テーマ:庭園

枝垂れ桜巡り(六義園&旧古河庭園)

河津桜から始まった今年の「桜巡礼」。今回は、ソメイヨシノより 少しだけ早く咲きだす枝垂れ桜です。都内で一番有名な枝垂れ桜と いえば、六義園をおいて他には無いでしょう。という訳で、旧古河 庭園の桜と併せて、お花見して来ました。    六義園の枝垂れ桜は高さ15m、幅20m。樹齢    約70年の戦後生まれですが、桜の…
トラックバック:0
コメント:104

続きを読むread more

アンジェ夏図鑑

前記事の結びで、美術館・建物巡りを予告してたような気が しなくも無いのですが…。「そんな昔の事は覚えちゃいない」 という訳で、今回は、地元の欧風庭園、京王アンジェを訪ね ました。《アンジェ夏図鑑》の始まり、始まり。    「モネの庭」をイメージした池のスイレン。    花壇では、コキアなどの緑が爽やか。 …
トラックバック:0
コメント:108

続きを読むread more

清澄庭園の柘榴、紫陽花、花菖蒲

明治期を代表する回遊式林泉庭園、清澄(きよすみ)庭園を 訪ねました。明治11年、三菱財閥の創始者、岩崎彌太郎が、 社員の慰安や、貴賓を招待するために造園。関東大震災後に、 岩崎家から東京市に寄付された庭園です。    緑滴る園内で、柘榴の花が色鮮やか。    漢詩の「万緑叢中紅一点」というイメージです。 …
トラックバック:0
コメント:100

続きを読むread more

京王アンジェのガールマグノリアなど

マグノリアとは、コブシやモクレンなどの総称。欧米各国で、 人気の高い花木です。地元の京王アンジェは、そのマグノリ アの花(30種、約200本)が自慢の欧風庭園。咲き誇る 豪華な花を楽しみに出かけたのですが…。         今年は桜と同様に、散るのが早かった。         それでも、ガールマグノリアと呼ばれる…
トラックバック:0
コメント:112

続きを読むread more

アンジェのXmasイルミネーション

地元、文化会館で『小松宏誠展』を鑑賞。鳥の羽根のように 心が軽くなった勢いで、夕暮れの京王アンジェに向いました。 この日「クリスマスツリー点灯式&パーティー」があります。 後日、再訪した時の夜景と共に御覧下さい。    【ツリー点灯式&Xmasパーティー】    先ずはピラーキャンドルの輝き。ハンドメイドの …
トラックバック:0
コメント:122

続きを読むread more

紅葉の多摩を歩く(百草園編)

今年の紅葉シーズンもいよいよ最終章、フィナーレ間近です。 で、どこ行く?と自分に問いかけても、わざわざ遠くに出か ける気分になりません。それなら、地元の多摩、京王沿線の 紅葉名所を訪ね歩こうと思い立ちました。    最初は、多摩丘陵の小さな和庭園「百草園」を    訪ねます。駅から10分とはいえ、斜度25%の  …
トラックバック:0
コメント:104

続きを読むread more

国分寺イングリッシュガーデン・ローズカフェ

衆院選の期日前投票を済ませた後で、どこか行く?という話に なり、相方と国分寺の《イングリッシュガーデン・ローズカフェ》 に出かけました。人気の店ですが、雨が止んだばかりだったら、 待たずに入れると思ったからです。    国分寺駅から歩いて10分弱。閑静な住宅街にある    オープンカフェは、200種類以上のバラが見…
トラックバック:0
コメント:106

続きを読むread more

殿ヶ谷戸庭園のレンゲショウマ

国分寺の「殿ヶ谷戸(とのがやと)庭園」の訪問は2年振りです。 国分寺崖線の崖下から湧き出る水や、武蔵野の雑木林の風情を 生かした近代の別荘庭園。今回は小雨ぱらつく中、咲き始めた レンゲショウマの花を楽しんで来ました。    森の妖精「レンゲショウマ」は日本固有種。    昨年は頑張って高尾山に見に行きましたが、 …
トラックバック:1
コメント:104

続きを読むread more

アンジェの紫陽花など

前回コメントに、お祝いの言葉を数多く戴き有難うございました。 花を撮影に行く余裕があったので、今回は梅雨の季節の話題です。 訪ねたのは地元の京王アンジェ。帰りに駅前で買い物もできるし、 ちょっと出かけるには都合のいい場所で…。    最初はヤマアジサイ。「アイヒメ(藍姫)」の    名前通り、濃いブルーの装飾花が印…
トラックバック:0
コメント:104

続きを読むread more

椿山荘でお花見を

「花曇り」「花の雨」の日が多かった今年のお花見シーズン。 夕方に晴れ間も見えるという予報を信じて、目白の椿山荘に 出かけました。20品種、120本の桜が咲くという広大な 庭園は、誰でも自由に見学出来ます。           見頃だった越の彼岸桜。前撮りの           新婚さん、満開の桜の下でポーズ。 …
トラックバック:0
コメント:110

続きを読むread more

アンジェの秋バラとハロウィン飾り

ある晴れた日。この秋全く見られなかった澄み渡る青空に 心が動いて、地元の欧風庭園、京王アンジェを訪ねました。 花を撮る人は好まないピーカン晴れでも、能天気な私には、 「幸せの青い空」のように思えたのです。     アンジェのバラは、約60種/170本ほど。     青空の下、芳醇な香りを漂わせてました。 …
トラックバック:0
コメント:100

続きを読むread more

実りの季節、初秋の花

「実りの秋」にはまだ少し早い。と思ってたら、皇居東御苑の HPにある《花だより》に、和リンゴ他、果実が色づき始めた と書いてあります。東御苑は、昔の江戸城本丸跡等を整備した 広い庭園。早速訪ねてみる事にしました。     北桔橋門から入ってすぐ、赤いザクロの     実を見つけました。やはり実りの秋です。 …
トラックバック:0
コメント:104

続きを読むread more

赤坂迎賓館の庭と噴水

今話題の赤坂迎賓館を見学して来ました。昨年までは年に一回、 夏の10日間だけの公開(抽選)でしたが、今年から、公開の 機会が増えました。整理券を手に入れるため、9時半に並んだ ところ、めでたく11時からの券をゲット!     館内見学は7年ぶりです。はやる気持ちを     抑え、正門前にある公園のバラで暇つぶし。 …
トラックバック:0
コメント:94

続きを読むread more

京王アンジェの果実の花

季節の花の名所、地元の京王フローラルガーデン「アンジェ」を 訪ねてみました。桜の開花宣言が出る数日前でしたが、園内では、 ベニバスモモ、アーモンド、セイヨウミザクラ等、果実を食用に する木の花が目を楽しませてくれました。     最初はベニバスモモ(バラ科サクラ属)の花。     欧米の庭園・公園ではよく見られる木だと…
トラックバック:0
コメント:102

続きを読むread more

晩秋の国分寺散歩

気が付けば「師走」。遅かった楓の紅葉も、最近の冷え込みで、 やっと見頃を迎えようとしています。話は少し前になりますが、 11月下旬、晩秋の国分寺を訪ね、史蹟と紅葉巡りを楽しんで 来ました。まず西国分寺駅近くの公園へ。     武蔵国分寺公園は、旧国鉄の「中央鉄道学園」     跡地に出来た公園。国分寺遺跡への近道で…
トラックバック:0
コメント:88

続きを読むread more

岩崎邸の館内撮影

貴重な明治期の洋館、岩崎邸は館内の撮影が普段出来ません。 しかし、夏や冬に期間限定で、館内一部の撮影を許可する事 があります。この夏は、8月10~16日の午前中が、その 期間というので、さっそく湯島へ赴きました。     先ずは1階の婦人客室。何と言っても、天井の     豪華なシルクの日本刺繍に目を奪われますね。…
トラックバック:0
コメント:86

続きを読むread more

アンジェのクリスマスナイト

早いもので、今年も残り少なくなりました。明日はクリスマス・イヴ。 正月の準備など気になる今日この頃です。そこで、本年最後の記事は、 地元京王アンジェのクリスマスイベント。華やかなイルミネーション で彩られた夜の園内を楽しんで来ました。     クリスマス期間は、夕方4時~8時も営業。     クリスマス…
トラックバック:0
コメント:74

続きを読むread more

百草園の禅寺丸柿

前回の続き。『紅葉まつり』開催中の百草園訪問のレポートです。 11月中旬の訪問で、カエデの紅葉にまだ少し早い感じでしたが、 食事処「松連庵」の手前にある「禅寺丸柿」の紅葉が見頃を迎え、 訪れた人の目を楽しませていました。     禅寺丸柿は、鎌倉前期に発見された日本最古の     甘柿。川崎や多摩南部等で栽培された…
トラックバック:0
コメント:61

続きを読むread more

七尾丘陵から百草園へ

百草園の紅葉まつりが始まったというので、さっそく訪ねてみました。 江戸近郊の名所として、文人に愛されて来た百草園ですが、駅からの 坂道は斜度25%、東京でも有数の急坂が待ち構えます。それを避け、 聖蹟桜ヶ丘から七尾丘陵越えの道を歩いてみました。     通りから離れ、閑静な住宅街の坂道を歩きます。     畑も多い所で…
トラックバック:0
コメント:60

続きを読むread more

アンジェの秋バラなど

そろそろ秋バラが咲き始める頃だろうかと思って、地元調布の 京王アンジェを訪ねました。秋バラは小振りでも、色・香りが 濃いのが特徴。見頃の花はまだ多くはないのですが、秋らしい 青空の下、花の香りを楽しんで来ました。   まずローズガーデンの中心、つるバラのアーチへ。     濃いオレンジはプリンセス・ミチコ(…
トラックバック:0
コメント:68

続きを読むread more

ライムライト咲く真夏のアンジェ

遅咲きのアジサイ「ライムライト」が見頃と聞き、京王多摩川駅近くの 京王フローラルガーデン・アンジェを訪ねました。東京は情け容赦ない 猛暑続きの毎日。駅から30秒で行けるアンジェは貴重なオアシスです。 まずはライムライトの咲く小道を目指しました。     猛暑の中、一人涼しげな顔のライムライト。     道の…
トラックバック:0
コメント:62

続きを読むread more

目黒区総合庁舎の螺旋階段

中目黒にある目黒区総合庁舎を訪ねました。目的は優雅な螺旋階段。 「お役所の階段が?」と思われるでしょうが、この建物(旧千代田 生命本社ビル)は、昭和の建築界の巨匠、村野藤吾の代表作の一つ。 屋上庭園と併せて、お役所探検を楽しみました。     アルミ鋳物の格子がビル全体を覆うような外観。     社員が住民を見下ろ…
トラックバック:1
コメント:71

続きを読むread more

アンジェのスイスフェア

GW後半のある日、地元京王アンジェのスイスフェアに行って来ました。 ここに来るのは、昨年秋のタイランドフェア以来です。洋風庭園として 知られるアンジェですが、この日ばかりは芝生広場に、アルプホルンや カウベルの音色が響き渡っていました。   アルプスの山々にこだまするような澄んだ音色。     演奏は「玉川…
トラックバック:0
コメント:63

続きを読むread more

百草園のつるし雛まつり

『つるし雛まつり』開催中の京王百草(もぐさ)園を訪ねてみました。 多摩丘陵の一角にあり、江戸近郊の名所として、江戸の文人や明治の 文豪達にも愛された庭です。梅はまだまだでしたが、雪の残る園内で、 つるし雛の可憐な姿を楽しむ事が出来ました。     茶室を始め、ユニークな雛飾りが方々に…。     茅葺屋根の…
トラックバック:0
コメント:68

続きを読むread more

空中庭園アイランド・ガーデン

空中庭園が最近の流行なんだそうで。デパートの屋上といえば、 遊園地だろうという思い込みを正すため、伊勢丹新宿店の屋上、 アイランド・ガーデンに寄ってみました。都市空間の憩いの場。 その後、建物ウォッチングのオマケ付きです。     中南米原産のつる性植物「マンデビラ(キョウチク     トウ科)」の園芸種じゃないか…
トラックバック:1
コメント:74

続きを読むread more

皇居東御苑のハナショウブ

本当に梅雨入り?…と言いたくなるような天気が毎日続きます。 それでも、雨の季節の花ハナショウブが今年も咲き始めました。 アヤメ科の花の見分け方は先日覚えたばかり。試してみたくて、 皇居東御苑の二の丸庭園に出かけました。     皇居東御苑は、1968年から一般公開されている     皇居附属庭園。小堀遠州作とされる…
トラックバック:2
コメント:70

続きを読むread more

マグノリアガーデンの休日

のどかな休日のお昼過ぎ、京王アンジェのマグノリアガーデンに 出かけました。家からも歩ける距離にある欧風庭園。この季節は、 30種、200本のマグノリア(コブシ、モクレン等の総称)の 花が咲き誇り、園内を豪華に彩っていました。     欧米では、広く愛好されるというマグノリアですが、     日本でこれだけ集めた例は…
トラックバック:0
コメント:69

続きを読むread more

京王アンジェのスノードロップ

春を告げる花、スノードロップを観に、京王多摩川駅に程近い 京王フローラルガーデン・アンジェを訪ねてみました。当日は 未明に小雪が舞う空模様でしたが、明け方頃には回復。他にも、 ロウバイ・福寿草などの花が楽しめました。     <雪のしずく>という名前通りの小さな純白の花。     西洋では2月2日の聖燭…
トラックバック:0
コメント:68

続きを読むread more

山本有三記念館の庭で

久しぶりの山本有三記念館です。建物は、大正15年頃に建てられた 洋館で、小説『路傍の石』で知られる作家、山本有三の住んだ家です。 ここは、今のカメラの試し撮りに初めて訪れた場所なので、私以上に、 カメラが懐かしがってる気がしました。     三鷹駅から徒歩12分。近くにはジブリ美術館も。     門の郵便受けの…
トラックバック:0
コメント:46

続きを読むread more

向島百花園/夏の名残り

夏の名残りと聞いて、いや、今夏はちっとも名残り惜しくなんか ないぞとお思いの方も多いと思います。が、そこは風流の世界の 話という事でご理解ください。江戸の文人に愛された向島百花園。 時計の博物館の帰りに寄ってみました。     夏の花ノウゼンカズラが、まだまだ元気です。     売店で注文したのは、復刻版・…
トラックバック:0
コメント:38

続きを読むread more