、妙に印象に残りました。
yasuhiko
2019/05/17 23:13
あっこちゃんへ。
レースのカーテンですか。
確かに、確かに。今さらですが、
その比喩を本文中に使えばよかった
なんて、少し思ってしまいました。
英勝寺の白藤は本当に見事ですね。
花の寺あり、洋館もありで、
とにかく魅力的な鎌倉なんですが、
散歩の途中で見かける道端や
石垣の花、生垣や庭木なんかにも
風情を感じるのが、いいところですね。
yasuhiko
2019/05/17 23:30
こんばんは!
5月の連休頃の鎌倉って、あんがい混雑せずゆったりとお散歩できそうで…yasuhikoさんの写真を見ていて感じています〜☆
緑も足元にひっそり咲いた花も、鎌倉の風景の中で美しく素敵なお散歩ですね〜☆
友人が住んていてときどき鎌倉にも行きますが、ゆっくり散歩することもなく過ごしていましたが、今度は友人とおしゃべりをしながら歩いてみようかと思っています。
komichi
2019/05/17 23:31
家ニスタさん。
旧古我邸は、ランチでも
5千円してたんじゃなかったかなぁ。
もちろん、私たちもこちらでは
食事出来ませんよ。でも、
庭に面した奥のカフェスペースでは、
300円でコーヒーが味わえるんです。
それを狙ってたんですが、披露宴じゃ
仕方がありませんね。建物を
近くで撮影できたからよかったです。
英勝寺の白藤、きれいでしょう。
紫の藤とはまた違った趣がありますね。
yasuhiko
2019/05/17 23:38
tamiさん。
海蔵寺は、東慶寺などとともに、
鎌倉の花の寺として知られた存在です。
これまで秋にしか訪れた事が
無かったんですが、新緑の季節も
味わい深い姿を見せてくれますね。
前撮りのお二人さん、まるで
風景の一部と感じられるほど、
境内の雰囲気に似合ってる気がしました。
鎌倉の洋館は、東京から近い
せいもあって、著名な政治家が別荘に
利用してますね。そんな歴史も、
建物に深みを与えてるように思います。
yasuhiko
2019/05/17 23:47
komichiさん。
今年は10連休と休みが
長かったから、その分、皆さんの
外出日が分散されたんでしょうか。
あるいは、有名な人気スポットを外せば、
連休中でも何とかなるのかも知れません。
花の寺や洋館だけで無く、何気ない
道端の花や庭木も楽しめるのが、
鎌倉のいいところです。お知り合いは、
きっと隠れた鎌倉のよさをご存知でしょう。
新緑の鎌倉を味わって戴ければ、
私も紹介した甲斐があるというものです。
yasuhiko
2019/05/17 23:58
五月の真っ青な空に
青モミジと春モミジのコントラストが素敵!
石楠花や池の周りの紫色のカキツバタ
清楚なセッコクなど見事に咲いてますね。
長く垂れ下がった白藤
甘い香りがこちらまで漂って来るようです。
隠れ家カフェのランチも美味しそう♪
ロコ
2019/05/18 16:19
やはり華の時期は良いですね。北鎌倉から源氏山に向かったりするルートで歩いたりしていました。山道ポイルートが結構あるので、散策?が楽しい鎌倉です。

2019/05/18 17:47
ロコさん。
桜や紫陽花など、観光客を集める
これはという花の無い今の鎌倉ですが、
どうしてどうして、花と新緑の
魅力的な景色に溢れてるんですね。
二色のモミジの組合せも面白いですし、
白藤も初夏の光に銀色に輝いてました。
散歩の途中で、隠れ家カフェに
出合えるというのも、鎌倉の魅力ですね。
yasuhiko
2019/05/18 18:20
温さん。
鎌倉はずい分歩かれてるんですね。
源氏山と銭新井弁天は、2年前に
訪ねていますので、今回は
浄智寺よりも先の長寿寺の脇から、
亀ヶ谷坂越えの道を選んで、
新緑の鎌倉を楽しんで来ました。
yasuhiko
2019/05/18 18:27
こんにちは〜
季節の良い今の鎌倉は最高ですね。
白藤がとっても綺麗です
藤の花の新たな魅力を感じました。
大正5年建築の洋館 
いつの時代も生活の格差があったのだと思います。
ただし貴重な歴史建築物は保存していって貰いたいですね。
イータン
2019/05/18 19:09
古刹で新しい門出を迎えられる2人の写真撮影。
良い記念になりますね〜〜。
セッコクの花も素敵です。白藤の姿も初めて見ました。
いいですね〜。
旧古我邸 良く管理保存されてますね。素晴らしい!!
yoshi
2019/05/18 20:51
前は北鎌倉から鎌倉まで、主人と
歩きました。
紫陽花の季節は、とても素敵でした。
今はもうなかなか行けないので、こちらの
ブログで楽しませていただきました。
大正5年の別荘建築、素敵ですね。
いろいろなかたが住んで、今では
フレンチレストランですか。
鎌倉はとても落ち着いていて
ゆっくり散策したい素敵な
街ですね。(*^-^*)
あこ
2019/05/18 21:51
海蔵寺はちょっと離れているせいか、訪れる人が少ないのでウエディングフォトを撮るカップルが多いですね。私も何度か遭遇しました。^^英勝寺の白藤も美しいです。ランチのお店もおいしそうですね。今度行ってみたいです。
かるきち
2019/05/18 22:00
イータンさん。
新緑の季節の鎌倉、花を愛でながらの
散歩は気持ちのいいものですね。
英勝寺の白藤は、鎌倉でも
知られた存在だけに、この花の
魅力を教わったような気がしました。
旧古我邸は長らく非公開だったんですが、
レストランとして生まれ変ったため、
普通に見学できるようになったのは、
とても有難い事だと思います。
yasuhiko
2019/05/18 22:36
yoshiさん。
海蔵寺の前撮り撮影。新しい門出を
迎える二人にぴったりだと思いました。
あまり知られていませんが、
この時期の鎌倉も、セッコクや白藤など
魅力的な花が多くて楽しめますね。
2年前は中にも入れなかった
旧古我邸で、撮影出来てよかったです。
yasuhiko
2019/05/18 22:43
あこさん。
紫陽花の季節に、鎌倉を
散策なさったんですね。今回は
連休中の訪問で、紫陽花の季節並みの
混雑を覚悟していたんですが、
幸いにも人が少なく、落ち着いた
鎌倉のよさを十分味わう事が出来ました。
旧古我邸の建物、素敵でしょう。
奥まったカフェスペースで、コーヒーを
楽しめれば最高だったんですが、
そうでなくても、歴史ある別荘建築を
撮影できたので、今回は満足です。
yasuhiko
2019/05/18 22:54
かるきちさん。
赤い野点傘も、おめでたい門出に
相応しいイメージなんでしょう。
海蔵寺の境内は前撮りに似合いますね。
英勝寺の白藤は、ちょうど一番見頃の
時期に見学できて幸運でした。
隠れ家一軒家カフェは、靴を脱いで
2階に上がる点もユニークですが、
寛げる空間で食事できるのが魅力です。
yasuhiko
2019/05/18 23:01
セッコクの花、目を引きました!
そして白藤!!
まだ見たことがありません〜
素敵ですねぇ〜〜
見せて頂き有り難うございます
miki
2019/05/19 00:50
おはようございます。
鎌倉の街---山に囲まれ、海に面して---住むにはいい所なのですね。歴史もあり、現代的な面も。
セッコクも白藤も見事です。
そして旧邸も雰囲気がたっぷりありますね。
きちんと手入れ、利用されてるのがすばらしい
行き当たりばったり
2019/05/19 06:47
mikiさん。
セッコクの花、きれいでしょう。
今まで鉢植えしか知らなかったので、
見事な花付きに驚きました。
陽ざしを受けて輝く白藤の花も
印象的ですね。ちょうど見頃の時期に
巡り合えてよかったと思います。
yasuhiko
2019/05/19 13:06
行き当たりばったりさん。
海あり、山あり、歴史あり、
道端の草花にも趣の感じられる鎌倉。
暮してる方が、ここを離れたくないと
仰る気持ちが分る気がしました。
風薫る爽やかな新緑の季節に、
セッコクや白藤など、見頃の花にも
出合えてよかったと思います。
古い洋館がレストランとして
再利用されてるのも嬉しいですね。
yasuhiko
2019/05/19 13:14
白いお花のセッコク
英勝寺の輝く白藤どれも綺麗です
素敵な散策ですね
この洋館レストラン
私も入れませんでした
いつか・・・・。
ジュン
2019/05/19 15:43
ジュンさん。
アジサイの時期に比べると、
関心度がやや低いのかも知れませんが、
セッコクの花、銀色に輝く藤の花、
さらに石楠花にカキツバタなど、
新緑の時期の鎌倉も魅力いっぱいですね。
旧古我邸、今回は中に入れて、
建物が撮影出来たのはよかったです。
yasuhiko
2019/05/19 20:54
テールベルトというお店いいですね。気になって思わずググってしまいました。
本やソファがある好みのお店です。
お友だちと鎌倉行きたいと話していたので、候補になりそうです。
Muni
2019/05/19 21:40
Muniさん。
テールベルトは、席数の少ない
こじんまりした隠れ家カフェですが、
知り合いの家に招かれたような
リラックスした気分にさせてくれる
素敵なお店です。靴を脱いで2階に上る
という点も、ユニークに感じました。
こうした個性的なお店の存在も、
鎌倉の魅力の一つですね。
yasuhiko
2019/05/19 22:14
いつも訪問いただき有り難うございます。
鎌倉はうん十年前に行ったきりです。たまにはこうしたところでノンビリとしたいものですね。
にか
2019/05/20 21:45
にかさん。
混雑覚悟で出かけた鎌倉ですが、
連休中というのに、こんな
のんびりした散歩を楽しむ事が
出来ました。花の寺あり、洋館あり、
歴史ありの鎌倉は本当に魅力的ですね。
yasuhiko
2019/05/20 22:30
緑と赤のコントラストの効いたモミジがさえていますねえ@@
白藤は北陸では滅多に見られないので、ついつい見入ってしまいます@@滋賀で初めてこの白藤を観た時の峻烈さは忘れられません。

10年以上もバロン古我さんが亡くなったことは全く知りませんで。。JAFをいつも読んでいたのになあ。。不覚。。
S500.600.800 プリンススカイライン やはり自動車博物館に行けばよかったと。。。ふと頭に浮かびました。
古我邸の白の窓枠が眼を惹きますねえ。。
つとつと
2019/05/22 11:48
つとつとさん。
海蔵寺はこの季節、二色の
もみじが見られて面白かったです。
一方、英勝寺では白藤がちょうど見頃。
いい時に、いい花に巡り合えたと
思いました。おや、バロン古我さんを
ご存知でしたか。この洋館は、
戦後、バロン古我氏の父君が購入し、
バロン古我氏、そのご遺族と、代々
一族が受け継いでるそうです。
90歳過ぎまで車を乗り回したという
シャレ者に相応しい邸宅ですね。
yasuhiko
2019/05/22 15:23
銀色に輝く白藤に若緑の竹。
ホントにステキな組み合わせ。
東京に感じることのない落ち着きが鎌倉にはあるのでしょう、時間までもがゆるやかに流れているかのよう。
昔の洋館はどのような企画で建てられたのかは解らないのですが、今も(修復を何回もされてるでしょうが)このような形で活用できる。
多少お金が掛かっても 佳いものは後世に残るし、また憧れられるモノなのだとつくづく思いました。
おーちゃん
2019/06/02 18:05
おーちゃんへ。
英勝寺の白藤、本当にちょうど
いい時期に巡り合う事が出来ました。
竹林を背景に銀色に輝く白藤。
たまにしか行かない鎌倉だけに、
こんな風に花との巡り合わせがいいと、
何だか幸せな気分になりますね。
この洋館は長らく非公開でしたが、
その佇まいに惚れ込んだフランス料理の
シェフが、所有者を口説き落として
借り受け、レストランに再生させたとか。
新築の方がはるかに安かったそうですが、
残してくれたのは有難い事です。
yasuhiko
2019/06/02 22:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
花の寺と洋館と(新緑の鎌倉散歩U) 街が好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる